古本屋とかいっていろいろさがしているのですが、自分で探しているとあたりはずれが激しいので誰か教えてもらえませんか?なるべく推理小説以外がいいのですが。おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

それは文庫でよいのでしょうか???



だとしたらお奨めがあります。
『チップス先生さようなら』ヒルトン著 新潮社文庫
   ――――――――――――― 400円です★

あらすじは言いません。。。
とにかくお奨めだから p(^^)q
    • good
    • 0

ライトノベルといえば・・・・・・


「小野不由美」でしょう!!
「十二国シリーズ」なんて、いかがでしょう?
なかなか、面白いですよ!!
この作家は、一般向けでも書いてますね・・・・・。
「屍鬼」というホラー小説です。
恐いというより、悲しいお話です。
単行本で刊行されてましたが、現在は文庫で刊行されなおしています。
単行本ならば、上下巻・文庫本ならば1巻~5巻まで・・・・・・
是非、お試しあれ・・・・・・・。
    • good
    • 0

わたしはそういう時は、沢山の作家の短編小説がいろいろ入っている「アンソロジー」を買います。

そこからお気に入り作家を探してみてはいかがでしょうか?
ちなみにわたしの趣味範囲である怪奇幻想小説からは、この二冊のアンソロジーを推薦させていただきます。
・角川ホラー文庫 新青年傑作選怪奇編 ひとりで夜読むな
・河出文庫 暗黒のメルヘン
    • good
    • 0

 ライトノベル系で良ければ、冴木忍先生の本はすべておすすめですね。


 「メルヴィ&カシム」シリーズとかは、軽い感じの中にちょっと重たさが入っていて、考えさせられる所が多い本です。

 また、上遠野浩平先生のブギーポップシリーズ(コレもライトノベル系)も面白いです。ただ、こちらは独特な雰囲気と世界観に対して、好き嫌いがはっきり分かれてしまう傾向が強いので、立ち読みのあと購入をお勧めします。

参考URL:http://www.mdo.co.jp/saeki/
    • good
    • 0

ちょっと古いですが、中公文庫から出ている村上春樹訳・フィッツジェラルド著の「マイ・ロスト・シティー」は読みやすくて面白いと思います。

多分古本で出ているでしょう。
先日深夜のTVで放送していた、リュック・ベンソンの初期の映画の原作、デラコルタ「ディーバ」(新潮文庫で出ています)もちょっと不思議で面白かったです。
清涼剤になるのは、ボブ・グリーンによるマイケル・ジョーダンのノンフィクション「マイケル・ジョーダン物語」(Hangtime)集英社文庫です。(次作の「リバウンド」は私はあまり面白くなかった…)バスケットに興味なくても、スーパースターの物語として面白いですよ。他に色々出ているマイケル・ジョーダン関連の本(サム・スミスのとか)と違って、ファンでなくても、独立した読み物として面白いのです。
    • good
    • 0

いろいろありますが。


本を読んでて幸せだと思ったものを2つ。
・「シューレス・ジョー」(W.J.キンセラ)(確か新潮文庫)
映画「フィールド・オブ・ドリームス」の原作ですが、
こちらには文章ならではの良さがあります。
下に比べて発行部数は少ないと思います。あと、サリンジャーに少しでも思い入れがあるとより面白いです。

・「ガープの世界」ジョン・アーヴィング
これは現在でも文庫で売られていますが、古本屋でも多くあると思います。
「うまくいかないことばかりならではの喜び」のような。
同著者の本では「サイダーハウス・ルール」もおすすめです。(これも両方とも映画化されていますね)

もう一つ、古本屋ならこれも安く手にはいるかもしれません。
・「高岳親王航海記」澁澤龍彦
この人に入ってみようと思われるなら最後の作品であるこれが一番入りやすいです。面白さは保証します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「サイダーハウスルール」は映画で見たけどいい作品でした。本と映画ではいろいろ違って面白そうなので読んでみようと思います。

お礼日時:2001/03/20 22:31

私は純文学系が好きなので太宰治、三島由紀夫、芥川竜之介などが好きです。

新潮文庫をひいきにしているので新潮社から出ているものはかたっぱしからよさそうなものを読みます。
それ以外ですと、ダニエルキイスの作品。「あるジャーノンに花束を」はおすすめです。
あと芸能人のエッセイなども好きです。ビートたけしさんやダウンタウンの松本人志さんのエッセイはおもしろいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速読み終えましたなんかいろいろ考えちゃいますね。松本人志さんのエッセイはストレートでいいですよね。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/20 22:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q推理小説・・・

推理小説で、『コナン・ドイル』と『江戸川乱歩』以外に有名な推理小説家はいませんか?
世界の推理小説家でもいいです!!

Aベストアンサー

質問の意図がよくわかりません。
wikipediaでもこれだけでましたよ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A8%E7%90%86%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E4%B8%80%E8%A6%A7

ちなみに人物を指すのに『』は使いません。
『』は何らかのタイトルに用いたり、どこからかの引用で二重カッコにする時に用います。

Q初心者向け推理小説

簡単なものという意味ではなく質の高い本という意味です。推理小説には一切手を付けてこなかった人にプレゼントしたいのです。なので推理小説なんてこんなものかとは思われないような物が良いです。その人がよく読んでいるのは 村上春樹さんです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

村上春樹ファンならば、彼の初期のテイストを感じさせる伊坂幸太郎さんの作品は肌に合うと思います。短編連作集「チルドレン」などがなじみやすいのでは。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062124424/250-3008853-5889047

Qこんな推理小説ありませんか?

普段はあまり本を読まないのですが、
明日図書館に行こうと思っています。

そこで、こんなカンジの推理小説が
ないかと思って…。

・緻密に計算されていて、謎解きの段階で
 伏線が見事に繋がり「なるほど!」と思わされる。
・物語にグイグイと引き込まれる。
・日本の作家のもので、あまり長くない。
・ドロドロしていない(情念・怨念的でない)。
・図書館で借りることが出来そう。

…以上の条件を満たすようなものは
ありますでしょうか?
作家名や「○○シリーズ」というのではなく、
具体的な作品名を挙げて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

私のお勧めは
 13階段       高野和明
 嘘をもうひとつだけ 東野圭吾
 私が彼を殺した    東野圭吾
 看守眼       横山秀夫
です。
いずれも図書館で借りました。
「嘘を…」は短編集で読みやすかったですよ

Q世界の推理小説5指って?

いまさらなんですが、アガサ・クリスティの「アクロイド殺し」を読みました。
で、この作品は世界の推理小説5指に入るってコメントがあったのですが、じゃあ、他の4指って何なのだろうと疑問が。
5指に入るような作品という意味で、これとこれとこれっていう感じで決まってるわけではないのでしょうか。

Aベストアンサー

 それはダグラス・トムスンの書評ですね。おそらく、当時傑作とされていた推理小説を5本上げろ、といわれた場合、だれもがこの作品をその中に入れるだろう、というような意味だと思います。
 つまり、それほどの傑作と云うことでしょうね。

Q推理小説で、主人公が男

主人公が男といっても、
少年~青年(10歳~24歳ぐらいまで)でお願いします。
私の場合、男じゃないと感情移入が出来ないので(当人女です)

今まで私が読んだことのある推理小説は、
今夜は眠れない・夢に思わない・ステップファザーステップ・魔術はささやく(これすべてが推理小説なのかは分からないのですが(汗))
ぐらいだと思います。全て宮部みゆきさん作品ですが。

あとシリーズものは少し苦手です。
何巻もあると、読むのに挫折してしまいそうなので。
以上の条件にあてはまる推理小説をご存知の方、
教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

・米澤穂信さんの「古典部シリーズ」「小市民シリーズ」『さよなら妖精』は主人公が男子高校生です(友人に女子もいますが)。シリーズといっても、現在「古典部」が3巻、「小市民」が2巻までしか出てません。
・古処誠二さんの『フラグメント』も高校生たちの物語です。
・伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、もしかしたら条件の年齢層からは外れるかも知れませんが、主人公兄弟の少年時代のエピソードも結構入ってると思います。
・はやみねかおるさんの「虹北恭助シリーズ」の主人公・恭助君は最初は小学六年生、後に高校生(ただし、学校には行っていない)になります。シリーズは4冊出てます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報