「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

弟の家が今建築中でこのシルバーウィークに覗きに行って来たのですが、木造2階建ての在来工法で建築しており外周がすべて構造用合板を貼っていて、私も3年前新築を建てたのですがその時は片筋違いとタスキ掛けで建てました。
素人考えですが見ていて何だか構造用合板だけだと物足りなく見えてしまい筋違いを入れた方が良いのではと思ってます。
内部は筋違いが多少ありましたが外部構造用合板だけで良いのかと不思議です。法改正もされて厳しくなっているとも聞いていますし、弟に聞くと設計事務所の方が計算されて特類という材質で確認も出して検査も受けたから大丈夫だと強く言いますが、2×4でもないのに体力壁が構造用合板のみでも安全なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

補足です。



片スジカイは圧縮と引張で実際は壁倍率が異なりますが、
基準法上では圧縮と引張の区別はしていません。
これは、壁配置を行うときの基本が、
圧縮と引張を一対にして配置すると言う原則があるからです。
つまり、圧縮スジカイと引張スジカイは同じ数だけ
配置しなければいけません。

N値計算のときは圧縮と引張で壁倍率は違っています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2009/10/26 20:58

構造用合板がキッチリと施工されていれば問題ないでしょう。



現在の木造住宅(四号建築物)の全てが、
壁量計算、四分割法、接合金物選定により
構造の安全を確認します。
よって、四分割法が危険な計算法ではありません。
恐らく、一般の方が回答されていましたので、
何かの勘違いだと思いますので、
あなたの住宅が四分割法で構造の安全を検討していても、
心配は無用です。

接合金物選定はN値計算によらずに、
告示による方法もありますので、
N値計算を行ってない場合もあるかもしれません。

あと、重要なのが仕様規定ですね。
木造に関する仕様規定は8項目あります。
このあたりがキッチリとされていることが重要です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難うございます。

とりあえず四分割法は危険ではないと言うことなんですね。
木造に関する仕様規定の8項目とはまた難しい内容なんでしょうね。
素人の私には多分理解はできないような気もしますが柱一つにしても規定があることに驚いています。

お礼日時:2009/10/26 20:58

他の方のお礼の件なので本来は書き込み禁止なのかもしれませんが、があえて削除承知で書き込みます。

四号特例の廃止案はありますが、四分割計算の廃止案は私の知る限りありません。(危険?????)従ってN値計算と、四分割法で検討され、しっかりした施工がなされていれば、貴方の住宅に不安を感じる必要はありません。

規準法に決められた構造耐力の何倍ぐらいの耐力があれば安全なのかについては、参考サイトを読めば、ある程度分かると思います。
(2X4ですが在来木造に読み替えてください)

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/seinou/se-5/2x4/2x4 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

私の家は4分割法で計算されていて工務店に確認しても大丈夫ですとしかいわれなく少し不安に思っていました。

お礼日時:2009/10/26 20:51

回答番号:No.8です。


現行の計算方法で在来工法の木造2階建てを基準法すれすれの壁量で計算するとほぼ耐力不足になります。
又、地盤とか、構造種別(木造、鉄骨、鉄筋コンクリート)により建物の被害が変わってきます。新潟とか神戸の地震でも被害が大きかった地域が偏っています(被害が集中しています)。
NO.7さんが言うように、方向により筋かいの耐力が変わるのは事実です。しかし、法律では同じ耐力となっています。こののことをわかっているひとが設計していればまず大きな心配はないと思います。
どの程度の安全率なら問題ないかは私には解りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2009/10/26 20:46

回答番号:No.7です。



45mm×30mm以上の木材  圧縮 2.5倍 引張 1.5倍

済みません、45mm×90mmの書き間違いでした。

尚、この筋交いでタスキ掛けの場合、2.5倍+1.5倍=4.0倍になります。

>建てていただいた工務店に確認してみます

そうですね、片筋交いの壁倍率が、圧縮時と引張時で違う事ぐらい
知ってる建築士さんに聞いた方が良いと思いますネ。
(知らない建築士さんもいるようですので)

たとえば、木材の基準強度を見てもらって下さい。

赤松、黒松、米松系で、圧縮 22.2 引張 17.7 曲げ 28.2 剪断 2.4

当然、部材強度は、圧縮側の方が強く、BP金物等の影響はありません。
揺れ戻り時の壁倍率(引張側壁倍率)を壁量計算に考慮されていれば、OKと思いますが?
【木造の壁量は余裕をもった設計】
    • good
    • 1
この回答へのお礼

使用する木材によっても強度が違っていたのですね。
圧縮と引張と計算を考慮していないとこわい結果になる可能性も高いのですね。
回答有難うございます。

お礼日時:2009/10/26 20:49

賛否いろいろ出ているようですが、


木造のことを解っている人が設計し、きちんと施工すれば、片筋かいでも構造用合板でも大きな違いはないです。

それより、基準法すれすれの壁量だと、たいてい耐力不足になります。木造の壁量は余裕をもった設計をしてもらうのがいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。

基準法をどの位上回れば大丈夫なのでしょうか?
この筋違いの量の差はどの位多い方がいいのか解りません。
私の家の壁量をみると3067.5>2803(cm)で入れる筋違いの方が多くギリギリではないようです。

お礼日時:2009/09/28 01:19

【片筋交いの壁は、一方方向にしか効果はありません】一部、修正します。



【令46条及び昭56建告1100号に定められている軸組の種類と壁倍率】と言うのがあります。

片筋交いの場合

丸鋼9mm以上      圧縮 0.0倍 引張 2.0倍 
15mm×90mm以上の木材  圧縮 1.0倍 引張 1.0倍
30mm×90mm以上の木材  圧縮 2.0倍 引張 1.0倍
45mm×30mm以上の木材  圧縮 2.5倍 引張 1.5倍
90mm×90mm以上の木材  圧縮 5.0倍 引張 1.0倍

面材
構造用合板 内壁5mm以上  釘N50@150以下
      外壁7.5mm以上 釘N50@150以下
      圧縮も引張も無く、2.5倍
      (内壁+外壁=5.0倍)

片筋交いの場合、しっかり許容応力度計算されていないと、圧縮・引張で
壁倍率が違う為、間違った配置をすれば、危険と言う場合があります。

構造耐力上良くないと言う事で、4分割法は廃止になるようですが
4分割法でしか検討されていない木造建築物の片筋交いは、
あえて【危険】と言っても良いと思います。

国土交通省も危険と知りつつ4分割法廃止に至ってないのは業界の圧力?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

確認書には片筋違い45×90を使用してるみたいです。

タスキ掛けが多く配置されてるみたいですが4分割法とは建物の外周を分割している計算のことなのでしょか?。
私の家はたぶんその4分割法とN値計算をして建ててるみたいです。
4分割法は危ない計算なのですか?
少し不安になってきました。
建てていただいた工務店に確認してみます。

お礼日時:2009/09/28 01:12

構造的に検討してあって、規準に沿って釘打ちなどがしてあれば問題ありません。

ご安心下さい。
問題は施工の問題です。それは筋交いでも、合板でも同じ事です。
尚、筋交いは一方向にしか耐力がないというのは間違いです、今の筋交いは足下を金物で留め付けるので、引っ張りにも、圧縮にも両方に耐力があります。昔は釘打ちでしたので1階の筋交いと2階の筋交いは互い違いに入れなさいと言うことになっていましたが、金物を使うようになって、同方向でも問題なくなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。

施工の仕方が一番大事なんですね。

中間検査以外にも弟はJIOに入っているからそこでも検査はある為手抜きはないだろうと言っていました。

不安なことばかり考えず温かく見守ろうと思います。

お礼日時:2009/09/28 01:02

私も合板自体の長期的な耐久性は不安に思っています。


しかし短期的な強度では構造用合板の方がバランスがよく、地震でも被害が少ないという意見もありますから大丈夫だと思います。
工務店の設計者も筋交いがあるとそこに力が集中してしまうので構造用合板の方が良いですと言っていました。
(筋交いは倒れないという意味で耐震性は上がるが、柱が浮いたり壁が壊れやすい?金具も千切れてしまうらしいですからある意味筋交いは危険と考えるようです)

私は予算の関係で構造用合板を選択しましたが、予算が沢山あれば合板を厚くして筋交いも増やしてもらったと思います。

低価格で強度を上げるためには構造用合板が一番効果的ということだと思います。
公的にも認められていますのでちゃんと施工されていれば大丈夫でしょう。
プラスアルファの強度等を求められるかどうかは施主の選択です。
筋交いが良いとも限りませんから余計な心配されないほうが良いでしょう。
弟さんの新居を気持ちよく祝ってあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。

構造用合板は9mmを使っているみたいです。
やっぱり厚い方が体力壁は強くなるものなんでしょうか。

考えていたら私の家も構造用合板で建ててもらったら良かったなと思いはじめましたがその時は選択肢が無かったのでその時に解っていたらなと思いました。
弟には心配する事を言ったので調べてから発言したほうが良かったと反省しております。

お礼日時:2009/09/28 00:52

こんばんは。


構造用合板は建材メーカー何社からいろんな商品名で出荷されています。
弊社の場合大建工業の「ダイライト」と言う製品を使っています。
在来工法を見慣れている人間には少し違和感を感じるのは事実です。
私もちょっと違和感を感じましたが、筋交いよりも丈夫だと言うことが構造計算で証明されています。
表だけ張るのか、裏表2重に遙かでも計算の仕方が違うそうです。どっちにしても問題ないです。
理屈だけで言うなら、柱と筋交いより合板で壁式にした方が丈夫にしやすいというのが基本ですので、開口部の計算さえ間違ってなければ何も気にする必要がありません。
質問者さんの筋交いも、ちゃんと構造計算された上での位置・本数が出されていれば特に問題ないですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございました。

ちゃんと計算されて建ててるならそこまで心配しなくても大丈夫な事が
理解してきました。

開口部の計算は窓の事ですか?

確認書を見ているのですが、どう見ていいのか解らないのですが計算はしてるみたいなので大丈夫なのかなと思います。

計算をしないで建てる事も可能なら考えただけで怖いですね。

お礼日時:2009/09/28 00:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q2×4工法と木造軸組み工法(構造用耐力壁使用)の違い

皆様にはいつもお世話になっています。

質問1.
「木造軸組み工法で耐力壁に構造用合板を使用した住宅」と「2×4住宅」って、『構造上の違い』はどこになりますか。2×4は

 ・筋交いが無いこと
 ・構造用合板を使用し、面で建築されていること
 ・2×4インチの木材を使用していること

 は知っています。
 

質問2.
我が家は、木造軸組みで耐力壁に構造用合板を使用して建築したのですが、建築したビルダーの社長(1級建築士)は2×4住宅の1.5倍くらい強度があると言っておりました(筋交い+構造用合板を使用しているので)。実際どうでしょう?なお、建築中に30万円払って第3社機関の1級建築士の先生に最初から最後まで現場をチェックしてもらっていましたが、その話をしたら否定はしていませんでした。

今日、近所で2×4住宅の新築工事が行なわれていました(中堅のハウスメーカーです)。その現場を見たのですが、使用している構造用合板もペラペラな感じで(我が家は9mmのOSBですが、それより貧弱なベニヤ板みたいな感じ)、もちろん筋交いも無く、こんなので強度がでているのか不思議に思ったので聞きました。

皆様にはいつもお世話になっています。

質問1.
「木造軸組み工法で耐力壁に構造用合板を使用した住宅」と「2×4住宅」って、『構造上の違い』はどこになりますか。2×4は

 ・筋交いが無いこと
 ・構造用合板を使用し、面で建築されていること
 ・2×4インチの木材を使用していること

 は知っています。
 

質問2.
我が家は、木造軸組みで耐力壁に構造用合板を使用して建築したのですが、建築したビルダーの社長(1級建築士)は2×4住宅の1.5倍くらい強度があると言っておりました(筋交い+...続きを読む

Aベストアンサー

まず、2x4の違いですが、床勝ちのプラットフォーム工法であることです。
床剛性が高くなります。
http://homepage2.nifty.com/gakuyo/nnikki/01110205.html
床や天井を柱が抜けていませんから、気流止めが不要なため、断熱気密施工で有利です。
http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/540
軸組みの場合、気流止めが無いと断熱材が十分効かず、結露の原因ともなります。
http://www.shinjukyo.gr.jp/content/shinzairai/shinzairai.htm
また、火災時にもファイアーストップとして作用します。
なお、2x4の壁の構造用合板の厚みですが、12.5mmのものを使っている場合も多いです(特に輸入住宅系)。

次に、耐震強度が実際にどうかは、構造計算しない場合、壁量がどうなっているかを比較しないと何とも言えないでしょう。
http://www.ads-network.co.jp/seinou/se-5/se-5-00.htm
設計図書に計算書がありませんか?

一般的に、同じ間取りであれば、壁量は、2x4の方が大きくなります。
下記の「2.筋かいが多いとダメ?」をご覧ください。
http://www.ads-network.co.jp/seinou/se-5/jiku/se-j-06.htm
2x4ですと、石膏ボードの割付(特に開口部はくり抜くように貼る)、ビスやピッチが決まっているため耐力壁となります。

軸組みの場合、実際の大きな地震では、筋交いの被害もあります。
http://blog.goo.ne.jp/feb02041952/e/82efca4f1205b231444689db35a07bc3
http://homepage3.nifty.com/net-forum/honnne/honnelink/20041204.htm
筋交いの面外座屈の様子です。
http://www.mokutaikyo.com/report/20070628.htm

まず、2x4の違いですが、床勝ちのプラットフォーム工法であることです。
床剛性が高くなります。
http://homepage2.nifty.com/gakuyo/nnikki/01110205.html
床や天井を柱が抜けていませんから、気流止めが不要なため、断熱気密施工で有利です。
http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/540
軸組みの場合、気流止めが無いと断熱材が十分効かず、結露の原因ともなります。
http://www.shinjukyo.gr.jp/content/shinzairai/shinzairai.htm
また、火災時にもファイアーストップとして作用します。
なお、2x4の...続きを読む

Qコンパネt12mmと構造用合板t12mmどっちが強度がありますか

 日曜大工で物置を作っています。コンパネは白くてきれいですが、構造用合板

 のほうが安いんです。このカテゴリー 金属関係と屋根関係については、

 回答者になれるんですが、木工は良く解らないので、ご指導よろしくおねがいします。

 

Aベストアンサー

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上(特類)の耐水性能を有しています。
これは主に接着剤の分類から来る特性です。
詳しくは検索サイトから情報収集してください。

ただし、建築対象が『物置』ならばどちらでも大差はありません。
板表面のきれいさを取るなら「コンパネ」、コストと強度を取るなら「構造用合板」と考えてください。
ちなみに、私が営業で物置を作る場合の材料の選択要素は「安い方」です。
オマケですが、両者は微妙に大きさが違うことはご存知ですね。
コンパネは1800×900、構造用合板は1820×910です。

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上...続きを読む

Q建設省告示第1460号 面材+筋交いの場合は?

建設省告示第1460号 面材の場合、筋交いタスキの場合は載っていますが、面材+筋交いタスキの場合はどうなるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#8の訂正です。

45×90筋違いタスキ:壁倍率4.0 → 2HDー15kN(30kN)
面材       :壁倍率1.0 → CP-L(4.5kN)

従って、2HDー20kN(40kN)となるのでは?

以上です。

Q構造で使うなら集成材か無垢材か

一般に無垢材のほうがいいというのは知っています。
ネットで調べましたし、工務店巡りでも色々聞かされました。

ある工務店で、

「構造体(柱・梁)は、うちは集成材を使ってます」
「集成材のほうが、強度もあって、経年変化も少ない(伸び縮みしない)」
「コストで選んでいるのではなく、総合的に性能が良いので集成材です」
「ご希望とあらば、無垢材でもやります。値段は、10-20万高くなる程度です。だけど、お勧めは集成材」


といわれました。
隠す雰囲気もなく、割と自信たっぷりに言ったので、
少しびっくりしてしまいました。

一般には、無垢材がいいってことになっていますが、
集成材のほうが良い、って本気で言っている人いるんですか。

計測値でも、集成材のほうが強度が出るとかいう話もあるし、質の悪い無垢より
質の高い無垢のほうがいいだろうし、いろんな意見はあると思います。

一概には言えないかもしれませんが、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

乾湿繰り返しによる耐久性について説明します。
集成材が盛んに使われ始めた数年前に集成材と乾燥無垢材を屋外に雨ざらしして放置したら、集成材のみに接着部分にヘヤークラックのような剥がれが認められるとの報告を複数見たことがありました。木材が濡れて膨張し乾いて縮む作用を何回も繰り返すことで接着部分が剥がれてきているのです。実際には雨ざらしにはならないだろうが、結露が発生する場所に使うと起こりえる現象です。集成材は接着部分が剥がれると強度は激減します。

Q注文住宅、総額いくらかかりましたか?教えてください。

注文住宅で家を建てられた方、総額いくらかかかりましたか?
漠然としていて、叱られそうなのですが・・・。
もちろん、上を見ればきりがないし、タ○ホームなどの基本通り
で建てた方などは安く建てられたと思います。
つまり平均が知りたいのです。
建て方も、坪数も、もちろん皆さん違うと思うので一概に「いくら」
が平均とはいえないのも解ります。
ハウスメーカー、工務店、大工、それでも変わってくるのも解ります。

実は、新築を考える中で、主人と私の家に対する金額が500万ほど
違うので意見が分れて困るのです。
総床面積40から45で、主人は2000万あれば建てられるといい
私は2500万はすると思っています。
参考意見として、是非家にいくら使ったのか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー天井の全面収納棚、と1方向の対面収納、1畳の階段下収納、2箇所の床下収納、ウォークインクローゼットは4箇所、6畳小屋裏収納、小屋裏収納拡張のための屋根裏出入り口付、床下収納2箇所、南側全面幅12m×2mのビルトインバルコニー暴風雨補強対策付、戸外の水栓2箇所、戸外コンセント5箇所、耐震強度も自分で再計算し、余裕の補強をしてもらっています。庭に電気を引いた1.5坪ログハウス物置も付いて、標準装備や希望オプションは全て入れました。築3年を経過しましたが、不具合はもちろん何もなく快適です。

「これでどうしてそんなに安いの」とよく言われますが、特に節約を意識せず普通に建てました。40坪で2500万円という価格は標準的なもののようですが「何でそんなに高いの?」と正直思います。

要するに「お任せ」では高くなりますし、手抜きや無駄な施工をさせないようよく勉強して必要な部分に必要なお金をかけていけば十分安い家が建つということです。その勉強が半端ではありません。

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー...続きを読む

Q床材の価格について

フローリングについて教えてください。
ダイケンやパナソニックなどの一般的なフローリングと、無垢のフローリングの価格差ってどの程度なのでしょうか。
延べ床31坪程度2階建てです。
無垢材の種類にもよるとは思うのですが、安いと思われるパイン材でしたら、合計でどの程度の価格差になるのでしょうか。
オークなどは高そうなので考えていません。

Aベストアンサー

こんにちはご参考までに

新築で無垢材を張るのでしょうか?
価格差は使うフローリングと使う無垢材によって全然変わります。高いフローリング(合板)より安い無垢材の方が安いですし、、それから、合板のフローリングは一般的には303mm巾長さ1820mmですが、無垢のフローリングは75mm巾長さ1820mmというものが主流です。施工性が単純計算4倍違いますので無垢材は材料費が上がるのと工事費も上がります。

単純にいいものはお金かかります。安い無垢材は合板のフローリングにも劣ります。
一般的に高価な床材(無垢)カリン・チーク等も良いものは高いく3~4万円/坪ぐらいしますが安いものだと2万円/坪しません。(材料費)それに対して一般的なフローリングは6,000~1.5万円/坪ぐらいかと思います。

ちなみにパインの無垢材では1.5万円/坪前後でしょうか?とても柔らかい木ですので良くその性質を理解してからのご選択をしてください。北欧スタイルの家でしたら良いかと思います。杉やパイン等は表面がすぐぼこぼこになる。ひび割れ等の発生率が極めて高い。床暖房・ホットカーペットが使えない等ご注意ください。

余談ですがオーク(なら)は一般的な無垢材フローリングのなかでは一番安いものとなります。(パインを一般的な床材とみなさないので、、)1.5~2万円/坪ぐらいです。

一応パインのお勧めのフローリング(無垢)はWOODONEさんのピノアース12mmパインです。
無垢材のパインをうづくり塗装により表面強化された優れ物価格は1万円強/坪程度かと、、

延べ床31坪とはいえ床材はる面積はもう少し少ないのでは?予算がないのなら一階部分を無垢材にして2階は合板のフローリングにする方が多いかと思いますが、、、

以上ご参考までに

こんにちはご参考までに

新築で無垢材を張るのでしょうか?
価格差は使うフローリングと使う無垢材によって全然変わります。高いフローリング(合板)より安い無垢材の方が安いですし、、それから、合板のフローリングは一般的には303mm巾長さ1820mmですが、無垢のフローリングは75mm巾長さ1820mmというものが主流です。施工性が単純計算4倍違いますので無垢材は材料費が上がるのと工事費も上がります。

単純にいいものはお金かかります。安い無垢材は合板のフローリングにも劣ります。
一般的に高価な床材(無...続きを読む

Q低コストで耐久性のある屋根材と外壁材は?

年内に家を建てる計画があります。
現在のところ工務店に勧められた屋根材はガルバニウム、外壁は無地のサイディングにしようかと考えていますが、耐久性(年数)はどのくらいなものなのでしょうか?
あと、ガルバニウムやサイディングのメリット・デメリットも教えていただければありがたいです(^^ゞ
また、ガルバニウムやサイディング以外に長期間メンテナンス不要で安い部材があれば教えていただきたいのですが、専門家の方、そういった住宅にお住まいの方、アドバイスよろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

去年に新築したものです。外壁関係の仕事の経験があるものです。

まず、サイディングの耐久性についてですが、メーカーの公表値は10年と言われています。が実際には施工される環境によって違いがでます。北側の一日中日光に当たらない場所で湿気が高い場合は3/2程性能は減退します。一般にサイディングは水分に弱いものです。セメントとパルプが主原料のためです。
一方、ガルバニウムはアルミが主原料の為水分には強いです。
共に、外壁の表面に塗装している塗装は紫外線や排気ガスで劣化していくため少しずつ薄くなっていきます。

安い部材の外壁材はサイディングとガルバニウムしかないと思います。タイル、レンガ、石材は高価ですし・・・。

長期間のメンテナンス性能が高いのは、タイル>ガルバニウム>サイディングとなります。
理由は、コーキングにあります。コーキングとは、窓枠と外壁との隙間にゴム系の樹脂で隙間を埋めます。外壁内部に雨等の水分の侵入を防ぐのが役目です。しかしコーキングの寿命は以外に(メーカー公表値にくらべ)短いものです。ということは、自分で行はなければなりません。その度に足場も必要になるわけです。
その点、ガルバニウムはコーキングの必要部分が明らかに少ないのがメリットです。自己のDIYの負担を軽減してくれます。

しかし、ガルバニウムにも欠点はあります。屋根材に使用した場合、ようは鉄板ですから屋根が焼けてしまいます。二階の部屋はすぐに暑い空間となってしまうと思います。
もうひとつ挙げると、あまり見た目に高級感がなく思います。

いろいろな選択がありますが、メリット・デメリットを理解したうえで納得のいく家作りをしてください。

去年に新築したものです。外壁関係の仕事の経験があるものです。

まず、サイディングの耐久性についてですが、メーカーの公表値は10年と言われています。が実際には施工される環境によって違いがでます。北側の一日中日光に当たらない場所で湿気が高い場合は3/2程性能は減退します。一般にサイディングは水分に弱いものです。セメントとパルプが主原料のためです。
一方、ガルバニウムはアルミが主原料の為水分には強いです。
共に、外壁の表面に塗装している塗装は紫外線や排気ガスで劣化していくため少...続きを読む

Q防蟻処理必要ですか?

現在、住宅新築に向けて、工務店と最終調整中です。
工務店からの減額案で防蟻処理を無くす案が提案されています。
色々調べて見ましたが、防蟻処理の有効年数は5~10年程度みたいで、
有効年数を過ぎても、外壁の仕上げを外したりする必要があるため
新たな防蟻処理をすることはまず無い様です。
そこで、質問です。
有効年数が過ぎたときに、新たな処置をしないのであれば、
最初からしなくても良いのではと思ったのですが、通常は
どのように考えられているのでしょうか。
たとえ最初の5年だけでも、処置をした方が将来的にも効果がある
のでしょうか。
現在の仕様では、土台に桧、柱に杉、筋交いに米松となっているため
公庫の防蟻不要の規定はクリアしています。
御助言よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

シロアリに関しては建築業界では色んな正しくない話しが出回っており、更にいうといかがわしいシロアリ業者はもちろんのこと、まともなシロアリ業者でも誤った知識が氾濫しているというのが現状です。(詳しくは「床下が危ない」でも読んでください)

>最初からしなくても良いのではと思ったのですが、
大正解です。

>通常はどのように考えられているのでしょうか。
間違った常識としてはやるという考えのようです。

>たとえ最初の5年だけでも、処置をした方が将来的にも効果があるのでしょうか。
ないです。

>現在の仕様では、土台に桧、柱に杉、筋交いに米松となっているため公庫の防蟻不要の規定はクリアしています。

であれば必要ないです。

ちなみに、シロアリ対策として本当に有効なのは床下定期点検だそうです。
もちろんベタ基礎も適切に施工されれば効果はあります。
まあ詳細は紹介した本をご覧下さい。

Qあれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。

あれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。
この度、2×4戸建て住宅に後付けで、エアコンを取り付けることにしました。大手家電量販店で購入し、指定工務店が工事に来ました。

エアコンの穴は気になっており、構造体に傷をつけないために、自宅新築時にハウスメーカーに穴あけだけ出来ないかとお願いしておりましたが、付けるエアコンにより穴の場所が異なるため出来ないと言われており、今般穴あけと設置をお願いすることになりました。

心配なため、建築途中に巻き尺を当てて壁内部の写真を撮っておきました。
しかも窓から、コンセントから、部屋の角からとの距離もすべてわかるようにも撮っておきました。

実際取り付けにあたり、写真を見せて、ここから17cmのここに柱が入っていますから、ここを避けて開けてください。とまでお願いしたのに、壁をトントンたたき「大丈夫ですよ」といい、穴を開け、案の定、柱にぶつけてしまいました。

あきれてものが言えません。

しかも、「傷ついても大丈夫ですよ」と言いつつ穴を貫通させようとしていましたので、慌ててやめさせ、大手家電量販店に連絡したところ、責任者という方と、工務店の社長さんが確認しに来てくれました。不手際は認め、おっしゃるように対応しますとの回答をいただきました。

建築時のハウスメーカーに連絡したところ、(現場は見ていません。電話だけです。)「木に1~2mm程度の傷ならば、構造上大きな問題はないと思う。ただし、2×4は壁が耐力壁になっているので、一枚のボードに二つの穴が開くのはうまくない。当社が修理するならば、ボード一枚の張り替え。壁紙の部分修復はしていないので、部屋すべての壁紙張り替えになる」と言われました。

責任者と社長さんにお話しすると、私がそれを望むならば、そのように対応する。との事でした。

ここまで書くと、それなら良いのでは?と思われるかもしれませんが、ハウスメーカーでは、今は工事が混んでいて、いつ修理できるかわからない。と言うのです。

モタモタしていると夏が終わるかもしれません。

あと、ハウスメーカーに、周囲の1~2mmの傷の他に、先行ドリルの穴がうまく伝わったかも不安なのです。
実際、強度的にどの位、問題となるのでしょうか。
少しでも強度に問題があるのならば、この夏、エアコンがなくても徹底的に修理したいと思います。
強度に問題がないのであれば、業者と何らかの妥協点を探りながら、早めにエアコンをつけてもらおうと思います。
実際強度的には、どんなものなのでしょうか。
私としては今後、どのような対応が出来るのでしょうか。

家を大事にしてきて、今まで、ピン一つ刺したことがなかった(各部屋にピクチャーレールをつけてもらい時計、カレンダー等はこれでぶら下げる。)ので、とても悔しいです。

あれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。
この度、2×4戸建て住宅に後付けで、エアコンを取り付けることにしました。大手家電量販店で購入し、指定工務店が工事に来ました。

エアコンの穴は気になっており、構造体に傷をつけないために、自宅新築時にハウスメーカーに穴あけだけ出来ないかとお願いしておりましたが、付けるエアコンにより穴の場所が異なるため出来ないと言われており、今般穴あけと設置をお願いすることになりました。

心配なため、建築途中に巻き尺を当てて壁内部の...続きを読む

Aベストアンサー

実際問題、2×4なら1本のスタッドにその程度の穴どころか、スタッドを切断しても、家全体の耐震性が著しく損なわれることはないでしょう

マイナスはゼロではありませんが、ほとんど無視できるレベルです

ただ、気分的には著しい損害です
私なら絶対に嫌ですね

それに、ハウスメーカーの保証も、その部分が原因の不具合は、対象にならないでしょう

私なら、今夏はエアコンをあきらめても修理してもらうでしょう

とりあえず、別の部屋には細心の注意を払ってもらって、エアコンを取り付けてもらい、暑い日はその部屋で過ごします

でもしかしスタッドの場所を探る機械がホームセンターとかで2千円くらいで売ってますけどね
それ使えばこんなヘマはしないだろうに

多分そこの業者はいつもこんなことをやっているのでしょうね
2×4ならなんとか大丈夫ですが、在来工法だったら大変なことです


人気Q&Aランキング