ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

20年位の柿の木があります。ここ数年、青い実はなるのですが、そのまま腐って落ちてしまいます。葉も落ちてしまいました。

柿が、ちゃんと実をつけるようにするには、どうすればいいのでしょうか。これは、病気なのか、虫が木の中にいるのかもわかりません。実に袋をかぶせることは、してません。
消毒はしてなく、11月頃に選定は伸びた枝を切る程度です。

よい方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

実を沢山付けた時には、柿の木が自分の身を守るために自ら実を落とし


てしまう生理的落果があります。この場合は病気や害虫ではありません
ので、人間の手で何とかしようとしても無駄になります。

実が落ちてヘタだけが残っているなら、カキノヘタムシの被害です。
青かろうが熟していようが、カキノヘタムシには関係ありません。柿の
実が付いている限りは、ドンドン発生します。
幼虫が発生するのは年2回で、6月上旬から下旬と7月下旬から8月上
旬にスミチオン乳剤を1000倍に薄めて、1週間置きに3回程度繰り
返します。現在被害を与えているのは、8月上旬頃に孵化した幼虫が被
害を与えているのだろうと思います。とりあえずスミチオン乳剤を1~
3回ほど散布して見て下さい。

ブドウやビワとは違いますから、袋かけは行いませんし必要もありませ
ん。

剪定は12月から2月の間の内、厳寒期である1月を除いた時期に行い
ます。11月では葉は残っていませんか。基本的には葉が完全に落下し
てから行うようにします。夏の整枝も必要で、開花が終わったら徒長枝
のような不要な枝や、込み合っている枝を切って整理をします。これに
より枝と枝との間隔が広くなり、風通しも良くなるので病害虫の発生を
ある程度は抑える事が出来ます。不要枝を切る事で風通しが良くなるだ
けでなく、今まで不要枝が消費していた養分も実の方に使えるようにな
ります。徒長枝には実はつきませんので、このような枝は夏の間に切っ
てしまった方が良い成果が得られるようになります。

収穫後の御礼肥えは必要ですが、与え過ぎると根を傷めてしまいます。
根元から1m程度離れた位置に穴を掘り、一握り程度の肥料を施して下
さい。堆肥に少量の肥料を混ぜ、それを施されても構いません。1本に
付き2~3ヶ所に施して下さい。肥料は年に1度だけで、それ以外の月
は与えません。
    • good
    • 24
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
くわしい説明、非常にわかりやすかったです。

しろうと判断で、適当に管理してました。
肥料も消毒もしてなかったです。袋もかぶせないからこうなったのだと思ってました。今度は、選定の時期も選んで行います。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/10/01 21:29

柿の実を落下させる「カキノヘタムシガ」と云う害虫が居ます


 6月上旬と8月上旬の2回
  トクチオン水和剤800倍液かパダン水和剤1500倍液を散布すると防げます
 出典 家の光協会発行「家庭果物づくり」
    • good
    • 9
この回答へのお礼

消毒したほうが、いいようですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/10/01 21:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柿の実が落ちる

ここ数年8月末から9月にかけて柿の実がある程度大きくなって赤みを帯びてすぐに柔らかくなり、殆ど実が落ちてしまいます。たまに黄色みがかって色づいた程度のもので堅い実がゴマが入り食べれるものもあります。ゴマが入らないものは渋くて食べれません。
園芸ショップで次郎柿で購入したのですが、堅くてゴマが入りとても甘い柿です。形はころんとした結構大きいです。樹齢は20年位です。春から夏にかけてマラソンで3~4回消毒はしています。
柿の実が落ちるのはどうしてなのでしょうか?
対策を教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>今からの時期での害虫駆除の方法はあるのでしょうか?

実の落下は幼虫害の落下が多いですから、今の時期は害虫駆除をしても成虫ですから無駄と思います。

他には越冬害虫を駆除することも重要と思います。
方法は1月~2月に柿木の太い枝や幹のあらい皮を削り取り、越冬害虫を駆除しても良いです。木に登り見れば解かると思います。

生理落下は天候にもよりますが、2~3割は落ちます。
今年は諦めて来年の6月~8月に忘れないで消毒して下さい

Q柿の実がゼロ個です。昔、たくさんなったのですが。

南関東、日当たり/排水絶好、富有柿、約40歳、樹高3mです。100個以上なった年もありますが、ここ数年ゼロです。肥料はやっていませんが、樹勢は「元気すぎ」です。そもそも花が咲かないので「受粉問題」ではありません。
今年2月、主幹に幅5cm、深さ5mmほど「環状剥皮」しましたが、ビクともせず、すごい勢いで枝が伸びています。
「環状剥皮」は何月にするのでしょうか。また、もっと強めにやるべきなのでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的にはいつやっても良いのですが

落葉樹の剪定は 12月~2月まで 3月以降は 切り口から樹液が大量に出てしまうので木にによくない
これは木を傷つける 環状はく離にも言えるのではないでしょうか
柿の花芽形成期は6~7月と言われます

秋にやると 落葉までに 栄養はたまり 芽が充実するかもしれません が花芽は形成されないです
花芽が出来るのは 早くて来年の夏
それが伸びるのは 再来年の春  ということ 


他の方法として  枝を下に引っ張って 寝せ気味にする
枝って 若い元気なものほど上に伸びたがり 成熟しないものです
枝先が横か少し下向き加減に 誘引してやると ホルモンの関係で 成熟の方向にむかう
時期としては 5月頃か

Q園芸用農薬(?)スミチオンの使用方法及び注意点

以前ここの質問で、蚊を撃退するのにホームセンターで売っているスミチオンをじょうろに薄めて庭にまくと蚊が居なくなる・・・ってのがあって、早速スミチオンを購入したのですが、説明を見てみると

☆1000倍から2000倍に薄める
☆農薬
☆サングラス&手袋着用
と書いてあり、なんだか恐くて使用できずにいます。

☆じょうろで薄める場合、1000倍から2000倍薄めるには1摘程度スミチオンを入れれば良いのか
☆農薬なのに庭にまいて体に害は無いのか
☆庭に咲いている花等には影響は無いのか
☆使用する上での注意点

などを教えてください。

Aベストアンサー

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
1000倍というのは農薬の量(CC)*・・・倍ということです。一滴という適当ではなく計れ!。

 スミチオン1ccx1000cc水=1000倍

<体に対する害>
 散布日当日はその場所に立ち入らないこと。
 散布箇所には素手で触ったりしない。何らかの作業 をして農薬に触れた場合にはよく水道水で洗う。
<花についての影響>
 あります。したがって開花時期や咲いている花には養生する。(当然)

<使用上の注意>
  *風の強い日にはやらない。
  *適正濃度で散布する。
  *散布後は他の種類の農薬を使用しない。
  *散布したことはあなた個人だけではなく家族に   も伝えること。

  以上、ちょっと怖くなって使えないような回答していますが、その位注意すれば大丈夫ということです。 よく農薬で被害を蒙る人はよっぽどの素人さんかセミプロです。 ようく注意書きを読みましょうね。 
 この時期草むしりをすると、晴れた日はすぐ蚊がよってくるので事前に周りの草むらに蚊専用の殺虫剤をまいてから、防虫スプレーを手足にふってから作業しています。 藪蚊はかゆい、痒い。
 

 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。
 農薬のスミチオンについてだけ解答します。園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 
 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。

*長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋
*散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから
 すべての服を着替える。

<濃度について>
10...続きを読む

Q柿のヘタムシ退治

百目柿で毎年甘柿を大量に収穫するのですが、収穫した柿の実にヘタムシの跡が見られるので
冬の間、幹に布を巻いて蛹を集め3月末に回収して焼却していますが完全ではありません。
並行して3月頃に幹の疎皮を削ってみると蛹が見つかることがありますがこれらはヘタムシの蛹でしょうか?
大きさは1~2mmだ色は褐色です。
ヘタムシ退治には7~8月にスミチオン水和剤を散布することが推奨されていますが葉が生い茂っているので散布も大変です。確認したいのは葉の茂る前に幹をスミチオン等の薬液で消毒、殺菌することで
退治できると散布も容易と思われますが効果は期待できますでしょうか
トニー

Aベストアンサー

ヘタムシ対策になるかどうかは判りませんが、幹に布やむしろを巻いて、春に取り払って燃やすやり方の場合、遅くても節分までに取り払って燃やすなり、ごみに出すなりしないと、越冬のための座敷を準備したようなものなので、遅いかと思います。
立春になったら、虫たちは活動場所を探して動き出します。
布を巻いて虫を集めて、その布を外したら、その周辺にかなり濃い濃度の農薬を散布して、残っている虫を駆除しないといけません。
1000倍で散布する薬を100倍くらいで幹に散布。

その上で、ヘタムシの駆除は、花が満開の時と言われています。(でも、満開の時に殺虫剤をかけたら交配のための虫が来れなくなる様に思うのですが)
わたし、以前は満開時に殺菌剤(病気と言われていたので)を散布していましたが去年、満開時に殺菌剤と殺虫剤を混合して散布しましたが、実は成りました。
品種は平核無柿です。ヘタの形の黒ずみも有りませんでした。
去年は表年だったので、沢山成ったのかもしれません、今年は裏年なので、同じように薬剤散布して上手く実が成るか楽しみです。

残念ながら、スミチオンを幹に散布しても、そこに虫がいないと何の効果もありません。
虫たちは美味しい所にやってきますので、柔らかい葉っぱや花の方が良いでしょうから、幹には余り付きません。
一部、カイガラムシの仲間が枝に付きますが、それも皮の薄い枝です。

7~8月にスミチオンをかけるのは、イラガの幼虫駆除が目的かと思います。(わたしはイラガの幼虫とアメリカシロヒトリの駆除目的で散布しています)

ヘタの周りが黒くなっていても、皮をむいて食べる人には関係無いようです。
私、渋抜きした物を皮がらみ食べますので、黒いと一寸嫌です。

ヘタムシ対策になるかどうかは判りませんが、幹に布やむしろを巻いて、春に取り払って燃やすやり方の場合、遅くても節分までに取り払って燃やすなり、ごみに出すなりしないと、越冬のための座敷を準備したようなものなので、遅いかと思います。
立春になったら、虫たちは活動場所を探して動き出します。
布を巻いて虫を集めて、その布を外したら、その周辺にかなり濃い濃度の農薬を散布して、残っている虫を駆除しないといけません。
1000倍で散布する薬を100倍くらいで幹に散布。

その上で、ヘタム...続きを読む

Q柿の木の肥料の仕方

都内23区の実家の庭に、柿の木(ひゃくめ柿)があります。
樹齢70年弱です。祖父が、戦後間もなく、苗木を植えたようです。
毎年、実が実ります。現在は、私の父母(80才)の代ですが、
肥料等は一切しておりません。それでも、毎年、実って
おります。庭は、硬い土。そこに柿が1本って感じです。

私(50代)が農作業にはまり、実家の柿の木の肥料が
気になった次第です。農園の野菜ならわかるのですが、
高さ5mの柿の木の肥料は、具体的にどうするのか、サイトを
見ても書いてありません。例えば、木の根元2mに穴を
掘って、米ぬかを入れるととか、発酵けいふんをまくとか・・・・

教えてほしく存じます。
よろしくお願いします

http://www.youtube.com/watch?v=Vbwxrjd-I-E

Aベストアンサー

>木の根元2mに穴を掘って、米ぬかを入れるととか、発酵けいふんをまくとか・・・・

農作業の方法で学ばれたと思いますが、上に記載されたような緩行性の肥料を根元に施されたら良いと思います。
柿はイワユル「棒根」が真下に伸びて行く性質なので、根元に控えめに与えるだけで充分です。
少なめに継続して施すのが一般的な植物にはピッタリかと思います。

Q農薬、スミチオンやマラソンについて教えてください。

  庭で毛虫が大発生して困っています。
スミチオンやマラソンが効くと教えてもらったのですが、この薬の違いは何なのでしょうか。
毛虫に直接散布するとすぐに死ぬのでしょうか。
薬の長所や効果を発揮するまでの時間や、注意点など教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm
【スミチオンについて】

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
【展着剤について】

ANo2です。
補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。
但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。

それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤(界面活性剤)を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬(殺菌&殺虫剤)及び除草剤にも有効です。
スミチオンは、害虫に直接的に効くのは勿論ですが、スミチオンが付着した葉を害虫が食する事でも殺虫効果があるので、農薬が展着しにくい葉には効果があるという事です。

スミチオンは人間や鳥のような温血動物には毒性は低いですが、昆虫や魚類のような冷血動物には毒性が強いので噴霧する付近に金魚などが生息してる池がある場合は農薬が混入しないような配慮が必要です。

http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm
【スミチオンについて】

http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
【展着剤について】

ANo2です。
補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。
但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。

それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤(界面活性剤)を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬(殺...続きを読む

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む

Q柿の葉の黒いシミについて

柿の葉の黒いシミは何か教えてください。
樹齢三十年の大きな柿の木が二本あります。
今までは何もなかったのですが、去年と今年に葉に黒いシミが点々とでき(裏面は灰色になっています)、全体的に広がり、葉が落ちてやがて実も落ちてきます。去年は全滅しました。今年も実が非常に少ないです。何の病気なのか、またどんな消毒をしたらいいのか教えてください。

Aベストアンサー

実物の葉を見ないとよく解りませんが多分細菌に侵されていると思われます。バラの葉に似たような黒いシミであれば黒星病です。褐班病は葉に黒い小さい斑点が現れ良く菊の葉に出ます。多分このどちらかと思われます。殺菌剤の予防薬と治療薬としてデユポン社のベンレート水和剤かトップジンM、予防薬のダコニール1000の3本のどれかを使用したら良いと思います。殺虫も定期的に行った方が良いと思います。昔は殺虫は6月と9月と言ってましたが今は地球が温暖化されて虫の発生が早くなり5月と8月のお盆の頃が良いと言う事です。詳しくは説明を良く見て下さい。消毒の期間は収穫を良く考えて行ってください。叉心配でしたら1週間に2回しても大丈夫です。経験済みですから心配ありませんがただしあまり濃い濃度に気をつけてください。叉同じクスリを使い続けますと、虫も菌も抵抗力が付いて効果がなくなりますよ。

Q柿の実が最近、落ち続けています。

庭の柿の木があるのですが、風も吹いていないのに最近、実の部分が下に落ちて、このままだと全て無くなるのかと思っています。
柿は秋に赤くなって落ちていくならわかりますが、青いまま落ちています。
何か病気なのでしょうか?

Aベストアンサー

URLだけで済みませんが、参考までに。
1 柿その他植物病害虫一部掲載
http://gaicyu.mezaa.net/2005/09/post_509.html
2 柿の病虫害一部農薬記載
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/1913/katei/kajurui.htm
柿果の虫
http://botany.cool.ne.jp/log/200609/06090222.html
剪定
http://www2u.biglobe.ne.jp/~waroh/wagaya/mi.htm
生理落下と防虫
http://www.banraisha.co.jp/saien/part1/kajyu/kaki.htm
未受精による落下他
http://www5b.biglobe.ne.jp/~f-story/syokubutu/kudamono2.html
樹形維持
http://homepage2.nifty.com/tane-tak/fmsg/kaki/lowtree.htm

2を御覧に成りおよその病虫害を突き止め、殺虫剤、殺菌剤を施用して下さい。
なお多くの園芸掲示板がありますので、必要があれば紹介します。

URLだけで済みませんが、参考までに。
1 柿その他植物病害虫一部掲載
http://gaicyu.mezaa.net/2005/09/post_509.html
2 柿の病虫害一部農薬記載
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/1913/katei/kajurui.htm
柿果の虫
http://botany.cool.ne.jp/log/200609/06090222.html
剪定
http://www2u.biglobe.ne.jp/~waroh/wagaya/mi.htm
生理落下と防虫
http://www.banraisha.co.jp/saien/part1/kajyu/kaki.htm
未受精による落下他
http://www5b.biglobe.ne.jp/~f-story/syokubutu/kudamono2.html
樹...続きを読む

Qイチジクのカミキリムシ対策

 庭のイチジクが毎年カミキリムシに食われて困っています。農薬は使っておらず、成虫を見つけては捕殺しているだけです。
 対策として幹や枝にアルミホイルやビニールテープ、金属網を巻き付けるなどと言うのは効果がありますでしょうか?

Aベストアンサー

カミキリムシは飛散する昆虫ですから、飛散する昆虫には薬剤が効き
にくいとされています。つまり薬剤を噴霧しても、噴霧しようとする
と逃げてしまうので、飛散する昆虫に対しては薬剤散布は難しいと昔
から言われています。見つけ次第に補殺するのが最も効果的ですが、
これが面倒で、飛散したら補殺を繰り返すだけでイタチゴッコになっ
てしまいますよね。
幹や枝にアルミホイールやビニールテープを巻き付けると、日照不足
や通気性が悪くなり生育不良になります。また巻き付けた隙間に何ら
かの害虫が住み付き、逆に被害が大きくなる事もあります。
実際にそのような物を巻き付けるような事をすると聞いた事がありま
せんので、そのような効果が立証されていない事はしない方が良いと
思いますね。
そんな無駄な事をするよりも、確実な方法を実践しましょう。
カミキリムシは一般的にテッポウムシと呼ばれていて、幹の中で1~
2年間は幼虫として食害を繰り返しています。1~2年の幼虫時期を
終えたら成虫として地表に出ますが、この時期が5~7月がピークと
言われています。成虫になると今度は産卵をしますので、産卵を防ぐ
ためには補殺が大切になります。いつ産卵するか分からないのですか
ら、産卵を防ぐためには補殺はするしかありません。
成虫にしなければ産卵はありませんので、幼虫の段階で駆除すれば今
回のように補殺に時間を費やす事はなくなります。

イチジクの根元付近を良く見ると、木屑のような粉が落ちているはず
です。これを発見したら間違いなくカミキリムシの幼虫が幹に侵入し
ている証拠ですから、この段階で成虫にしないための駆除を行うよう
にします。木屑から10~20cm上を見ると、5ミリ程度の小さな
穴が見つかります。この穴から幼虫が侵入したわけです。
穴には幼虫が潜んで食害をしていますから、穴を見つけたら脱脂綿を
小さく丸め(穴に入れられる程度の大きさに丸める)て、スミチオン
乳剤等の殺虫剤の原液を浸み込ませ、ピンセットで穴に押し込み、針
や針金で穴に完全に入るように詰めます。穴を粘土かチューインガム
で塞ぎます。これは薬剤が気化しないための方法です。これで内部に
薬剤が蔓延し、内部の幼虫は死んでしまいます。
これをする事で翌年からは被害が減少します。ただ先程に書いたよう
にカミキリムシは飛散しますから、他の場所からも飛散しますので、
やはりイタチゴッコは繰り返されます。

全てのカミキリムシを補殺したら、直ぐに防虫ネット(カミキリムシ
が潜れない網目にする)をイチジクを覆うようにして張ります。
これが一番の予防策です。とにかく補殺は必ず終えて下さい。補殺を
負えないでネットを張っても意味がありません。

カミキリムシは飛散する昆虫ですから、飛散する昆虫には薬剤が効き
にくいとされています。つまり薬剤を噴霧しても、噴霧しようとする
と逃げてしまうので、飛散する昆虫に対しては薬剤散布は難しいと昔
から言われています。見つけ次第に補殺するのが最も効果的ですが、
これが面倒で、飛散したら補殺を繰り返すだけでイタチゴッコになっ
てしまいますよね。
幹や枝にアルミホイールやビニールテープを巻き付けると、日照不足
や通気性が悪くなり生育不良になります。また巻き付けた隙間に何ら
かの害虫が住み付...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング