ナポレオンについて書かれた歴史小説が2,3年前どこかの文庫で上巻、下巻で出ていたように思います。作者名はわかりません。どなたかどの出版社から出ていたか?作者名わかる方いませんでしょうか?

A 回答 (2件)

これとは違いますか。



『ナポレオン』上下巻 
長塚隆二著、文春文庫。1996年9月10日 第1刷発行
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです。
あたりです。
作者名に「長」という字が入っていたのもうろ覚えていましたので・・・。
書いてもらってすべて思い出しました。
明日早速にでも本屋に行って来ます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/01 03:15

文庫本ではありませんが、



『逆撃ナポレオン ワーテルロー会戦〈上〉』(柘植久慶 中央公論新社 2000/02)
『逆撃ナポレオン ワーテルロー会戦〈下〉』(柘植久慶 中央公論新社 2000/05)

『逆撃ナポレオン ロシア遠征』(柘植久慶 中央公論新社 1999/02)
『逆撃ナポレオン ドイツ戦役』(柘植久慶 中央公論新社 1999/05)
『逆撃ナポレオン フランス戦役』(柘植久慶 中央公論新社 1999/08)
『逆撃ナポレオン エルバ島脱出』(柘植久慶 中央公論新社 1999/11)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

別の方が書いてくださった文春文庫から出ている「ナポレオン」が私の探しているものでした。でもyamadaさんのも参考にしてみたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/05/01 03:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学術的な歴史専門の書店と出版社

歴史にちょっと関心があるから勉強も好きな学生ですね

始めのところには大衆的な書籍への興味がもっと多きだったのに、後にはもっと学術的なのか専門的なのかそんな歴史の書籍が大変欲しくなりました

例を挙げれば「岩田書院」というサイト(www.iwata-shoin.co.jp)ような歴史への専門的な!学術的な書店とか出版社とかそんな他のところってありませんか

若しけど、ご存じのことがあれば、教えていただけば本当にありがとうございます

Aベストアンサー

歴史書懇話会という会があります
そのサイトに主だった歴史書をだしている出版社の
サイトへのリンクがあります。

日本史ならば吉川弘文館は有名どころで、各時代の専門書から歴史を志す者への入門書もあります

参考URL:http://www.hozokan.co.jp/cgi-bin/rekicn2/c_note.cgi?page=0&mode=move&type=note

Q歴史関係書籍を多く扱う出版社

「歴史関係書籍を多く扱う出版社」といえば、どんな会社が挙げられるでしょうか?

(どこで聞けばよかったのか分からなかったので、「歴史」をテーマにしているこのカテゴリーにさせていただきました。)

Aベストアンサー

こんばんは。
「歴史関係書籍を多く扱う出版社」というのは、とにかく量を扱うという事でしょうか?それとも歴史関係の書籍を専門で出す出版社名を挙げろという事なのでしょうか?


まず真っ先に思いつくのは、山川出版。
教科書の用語集や資料集も出す大手です。
こちらの会社のイギリス史、フランス史等は特定国の歴史の概要をさらうのにもって来い。


一般書籍も扱う有名な所では岩波書店、中央公論社、小学館、講談社、角川書店。各社「~の歴史」というオーソドックスな物から、学術文庫まで揃っております。東京大学出版会他各大学の出版会も多くを取り扱う中で、歴史物の著作の定評がある……という感じでしょうか。

この他の所としては、NO.1さんの挙げられている人物往来社、No.2さんの吉川弘文館の他に、有精堂、、汲古書院、至文堂、春秋社、塙書房、白帝社、大東出版社……等が挙げられると思います。

小さな出版社は一つのジャンル(あるいは時代、もしくは分野)にのみ精通している、というのがありますので、そういう所を挙げるとキリが無い気がします。

Qナポレオンの時代の政治情勢がよくわかる良書は?

ナポレオンの活躍した時代のヨーロッパについて調べています。
戦争、戦術に関しての書籍といえば、信山社の〈ナポレオン戦争〉で決まりでしょう。
ですが、当時、中立だったスウェーデン、デンマークの政治状況、外交政策、またライン同盟成立の過程など、比較的ディープ(と思っています)なものまで網羅した、当時の政治情勢がよく理解できる良書を探しています。
できれば和書でよいものがあればご教示いただきたくお願いします。
和書で推薦できるものがなければ、英文の洋書でもかまいません。
読解に挑戦してみます。

Aベストアンサー

朝日選書の「反ナポレオン考」は敵(軍事、政治)の視点からナポレオン・ボナパルトの施政を論じているので、かなり参考になると思います。

Aベストアンサー

孤高の鷲―リンドバーグ第二次大戦参戦記 (文庫)
チャールズ リンドバーグ (著), Charles A. Lindbergh (原著),
新庄 哲夫 (翻訳)
リンドバーグの第二次大戦日記と同じ内容だったと思います。
こちらのほうが手に入りやすいと思います。
関係ないですが、アーロン収容所 (中公文庫) 会田 雄次 、というのが
大変面白いです。
第二次大戦中の連合軍と日本軍の違いとか、白人の日本人感とか。http://www.amazon.co.jp/gp/product/4059011142/sr=1-2/qid=1188372394/ref=olp_product_details/250-1564297-5970661?ie=UTF8&qid=1188372394&sr=1-2&seller=

Q国内で最も古い出版社

新聞・雑誌など、国内で最も古い出版社はどこになるのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 
 近代日本出版略史
 
【書籍】
 
 西村 九郎右衛門《丁子屋 1656‥‥ 京都》西村 七兵衛《法蔵館 1850‥‥ 京都》
http://www.hozokan.co.jp/hz/_history.html
 
 柳原 喜兵衛《河内屋 1740‥ca 大坂/柳原書店 1918‥‥ 京都/200201‥ 柳原出版》
http://www.yanagihara-pub.com/html/company.html
 
 江草 斧太郎《有史閣 1877‥‥ 神田/1897‥‥ 有斐閣》
http://www.yuhikaku.co.jp/static/company/index.html
 
 岩波 茂雄《岩波書店 19140920 東京》
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19270710 岩波文化 ~ 華麗なる人脈 ~
 
 菊池 寛《文芸春秋社 192301‥ 東京》
http://www.bunshun.co.jp/company/profile.html
 
【雑誌】
 
 柳河 春三《西洋雑誌 186710‥-186909‥ 名古屋》
http://kotobank.jp/word/%E6%9F%B3%E6%B2%B3%E6%98%A5%E4%B8%89
 
 森 有礼《明六雑誌 18740402-18751114 明六社》
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E5%85%AD%E9%9B%91%E8%AA%8C
 
【新聞】
 
 条野 伝平・西田 伝助・落合 幾次郎《東京日日新聞 18720221 浅草》
《大阪日報 18760220 大阪》《大阪毎日新聞 1888‥‥ 大阪》《毎日新聞 1911‥‥ 東京》
http://www.mainichi.co.jp/corporate/co-history.html
 
《峡中新聞 18720701 甲府新聞 甲府日日新聞 山梨日日新聞》
http://soramame1116.at.webry.info/201003/article_17.html
 

 
 近代日本出版略史
 
【書籍】
 
 西村 九郎右衛門《丁子屋 1656‥‥ 京都》西村 七兵衛《法蔵館 1850‥‥ 京都》
http://www.hozokan.co.jp/hz/_history.html
 
 柳原 喜兵衛《河内屋 1740‥ca 大坂/柳原書店 1918‥‥ 京都/200201‥ 柳原出版》
http://www.yanagihara-pub.com/html/company.html
 
 江草 斧太郎《有史閣 1877‥‥ 神田/1897‥‥ 有斐閣》
http://www.yuhikaku.co.jp/static/company/index.html
 
 岩波 茂雄《岩波書店 19140920 東京》
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19270710 岩波文化 ~ ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報