人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

日本史の勉強がしたいと思っています。大学受験ではなくて、全くの趣味として日本の歴史を知りたいと思っています。

お勧めの本やサイトなどありましたら、教えてほしいです。あくまで趣味として勉強したいということですので、何より途中で挫折しないような面白い内容であることが望ましいです。趣味といえども、内容的には豊富なものが望ましいです。

実は司馬遼太郎の「日本人と日本文化」を読んでいて日本史を勉強したいと思うようになったので、目的としては日本人とは何か?日本文化とは何か?ということを知ることに関心があります。政治的なことだけでなく、文化史的な側面に重きを置いた本のほうが、どちらかとえいば望ましいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

日本人とは何か?日本文化とは何か?ということに興味があるなら、以下の本がオススメです。



1.宮本常一『忘れられた日本人』(岩波文庫所収)
日本の村における合議制を明らかにした「村の寄合」や、博労の一代記「土佐源氏」など、判りやすい文章で楽しみながら、昔の日本人の姿を学ぶことができる。

2.網野善彦『無縁・公界・楽』(平凡社ライブラリー所収)
現代にまで残る「エンガチョ」の習俗に込められた深い意味を解説しつつ、読者をかつての日本に存在した「無縁」の思想へと誘う。網野氏には『「日本」とは何か』という本もある。

3.安丸良夫『日本の近代化と民衆思想』(平凡社ライブラリー所収)
勤勉・倹約・孝行といった一見前近代的な道徳規範が、実は民衆の自己鍛錬を促し、近代化達成のエネルギーとなったこと、その半面、「不幸は努力不足(不道徳)の結果」とみなされるなど、民衆から真実を隠蔽する役割も果たしたことを論じた。近年の派遣切りの議論の中でも再注目された書。岩波現代文庫に採録された同『近代天皇像の形成』もオススメ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろとご紹介いただきありがとうございます。図書館にあるか調べて見ます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/11 23:07

当方、全くの門外漢ですが、日本史は興味があって手持ちの高校参考書などを開いたりする事があります。



「日本文化史研究」(上)(下) 内藤 湖南著 講談社学術文庫

・・・辺りは如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろとご紹介いただきありがとうございます。図書館にあるか調べて見ます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/11 23:08

NHK高校講座の日本史


http://www.nhk.or.jp/kokokoza/
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/index.html
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2008/tv/ni …
世界史、倫理も面白いですよ。
そのとき歴史が動いた
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_list.html
百人一首の秘密
http://www8.plala.or.jp/naomichi/
富山和子「日本の米」中公新書
司馬遼太郎の歴史観
http://www.koubunken.co.jp/0450/0426.html
板倉聖宣(いたくらきよのぶ)歴史の学び方考え方
http://kasetusha.cart.fc2.com/ca27/417/p1-r27-s/
図書館にいって、歴史の本棚をさがしてみる。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろとご紹介いただきありがとうございます。図書館にあるか調べて見ます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/11 23:06

日本史をしたいという時点で、学校の歴史はそこそこ知って、興味があるという前提でお答えします。



興味をもって、おもしろく、意味があるという初心者向けは井沢元彦氏の「逆説の日本史」シリーズでしょうね。

ただ、それで正しいとは思わないでくださいね^^
    • good
    • 2
この回答へのお礼

これ、おもしろそうですね。図書館にもおいてあるので、早速借りてみます。淡々と史実が語られているより、作者の独自の説や歴史観があったほうが、おもしろそうです。勿論、そのまま鵜呑みにはできませんが、そのほうがいろいろ疑問もわくし、調べたりするうちに知識も深まると思います。たいへんありがとうございました。

お礼日時:2009/10/09 01:30

こんにちは!


私は、「地図対照 新日本史年表」(鳥海靖編、三省堂)という本を持っていて、大河ドラマを見ながら調べたり、さらに詳細をWikipediaで調べたりしています。
ですけど、質問者様がお望みなのは文化史ですね。
アマゾンのサイトで調べましたが、「立ち読み」ができる書籍を見つけられませんでした。

しかし、ネットサイトでよければ、ここからたどると、かなりのことがわかりますよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%97%A5% …

ご参考になりましたら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

年表は時間的な流れがわかって便利ですね。高校の頃のもらったものがまだあったと思います。Wikiのサイト、調べるのに重宝しますね。とても有益な情報ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/09 01:25

こんにちは。


私も趣味で日本史を勉強しているものです。

司馬遼太郎さんは読んだことがないので好みにあうかどうかわかりませんが
日本文化を重点に置かれるのでしたら、和歌を研究した本などいかがでしょうか。

オススメは、織田正吉さんの「絢爛たる暗号」

著者は和歌を芸術として鑑賞するのではなく、
和歌を観察するという手法で研究し、
百人一首はクロスワードパズルだったと結論づけています。

鑑賞するのではなく観察するという手法は、なるほどと思わされました。

織田氏の研究に影響を受け、太田明さんと言う人が
「百人一首の魔方陣」という本を著し、百人一首が10次魔方陣になっていることをつきとめておられます。

あと、梅原猛さんの「隠された十字架」
日本文化は怨霊信仰を抜きにしては語れません。
能などはほとんど怨霊の話なのだそうです。
この本で、梅原氏は「聖徳太子は怨霊だった」という説を打ち出しておられます。
発表当時、氏の説は叩かれましたが、
現在ではほぼ認められていると思います。

ただしいずれも古い本なので、本屋にはないかもしれません。
しかし図書館にはあると思います。

歴史を勉強するのは楽しいですね。
ご自身で歴史を研究されるのもいいと思います。
インターネットがあって誰でも多くの情報が簡単に得られるようになりましたから、
そういうことも可能になってきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

怨霊信仰を抜きにしては語れないとは、面白そうなひとつの視点ですね。図書館にもおいてあるようですし、いづれ読んでみたいと思いました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/09 01:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歴史を勉強したいのですが・・・。

30代の女性です。
自分のこどもが小学校、中学校・・と成長していき勉強をしている姿を見るにつけ、私も英語やら中国語や資格試験等は勉強してはいるけれど、学生時代歴史の勉強はずいぶん苦手意識からやってこなかったなぁと、今になって恥ずかしく思います。

学生時代、歴史というと、つまらない年号を覚えるだけなんて先入観があったんです。でも日本史でも世界史でも、勉強することで、現在の世界がどのように作られてきたか、日本と世界のかかわり等を知ることもでき、とても意義のある科目なのですよね。
映画を観るにも、新聞を読むにも、人と話をするにも、歴史の知識は必要です。
学生時代、どうしてこういうことに気がつかなかったんだろう?

30代後半の私が「歴史(日本史・世界史ともに)を勉強したい」と思ったら、どこからスタートしたらよいのでしょうか?小6のこどもの社会科の教科書を読み始めたらいい?小6よりもっと低い学年のからがいいのかな?そして徐々に中学生の教科書・・・という風に?

歴史に詳しい方のアドバイス、お待ちしています。
よろしくご教示願います。

30代の女性です。
自分のこどもが小学校、中学校・・と成長していき勉強をしている姿を見るにつけ、私も英語やら中国語や資格試験等は勉強してはいるけれど、学生時代歴史の勉強はずいぶん苦手意識からやってこなかったなぁと、今になって恥ずかしく思います。

学生時代、歴史というと、つまらない年号を覚えるだけなんて先入観があったんです。でも日本史でも世界史でも、勉強することで、現在の世界がどのように作られてきたか、日本と世界のかかわり等を知ることもでき、とても意義のある科目なのですよ...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね~、みなさんの発言にあるように
「マンガ」→「小説」
で覚えていくのが一番よさそうですね。

マンガで歴史に興味を持てるようになれば、自然と
小説にも入り込めます。
歴史小説を読み漁るようになれば、日本史の流れは
自然と頭の中に入るようになります。

教科書を読むのは、その後でもいいくらいです。

私の場合は
 「三国志  」(横山光輝;マンガ) 小・中学生
 「史記   」(小学生向けの本)  小・中学生
 「項羽と劉邦」(司馬遼太郎;小説) 中学生
 「竜馬がゆく」(司馬遼太郎;小説) 20歳頃
と進んでいき、後は一気呵成に司馬サンの作品と、
他の作家(海音寺潮五郎;池波正太郎など)にハマッて
いきました。

マンガでは、上記の三国志の他に
 ・伊賀の影丸(伊賀のカバ丸ではありません ;^^)
 ・エロイカ (ナポレオン。ベルバラの続きになっている)
ですかね。
それから、下記の方の発言にある
 ・るろうに剣心・花の慶次郎・あさきゆめみし
 ・日出処の天子・天上の虹
もひととうり読んでいます。

「封神演義」については、マンガの方がかなり原作を外れ
ており、当然ながらベースとなった中国史をかなり無視し
ていますので、原作の小説を読んだ方が歴史の勉強にはなる
でしょう。

石ノ森正太郎の「マンガ日本の歴史」が通史という観点で
はよさそうなのですが、あいにく読んでいませんので詳しい
意見は控えます。
それから「ベルバラ」もまだ読んでないですね。読もうか
と思いつつも、ちょっと男性には近づきがたい雰囲気があ
りますので...

おっと大事なのを一つ忘れていました。
 「風雲児たち」 (みなもとたろう;マンガ)
です。コレさえ読めば、江戸時代全般、特に後期から幕末
にかけての歴史はバッチリです。
日本史の教科書なんて目じゃありません。それに読んでいて
とにかく面白いですし。


時代別にまとめると
[大和時代]
 ・日出処の天子(山岸凉子)
[奈良時代]
 ・天上の虹  (里中満智子)
[平安初期]
 ・空海の風景 (司馬遼太郎)
[平安末期~鎌倉幕府成立]
 ・吾妻鏡   (竹宮恵子)
 ・義経    (司馬遼太郎)
[応仁の乱~戦国初期]
 ・箱根の坂  (司馬遼太郎)
[戦国時代]
 ・天と地と  (海音寺潮五郎)
 ・国盗り物語 (司馬遼太郎)
 ・反逆    (遠藤周作)
 ・関ヶ原   (司馬遼太郎)
[江戸時代]
 ・風雲児たち (みなもとたろう)
[幕末]
 ・風雲児たち 幕末編(みなもとたろう)
 ・竜馬がゆく (司馬遼太郎)
[明治時代 中期]
 ・坂の上の雲 (司馬遼太郎)
といったところでしょうか。

そうですね~、みなさんの発言にあるように
「マンガ」→「小説」
で覚えていくのが一番よさそうですね。

マンガで歴史に興味を持てるようになれば、自然と
小説にも入り込めます。
歴史小説を読み漁るようになれば、日本史の流れは
自然と頭の中に入るようになります。

教科書を読むのは、その後でもいいくらいです。

私の場合は
 「三国志  」(横山光輝;マンガ) 小・中学生
 「史記   」(小学生向けの本)  小・中学生
 「項羽と劉邦」(司馬遼太郎;小説) 中学生
 「竜馬が...続きを読む


人気Q&Aランキング