システムメンテナンスのお知らせ

ご質問させていただきます。

テスターを使用する際に、
アナログ、デジタルテスターでそれぞれで、
周波数特性が違うと、文献にありました。

この周波数特性とは、具体的にどのようなことを言っているのでしょうか。
たとえば、高周波、低周波で指示する値が変わってくるのでしょうか。

どなたか教えていただけると幸いです。

gooドクター

A 回答 (2件)

テスター(測定器)も、アンプやフィルタなどと同じく、周波数特性を持ちます。



(資料を検索してみたのですが、手ごろな資料が見当たらず、申し訳ないのですが、
下記の資料中「フィルタの周波数特性」のグラフを見てください)
http://www.nfcorp.co.jp/techinfo/dictionary/047. …

位相特性とかなんとか、いろんなカーブがごちゃごちゃと入っていて申し訳ないですが、
真ん中あたりの梯形のカーブに注目してください。
低域、高域で徐々に降下しています。

一般に周波数特性とは、この中央部分の平坦な特性が、「3dB落ちた点」を、それぞれ
下限・上限(周波数)と規定します。(-3dB=-29.2%)
この図で言えば、低域は100Hz、高域は10kHzと読み取れます。
また、中央部分もここでは平坦に記載されていますが、実際の測定器(アンプも)は、
この範囲内でも若干変動します。
これを[±・・・%]で表します。

現物で見てみましょう。
sanwaのデジタルテスター PC20 です。
http://www.sanwa-meter.co.jp/japan/product/dmm/p …
 交流電圧40-500Hz ±1.2% 
 交流電流40-1kHz ±1.8%
と記載してあります。
(ここで、±1.2%は(上記のように)この周波数範囲内での「変動(波打ち)」を表しています)

同じくsanwaのアナログテスター CX506a です。
http://www.sanwa-meter.co.jp/japan/product/amt/c …
交流電圧 40-30kHzと記載してあります。
交流電流スペックは記載してありませんが、メーカーに問い合わせれば回答してくれます。
(高級機では当然、交流電流特性も記載してあります)

一般に・・・
「低域」は、技術的には簡単に伸ばすことが可能であるが、ノイズ混入により誤差が生じる
可能性があるので、需要(必要性)との兼ね合いからカットする。
「高域」を伸ばすためには、周波数特性の良い回路を使わなければならず、コストが
かかるので、コストとの兼ね合いで決定する・・というケースが多いかと思います。

蛇足ですが、sanwa製品のサイトを貼っておきます。
デジタル
http://www.sanwa-meter.co.jp/japan/product/dmm/d …
アナログ
http://www.sanwa-meter.co.jp/japan/product/dmm/d …
    • good
    • 0

一般論でいえば、テスターで交流電圧を測る場合の周波数の


上限は数kHzだと思います。アナログとディジタルで極端に
異なるとの認識はないのですが。
それぞれ、マニュアルに記載があると思います。
手元のもののは超簡易型のものですが測ってみました。
Kaisei SK-6511 では、
上限は8kHZ(-3dB)でした。1kHzあたりから徐々に
読み取り電圧が低下します。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング