ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

こんにちは、お世話になります。

三国志演技を読んでいて、とんでもなくスゴイ毒泉が出てきて気になったのですが、本当に実在したのでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%9F%E7%AF%80

唖泉:飲むと、口きけなくなり、10日以内に死ぬ。
滅泉:浴すると、皮膚がただれ、肉が腐る。
黒泉:手足を漬けると、手足をつければ黒くなり激痛が襲い動かなくなる。
柔泉:飲むと、喉をおかされて骨がばらばらになる。

フィクションな気がしてしょうがないです。

教えてください、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 『三国志演技』自体がフィクションです。

『三国志演技』は元末明初の時代に羅貫中が書いたとされる時代小説であまりに出来がいいため、作り話であっても史実と混同されています。中国人ですら混同していると言う話を聞いたこともあります。日本に出回っている三国志のほとんどは『三国志演技』です。
 『三国志演技』のもととなっているのは晋の時代に陳寿が書いた『三国志』です。陳寿は元々、蜀の人間で劉禅に降伏を勧めた譙周が彼の先生です。さらに陳寿が書いた『三国志』に南朝宋の裴松之が異説や挿話を列記して史実を補充した注をつけました。『三国志正史』と言われています。「魏志」倭人伝も陳寿が書いた『三国志』の中にあります。

 『演技』と『正史』の内容の違いを大雑把に抜き出すと
・「桃園の誓い」の話が無い。
・『演技』では張飛が督郵を木に縛りつけ鞭打って劉備がそれを止めているが、『正史』では劉備が鞭打っている。
・美女・貂蝉はいない。呂布が董卓の侍女と密通していたとはかいてある。
・「赤壁の戦い」の記述がほとんどない。
・黄忠が夷陵の戦いの二年前に死んでいるので参加していない。
・関興や張苞が活躍している話は無い。
・魏の武将で『正史』では戦が元で死んでいる訳ではないのに『演技』だと戦死や傷が元で死んでいる事にされている人が多い。
・陳寿は孔明を政治家としては評価しているが軍事で臨機応変に長じていなかったと評価している。

 孔明の南征ですが大雑把に調べましたが『正史』のなかには毒泉の話はちょっと見つかりませんでした。『正史』では李恢・馬忠が南征で活躍しています。馬忠が東路軍を率い、孔明と李恢が西路の本軍をひきいたとあります。
 『演技』の記述で孔明の南征の戦術を云々する本があるが、それは全く無意味だと『正史』の解説本に書いてありました
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

正史の中には、やっぱり毒泉の話はありませんでしたか!

そうじゃないかと思いました。

>『正史』では李恢・馬忠が南征で活躍しています。

馬忠は兎も角、李恢が、、、、。 両名とも演技では、殆ど活躍していませんよね。

やっぱり、演技はフィクションの要素が多いんですね! 

勉強になりました、改めて、御回答に御礼申し上げます。

お礼日時:2009/10/04 04:58

『三國志演義』は明の時代に出版された小説です。


歴史書である『三國志』が陳寿によって編纂されてから、
1000年以上経ってから成立しておりますので、
歴史書のほうにないようなものはほとんど後世の脚色、
フィクションと言ってしまってよいでしょう。
清朝の章学誠というえらい学者さんが「七実三虚」といってまして、
『三國志演義』の3割は虚構であるということなんですけれども、
実際にはフィクションの割合はもっと高いと主張している学者もいます。
件の毒泉も歴史書には記録がありませんので、後世の創作と考えてよいかと思います。

余談ですけれども、
西晋の陳寿によって編纂された歴史書『三國志』は正史ともいわれますが、
これは清朝の乾隆帝という偉大な皇帝が二十四史といって、
二十四の歴史書を正統なものとして公認したことによるもので、
これがすなわち正しい歴史ということを意味しているわけではありません。
それ以前にも正史という言葉はありましたが、
それは紀伝体で書かれた歴史書という程度の意味で、
スタンダードスタイルの歴史書というぐらいのものです。
このあたりの事情は『隋書』経籍志という隋朝の図書目録を読めば分かります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

>件の毒泉も歴史書には記録がありませんので、後世の創作と考えてよいかと思います。

やっぱり、歴史書の方には載っていませんでしたか。

>それ以前にも正史という言葉はありましたが、
>それは紀伝体で書かれた歴史書という程度の意味で、

阿Q正伝の序文を思い出しました。 ここら辺のネーミングセンスは、現代とちょっと違いますね。

まあ、人間が書く以上、どんなに努力してもある程度偏った見解の元に書かれたり、偽情報と正しい情報の完全な区別は不可能ですから、もともと歴史書の方もそのつもりで読んでいます。

色々と勉強になりました、改めて御回答に御礼申し上げます。

お礼日時:2009/10/04 05:18

実在したとは思えません。



実在しなかったことを証明する方法はありませんので、なんとも言えませんが、ちょっと簡単に検証してみましょう。

>飲むと、口きけなくなり、10日以内に死ぬ。
発音障害は脳卒中などの特徴ですが、脳卒中などを誘因する伝染病がその時代にあったとは思われません。(化学兵器の開発時代ならばあるはずです)
ついでに、当時の兵士は生水を飲むことは想定できませんので、煮沸してもNGな伝染病を想定すると、ファンタジーと思われます。

>浴すると、皮膚がただれ、肉が腐る。
入浴によって皮膚に炎症がおこるケースはあるでしょうが、肉が腐るというのは、ファンタジーな話。
濃硫酸・濃塩酸・王水に入浴するような変わり者が居たとは思えません。

>手足をつければ黒くなり激痛が襲い動かなくなる。
ペスト(敗血種ペスト)が該当しそうですが、激痛はしないでトロトロと死亡するはずです。http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_i/i01-3. …

>飲むと、喉をおかされて骨がばらばらになる。
骨がバラバラになるような伝染病はかなりファンタジーです。
該当する疾患が想像できません。

さて、本旨ですが、
三国志演技ではなく、『三国(志)演義』が正。

『三国志』という歴史書がある以上は、魏書はあくまでも魏書であって、「正史」と断定することはできません。
あくまでも「三国志演義」という歴史書のオリジンは、陳寿の「三国志」です。
(ちなみに、「演戯」はあります。三国志が京劇の演目とされていて、京劇の教本で「三国志演戯」があるそうです。)

 簡単にいえば、三国時代の「正史」と言えば、西晋の母体になる魏の「魏書」ですが、

「三国志」は正史もクソもない歴史書籍です。

「三国志」という歴史書物はあっても、”三国志”という歴史はありません


分かりにくいかもしれませんが・・・(すいません、横道になりました)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

やっぱり、こんなスゴイ生物兵器も毒薬も毒泉も存在しませんよね!

僕も、そんなすごい天然の生物兵器があったら、、、しかもそれを治す薬があるとしたら、、、現代医学よりもすごいですよね。

非現実的だと思いました。

改めて、御回答に御礼申し上げます。

お礼日時:2009/10/04 05:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地図から住所の番地まで調べたいのですが・・

お家の場所は地図で明確にわかっているのですが住所がわかりません。
あちこちの地図検索サイトを覗いてみたのですが
番地までは表示されませんでした。
何か方法はないでしょうか?

いつもすみません。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

調べる方法はNETに有ります

1.まず普通の無料地図検索で、調べたい場所を求める

   http://www.mapfan.com/

2.このページの下にある「MAP」をクリック表示

   http://www.navijiman.com/shop.asp?s_id=N001924

3.出てきたMAPをさっきの検索結果を参考に、その場所まで移動する
(縮尺変えれば日本中移動できます)
(印刷用画面で移動すると楽ちん)

4.1/750又は1/1500に拡大して番地を見つける

複合技で面倒ですが、大抵の場所の番地は見つかります
(両方を同時に使うと楽です)

この技、余り教えたくなかった「とっておきの技」だったのですが...(笑)。

参考URL:http://www.navijiman.com/shop.asp?s_id=N001924

Q遊牧騎馬民族の軍隊を打ち破る戦術を教えて下さい

スキタイや匈奴、モンゴル帝国などの遊牧騎馬民族の軍隊(騎馬軍団)は突撃力と機動力に優れていたため、近代兵器(鉄砲、大砲等)が発明されるまでは世界最強であったと聞きました。これについて質問します。

1.遊牧騎馬民族の軍隊は具体的にどのような武装(弓、槍、剣、鎧、兜、盾など)だったのでしょうか。また、彼らの戦法はどのようなものだったのでしょうか(私のイメージだと、全員が騎乗した騎馬部隊で、全速力で疾走しながら敵に弓を放って走り去っていくというものですが、これで正しいでしょうか)。

2.遊牧騎馬民族の攻撃に対し、定住農耕民族は多くの場合どのような戦法をとって戦ったのでしょうか(スキタイに対するアケメネス朝ペルシャ、匈奴に対する秦・漢帝国、フンに対する東西ローマ帝国、エフタルに対するササン朝ペルシャ、突厥に対する唐帝国)。

3.万里の長城やハドリアヌス長城のような構築物は騎馬民族に対しどの程度有効だったのでしょうか。有効でなかったとすると、全員が騎馬である彼らは具体的にどのようにして高さ数メートルもある長城を乗り越えたのでしょうか。

4.現代から振り返って考えると、遊牧騎馬民族の攻撃に対してはどのような戦法をとれば最も有効だったと考えられるのでしょうか。

5.仮定の話ですが、もしも古代ギリシャのファランクスまたは古代ローマの密集重装歩兵の軍隊と騎馬民族の軍隊がぶつかっていたら、どちらが優勢だったと考えられるでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

スキタイや匈奴、モンゴル帝国などの遊牧騎馬民族の軍隊(騎馬軍団)は突撃力と機動力に優れていたため、近代兵器(鉄砲、大砲等)が発明されるまでは世界最強であったと聞きました。これについて質問します。

1.遊牧騎馬民族の軍隊は具体的にどのような武装(弓、槍、剣、鎧、兜、盾など)だったのでしょうか。また、彼らの戦法はどのようなものだったのでしょうか(私のイメージだと、全員が騎乗した騎馬部隊で、全速力で疾走しながら敵に弓を放って走り去っていくというものですが、これで正しいでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

>1.遊牧騎馬民族の軍隊は具体的にどのような武装(弓、槍、剣、鎧、兜、盾など)だったのでしょうか。
騎馬民族により、主とする武器は異なります。
スキタイの場合は、槍騎兵が中心であり、騎馬の突撃力で相手の陣を突き崩す戦法を中心としました。
これは、ゲルマン人の騎兵も同じです。
一方モンゴル軍では、短弓を主要武器とした騎馬弓兵が中心で、敵の周囲から矢を射掛ける戦法が中心でした。

>2.遊牧騎馬民族の攻撃に対し、定住農耕民族は多くの場合どのような戦法をとって戦ったのでしょうか
これはいろいろ。
突撃してくる騎馬槍兵に対しては、途中に障害物をおいて騎兵の機動力を奪ったり、側面に伏兵をおいて攻撃したり、重装歩兵の全面に誘導して重装歩兵で粉砕したりしました。
モンゴル軍のような相手には、兵を前進させすばないようにしたり、広範囲に展開し、確固撃破されないようにしました。
障害物の多い所に誘導し、相手の機動力を奪うのも効果的でした。

>3.万里の長城やハドリアヌス長城のような構築物は騎馬民族に対しどの程度有効だったのでしょうか。
かなり有効で、モンゴル軍の場合、簡単に長城の突破はできず、西夏を滅ぼして西から迂回して中国を攻めています。

>4.現代から振り返って考えると、遊牧騎馬民族の攻撃に対してはどのような戦法をとれば最も有効だったと考えられるのでしょうか。
騎馬兵の機動力を奪うことが持つとも有効です。
要塞を造ったり、障害物を作る。さらに森を造れば、騎馬兵を完全に封ずることができます。

>5.古代ギリシャのファランクスまたは古代ローマの密集重装歩兵の軍隊と騎馬民族の軍隊がぶつかっていたら、どちらが優勢だったと考えられるでしょうか。
ケースバイケースです。
騎馬兵が、方陣の正面から襲い掛かった場合、ほぼ騎馬兵は負けますが、方陣の側面に回り込めば、方陣は簡単に崩壊してしまいます。
方陣の正面は、無敵の強さを発揮しますが、側面や背面を襲われた場合、1/10の兵でも簡単に崩壊させることができます。

騎兵対歩兵の戦いで、百年戦争の場合の事例です。
・クリーシーの戦い
丘の上のイギリス軍をフランス軍騎兵が攻撃
丘の上から弓でイギリス軍が攻撃、馬が射られて騎士が落馬続出
・アーザンクールの戦い
騎士の突撃を避けるため、イギリス軍陣地の前方に尖ったクイを立てて、そこで立ち止まるフランス軍騎士に矢の雨を降らせることにより、フランス軍壊滅
いずれも、フランス側の兵力は、イギリス側の3倍と5倍ありました。

>1.遊牧騎馬民族の軍隊は具体的にどのような武装(弓、槍、剣、鎧、兜、盾など)だったのでしょうか。
騎馬民族により、主とする武器は異なります。
スキタイの場合は、槍騎兵が中心であり、騎馬の突撃力で相手の陣を突き崩す戦法を中心としました。
これは、ゲルマン人の騎兵も同じです。
一方モンゴル軍では、短弓を主要武器とした騎馬弓兵が中心で、敵の周囲から矢を射掛ける戦法が中心でした。

>2.遊牧騎馬民族の攻撃に対し、定住農耕民族は多くの場合どのような戦法をとって戦ったのでしょうか
...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


人気Q&Aランキング