(1)Mee too.
(2)about
(3)How about~?
(4)many
(5)pardon
(6)all
(7)in all
(8)anough
です。
分かるものだけでいいので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

辞書を引くこと!インターネット版なら、例えば


http://dictionary.goo.ne.jp/ej/

なお、(1)はMe too. (8)はenough が正しい。

 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIt is all about(What is it all about?)の文法的な解説。

It is all aboutのall about の部分の文法的な解説をお願いします。

Aベストアンサー

What is it all about? (いったい何事だ)
「リーダース・プラス英和辞典」

しかし、これでは文全体の意味はわかっても、all aboutの部分がはっきりしません。
このあたりをはっきりさせるために、具体例をあげてみましょう。
A strong relationship is all about mutual trust, shared values.
Life is all about how to die.
Visiting Outback Queensland is all about experiencing life like the locals.
Wine is all about balance.
This site is all about snow crystals and snowflakes
Cover letter success is all about specifics.
Salesmanship is all about persuasion.
「強い絆とは信頼と価値の共有ということに尽きる」
「ワインとはバランスが全てだ」
「セールスとはつまるところ説得力だ」
このように、○○○(主語)はabout以下のことに尽きる、○○○(主語)はabout以下がすべてだ、あるいは、○○○(主語)はつまるところabout以下だ、と訳すと意味が分かります。

類似の意味で、aboutだけが使われている用例もあります。
The party was mostly about showing off their new offices.
His designs are about the use of rough-textured materials.
The American Heritage Dictionary
URL: http://tinyurl.com/cyfgs
「パーティの主な目的は新オフィスを見せびらかすことであった」
「彼のデザインの特徴は織目の粗い素材を使うところにある」

以上から、aboutは前置詞、「In reference to; relating to」の意味で、allは副詞で、「Wholly; completely」という意味と考えられます。

What is it all about? (いったい何事だ)
「リーダース・プラス英和辞典」

しかし、これでは文全体の意味はわかっても、all aboutの部分がはっきりしません。
このあたりをはっきりさせるために、具体例をあげてみましょう。
A strong relationship is all about mutual trust, shared values.
Life is all about how to die.
Visiting Outback Queensland is all about experiencing life like the locals.
Wine is all about balance.
This site is all about snow crystals and snowflakes
Cover le...続きを読む

QHow about...? How とaboutの間は何が省略されていますか。

How about taking a walk? のHow about ですが、How とaboutの間には何が省略されているのでしょうか。How do you think about....?でしょうか。しかし、 この場合はHowではなくWhatが適当ですよね。

Aベストアンサー

私も似たようなことを考えたことがあります。"What if" なんかも同じように省略されたものかなと思います。

こういう言葉に対する感性って、外国語に限らず、大切ですよね。

おそらく No.2さんが意図されているんだろうなと想像する「文法至上主義の問題」とは全く違っていて、むしろ逆なのかと思います。確かに、文法に縛られて、例外の多い生の言語を否定するようでは本末転倒ですが、今回のような疑問は、英語を深く理解する上で非常に重要なことだと思います。

せっかく先人がまとめてくれた便利な文法というルールがあるのですから、うまく使いこなして、楽しんで英語が学習できればいいですよね。そこも質問者さんのご意見にとても共感できます。

全然回答になっていなくて申し訳ありません。

Q"too much choice" "too many choices"のどちらですか?

選ぶことが多くて悩むとき、there'sのあとに

"too much choice" "too many choices"のどちらで続けますか?

Aベストアンサー

there's too much choice
there're too many choices
両方あるんじゃないですか?
文法的には、選択肢をすべて具体的に挙げられて数えられる場合には、可算名詞扱いのmany choicesと言うことになるのでしょうが、そういう場合でもmuch choiceと言うこともあると思います。

Qwhat about と how about

what about ○○ や how about ○○ は、くだけた言い方なのでしょうか?
また、what about ○○ や how about ○○ を
丁寧に言い換えることは出来ますでしょうか?

Aベストアンサー

"What about ~?"と"How about ~?"は形はよく似ていますが、使い方は微妙に異なります。
"~"には名詞・動名詞が入ります。例文は参考サイトをご覧ください。いろいろあります。
●"How about ~?"=【意見を聞く・提案】
http://eow.alc.co.jp/How+about/UTF-8/

●"What about ~?"=【意見を聞く・提案】に違いはありませんが、「じゃ~はどうですか?」というように前になにか、聞いていて、「次の意見・提案」というニュアンスで使う場合があります。"How about ~?"のように使ってもかまいません。
http://eow.alc.co.jp/What+about/UTF-8/

【丁寧な言い方】
●"What do you say to ~?"→"What would you say to ~?"
"~"には名詞・動名詞が入ります。
http://eow.alc.co.jp/What+would+you+say+to/UTF-8/

●"How would you like ~?"="~"には名詞・動名詞が入ります。
"How would you like to ~?"="~"には動詞の原形が入ります。
http://eow.alc.co.jp/How+would+you+like/UTF-8/

まだありますが、貴族のようにもったいをつけた言い回しになります。使うことはないと思います。
●"I'm (just) wondering if you'd like (to) ~."
●"I'm (just) wondering if you're interested in ~."

上の4つの●の言い方を区別されていたらいいと思います

"What about ~?"と"How about ~?"は形はよく似ていますが、使い方は微妙に異なります。
"~"には名詞・動名詞が入ります。例文は参考サイトをご覧ください。いろいろあります。
●"How about ~?"=【意見を聞く・提案】
http://eow.alc.co.jp/How+about/UTF-8/

●"What about ~?"=【意見を聞く・提案】に違いはありませんが、「じゃ~はどうですか?」というように前になにか、聞いていて、「次の意見・提案」というニュアンスで使う場合があります。"How about ~?"のように使ってもかまいません。
http://eo...続きを読む

QHow about と What about

通常「How about」と「What about」は同じ意味、使い方
のようですが、例外的に「What about」を「How about」
の代わりには使えない場合って、どのような場合ですか?

いくつかの例文で教えてください。

Aベストアンサー

~はどう?っと『提案』をする時はHow about, What about は同じように使います。
What shall we have for lunch? に対して How about Chinese? あるいは What about Italian?. どちらも同じです。

貴方のご質問の、『What about」を「How about」の代わりには使えない場合』は特にないと思いますが、その逆、「How about」を『What about代わりには使えない場合はあります。What aboutは『~はどうなるの?』というように、提案ではなく心配とか気にかかることを、言う場合にもよく使われます。例えば Let's go out right now. (今すぐ出かけよう)、これに対し What about our daughter sleeping in her bedroom? (部屋で寝ている娘はどうするの?)という文脈では How about はあまり使われません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報