痔になりやすい生活習慣とは?

ブリュッセルからフランクフルトまでの鉄道の旅でケルンに寄って行きたいのですが(ケルンで半日観光) 切符の買い方 時間など ご存知の方教えていただけませんか
10月6日14:03ブルッセル着 一泊して7日にケルンに寄り 同日フランクフルト泊の予定です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



列車の種類や本数、時刻は既出のドイツ鉄道サイトを
検索が一番よいと私も思います。

ブリュッセルには複数駅
(北、南、中央。 Nord/Midi/Centralまたは Noord/Zuid/Centraal)
がありますので、
地図で宿の最寄り駅を調べましょう。

ケルンはKoeln HBF、フランクフルトはFrankfurt (Main) HBFを選びます。

ほか#1の方の検索結果で多分わかりにくいのは
Gl:ホームの番号

THA:タリス 全席指定の超特急列車
ICE: InterCityExpress 特急列車
IC: InterCity 特急列車
RB: 普通列車

切符の買い方は、オンラインでも安く買えますが
わかりにくければ窓口へ。
ただし窓口はとても並ぶので、時間に余裕をもって。

検索が面倒なら
トーマスクックという時刻表がありますので
買うか、図書館で借りるとか。
    • good
    • 0

ドイツ鉄道(DB)のホームページで検索したら一例ですが下記のようなスケジュールがでました。


ご自分で、検索されてみてはどうでしょう。
後は、直接窓口に行って相談してみると色々と教えてくれたりしますよ。

Bruxelles-Central We, 07.10.09 dep 09:49 IC 2230 Intercity
Bruxelles-Midi We, 07.10.09 arr 09:52
Bruxelles-Midi We, 07.10.09 dep 09:59 THA 9415 Thalys
Subject to compulsory reservation, Global price, Bordbistro
Köln Hbf We, 07.10.09 arr 12:15 4
Köln Hbf We, 07.10.09 dep 12:24 10 A-B RB 11848 Regionalbahn Number of bicycles conveyed limited
Köln Messe/Deutz Gl. 9-10 We, 07.10.09 arr 12:26 9
Köln Messe/Deutz Gl. 9-10 We, 07.10.09 walk 10 min.
Köln Messe/Deutz Gl.11-12 We, 07.10.09
Köln Messe/Deutz Gl.11-12 We, 07.10.09 dep 18:43 11 ICE 729 Intercity-Express Bordbistro
Frankfurt(Main)Hbf We, 07.10.09 arr 19:48 4

ドイツ鉄道のURLは
http://www.bahn.de/international/view/en/index.s …
です。

参考URL:http://www.bahn.de/international/view/en/index.s …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました ありがとうございます

お礼日時:2009/10/05 00:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円・ユーロの換金場所について

はじめまして。
海外旅行の換金について質問させていただきます。

今週末よりドイツ、イタリアに旅行に出るのですが、
円をユーロに変えるのはどこで換えるのがいいので
しょうか。
日本でしょうか?ヨーロッパでしょうか?
またヨーロッパでユーロと円を換金できるのでしょうか。

また帰国時ユーロを円に換えるのはどこで換えるのが
良いでしょうか。

私が今考えているのは
・出国時、成田空港で円をユーロに換金
・帰国時、成田空港でユーロを円に換金
ユーロを円に換えるのはヨーロッパのほうが率が
いいらしいのですが、なかなか換えてくれる銀行
は見つからないのでは(円をユーロに換金は
容易にしてくれるらしいですが)、と懸念があるからです。

旅慣れた方おられましたらお教えいただきたく思います。

Aベストアンサー

円→ユーロの両替、ユーロ→円の再両替とも日本で行うのが有利です。ただし両替する金融機関を選ぶ必要があります。

両替法の有利不利は銀行間レートからいくらのマージンが上乗せされているかで整理すると分かりやすいです。
銀行間レートとはその名の通り、外国為替市場での銀行間の取引に使われるレートです。新聞やテレビで報道されているレートは特に断りのない限り銀行間レートです。一般の顧客はこのレートでの取引はできず、売るにしても買うにしてもいくらかのマージンを払います。
銀行間レートは常時変動しているため、実際には銀行はこれに代えて「公示仲値(TTM)」というものを定め、一日を通して取引の基準として使います(*1)。銀行間レートと公示仲値は厳密には一致しませんが、多くの場合は同一視して支障ありません。
銀行間レートと公示仲値のどどちらを基準に考えてもよいのですが、いずれにしても上乗せ幅が小さいほどお得な両替法ということです。

1. 日本でユーロ現金に両替
日本でユーロ現金に両替する際のレートは、1ユーロ当たり公示仲値+6円~7円50銭に設定している金融機関が多いのですが、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行、郵便局(外国為替取扱局に限る)は1ユーロ当たり公示仲値+4円と有利なレートです。両替商の「トラベレックス」も+4円です。
現在のレート(公示仲値で1ユーロ=157円程度)では2.5%上乗せということになり、レートと手間のバランスでは最善解だと思います。なお成田空港内の出張所でもレートは市中支店と同じです(*2)。「成田のレートが一番悪い」というのは何かの勘違いでしょう。
もう少し手間を掛けられるなら金券ショップを利用する方法もあります[1,2]。上乗せ幅3円40銭が私が今まで調べた範囲で最小です[2]。他に為替業者で上乗せ幅3円というところまで見つけています[3]。
再両替も三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行、郵便局は公示仲値マイナス4円のレートで有利です。金券ショップはマイナス3円40銭~4円[1,2]、為替業者で最安3円です[3]。

2. 日本でユーロ建てトラベラーズチェックに両替
トラベラーズチェック(以下TC)の両替レートは現金より優遇されていて、公示仲値からの上乗せ幅は1円40銭~1円50銭です。このほかに発行手数料が加算されます。発行手数料は標準的には1%ですが、通販業者で0.5%というところや[4]、特定のクレジットカードを持っていると無料になるところ[5]もあります。盗難や紛失に強いのもご存じの通りです。
ただしヨーロッパに行かれる場合は現地での換金手数料に注意が必要です。ヨーロッパではTCをそのまま使える店は少ないので銀行や両替商で換金して使うことになりますが、1~3%程度の手数料を引かれます。しかも手数料には最低額があり「最低5ユーロ申し受けます」などと定められているため、「使う分だけこまめに両替する」と割高につきます。かといってまとめて両替すると盗難・紛失対策にならないので悩ましいです。

換金手数料を回避する方法もNo. 2のご回答のようにあることはあり、「アメリカンエキスプレスのTCを作り、提携の現地金融機関で換金する」が有名です。この場合提携金融機関を自分で探し、英語(や場合によっては現地語)で換金依頼できることが前提になります。
上の1.で述べたように、今は日本でもそこそこ良いレートでユーロ現金が手に入りますから無理してまでこの方法を使うことはないでしょう。参考までに、TCを使って極力有利なレートで両替する方法については[6]で触れています。

3. 現地で日本円からユーロに両替
これははっきり申しあげて最悪の方法です。ヨーロッパにおける日本円の両替レートは一般に悪く、銀行間レートに1ユーロ当たり7~10円くらい上乗せされます(もっと乗せるボッタクリ両替商もいます)。しかもこれに加え1~3%の手数料を徴収するので踏んだり蹴ったりです(もちろん2.と同様に最低手数料の設定もあります)。日本円建てTCを両替する場合も同様です。
再両替のレートも銀行間レートから7~10円マイナスと悪く、また日本の紙幣の最小単位(1,000円)以下の端数は再両替不能です。手数料もしっかりとられます。再両替も日本に帰ってからが正解です。

4. クレジットカードでショッピング
クレジットカードで払えるものは極力それで払うのが簡単で有利です。ただしJCBは通用度が落ちるので、少なくとも1枚目はVISAかMasterを選ぶことをお勧めします。
クレジットカードの引落し額は「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに、海外利用に伴う手数料を加算」で計算されます。
「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」は、銀行間レートや公示仲値と一致すると考えて頂いて結構です。私が調べたデータでは通常は±0.4%、為替相場が大きく動いたときでも±1.0%くらいの範囲に収まっています。また「海外利用に伴う手数料」ですが、VISAやMasterは1.63%、JCBは1.60%です(一部のカードでは異なる設定があります)。この手数料分だけ銀行間レートと差異が生じます。
本題と外れますが、「トラベラーズチェックとクレジットカードのレートが同じ」は一般には正しくありません。前者は銀行間レートに1円50銭上乗せ、後者は1.60~1.63%上乗せですから一致すると限らないのは自明です。また

5. クレジットカードでキャッシング
クレジットカードでのキャッシングは使い方によっては有利です。レートは上の4.で述べた「クレジットカード会社が定めるレート」で、これに引落し日までの利息が加算されます。(ショッピング利用の1.63%/1.60%の手数料は加算されません。加算されると主張する人もいますがそれは過去の計算法です)
利率は年15~25%、利用日から引落し日までは25~55日くらいが標準ですので、利息として1~4%の額を支払うことになります。両替の際の目減りとこの利息の値を比較すると、そう不利な方法でないことがお分かり頂けると思います。
キャッシングにご興味があれば、[7,8]などを参考にお使いのクレジットカード会社にて利用法を確認ください。再両替はもちろんできませんので、1.に準じて日本でどうぞ。

キャッシングをより有利に使う方法として「繰り上げ返済」があります。帰国後すぐに返済すればその分利息が少なくて済むという道理です。ただし繰り上げ返済の際に銀行振り込み手数料がかかるカードもあるので、条件によっては繰り上げ返済せず定例の引落し日に払ったほうがお得になることもあります。キャッシング+繰り上げ返済であれば、三井住友カードの各種カードやセゾンカードをお勧めしておきます。提携ATMから手数料なしで繰り上げ返済できます。

6. 国際キャッシュカード
新生銀行やシティバンク銀行が出していますがレート的にはさほど有利でありません。銀行間レートに対し例えば新生が4%、シティバンクが3.8%、三井住友が3%+200円の上乗せです。クレジットカードでキャッシングする方がまだ有利です。

【結論】
ユーロの現金なら日本で両替していくのが有利です。ただし金融機関によるレート差があるので両替する場所は選ぶ必要があります。レートが良い(=マージンが小さい)のは三井住友、三菱東京UFJ、郵便局などです。再両替の場合も同じです。
盗難・紛失対策であればトラベラーズチェックも良いのですが、ヨーロッパでは換金手数料に注意が必要です。

[1] http://www.igami.co.jp/currency.html
[2] http://www.ticketzone.jp/gaika/index.html
[3] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[4] http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/
[5] http://www.jtb.co.jp/jtbcard/kaiin/otoku.html
[6] http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2317598.html
[7] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[8] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml

*1 よほど大きく相場が動いたときには一日のうちでも再設定することがある。普段から複数回の設定を行う銀行もある。
*2 特定の店舗や出張所で特定の通貨に限って他の支店より有利なレートを出している銀行もあるが、三井住友と三菱東京UFJでのユーロ両替であれば市中の支店もレートは同じ。郵便局でも、市中の局と空港内郵便局のレートは同じ。

円→ユーロの両替、ユーロ→円の再両替とも日本で行うのが有利です。ただし両替する金融機関を選ぶ必要があります。

両替法の有利不利は銀行間レートからいくらのマージンが上乗せされているかで整理すると分かりやすいです。
銀行間レートとはその名の通り、外国為替市場での銀行間の取引に使われるレートです。新聞やテレビで報道されているレートは特に断りのない限り銀行間レートです。一般の顧客はこのレートでの取引はできず、売るにしても買うにしてもいくらかのマージンを払います。
銀行間レートは常...続きを読む

Q1人旅、ドイツ・ベルギーの周り方。

女1人旅、2月下旬から7~10日程の予定で、ドイツとベルギーへ旅に行きます。

冬のドイツなどは寒くてどんよりしているという声も聞きますが、
この時期しか時間が取れないので。
航空券の空席も少なくなってきて、少々焦り気味です。

関空を出発着として、最初にどちらに行った方がいいのか。

(1)ブリュッセルin ミュンヘンout
ベルギーを観光した後、ドイツのロマンチック街道を見てみたいのでフランクフルトを経由して南下するかたちで
最終地点をミュンヘンに。

(2)フランクフルトin ブリュッセルout

(1)の方が、綺麗に南下していく形でいいのかなと思ったのですが。
ルフトハンザで行くと、ブリュッセルに行くにも、ミュンヘンoutでもどちらもフランクフルトで乗り換えですが。
※フランクフルト~関空は直通です。

まだ、おおまかにしか行きたいところが決められていないのですが
とりあえず、航空券を確保しなければと思い、
どういたらいいのか悩んでいます。

この2カ国を旅する場合、おおまかにどういうルート、入国出国で行くのが妥当か。
ご意見をよろしくお願いします。

女1人旅、2月下旬から7~10日程の予定で、ドイツとベルギーへ旅に行きます。

冬のドイツなどは寒くてどんよりしているという声も聞きますが、
この時期しか時間が取れないので。
航空券の空席も少なくなってきて、少々焦り気味です。

関空を出発着として、最初にどちらに行った方がいいのか。

(1)ブリュッセルin ミュンヘンout
ベルギーを観光した後、ドイツのロマンチック街道を見てみたいのでフランクフルトを経由して南下するかたちで
最終地点をミュンヘンに。

(2)フランクフルトin ブリュッセルout

(1)...続きを読む

Aベストアンサー

年末年始にドイツに行ってきました。
ベルギーも好きで3回行っております。

(1)(2)とも、購入予定の航空券は「周遊券」ですか?
それとも「オープンジョー」でしょうか?
そして、フランクフルトには寄りたいですか?

周遊券ならば問題ないと思いますが、オープンジョであれば
(1)ブリュッセル→(フランクフルト)→ミュンヘン
(2)フランクフルト→ミュンヘン→ブリュッセル
の航空券や列車の切符は別購入になりますね。
この区間、LCCはないと思いますので航空券に関しては単純往復は
安く買える場合が多いですが、片道だと高いです。
列車の切符も早割りみたいなのがありますので、利用すればお得。

ルートについては、どちらでも良いと思いますが、私だったら(1)にします。
理由としては、何となく国のイメージからして、ストライキが少なそうな
ドイツoutの方がいいような・・・・
ベルギーはラテン系でドイツはゲルマン系、どちらも違う雰囲気で
好きですが、帰りはトラブルを避けたいので、何の根拠もないですが
堅実なゲルマン系を選んでしまうかも。

或いは、in/outをフランクフルトにして、上に書いたように
フランクフルト⇔ブリュッセル、フランクフルト⇔ミュンヘン
を単純往復で購入。(どちらも片道1h)
私は、今回、ドイツ→北イタリア→南仏→ドイツでしたが、質問者さまと同じ
ように南下すれば、キレイに行けると計画を立てましたが、調べた結果、
片道切符が高くて断念しました。
一見、無駄な感じもしますが、案外、効率的に移動ができました。
日にちと便にもよりますが、周遊券よりもこの買い方の方が安く買えると思います。

例えば、
1日目:関空→フランクフルト(1泊して少し休む)
 ※空港から中央駅までは列車で15分ぐらい。中央駅前には
たくさんホテルがあって安く泊まれます!

2~4日目:フランクフルト→ブリュッセル 

5日目:ブリュッセル→フランクフルト
     フランクフルト→ミュンヘン(1日に何便もあります)

6~8日目:ミュンヘン→フランクフルト(観光や買い物)

9日目:フランクフルト→関空

10日目:関空着


冬のドイツ、楽しかったですよ。
寒いときに食べるドイツ料理も美味しかったです。

年末年始にドイツに行ってきました。
ベルギーも好きで3回行っております。

(1)(2)とも、購入予定の航空券は「周遊券」ですか?
それとも「オープンジョー」でしょうか?
そして、フランクフルトには寄りたいですか?

周遊券ならば問題ないと思いますが、オープンジョであれば
(1)ブリュッセル→(フランクフルト)→ミュンヘン
(2)フランクフルト→ミュンヘン→ブリュッセル
の航空券や列車の切符は別購入になりますね。
この区間、LCCはないと思いますので航空券に関しては単純往復は
安く買える場合が多...続きを読む


人気Q&Aランキング