マンション購入の為、住宅金融公庫と銀行ローンを併用して借り入れをするのですが、公庫1800万に対する融資保障料が19万程度なのに、それよりはるかに金額の少ない銀行ローン400万に対する保障料が29万だというのです。マンション購入を検討していた段階で、販売業者が提示してきた概算では、銀行ローン400万に対する融資保障料は、86000円程度でした。実に3倍以上、「これはおかしい」と思い、住宅販売に従事する友人に問い合わせたところ、「10数万が相場」とのこと。すぐさま販売業者に問い合わせたら、「あそこ(S信用金庫)は高いみたいですね、私達も知らなかった。」との返事。「高いと言っても3倍は以上でしょう?」と言うと「私達はどうしようもない」との事。そもそも当初から「そこしかダメ」と言うような言い方で金融機関を選ぶ余地すらなかったし、金利など融資に関する説明は一切無く、信用金庫に対する不信はつのるばかりです。今後私がとるべき態度を教えてください。

A 回答 (1件)

たしかに高いですね.


29万円といったら、1000万円20年 ぐらいの保証料です。

で、本当にそんなに高いのでしょうか?業者ではなく信用金庫が
ちゃんと提示してきた額なのでしょうか?
この確認が第一の点。
つぎに、契約書をすぐに見てください.
融資先は限定されていますか?、契約成立条件は?
たいてい、業者が紹介するローンは、業者自身の借入先です。
でも、それはあくまでも業者の都合ですから
schizoさんはそこを使う必要は無いわけです.
ただし、契約書に明記されていたらダメです。

一番良いのは
融資銀行は無記入で、契約成立条件に信用金庫や銀行からの融資という一言が
入っている場合で
他の銀行に話を聞きに行き、それがダメでも
その信用金庫からの融資が受けられます。
(業者が契約を流す気が無い場合ですが)

いずれにしろ、その業者が保証料が高額である事をしらないはずは
無いです.
過去に取引がゼロなら別ですが、それならそこを
提携ローン先にはしないでしょう。
ですから、ちょっと強気で話をしてみたら如何でしょう.

この回答への補足

早速の解答ありがとうございます。ローンの詳細は、370万円で35年返済です。契約書を確認したら「売主指定の金融機関に融資を申し込む事」とありました。という事は、他の金融機関を使う事は難しそうですね。ところで、何故その信用金庫が提携ローン先であるかについてですが、「販売」は売主に委託された業者が行っているからだと思われます。その信用金庫は、販売業者は利用した事がなく、売主が指定してきたから利用しているのだと思います。とにかく、明日の朝一番に信用金庫に電話して「融資保障料はいくら?」と聞く事が先決と思っていいのでしょうか?それと、当初、販売業者が提携ローンの融資保障料の概算(420万円借入、35年返済)を86000円と提示していた事は問題に出来ないのでしょうか?

補足日時:2001/03/18 19:21
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ