こんにちは。
私は現在ロンドンにいて年末年始にアイスランドに行こうと思っています。
アイスランドでしばらく過ごした後、パリに降りたちたいなと考えています。
調べているとアイスランド・エキスプレスという航空会社があることを知りました。
ロンドンから一旦パリに向かいパリから乗ることにして往復のチケットを
買ったほうが面倒なこともなくいいかなと思ったのですが、その航空会社のサイトで
パリからの往復を買おうとするとどういうわけか2010年の6月以降しか
選択できないようになっています。
ロンドンからならそんなことはないのですが・・・。
そこでロンドンからレイキャビク、レイキャビクからパリで検索してみましたが
どうもパリが絡むと2010年6月以降になってしまいます。
そもそもアイスランド・エキスプレスが一番安い渡航手段なんでしょうか。
他に何か安く渡れる手段をご存知な方、教えていただけませんでしょうか。
また、私のルートをとろうとした時のアドバイスがいただける方もいれば大変ありがたいです。

A 回答 (3件)

フランスから冬にアイスランドに行く人はあまりおらず、フラッグキャリアのアイスランドエアーでも週に2-3便程度しかありません。


ただ、iceland expressに触発されたのか、icelandairも少し値段が下がっているようですので、一旦こちらで検索してみる方がいいかと思います。
icelandairのwebページに行き、advanced searchをクリックしてから、multi-cityをクリックすると、往路と復路を換えてLondon→Reykjavik→Parisと検索することができます。
ただし、Reykyavik-Parisは便数が少ないので、一旦timetableで運航日をご確認ください。

ついでに、渡航日が近くなったらこちらのチェックも忘れずに。
http://www.gedds.alaska.edu/AuroraForecast/

参考URL:http://www.icelandair.co.uk/offers-and-bookings/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

icelandaieの検索方法とても参考になりました。
それから、オーロラのサイトも。
確かに日によってはicelandairも安いですね。
少しいろいろ検討して調整してみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/10/05 18:19

アイスランドエキスプレスのフランス便は、夏季運行のみということですよ。



フランス~アイスランドなら、アイスランドエアも就航しており、こちらは年中飛んでいます。もちろん、ロンドンも就航。
http://www.icelandair.co.uk/
出発日によって値段が違いますので、詳しくはご自分でチェックを。

アイスランドエアで、ロンドン→レイキャビク、レイキャビク→パリという片道&片道で買うのも安いです。往復3万円ぐらい。
片道券は高いと思ってしまいがちですが、こちらは片道でも安いですよ。

あと、ポンドで買うよりユーロで買うほうが安い場合もあるので、アイスランドエアのユーロで買えるサイト(アイスランドエア・フランスなど)の価格も比較してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
そうすると場合によってはicelandexpressとicelandairの使い分けも
検討したほうが安くつくという場合もあるわけですね。
やはり片道というのは高いという先入観がありました。
値段の情報などとても助かります。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/10/05 18:26

その航空会社について詳しくはないんだけど、欧州のエアーには、特定の時期しか運航しない路線というのはよくあります。


例えばドイツからギリシャの島行きは、夏期しか飛ばさない会社(ベルリン・エアーだったかな。)があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうやらそのようですね。
飛ばしたところで客が少ないとあまり得しないということなんですかね。
参考になる意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/05 18:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアイスランドの火山灰で覆われている国を知りたいのですが、

アイスランドの火山灰で覆われている国を知りたいのですが、
分かりやすい地図などが載っているサイトなど知りませんか?

Aベストアンサー

灰が降り積もっているわけでなく、8千メートルとか9千メートル上空に火山灰が流れているから航空機を飛ばすのが危険なんだそうです(灰がエンジンに吸い込まれると停止、墜落の可能性あり)
空港が閉鎖されている国でしたら、日本語ニュースや新聞記事を見たら分かりますよ。

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%80%80%E5%99%B4%E7%81%AB%E3%80%80%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E3%80%80%E9%96%89%E9%8E%96&sourceid=ie7&rls=com.microsoft:en-US&ie=utf8&oe=utf8&rlz=&redir_esc=&ei=IRTLS-TGA42A7QPqkKSMAw

Qロンドン パリ 独りで歩き周っても大丈夫? パリはロンドンから日帰りで ベルサイユまでオケ?

地下鉄やタクシー 徒歩
気を付ける事があったら 教えて頂けると幸いです

Aベストアンサー

■共通事項
・スリ、置引き、引ったくりには気を付けましょう(大抵女子供の集団です。集団が近づいてきたらさっさと移動)
・突然ストライキが起きても驚くに値しません
・日本と違い数日、数週間単位で駅や区間を閉鎖して工事するので、サイトで工事情報事前確認推奨
ロンドン
https://tfl.gov.uk/tube-dlr-overground/status/
ロンドンの地下鉄は2月5日ストライキの予告が出ています。今年かなりストライキが多いです
https://tfl.gov.uk/campaign/tube-strike
パリ
http://www.ratp.fr/informer/trafic/trafic.php
パリの14号線延長工事のため2月5日10時までと24日15時まで全面運休予定です
http://www.ratp.fr/informer/trafic/trafic.php
・地下鉄で乗り換えの名所経由で行くより、バス1本で行く方が早いルートがいくつも存在します。
ルート検索サイト利用推奨。専用アプリもあります。
ロンドン
https://tfl.gov.uk/plan-a-journey/
パリ
http://www.ratp.fr/itineraires/en/ratp/recherche-avancee

■ロンドン
・Oyster CardというICカードを作らないと地下鉄の料金が恐ろしく高いです
参照 英国政府観光庁 ビジター・オイスター・カード
https://www.visitbritainshop.com/japan/london-visitor-oyster-card/
※トラベルカードとの比較も上述URLの「よくある質問」タブをご覧ください

■パリ
・NAVIGOというICカードは日本風(オイスターカード風)にチャージしては使えません。
毎月曜日~日曜日の1週間用、毎1日~末日用1か月用のみ非居住者用カードNavigo Découverteが作れます
・10枚つづりの回数券Carnet(カルネ)か1日券Mobilisを買うと得なことが多いです
カルネ
http://www.ratp.fr/ja/ratp/r_61656/ticket-t/
Mobilis(Tarifsタブをクリック)
http://www.ratp.fr/fr/ratp/v_154905/mobilis-une-journee/
・一方通行が多いので、バスは往復で違うルートを通ることが多いです。タクシーは進行方向の道路で拾ってください
・広場から放射状に道路が延びているので、1本隣の道に間違えていくととんでもない場所に出るので要注意
※道路に名前が付いているので確認推奨
・1号線、14号線と新型車両以外は半自動ドアです。乗る際ボタンがあれば押し、ノブがあれば引き上げてください
・車は右側通行なので、日本やロンドンのつもりで道路を渡らないようにご注意を

■共通事項
・スリ、置引き、引ったくりには気を付けましょう(大抵女子供の集団です。集団が近づいてきたらさっさと移動)
・突然ストライキが起きても驚くに値しません
・日本と違い数日、数週間単位で駅や区間を閉鎖して工事するので、サイトで工事情報事前確認推奨
ロンドン
https://tfl.gov.uk/tube-dlr-overground/status/
ロンドンの地下鉄は2月5日ストライキの予告が出ています。今年かなりストライキが多いです
https://tfl.gov.uk/campaign/tube-strike
パリ
http://www.ratp.fr/informer/trafic/trafic.ph...続きを読む

Qアイスランドの観光事業

授業でツアーを企画してプレゼンをすることになったのですが、私のそのツアーの行き先がアイスランドとなりました。プレゼン自体は英語の授業でのものなので本格的に企画するものではありません。

アイスランドの観光事業のメリット・デメリットまたは観光事業の現状について知りたいです。
アイスランドへ行ったことがある方やアイスランドに詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今夏アイスランドへ観光に行きました。
事業としてのメリット・デメリットについては分かりませんが参考までに。
日本との貿易がさかんな国のひとつです。
観光客の目から見て、壮大な景色、豊富な野生動物、治安のよさが良いところとしてあげられます。特に景色については海外から映画撮影のロケーションとしてよく利用されているほどです。
地熱エネルギーを利用したクリーンなエネルギーによる発電、それゆえ空気が非常にきれいなこともあげてよいでしょう。
観光業からみたデメリットは消費税が物価に反映し、食事、買い物、交通費が非常に高価に感じること。
アイスランドを代表する産業が綿製品、海産物加工であるため日本人が好むいわゆる「みやげもの」(ブランド品など)が少ないことでしょうか。

Qロンドン、パリ、エディンバラ間の交通手段

今年の12月後半にロンドンからパリ、そしてパリ観光後エディンバラに行く予定です。
クリスマスなどのシーズン期間ということもあり普段より値段も張るので出来るだけ安くしたいと考えています。もし、安い移動方法をご存じの方がいらっしゃいましたらアドバイスください。

今のプランでは
1.ロンドンからパリへmegabusで移動
2.パリで1週間ほど観光
3.パリからeasy jetでエディンバラに移動
という感じを考えています。

ただ、早期予約をするとユーロスター、easy jetがかなり安くなるということを聞き、ロンドンからパリへの移動にユーロスターやeasy jetを、パリからエディンバラへはユーロスター+スコットレールなどの方が良いのかもしれないと思って悩んでいます。
ネットで調べても早期予約の値段などを調べることができず、実際どの方法が安く済むのか分からない状態です。

部分的なアドバイス(パリからエディンバラ間のみ)でもうれしいので、
ご存じの方、もしよろしければアドバイス頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

「クリスマスなどのシーズン期間」ということですので交通料金がオフシーズン時期で一番高い時です。
欧州大陸人々が右往左往しますのでどこの国でも早めの予約が必要になります。

クリスマスまで4週間ほどですからあと2-3週間ほどするとドンドン移動が始まります。
今年は22日が土曜日ですから18日以降から22日がピークでしょう。
英国の25日は交通が全面ストップですから最後の移動は24日の夕方まで。

26日からは年末ホリディですから1月の5日ごろまで予約がキッチリです。
ユーロスターの予約カレンダーでクリスマス前・年末年始の一番安い料金は売り切れです!
今からですと100ポンド以上で空席があればラッキー・・・

バスも予約が早めに入りますから運行台数に限りがあるので空席があるかどうか???
EasyJetも出発日が近くなるとドンドン値段が上がります。
安いフライトはほとんど朝一番! これも限りがあるので選択肢がドンドン無くなります。

うまく全てのチケットが予約できても天候により運行が出来なくなることも冬はよくあります。
遅延もよく起こるので夏と違って順調に全てが予定通り行かないことを予想してください。

風が強くなるとフェリーが欠航になるのでバスでの移動に支障が、フランス側で雪が凄くなるとユーロスターが遅延もしくはキャンセル・・・
フライトも天候によって左右されます。
スコットランドへの電車も豪雨や定期工事のために遅延などよくあります。

毎年のことなので聞き慣れてしまっていますが、予約した便に乗れなくなると大変ですよ。
ユーロスターも自分で情報を取って振り替え便の手続きを。
空席待ちになるようでよく数時間辛抱強く待って席を獲得しているようです。

最近は天候がよく変化するので天気予報をしっかりと確認して移動日の混乱準備をしておくと良いです。

「クリスマスなどのシーズン期間」ということですので交通料金がオフシーズン時期で一番高い時です。
欧州大陸人々が右往左往しますのでどこの国でも早めの予約が必要になります。

クリスマスまで4週間ほどですからあと2-3週間ほどするとドンドン移動が始まります。
今年は22日が土曜日ですから18日以降から22日がピークでしょう。
英国の25日は交通が全面ストップですから最後の移動は24日の夕方まで。

26日からは年末ホリディですから1月の5日ごろまで予約がキッチリです。
ユーロスターの...続きを読む

Qアイスランドの見所を教えてください

アイスランドの見所、名物、名産なんでも教えてください。 そしてアイスランドならではの持って行った方がいいものなんてありますか?

Aベストアンサー

皆さんが回答しているとおりです。。。。

何月に行くのかなあ?
それによって、持っていくもののお薦めって
かわるかもですね。

北欧全般に言えるのかもですが
ウールはお薦めです。
セーター、手袋、マフラーなどなど、すごーく温かいですしデザインも優れてます。
なのでさむい季節に行くなら、日本から持参しないで
現地で調達することをお薦めいたします!!!

食べるものは
野菜、果物は輸入ですが、乳製品はどれも美味ですよ
特に、バターがお薦め!
アイスランドのハーブを使ったお料理もありますが、食べやすくておいしかったです。

ああ、そうそう
お水がおいしい国です
なので?コーヒーもおいしかったですねえ

あちこちに温泉プールがあるので水着は持参しましょう!!

Qパリ往復航空券でベルギーへ行けますか?

パリ往復航空券でベルギーへ行けますか?

KLMかエールフランスのHPからパリ往復航空券を買いパリへの旅行を予定しています。
折角ヨーロッパへ行くのだからフランスの隣国であるベルギーへも行けたらいいのになと思っていますが、
可能でしょうか?
旅行代理店で往復航空券を検索すると1都市滞在可とか2都市滞在可とか書かれていますが、航空会社のHPから直接購入する場合はどうなのでしょうか?
自分なりに調べたつもりですが分りませんでした。
海外旅行は初めてなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

航空会社で直接チケットを購入すれば、隣国でも何か所に滞在しようと自由です。
今年KLMサイトで、行きはエールフランス便でチューリッヒまで、その後ドイツ1か所、スイス3か所、フランス1か所に宿泊し、ジュネーブ空港からKLM便で帰ってきました。
TGVでパリへ戻るのが面倒なら、KLMサイトの「周遊・発着都市が別の予約」をクリックして行きと帰りの発着地を別にして検索すると良いです。エールフランスもKLMもスカイチームで、行きと帰りの便をそれぞれ別会社にしても往復割引が利きます。

エールフランスは機内食がおいしくパリまで直行便なので、行きはエールフランスで、帰りはブリュッセルからKLMにして少し追加料金がかかりますがエコノミーコンフォートのシートをとる(一度普通に予約した後、搭乗30日前からネットでコンフォートシートの予約受け付け)ようにするのがお勧めです。
https://www.klm.com/travel/jp_ja/prepare_for_travel/on_board/Your_seat_on_board/ici_seat_choice.htm
エールフランスにもコンフォートシートがありますが、エコノミーとビジネスの中間ぐらいの値段でかなり高いです。KLMのコンフォートシートは安いので、KLMサイトで予約した方が良いでしょう。
KLMの乗り継ぎのスキポール空港は乗り換えしやすく、免税店が他より安いので、帰りのお買い物にお勧めです。免税店でじっくりお買い物したいなら、乗り継ぎ時間が短かすぎない方が良いです。KLMの帰りの機内食の洋食はまずいですが、和食はアムステルダムのホテルオークラ監修とかでおいしかったです。帰りの機内食は和食を選びましょう。

航空会社で直接チケットを購入すれば、隣国でも何か所に滞在しようと自由です。
今年KLMサイトで、行きはエールフランス便でチューリッヒまで、その後ドイツ1か所、スイス3か所、フランス1か所に宿泊し、ジュネーブ空港からKLM便で帰ってきました。
TGVでパリへ戻るのが面倒なら、KLMサイトの「周遊・発着都市が別の予約」をクリックして行きと帰りの発着地を別にして検索すると良いです。エールフランスもKLMもスカイチームで、行きと帰りの便をそれぞれ別会社にしても往復割引が利きます。

エールフランスは機...続きを読む

Qアイスランドクローナは今使えるのですか?

今度、アイスランドに旅行に行こうと思っています。

同国は数年前まで世界有数の経済力をもち、激しいインフレによりかなり物価が高い国であったそうですが、昨今の経済危機に主力産業が大打撃を受け、アイスランドクローナは暴落している、と聞きました。旅行者としてはチャンスなのでしょうが、FXなどではアイスランドクローナへの両替は取りやめになっているなど悲惨すぎる状況なようで、かえって通貨の価値を調べようとしてもなかなか情報が得られません。

旅行中にぼったくられないように、ある程度物価と通貨価値に関して最近の情報を持っておきたいので、質問させていただきます。

1.今でもアイスランドではアイスランドクローナを使っているのでしょうか?それともユーロ決済なのでしょうか?

2.そもそも、通貨の価値は現在どれくらいで、物価はどれくらいなのでしょうか?

最近アイスランドに行かれた方や、この辺の事情に詳しい方、お教えください。

Aベストアンサー

アイスランドはユーロには移行していませんので、アイスランドクローナの決済です。
http://www.google.com/finance?q=iskJPY
によると、2009年6月末ではISK1=JPY0.75位ですね。

半年前に行きましたが、レートは今とほぼ同じで、
スーパーの缶ジュースが1本ISK189でした。
ポテトチップスはなぜか500位したかと思います。
二人でディナーに行くと飲み物代入れてだいたいISK10000位でしたので、全体的にユーロ圏よりは若干安いですが日本よりは高いかもしれません。

ブルーラグーンなど外国人相手の観光施設は軒並みユーロでの設定に変わっているようですね。
今年の冬はISK2200でしたが、いまでは20ユーロのようです。

Qロンドン、ダブリン、パリの格安移動手段

5月中旬にロンドン、ダブリン、パリに行こうと思っています。
ロンドンを拠点にして周遊しようかと考えているのですが、格安の移動方法についてアドバイスをいただければうれしいです。

ダブリンは用事があって行くだけなので移動日合わせ3日もあれば充分です。
なのでロンドンの往復チケットを買って、ダブリンでのストップオーバーという形でチケットを買おうかと思ったのですが、調べてみるとダブリンーロンドン間やロンドンーパリ間はかなり安いチケットもありそうなので、ロンドンの往復チケットを買って、別にそれぞれダブリンとパリに行くチケットを購入しようかと考えています。

日本からの到着と日本への帰国はロンドンからであれば、ダブリンからロンドンに戻らずにパリに行くのもありです。
一番安く移動するのにはどうするのがいいでしょうか?
あとこの3国で使えるRail Passのようなものはありますでしょうか?
詳しい方、部分的でも構いませんので(例えばロンドンーパリ間の格安移動方法のみとかでもいいので)是非教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは

参考としてちょっと調べてみました。 5月第2、3週です
英国航空のHPから直接購入すると
東京ーロンドン(乗り換え)-ダブリン
パリーロンドン(滞在)ー東京 で 13万6千円

ダブリンーパリ はRYANAIR15ユーロから。早く予約すればこの値段ですが、無くなればどんどん高くなります)AER LINGUS(40ユーロから) 
(RYANは預け荷物20kで25ユーロプラス。AER LINGUSは込み(20k)のようです。)

英国航空でダブリンーパリを追加すると16万くらいになりました。ちなみにロンドン乗換え
RYANはパリから1時間半ほどの街の空港着です。
AER LINGUSはドゴール着のようです。

旅行会社でこのような行程(ダブリンーパリは個人手配になると思います)の格安があるかもしれませんよ。

Qアイスランドに来年留学は無謀か否か。

お願い致します。

アイスランドに来年留学をしたいと考えている大学生です。
現在アイスランドはご存知の様に危機に瀕している訳ですが、そんな時に敢えて留学するというのは無謀なのでしょうか?
クローナと円の為替を見てみましたが、アイスランドの物価がどうなっているのか調べても見つからなかったのでお尋ねしました。
恐慌状態の中、アイスランド国内の物価は上昇しているのか否か。
ご存知の方いらっしゃいましたらご回答お願い致します。

Aベストアンサー

かなり微妙ですね。
円を適宜クローナに換金して対処できればかなり余裕を持って過ごせそうです。
アイスランドはサムライ債などを国でも受け持っており、
今回日本がIMFを通して融資をしたことに感謝を念を示しています。

したがって円の換金にはそれほど困らないと思われますし、
邦人は歓迎されるメリットがあるかもしれません。風当たりは良好なことが期待できます。

一方、最大の懸念は経済でしょう。
既にアイスランドでは今週に入って支払いの停止が発生しています。
通常、こういった事態ではハイパーインフレが最大の関心事です。
あなたは円を小出しに換金すれば特に問題はないのですが、
最悪鞄いっぱいにクローナを詰め込まないといけないような生活が待っています。
最悪の状態を回避したとしても普段の生活のしにくさはかなりのものだと思われます。

また、隣国の英国との仲は1970年代に漁業戦争があったようですが
それ以来最悪の展開を迎えています。英国との政情不安は経済に波及しそうです。

まあ、欧州は今までが好景気(バブルですが)で
アイスランドは日本人からすれば高嶺の花だったのですが、
今では立場が逆転して随分と生きやすくなっているともいえます。
アイスランドの自然を採るのなら、ここは博打のようなものでしょう。
堅実に行くのなら比較的耐性の高い英仏独などの人口の多い国です。

かなり微妙ですね。
円を適宜クローナに換金して対処できればかなり余裕を持って過ごせそうです。
アイスランドはサムライ債などを国でも受け持っており、
今回日本がIMFを通して融資をしたことに感謝を念を示しています。

したがって円の換金にはそれほど困らないと思われますし、
邦人は歓迎されるメリットがあるかもしれません。風当たりは良好なことが期待できます。

一方、最大の懸念は経済でしょう。
既にアイスランドでは今週に入って支払いの停止が発生しています。
通常、こういった事態では...続きを読む

Qロンドン近郊とロンドンを毎日往復するのに適したチケットは?

3月末~4月半ばまでロンドン近郊(Reading)に住む知人の家に滞在し、
ロンドン(Zone2)にある語学学校へ、2週間の短期留学をする予定です。

それにあたり、どんなチケットを購入すれば交通費が安く済むかで悩んでいます。
以下のようなポイントで検討しているのですが、どんなチケットがオススメでしょうか?
1.学校は9:30~16:00までのため、ピーク時にも利用できるもの
2.Reading~London Paddintonまでは鉄道。そこから学校まではチューブを利用したい
(チューブが運休した時の為に、ダブルデッカーも使えればなお安心)

学校に通うのは1週間につき5日でトータル10日間ですが、
その前後の滞在日も含めて15日間、通学や観光などでチケットを利用するつもりです。
観光については特に予定を決めていませんが、ロンドン中心部(Zone1,2)か、
購入するチケットによって可能であれば、オックスフォードやコッツウォルズに行ってみようかな?という感じです

自分では以下のようなチケットを候補にしていますが、上記ポイントで比較するにあたり不明点があります。
・Standard Day Return:チューブ、ダブルデッカーにも乗れますが、ピーク時利用のため割高?(1日£36くらい?)
・ブリットレイル イングランドパス(15日間):鉄道全てが使えるようですが、
 チューブ、コーチ、ダブルデッカーも利用可能なのでしょうか?
・定期券(Season Tickets 7日間を2回購入):値段を調べられるサイトが分かりません。
 またこれもチューブ、ダブルデッカーは利用可能なのでしょうか?

ちなみに私は30代で社会人ため、Young Persons Railcardなどは使えません。

3月末~4月半ばまでロンドン近郊(Reading)に住む知人の家に滞在し、
ロンドン(Zone2)にある語学学校へ、2週間の短期留学をする予定です。

それにあたり、どんなチケットを購入すれば交通費が安く済むかで悩んでいます。
以下のようなポイントで検討しているのですが、どんなチケットがオススメでしょうか?
1.学校は9:30~16:00までのため、ピーク時にも利用できるもの
2.Reading~London Paddintonまでは鉄道。そこから学校まではチューブを利用したい
(チューブが運休した時の為に、ダブルデッカー...続きを読む

Aベストアンサー

地下鉄、バス、電車、ややこしいですよね。しかも毎年マイナーチェンジがあるので、ルールも少しずつ変わっていきます。最新情報をお伝えしますね。

レディングからロンドン市内までの7Dayのトラベルカードは83.20ポンドです。2週間で166.40ポンドですね。「トラベルカード」のお得な点は、これさえあればロンドン市内のゾーン1-6が乗り放題になるということです。これはロンドン市内のバス、トラム、ゾーン内の地下鉄およびナショナルレイルを含んでいます。どれくらいの範囲をカバーしているかというと、ウェストミンスターにロンドン塔、タワーブリッジに大英博物館はもちろんのこと、ハンプトンコートパレスやウィンブルドン、グリニッジなども含みます。ロンドン市内の観光は問題ないですね。ご心配されているピーク、オフピークの利用制限もありません。ただ、オックスフォード等へ行かれる場合は別途ロンドンからの実費がかかります。

通常のチープデイリターンは、レディングからパディントンまでの単純往復になります。ロンドン市内も自由に乗り降りしたい場合は、チープデイリターン(ロンドン市内のトラベルカードつき)というさらに高額な切符を購入するか、オイスターカードのPay as You Goを使うかしないといけないので、トータル金額はかなりのものになると思います。

残念ながらブリットレイルパスの値段は知りませんが、166.40ポンド以上ですか?もしそうであれば、7Dayトラベルカードをおすすめします。

ただ、このレディング←→ロンドン間のトラベルカードを購入する際に、ヒースローなどの地下鉄の駅で買えるかどうかが分かりません。レディングはナショナルレイルの駅なので、おそらく買えないような気がします。パディントンのナショナルレイルの駅では購入可能なはずです。

蛇足ですが、オイスターカードをPay as You Goとして利用する際に必要なデポジットは現在3ポンドです。7Day以上のトラベルカードを購入する際には無料でついてきます。ただし今回は、オイスターカードを利用される機会はないでしょうね。ナショナルレイルの駅で買うトラベルカードは、名前こそいっしょですが、紙チケットになります。時々反応が鈍くて、改札が開かないときなんかもありますが・・・。

滞在、どうぞ楽しんでくださいね。

http://www.nationalrail.co.uk/

参考URL:http://www.nationalrail.co.uk/

地下鉄、バス、電車、ややこしいですよね。しかも毎年マイナーチェンジがあるので、ルールも少しずつ変わっていきます。最新情報をお伝えしますね。

レディングからロンドン市内までの7Dayのトラベルカードは83.20ポンドです。2週間で166.40ポンドですね。「トラベルカード」のお得な点は、これさえあればロンドン市内のゾーン1-6が乗り放題になるということです。これはロンドン市内のバス、トラム、ゾーン内の地下鉄およびナショナルレイルを含んでいます。どれくらいの範囲をカバーしているかというと、ウェ...続きを読む


人気Q&Aランキング