gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

もう24年くらい前のことになりますが、建設コンサルタンツ厚生年金基金に参加していたA社を9年6カ月勤めた後退職し、別のB社に転職しました。

その数ヵ月後に建設コンサルタンツ厚生年金基金からの脱退に伴う支給義務の引き継ぎを受けた(承継)と、厚生年金基金連合会(現:企業年金連合会)から連絡のはがきが来ました。その葉書には将来支払われる年金額として約300,000円と記されていました。

また、転職した先の企業も厚生年金基金のある会社でしたので、社会保険庁の加入記録ではA社(基金)114か月、B社(基金)290か月というように表示されています。

B社は老齢厚生年金の代行を行っているため、B社の290カ月分の老齢厚生年金はB社の厚生年金基金からおしらせがあり、社会保険庁からの年金見込額のお知らせには含まれていません。

社会保険庁の年金見込額のお知らせには、老齢厚生年金(報酬比例部分)の年金額として約200,000円のみが記載されています。

Q1.
さてA社の114カ月分ですが、この2階部分の老齢厚生年金(報酬比例部分)の年金は、企業年金連合会から支給されるものとして理解してよろしいのでしょうか? 
その部分の年金はおよそいくらになるのでしょうか?

Q2.
また、企業年金連合会は(旧:厚生年金「基金」連合会)ですから、3階部分に相当する厚生年金基金も企業年金連合会から支給されるのでしょうか? 
この部分の年金はおよそいくらになるのでしょうか?

Q3.
社会保険庁の年金見込額のお知らせにある約200,000円の老齢厚生年金(報酬比例部分)はA社とB社に勤めていた期間全体(404か月)分の再評価部分のみと考えてよろしいのでしょうか?

年金は、いろいろとわからないことばかりで苦労しています。
年金に詳しい方、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひご教示ねがいたく。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Q1


A社の資金は企業年金連合会に移されているので企業年金連合会から基本年金として受け取ります。確定給付型の年金となりますから年金額は通知のあった約300,000円となります。
Q2
厚生年金基金が存続していて定年退職となった場合は、厚生年金基金から年金が支払われます。これも基本年金です。B社で定年退職時に厚生年金基金が存続していたならそうなります。年金額は標準報酬月額や基金の運用状況によりますから分かりません。B社の基金から途中で脱退あるいは基金の解散があった場合はQ1と同じになります。
Q3
厚生年金だけの期間がなくて全ての期間が厚生年金基金であったなら(全て代行の期間)、社会保険庁からの老齢厚生年金は物価調整分である再評価部分だけの支給となります。
途中から基金を導入した場合のその前の期間や、基金を解散して代行返上した場合の後の期間は厚生年金の加入期間ですから、その期間の報酬比例部分は老齢厚生年金に含まれます。

なお、上記は基金独自の運用である加算年金部分は考慮していません。代行部分についてのみです。加算年金部分の扱いは基金独自の定めとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明解なご回答をいただきありがとうございます。

Q2はA社の加入履歴に対する企業年金連合会からの3階部分の支給に関するものだったのですが、私の表現がいたらず申し訳ありません。文面より企業年金連合会から支給の基本年金は3階部分はなく2階部分+αになるものと理解いたしました。

Q3のご回答によりここ数年間の疑問が解消しました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/06 20:01

Q1→A社の分は、連合会から30万支払われます。



Q2→退職した時に、どのような選択をしたかによります。加算部分を将来年金として受け取ることを選択したのか、一時金として受け取ることを選択したのか。人によって違いますので、連合会にご確認ください。

Q3→社保庁の年金は再評価部分のみと考えていいです。社保庁から送られてきた加入記録で、基金分の月数が記入されているとのことなので、間違いありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
Q2.はい、連合会のほうにも問い合わせることにいたします。
Q1,Q3.明解なご回答をいただきありがとうございました。
少し安心いたしました。

お礼日時:2009/10/06 20:08

ここで聞いてもわからなかったら。


折を見て、社会保険事務所に話を聞きに行ってみたら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスをいただきありがとうございます。
ひところニュースで社会保険事務所は何時間待ちとかいわれていましたので二の足を踏んでいました。幸い皆様の明解なご回答をいただくことができましたので喜んでいます。インターネットがこのように役に立ってくれるものとは、本当にありがたいことです。

お礼日時:2009/10/06 20:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将来支払われる額、「13800円」?・・・企業年金連合会。

今日「企業年金連合会」というところから手紙がきました。

この組織自体がどんなものかわからないのですが、最も気になるのが「将来支払われる年金額(年間の支払見込み額) 基本年金額13800円」という点。

これはそのまま、自分が65歳になった時に1年間で、ここ以外から何も受け取ることができず、この13800円しか受け取れないということでしょうか。

Aベストアンサー

会社によっては、厚生年金基金に加入しているところがあります。この基金は、厚生年金部分の代行を行う組織で、またその基金独自の上乗せ給付を規約により定めることができます。したがって、基金の加入期間については代行した厚生年金の額とその基金独自の給付の額とを受取ることができます。
また、転職等によりその基金にいた期間が10年未満の方については、その基金にいた記録は「企業年金連合会」が引き継ぎ、連合会から支給を受けることになっています。

年齢が不明ですが、60歳から厚生年金(特別支給という)を受けられる方には、誕生日の3ヵ月前に年金の請求書用紙が届きます。この請求の内訳には代行された基金の加入期間は除外されております。基金の加入期間がある方は、その請求書を社会保険事務所に提出するとともに、代行された厚生年金を基金(連合会に引き継がれた方は連合会)に請求することになります。

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q60歳定年後も働き65歳まで厚生年金をかけたら?

厚生年金を中学卒業とともに就職し45年かけまして60歳定年となりますが 再雇用
で65歳まで働きひきつづき厚生年金をかけたら65才時に いかほど増額しますか?

  事例でいいので教えてください。

Aベストアンサー

NO2のかたが書いておられます、長期特例について補足します。

44年以上厚生年金加入、かつ退職(被保険者ではなくなる・・パート嘱託なども含む)されてる方は、長期特例に該当し、通常例えば昭和26年生まれならば60からは厚生年金の報酬比例部分のみですが65歳からしかもらえない定額部分の支給がうけられます。
簡単にいえば、65歳からの金額が早めに受けられます。

1、ですので、年金事務所に行き、退職した場合の金額を確認しましょう。
一定の条件にあう配偶者がおられる場合加給年金もつくことがあります。

2、かたや、継続雇用の場合、長期特例の扱いは受けられず、在職老齢年金となり、報酬とのかねあいで年金額が減らされる場合もあります。

結論として1,2の点を確認されることが重要となります。
また、同時に増える年金額も確認されたらいいでしょう、
年金額は報酬によりますので人の事例はあてはまりません。

Q厚生年金基金

10年以上前に厚生年金基金に加入していました。解雇のため、厚生年金基金を脱退して、厚生年金基金に納めた保険料は厚生年金基金連合会(現:企業年金連合会)に移管されました。一時金を支給する制度のない厚生年金基金でした。厚生年金基金から葉書が届きました。60歳になると、厚生年金基金がらの年金が受け取れる。法律の改正等で、60歳より前に年金の支給ができることになれば、その時からの支給ということでした。
その後、住所が変わったりして厚生年金基金、厚生年金基金連合会(現:企業年金連合会)は届いてません。現在も60歳になると、厚生年金基金がらの年金が受け取れる。法律の改正等で、60歳より前に年金の支給ができることになれば、その時からの支給というのは有効なのでしょうか。

Aベストアンサー

素人の爺です。

年金・・・特に厚生年金基金は4階建てです。

1階(基礎年金≒国民年金)+2階(厚生年金の一部で国が管理する部分)+3階(厚生年金の一部で会社が管理する部分)+加算年金(企業が上乗せしてくれる部分)


現在のあなたは・・・大雑把に表現すると。3階です。
1階(基礎年金≒国民年金)+2階(厚生年金)+加算年金に相当する部分(企業年金連合に移管)

加算年金は企業独自の年金ですから会社によっては60歳以前の支給も可能です。(退職した場合)
しかしあなたの加算年金は企業年金連合に移管されましたので支給は原則厚生年金と一緒になります。
法律の改正しだいでは年金はどうにもなるので書いてあることは「その意味」でしょう。

なお企業年金連合に対する年金開始の手続きは「あなた自身」が自分で手続きしないと支給されません。
自分自身が知っていることも大切ですが、家族にも「企業連合会」に移した年金があることを知らせておきましょう。

Q厚生年金基金解散の場合、将来年金はもらえる?

10年ほど勤めている会社は、厚生年金基金に加入しています。
 
基金の赤字により、数年以内に解散する方針が決定したようです。

解散すると言われれば、それに従うしかないのですが、今まで10年かけてきた掛け金は

将来年金の加算部分としてもらえるのでしょうか?

もう全くもらえないのでしょうか?

その辺の説明がなく、わかりません。

運用の失敗で赤字なので解散・・・・・解散するにも加入している会社がお金を払わないといけないなんて・・・・・

全く納得はいきませんが、色々言っても仕方ないので

今までの掛け金がどうなるのか、知りたいです。

Aベストアンサー

基金に加入していなかった勤め人と同水準の厚生年金は貰えるようです。
しかし、余計に貰えることを前提に 高めの保険料を払った分(加算分)は このケースの場合ゼロでしょう。高い分の保険料は掛け損です。
そして、基金によっては 運用失敗による損失分を 加入会社が追加負担しなければなりませんが 会社に財源がないと 間接的に加入者が負担(給料据え置き 引き下げ等により財源をひねくりだす)しかねません。場合によっては 会社倒産も・・・。踏んだり蹴ったりです。
損をしないのは 運用を他人任せにして 高給に加え過剰接待等で甘い汁を吸った年金基金の役員(大半は厚労省の年金部署からの天下り)だけです。彼らは さっさと逃げ出して(退職して) 一円たりとも損をしないと思います。


人気Q&Aランキング