積水の住まいで、23年が経ち、風呂のリフォームを考えてます。が、積水以外でもたくさんの広告を目にします。増築でお世話になった工務店さんは、大工さんが悪くトラブルばかりだったので頼む気もしません。最近は、工務店のみならずホームセンターや家電店まで、折込広告を見ます。経済的に苦しく、価格に惑わされてしまいます。見積もりだけの依頼は、できそうにないですし、実際問い合わせにも行けそうにもないので思案中です。どなたか、アドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

専門的に仕事している者です。


積水の住まいでしたら積水リフォームはどうでしょうか?
まず、お風呂場の内寸を測ってみてください。当時の積水で使われていたユニットは異質なサイズなので、ユニットバスメーカーでピッタリに合うものが少ないのが実情です。おそらく1318か1618サイズかと思われます。このサイズを扱っているユニットバスメーカーは限られてきます。現状のお風呂より一回り小さくなるのを覚悟するのであれば、色々なメーカーから選べますのでよく検討してみてください。
また、予算が厳しいのであれば窓を大きくすると家の外壁まで手が掛かりますから金額が高くなります。予算を抑えるなら外壁に絡む窓工事は避けるのが得策です。
この時代の積水の窓サッシは特殊でボルト締めの窓サッシとなっています。一般的に使われる窓サッシとは違うので、注意が必要です。
そこで、お勧めなのが積水リフォームです。積水でもリフォームを手掛けていて、既存の浴室と同じサイズのユニットバス(クリナップ社)があり。窓サッシを交換するのも、窓を既存と同じ大きさでするのであれば、外壁工事をしないで窓を取り外し、新しい窓をそっくり交換できます。一度、リフォームの対象に検討されるのはいかかでしょう?
お断りしますが、私は決して積水関係の者ではありませんので。
色々なリフォーム会社で合い見積もりされて、失敗しないリフォーム工事をしてください。
    • good
    • 1

ユニットバスの場合


本体の施工はメーカーの業者が設置ですので
設備やさんが安いその他
電気、水道、開口部の補修大工ですので
主体は本来設備屋です、
リホーム業者はコンダクトで手数料得るだけです、
設備業者も地元で大きい所がアフターの心配が無い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、有難うございました。○○設備って業者あります。近くの業者ですが、「見積もり」だけで断ることになれば申し訳ないと思うし、躊躇してしまいそうですが・・・・。思い切って、尋ねてみようかと思います。

お礼日時:2009/09/27 21:43

お風呂を在来のタイルの風呂からユニットバスへの変更でしょうか。


バスタブだけはそのまま搬入しますので、バスタブが入る開口部が必要となります。
多分入ると思いますが・・・。
もし、バスタブが入らないと、窓を壊したりする必要が出ます。
ちょっと追加工事ですね。
お風呂のリフォームにどういう職人が必要かというと・・・
まず、既存の風呂を解体する解体屋。
実はこの仕事、解体は誰でも出来ます。
ユニットの入る寸法が分かる人が現場にて指示できれば、あとは力仕事ですので、誰でもできます。
私は塗装屋ですが、頼まれればやります。
解体で出たごみを処分する人。
これも誰でもできます。
コンクリートがらとか、木屑とかを産廃まで運んで捨てる仕事です。
次に左官屋。
バスタブの土台をコンクリートで作る仕事です。
次にユニットを組み立てる職人ですが、最近はメーカー指定の職人が来て組み立てていきます。
あと、水道屋、ガス屋、電気屋、大工、クロス屋・・・が必要でしょうか。
工務店に頼むよりは、水道屋に頼んだ方が安くなるような気がします。
水道屋が一番風呂関係は強い(自分で仕事ができる範囲が広い)と思うので・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、有難うございました。ユニットバスです。そう言えば先日、水漏れ修理に来てもらった方も、「風呂もやってるで~。」と言ってられました。「見積もり」頼んでみるといいのでしょうね。

お礼日時:2009/09/27 21:37

見積りだけの依頼ができない?


そんなことあり得ないでしょう
絶対に工事をやる条件でなければいけないのなら
それはもう見積りではありませんね

最低3社の見積りを取り、内容を吟味して決めましょう
値段だけで選ぶと大変なことになります
施工範囲、見積り除外項目、材料等の仕様(つまりグレード)
をよく確認しましょう
別途扱いの項目があればではいくなかかるのか?
を明確にしましょう
わからなければ業者に絵を描いてもらうようにしましょう
それと重要なのは保証範囲と保証期限、支払い時期です
工事関係は一般に完成後支払いです
先に払ってしまうと後々トラブルになったときに
業者に逃げられてしまいます
10%程度の手付金程度にとどめておく必要があります
何事も必ず書面に残すようにしましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ありがとうございました。「見積もり」ってそうですよね。思い切って回ってみます。

お礼日時:2009/09/27 21:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセキスイハイムの浴室の耐用年数は20年ですか?

20年点検で、外壁を塗り替えることにしました。セキスイ独自の塗料とかで、150万くらいです。
まあ、それは、やることにしましたが、浴室の交換で250万もかかるといわれました。浴室の壁は汚くなり、塗り替えたいと思っていますが、風呂、床もいつ壊れるかわからないと言われました。壁の塗り替えだけなら30万くらいだそうです。耐用年数は20年だそうです。浴室ごと替える時期なんでしょうか?ハイム(うちはアバンテ)にお住まいの方教えて下さい。

Aベストアンサー

お家の耐用年数は26年くらいです。
それでお家を建て替えなければいけないのでしたら、
塗装をするのも、浴槽を替えるのも、もったいない気がします。


貴方のためを思っての営業ではありません、自分のために売り上げを上げるための営業です。
浴室の耐用年数が寿命ではありません、浴室は壊れてから取り替えれば済むのではないでしょうか。
他にもキッチン、トイレなどもリフォームする時期が来ます。
営業の言っていることを真に受けて、工事をしていては、破綻します。

浴室の工事の250万円はとても高いです。
20年しか持たない浴室にそんなにお金をかける必要はないと思います。
いろんなメーカーのユニットバス、値段を調べてみてください。
相見積もりもしてみてください、適正な値段が判ります。

又20年でユニットバスを取り替えた人を私は知りません。
(ユニットバスの浴槽だけを替えたことはあります)

Q築30年のセキスイハウスの軽量鉄骨。リフォーム出来る?

S52築のセキスイハウス製2階建ての実家を今度、完全に取り壊して新築を建てようか、リフォームしようか迷っています。
資金の関係上できればリフォームしたいのですが、もう30年以上が経過している軽量鉄骨って今後、20年も30年も耐えうるんでしょうか?

最近のリフォームは新築みたいに出来ると聞き、骨組み以外は改築したいと考えています。出来ればベタ基礎じゃないのでベタ基礎にしたいのですがそれはリフォームじゃ無理かな?

築30年の軽量鉄骨のリフォーム、実用性はあるんでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

メーカーの軽量鉄骨の住宅は構造計算で安全が保証されています。
当時の建築基準法の強度計算では現在の基準が満足出来ないと思います。木造などでは、筋交いを増やしたり、基礎を補強したりして耐震補強できますが、メーカーのユニット住宅では難しいでしょう、建物全体で保つように設計されていますので。

ベタ基礎の件ですが、何故ベタ基礎にされようと思っているのでしょうか、ベタ基礎にすれば建物の自重が増えるので、圧密沈下の恐れがある場合もあるのです。何でもベタ基礎にすれば強度が増えるというわけでもないのです。

私はセキスイハウスの者では無いので、ひょっとするとセキスイハウスに相談すれば補強方法について何らかの技術があるかもしれません。
一度相談されてみればどうでしょう。
(まあ、新築を進められそうですがね)

Q積水ハウスの中古住宅(築23年)

私は30代後半で
積水ハウスの中古住宅(築23年)の購入を考えています。
定年までは住みたいと考えておりましてあと25年近くもつのかどうか
不安に思っています。

2階建て軽量鉄骨なのですが、寿命が普通は30年と言われていることを
考えると無謀とも思うのですが、一方で50年はもつというご意見もあるようです。

屋根と外壁、水周りはリフォームするつもりなのですが、
肝心の基礎部分は見ることができませんのでそれも不安に
思っています。

中を見たところ非常にしっかりした印象で
積水さんということである程度信頼はおけるのかな、
という気もするのですが、良いアドバイスを頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

昨年末、積水ハウスの2階建て軽量鉄骨(築25年)を購入しました。
基礎部分等、鉄骨部分は塗装色がまだまだ光沢のある黒色でした。

私もとても不安のなか、半分賭けで購入いたしまいたが、リフォーム時
に見せて頂いた床下、鉄骨部分等はとてもきれいで、リフォーム会社の
方も関心されていました(私も確認しました。)

もし、確認させて頂けるなら、床下収納から床下を、押入れもしくは
風呂場天井の開口部から基礎(鉄骨)部を確認させて頂いてはどうで
しょうか。

メンテナンスはある程度必要となってくるとは思いますが、築4、50年の
木造の実家がまだピンピンしていますので、そこまでシリアスにはなって
おりません。(購入前は違いましたが・・・)

あくまで私の場合の一例にすぎませんが、個人的な意見としましては、
積水さんということである程度信頼をおいては良いのではと思います。

すごく私の場合と似ておられますね。わたしも不安でした。

Q洗面室とトイレのクロスについて

現在、戸建てを新築中ですが、クロス選びで悩んでいます。
ほとんどの部屋は白っぽい壁紙にしましたが、トイレと洗面室だけは少し柄のあるものにしました。
というのも、サンゲツのカタログを見て、「水廻り」というページから、そのうち気に入ったものを選んだためです。
しかし何となくその「水廻り」という壁紙の機能性を疑ってしまいます。
本当は他の部屋のようなシンプルな白い壁紙がよかったのですが、「水廻り」用のページ中では気に入ったものがなく、柄のあるものになったのです。
もし機能的にさほど差がないのであれば「汚れ防止」の壁紙にしたいのですが、それだとやはり水には強くないのでしょうか。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般普及品(AA級)クロスの機能にあまり決定的な大差はありません、
水廻用といっても水に強い訳ではなく水廻にコーディネイトしやすい柄という事です。
だからビニールクロスであれば気に入った柄でOKです、
機能性は付属品程度と考えていただいて結構かと思います。
汚れ防止クロスは表面に汚れ防止フィルム加工しているものです、
大概は表面強度も強めで拭き取りしやすくなってるので水廻には向いてると言っても良いかと思います。
もっと極論を言えばビニール素材のクロスは水分を通さないのでビニールクロス全てにおいて大丈夫と断言できます、
ただどんな素材でもジョイントからの水分の浸入や結露により下地に水分がまわってしまうと剥がれてきます。

Qハイムはハイムじゃなきゃリフォームできないんですか

積水ハイムの中古を検討しています。
積水ファミエスの人に構造に手をかけるリフォームはうちでやらなきゃ保障はできません。といわれました。
これってどういうことなんでしょうか?
見積もり見たらかなり高い感じなんでできたらほかのリフォーム業者と合い三つしたいんですけど。
まだローン審査売買契約まで進んでないのでほかの業者は中に招き入れられないんです。
洗面台とかトイレを動かすとか風呂はファミエスに頼んだほうがよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

築15年のハイムを普通の業者さんでリフォームして今年引っ越しました。
リフォームしたのはほぼ全部。水周りの移動や取替え、ユニットバス
のサイズアップ、キッチンも移動に取替え。内部の間仕切り壁は
ごっそり取っ払ってもらいました。
(外部はまったくさわっていません。)

それでも保障は切れてません。

住宅の壁は、家を支えている壁と、ただの間仕切りのためだけの
壁に分かれます。家を支えている壁には太い柱やすじかいが入っています。
ただの間仕切りの壁には支えになるような柱はありません。

”構造に手をかけるリフォーム”というのは家を支えている壁や柱を
取り除いたり移動させたりするリフォームを言います。

セキスイハイムの家は軽量鉄骨造で、ユニット工法という建て方で
建てられています。鉄骨で組まれた四角い骨組みが幾つか組み合わされて
出来ています。四角い積み木が積まれているような感じです。
浴室の下には浴槽を支えるための梁が入っています。
それらの鉄骨の柱や梁を切断すると、構造上多大なダメージを与えることに
なります。それではメーカーは安全を保障することができなくなるので
積水ファミエスのリフォームをお奨めしてきたのでしょうね。


我が家のリフォーム中に発生した問題は以下の3つでした。
(1)他の方がおっしゃるように、ユニットバスの床下に構造部材があり
 浴室と脱衣室に15センチほどの段差が生じました。

(2)キッチンフードのダクトがとり回しづらく、ぐにゃっと曲げてなんとか 
 納めてもらいました。

(3)階段が特殊な構造で、取り除くはずの壁が残ってしまい、トイレの
 間取りが変更になりました。

(1)の浴室の段差は悩みました…。
「年取った時にどうする?」って思ったのですが、たかだか15センチの
段差を上れなくなるほど弱ったときは、2階建ての家に住むこと自体が
無理になるということなので、気にしないようにしました。
今では3歳の娘もなんなく上り下りしています。

それ以外はスムーズにリフォームできましたよ。
内部の間仕切り壁に筋交が入っていたり、構造壁になっていたりする
木造よりも、ずっとリフォーム向きだと感じました。
だって、外壁と階段周りの壁以外は全部動かせますから。
ハイムで構造部材までさわるリフォームって言ったら、よっぽどの
事情だと思います。


リフォームって、どんな物件でもなんらかのアクシデントが途中で
発生すると思います。壁が抜けないとか、窓の位置が合わないとか
排水管が詰まってるとか…。木造ならシロアリや土台などの腐蝕などの
心配もしなくてはいけません。軽鉄造のハイムはその点、シロアリなどの
心配が無かったので気が楽でした。

ちなみに私は、仕事でたくさんの木造住宅の設計をしてきましたが、気が
付いたら軽鉄造の家に住んでいました…。
木造の家に比べると家の中がやや寒い気もしますが、住んでいる土地柄も
あるので単純には比べられませんね。

いいお家が見つかると良いですねー!

築15年のハイムを普通の業者さんでリフォームして今年引っ越しました。
リフォームしたのはほぼ全部。水周りの移動や取替え、ユニットバス
のサイズアップ、キッチンも移動に取替え。内部の間仕切り壁は
ごっそり取っ払ってもらいました。
(外部はまったくさわっていません。)

それでも保障は切れてません。

住宅の壁は、家を支えている壁と、ただの間仕切りのためだけの
壁に分かれます。家を支えている壁には太い柱やすじかいが入っています。
ただの間仕切りの壁には支えになるような柱はありません。

”...続きを読む

Qお風呂場のアスベスト使用について

我が家は築21年の鉄筋コンクリート一戸建てなのすが、
お風呂場にアスベストが使用されています。
壁に細かいカビのようなものがあり、それがアスベストなのであまりこすらないようにと点検の際に言われました。
こするなと言われても、こする程度で飛散してしまうと考えるととても怖いです。
調べたところ、吹き付けアスベストでなければさほど神経質になる必要はないとのことでしたが、
こするなと言われたということは危ないということですよね…。
とても心配で怖いです。
また、キッチンにも使用されているみたいです。
吹き付けは70年代に原則使用禁止になっていますが、我が家はどのような状態で使用されているのでしょうか。
とても不安です。
詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。建築関係の者です。

お話の文脈から考えますと、恐らく「石綿板」のことを仰られているのでしょうか?
もし石綿板のことであれば、その主な目的は建築基準法にもありますが「耐火・防火」で、一般的には浴室やキッチン周りに使用します。

石綿板であれば築21年のご自宅でも使われている可能性がありますが、点検の際に言われた通り「過度の衝撃」によって粉塵が飛び散ってしまうような状況にならない限り心配する必要はないかと思います。

例えば、マンションのバルコニーとバルコニーを仕切る隔壁がありますが、あれは「珪酸カルシウム板」というものになり、「石綿板」もまたそういった「成形板」の類になります。あの隔壁は、火災の際に体当たりして避難することが前提となっています。浴室やキッチン周りで体当たりする程の衝撃が起こり得る環境ならば話は別ですが、基本的にはそのような環境はあまりありません。

恐らく、点検された業者さんが言いたかったポイントはそこだと思います。ただ「アスベストが使われています」と言われても恐怖ですよね(笑) 業者さんの説明不足でしょう。


仮にもし吹付けアスベスト(石綿)のことでしたら、築21年の鉄筋コンクリート造で、お風呂場にアスベストというのは、まずそもそもその状況が考えにくいです。吹付けアスベストというのは、主に鉄骨造の耐火被覆や防音・断熱などを目的に使いますが、あえてわざわざお風呂場のRC壁に使用するのが考えにくいです。

アスベストは、1975年を最後に原則として禁止になり、その後はロックウール(岩綿)が主流となっており、似ていますがこちらは発ガン性物質を含まない材料です。禁止後数年間だけは、ロックウールに多少のアスベストを混合していた話も聞きますが、それを考えても築21年には及びません。


「石綿板」のことだと思いますが、もしどうしても心配ならば、部分リフォームを承っている業者さん等に「下地壁の交換」を相談してみてもよいのではないかと思います。詳しい業者さんは解りませんが、インターネットで探せば見つかると思います。

長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。

はじめまして。建築関係の者です。

お話の文脈から考えますと、恐らく「石綿板」のことを仰られているのでしょうか?
もし石綿板のことであれば、その主な目的は建築基準法にもありますが「耐火・防火」で、一般的には浴室やキッチン周りに使用します。

石綿板であれば築21年のご自宅でも使われている可能性がありますが、点検の際に言われた通り「過度の衝撃」によって粉塵が飛び散ってしまうような状況にならない限り心配する必要はないかと思います。

例えば、マンションのバルコニーとバルコニーを仕切る...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報