『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ギターをやっております。

http://www.j-guitar.com/ha/sok/sok_16.html

こちらでトーナリティの説明を読んだのですが、よくわかりません。
要するにモードでの中心音がトーナリティになると書いてありますが、ではキーの概念とはなんでしょう?

もしこのサイトでのキーの概念が、「メジャースケールまたはマイナースケールのトニックの音である」という概念ならば意味はわかります。

しかし実際のセッションではブルースやロカビリー等の、メジャースケールをほぼ使わないジャンルでも、Key=Eとか、Aとかって言いますよね。

そうすると実質「現場では」同じ意味なのではないかと思うのですが、いかがでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

キーという用語は現在主に3種類の意味で使われていると考えられます。


1.「主音」または「中心音」の意味。
   いわゆる「キーCで」という指示など。
2.「音階」の意味。(ただし長音階・短音階のときのみ)
   「メジャーキー」「マイナーキー」
3.「音域」の意味。
   カラオケなどで「キーが高い」というとき。

もともと英語の"key"はラテン語の"clavis"やフランス語の"clef"の
訳で鍵盤の「鍵」を意味する言葉だったのが、やがてCやDなどの
「音名」を意味するようになり、いつの間にか「主音の音名」を表す
のに特化した言葉となりました。上の2や3はそこからさらに派生した
用法だと考えられます。
ですから、モードの曲(たとえばCドリアン)で「キーC」という表現
をするのは何ら問題ないと思います。もともと単に「音名」を表す
言葉だったわけですから。

一方「トーナリティ」は「主音または中心音が存在する性質」という
抽象的な意味であって、そのサイトにあるような「中心音」そのもの
を表す言葉ではないです。ですからモードだけではなく長調・短調も
もちろんトーナリティを持った音組織です。一方、中心音には
「センタートーン」とか「トーナルセンター(調性中心)」といった
言葉があります。

というわけで、キーとトーナリティーはやっぱり違う言葉です。
Cドリアンは「キーがCでモードがドリアンというトーナリティー」
であるといえます。

この回答への補足

みなさん遅れてごめんなさい。

>「トーナリティ」は「主音または中心音が存在する性質」という
抽象的な意味
>Cドリアンは「キーがCでモードがドリアンというトーナリティー」
であるといえます。

なるほど、ではモーダルインターチェンジってモードを曲の途中でかえることですよね?「ということはモーダルインターチェンジや転調があった場合にトーナリティが変わる」ってことでしょうか??

補足日時:2009/10/08 11:51
    • good
    • 1

トーナリティには広い意味と狭い意味がありますが・・・。


 中心音=トーナリティ
示してあるサイトのこの説明はちょっとどうかなと思います。
 『ド(C)』を中心音(トーナリティ)とした各“モード”
この説明も言いたいことは分かりますが、次のように書いた方がいいような気がします。
 トーナリティの中心音をドにした場合の各モード

キー=トニックの音
この意味では使っていないと思います。実際こうではないですし。

実際には「(キー)Gで」とか「Gドリアンで」という使い方をしますが、「トーナリティはGでモードはドリアン」という言い方はしないと思います。
    • good
    • 0

KeyinCにおいて、次のそれぞれルートをひとつずつずらしていった音階を教会旋法(チャーチモード)といいます。

スケールに対応するモードとテトラッドを並べて書きます。

ドレミファソラシド Cアイオニアン Cmaj7
レミファソラシドレ Dドリアン Dm7
ミファソラシドレミ Eフリジアン Em7
ファソラシドレミファ Fリディアン Fmaj7
ソラシドレミファ Gミクソリディアン G7
ラシドレミファソラ Aエオリアン Am7
シドレミファソラシ Bロクリアン Bm7-5

だからincの自然な長音階を使った曲ではCコードではCアイオニアン、Dm7ではDドリアンが使えますよ、と言います。それがテキストでは「トーナリティ」と言っているわけです。
つまり、どのモードも言ってしまえば「メジャースケールを置き換えただけ」なんですよ。だからこそ逆にどの音から始まるスケール(モード)かによってトーナリティーは変わってくるんですよね。

仰る通り実際の現場では、これをいちいち理論的に解析しながら演奏することはありません。モード奏法にしろ、その他の減音音階やコンディミ、全音音階にしろ、アドリブを作る手だては他にもいろいろありますし、これらの音階にとらわれないアウトスケールやクロマティックも現場では多用されます。

ただ、「キー」というのは楽譜に示された回帰すべきトニックだ、という点では質問者さんの解釈で間違いないと思いますが、トーナリティ、モードというのはもっと瞬間瞬間で流れていくフレーズの「調性」を感じろ、ということだと思います。

ですので、質問後段の部分では「キーAでいくよ」と3コードブルーズをやるときに、キーはAでベースラインはそれを基調に流れていくはずですが、メロディー楽器においては、必ずしも特定のスケールだけを使うわけではなく、コード進行やコードトーン、ベースラインなどに合わせてその時々でモードを選択せよ、と言うことです。ペンタ一発のアドリブであっても、キーAだからAマイナーペンタのみということはなく、通常DペンタもEペンタも使います。

だから、実質現場では同じ意味かと言われるとそれはやはり違うんですよ。キーはキーでその時の約束事ですが、モード、トーナリティは演奏の中で刻々と変化していきますから。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング