【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

9月24日の読売新聞朝刊「時代の証言者」欄に同時通訳者鳥飼久美子さんの次のような回想が載っています。帰国後日本の小学校の英語の授業で、先生が帽子の絵を見せて、英語で発音を求めたので、鳥飼さんがアメリカ流の発音で'hat'と言うと、先生は「何てキザな発音してるの?ハットでしょ。」と言われ、すごく傷ついたという話です。それを聞いた鳥飼さんの母親は、すぐさま学校に抗議に行き、「日本人の先生が発音を直すのはやめてほしい。」と申し入れたそうです。
同じような経験をお持ちの方おられませんか?
その時どう思い、どう対処しましたか?
その後英語が大嫌いになったり、皆に合わそうと、わざと下手な発音をするようになったという方はおられませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

英和 翻訳」に関するQ&A: 英和翻訳 Please correct my Japanese

A 回答 (2件)

発音を“笑われた”ことはありませんが、発音や英語力や海外生活経験ゆえの理不尽さや不公平感は、私を含めて古い世代の帰国子女なら必ずといっていいほど味わっているはずです。

皆に合わそうと、わざと下手な発音をするのも、ほぼ当たり前というか、マナーのようなものでしたし、母国語同然の英語が“大嫌い”になったとしたら、それは錯覚だとは思いますが、英語を敬遠した人は多いでしょう。また、「子女」というからには、こちらも若いので、自意識過剰であったり未熟であったりして、うまく対処できずに誤解を招くことも多々ありました。そういう話は、帰国子女関連の書籍やウェブサイトにたくさん載っています。

一番ムッときたのは、海外でポップやロックにどっぷりはやっていた私が、レベルを落としたつもりで、作曲の課題にとりくんだところ「帰国子女に“しては”よくできたわね」と音楽の先生に言われたことです。

また、一番もめたのは、とある地方都市に住んでいた時(転勤族だったのです)の弁論大会騒ぎでした。英語のスピーチコンテストがあって、クラス中が私を推薦しました。ベテラン英語教諭だった担任もしかり。でも、スピーチなど興味がなかったし、英語が母国語同然の私がスピーチで勝っても嬉しくないうえに、ずるい感じが当時はしましたし、優勝者は「東京」に行けると言われても、私はもともと東京出身で、しょっちゅう東京に帰っていたので魅力を感じませんでした。

「出場すればいいのに、なんで?」→「出場しないなんて、カッコつけてる」→「いや、この子がイヤだと言っているのだから尊重しよう」→「そんなこと言うのはアンタだけ。ねたみ?」という具合に、クラス中を巻き込んで、私にとってはわけのわからない議論が何日にもわたってどんどん膨れ上がっていきました。結局、クラスメイトで、英語が大好きで成績も優秀だった適任者が出場することになり、実際、その子は良い線いった記憶があります(初めからそうすればよかったのです)。

英語については中1からずっと、「英語関係の進路を選べ」と各担任に、しつこいほど言われ続けてきて、それがいやでいやで、絶対に英語の進路は選ぶまいと思いましたね。だって、日本語が上手な日本人は全員、日本語を専攻しなければいけない、という理屈と同じでしょ。幸い両親は、英文科を押し付けたりはしませんでしたが、両親とて当事者ではありませんから、完全に理解してくれていたわけではありません。そんな私が和英英和の翻訳を本格的に始めたのは三十歳も過ぎてからでしたが、今も「英語の仕事をしている」のではなく「日本語の仕事をしている」という意識でいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ucokさん、何度か過去の質問でご回答を頂き、有難うございます。
帰国子女関連の書籍やウェブサイトにたくさん載っていますか? すみません、検索不足で。
おそらく、彼らにもコンプレックスがあるので、帰国子女に辛くあたりたいのだと思います。
折角の海外経験が生きてこなかったり、やる気をなくさせるものがあるというのは、一部の日本人のイヤーな所でしょうね。

お礼日時:2009/09/29 20:19

お礼を拝見しました。

たしかに最近は帰国子女が増えた分、事態が改善してきたので、ネット上でそういう記事を見つけにくくなりましたが、例えば、ちょっと古い以下のサイトで「第○号」というところを適当にクリックすると、要点を押さえた記事などを読めると思います。
http://www.roots-int.com/S-T/

ちなみに、私は必ずしも彼らが「帰国子女に辛くあたりたい」わけなのではないと思います。帰国子女から見れば「辛い」ことではあっても、言うほうは単なる無知や無理解から言っていることが多いのだと感じます。例えば、鳥飼さんの例は、先生が鳥飼さんの発音を褒める意味で、いわゆる漫才の“つっこみ”ふうな発言をしただけなのかもしれません。私の例は明らかに、音楽の先生が褒めたつもりで、弁論大会についてもクラスは私を讃えたかっただけなのだと思います。ただ、彼らが良かれと思ってやっていることが、いかに相手を傷つけているのかを、当時は情報不足というか、厳密に言うと、情報が中途半端に浸透していたせいで、わからなかったんでしょうね。鳥飼さんも「そういう時代だった」ということを言いたかったのかもしれません。帰国子女問題に限らず基本的に、日本における差別は、確信犯的なものよりも、無知によるものが圧倒的に多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度投稿有難うございました。
お礼が遅くなりすみません。
最近皆外国人や帰国子女に慣れ、状況が改善出来ているのはよいことだと思います。今回のような「心ない言葉」が、確信犯的なものではなく、ほとんどが、不慣れから来る無知や無理解に起因したものであったとしたら、今後は解消していくのでは、とのお話を伺い、安心しました。

お礼日時:2009/10/03 13:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の先生、発音が下手です

2年生に進学し、クラス替えとともに教科担任も変わりました。新しい英語(リーダー)の先生について相談させてください。

実は、その先生(50歳前後の日本人女性)は発音がとても下手なんです。LとRが同じ音なのをはじめとして(問題点は多数にのぼります)、いわゆる「日本語英語」で堂々と教科書を読んでいます。しかも、それをリピートさせられます。
このままでは先生の発音がうつってしまいそうです。

どうしたら、この先生に変な発音をうつされずに、英語の授業を受けられるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先生だし、授業中は日本語英語で我慢して
家で耳を作るしかナイんじゃないでしょうか??

年齢的にも努力しなそうだし・・・
NHKや洋画・洋楽で英語耳作り頑張って下さい。
日本語を聞いてる感覚でいたらいいんじゃないですか?

方言はうつるケド、発音は舌の使い方だし
大丈夫と思いますよ。

Q帰国子女でもないのに英語の発音が良い。なぜ?

はじめまして。英語の話なのですが、単純な発音能力についてなので外国語のカテゴリで質問させていただきます。
私は20歳で、アメリカに大学生として滞在してから一年ほどたちます。

なぜかよく英語の発音が褒められることが多いです。ただ発音いいね、ってだけではなく、発音だけではネイティブに間違えられることも多々あります。(深い会話をしてしまうと語彙のなさやスピード等のせいでESLだと察されるのですが。)
日本出身だと言っても、「小さいころからアメリカに住んでるよね?」「アメリカで生まれたの?」等…

似たようなトピで質問している人を何件か見てみたのですが、ほとんどの人が小さいころから英語を勉強しているという共通点を持っていました。ただ、私の英語学習経験は、ほとんど中学から学校の授業を受けていただけです。さらに中学は不真面目な生徒だったので授業をまともに受けていた記憶さえありません(文法に関しての話ですが、卒業までBe動詞ですら怪しかったレベル)。高校になってからはそれなりに真面目に勉強をしていましたが、それでも英語学習でのリスニングの比重は1,2割くらいだったと思います。会話学習はもっと少ないです。

ならば英語学習以外で英語と多く触れ合った経験が多いのかも、となりますがそれも大したことないです。英語圏の国へ旅行行ったことはあるのですが、通訳は全部親に任せてましたし回数もそんな多くないです。さらにぶっちゃけ英語の映画を見るときは半分以上日本語吹き替えでみてました。

別の理由候補として耳が良いのかもとなりますがそれもよくわかりません。当然絶対音感なるものも持っていません。小さいころから音楽はやっていません。音楽は聞きますが一般人が趣味として聞く程度です。(メインはポップミュージック)洋楽は有名どころしか知りません。好きな歌手は日本人で歌詞は日本語です…。

子供でもないのに言語習得が異常に早い方々がいますが、私はそれでもないと思います。発音は褒められるものの語彙言い回しスピード等肝心な部分はまだまだ勉強が必要です。あ!ちなみにシャイではないですが、積極的ってほどでもないです。

自慢したい、ってわけではないのです。正直発音なんて通じればいいから最低限でいいし、上であげたように深い会話や勉強をするためには語彙や言い回し等のほうがよっぽど大切だと考えています。
ただ純粋に、なぜ私の発音は良いのだろう、長所なら何かほかにつなげられる部分があるかなと疑問に思い質問しました。
可能性になりうる理由でもあったら教えていただけると嬉しいです。
よろしくおねがいします。

はじめまして。英語の話なのですが、単純な発音能力についてなので外国語のカテゴリで質問させていただきます。
私は20歳で、アメリカに大学生として滞在してから一年ほどたちます。

なぜかよく英語の発音が褒められることが多いです。ただ発音いいね、ってだけではなく、発音だけではネイティブに間違えられることも多々あります。(深い会話をしてしまうと語彙のなさやスピード等のせいでESLだと察されるのですが。)
日本出身だと言っても、「小さいころからアメリカに住んでるよね?」「アメリカで生まれたの...続きを読む

Aベストアンサー

周囲の英語がネイティブでない外国人(フィリピン人)に英語の上達に関して尋ねたことがありますが、真似が上手な人はうまくなると言う返事で、フィリピン人は日本のみならずいろいろな国に働きに出るので、中近東に行った人はアラブ訛りの英語になるし、日本に来た人は日本語を話せるように周囲の日本人の言葉を真似るので、地域によって大阪弁になったり博多弁になったりするという事です。
彼らは文法に関してはかなりアバウトで、時々翻訳を頼むと「こういうしゃべり方をする」と答えるだけで、いわゆる正当な文法とは外れた文章を書いてくることが多々あります。
嫁さんも英語関係の仕事をしており、私に関しては「耳が悪いから自分の発音がおかしいことが判らない人はだめだ」と一刀両断されています。
要するに、相手の言葉の訛りが判るなら、それを真似られますから上達するし、私のように判らなければ上達しません。
ちなみにうちの子どもたちは中学生の頃から学校の授業以外では、ラジオ英会話やCDで勉強しており、東南アジアに家族で行った時、現地の人にイギリス的な発音で、米軍基地が多いので、街にいるアメリカ人の発音とは異なると言われました、子どもたちは耳はよい方だと思う。
特別に英会話教室に通わせたとか、そういうことはなかったです。
ご質問者の場合も相手の言葉を「聴ける」能力があると言うことでは。

周囲の英語がネイティブでない外国人(フィリピン人)に英語の上達に関して尋ねたことがありますが、真似が上手な人はうまくなると言う返事で、フィリピン人は日本のみならずいろいろな国に働きに出るので、中近東に行った人はアラブ訛りの英語になるし、日本に来た人は日本語を話せるように周囲の日本人の言葉を真似るので、地域によって大阪弁になったり博多弁になったりするという事です。
彼らは文法に関してはかなりアバウトで、時々翻訳を頼むと「こういうしゃべり方をする」と答えるだけで、いわゆる正当な...続きを読む

Q筑波大付属駒場高校や学芸大付属高校は何故偏差値が高いのですか?

伝統公立校が偏差値が高いのは理解できるんです。
もともとそれ以外の学校はそこに行けない人間が行くところだったんだから。
私立進学校が高いのも分かるんです。
学習指導要綱無視して勉強エリート教育
→東大○○人合格!って宣伝する→人気が出る

でも、国立の学校は勉強エリート教育をしてはいけないと法律で決まっているのに、
圧倒的人気校がありますよね。何故でしょう?

Aベストアンサー

私立の進学校から東大に進学した者です。

質問者さんのように疑問を持つ人がいるのは、当然だと思います。
確かに国立進学校は
受験対策のエリート教育をしてはいけない、という原則です。
(法律で決まっているわけではないですが、文科省そして各国立大教育学部の方針です。国立大教育学部附属なので。)
(かつて一部の県(東京都など)の公立進学校も、「受験対策を特にするな」という事情でした。)

それでも偏差値が高くて名門校と呼ばれる国立学校があるのは。
今までの回答にもあるように、はっきり言って
「優秀な(偏差値が高い)子どもが集まるから」
です。

優秀な子どもが集まれば、自然(学校が放っておいても)大学進学実績は上がります。国公私立問わず、「進学校」に通うことの最大のメリットは授業そのものより、「自分と同じような人の間で気持ちよく過ごせる」「高学力の同級生に刺激を受けられる」「同級生から有力な情報が入って来やすい」点にあると思います。
一度、「この学校は偏差値の高い学校だ」という評価ができ上がってしまって、その後も厳しい入学者選抜ができれば、その評価を維持し続けることができます。

--------------------------------------------

それでも高学力の子どもが、あえて私立(公立)でなく国立を選ぶのはなぜか?という疑問もあるでしょう。

まず私立の学費負担をするのが厳しい子どもの場合、国公立を選びます。
少し前まで都立進学校に学区制限があったり、高学力の子が中学受験ですでに国立中学に集まっている事情があると、都立よりも国立進学校の方に高学力の子が集まることになります。

--------------------------------------------

それでもまだ疑問が解けないかもしれません。
実は国立の名門校の学校教育(授業)は、ある種の高学力の子ども(あるいは卒業生)の間では、極めて高く評価されています。
確かに直接の受験対策ではありません。しかし、教師の独自プリント教材を元に物事の本質を考えさせたり、生徒の発表やディスカッションを多くとったりします。
これらは、長い目で見たときに確かな学力を養います。

「大学受験対策は自分でできる」というタイプの子どもの場合、下手な詰め込み型の私立進学校より、国立進学校の格調高い授業の方が、のびのびと過ごせるし、大学受験にも却って有効だ、となります。

そんな親子の場合、私立の学費を払えても、あえて国立の方を選びます。
(正直私も、自分の通った私立進学校より国立校の方がはるかに良かった、と後悔しています。)

以上から分かるように、国立進学校は子どもによって向き・不向きが極端に分かれる傾向があります。高偏差値の子どもであっても、必ずしも行くべきとは限りません。
過去質問でも答えています。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1546947
(No.2)
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1661685
(No.4)

私立の進学校から東大に進学した者です。

質問者さんのように疑問を持つ人がいるのは、当然だと思います。
確かに国立進学校は
受験対策のエリート教育をしてはいけない、という原則です。
(法律で決まっているわけではないですが、文科省そして各国立大教育学部の方針です。国立大教育学部附属なので。)
(かつて一部の県(東京都など)の公立進学校も、「受験対策を特にするな」という事情でした。)

それでも偏差値が高くて名門校と呼ばれる国立学校があるのは。
今までの回答にもあるように、は...続きを読む

Q帰国子女の方は英語と日本語で声が変わる?

母語と同じような感覚で英語を話す帰国子女の方(または幼少からのバイリンガルの方)は、英語と日本語で発声の仕方が違いますか?

中学生くらいで海外に出向いた人は、すでに身についている日本語の発声方法を英語に適用している方が多いようですが、もっと幼い頃に両言語を身につけた方がいらっしゃいましたら、日本語の場合、英語の場合、それぞれの発声の違いをご教授いただけないでしょうか(個々の発音でなく、発声です。)

英語圏の人の声は 響くような音が基本になっていて、日本語はもっと軽い音のように聞こえるのですが、その発声方法の違いを両言語を身につけていらっしゃる方ならご説明いただけるのではないかと思い、質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3にいただいたリンクを聴いてみました。

まず、私は女性なので、男性の声に関しては頭でしかわかりません。また、Frank Muller氏は声優というよりも朗読のプロなので、おそらくは学術的に意識された発声法をしていると思われ、これに関しては私はあまり専門的なことはわかりません。

そのうえで申しますと、やはり氏は「大声を出していないのに伝わりやすく説得力のある発声」をしていると感じます。これは日本語でも、耳の遠いお年寄りなどに話しかける時に有効で、お坊さんや牧師さんにもかなり近い発声をする人がいるように私は感じます。おそらくは、おなかの底から声を出しているからだと思います。

それから一定以上に高い声を出さないようにしていますよね。これが落ち着いた感じを醸し出すのだと思います。日本語で発声法を習う時などにも「おへその下に気持ちを集中させて」なんて言われますが、そんなようにしているのかもしれません。

一方で、氏の場合は、(例えば冒頭で「Lowe」と言う時などに)締めの単語の最後に息を吐き出すようにするのが特徴というか、プロのナレーターにありがちな発声法かと思います。これは英語圏でもバラエティ番組やニュース番組の司会者はあまりしません。

「語と語が流れるようにつながる話し方」に関してですが、これもやはり朗読ということで、なめらかさを敢えて出そうとしているのだと思います。記述の内容によって、すばやく伝えたいところは速めに読み、最後にゆっくりと締める、そういう読み方をしていますよね。

こういう発声方法や読み方は、日本でも洋画の予告編などでよく見かけますよね。朗読のほか、スピーチや舞台演劇などにも活用できるのかもしれません。ただ、読み方や、この吐き出すような感じに限って言えば、日常会話をこんなふうにしゃべる人がいたら、あまりお付き合いしたいとは思いませんが。

#3にいただいたリンクを聴いてみました。

まず、私は女性なので、男性の声に関しては頭でしかわかりません。また、Frank Muller氏は声優というよりも朗読のプロなので、おそらくは学術的に意識された発声法をしていると思われ、これに関しては私はあまり専門的なことはわかりません。

そのうえで申しますと、やはり氏は「大声を出していないのに伝わりやすく説得力のある発声」をしていると感じます。これは日本語でも、耳の遠いお年寄りなどに話しかける時に有効で、お坊さんや牧師さんにもかなり近い発声を...続きを読む


人気Q&Aランキング