『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

まず、↓の動画は若くて細かった頃のピーター・アーツと
小柄な黒人キックボクサーであるフランク・ロブマンの
試合ですので、もし良かったらご覧ください。


この試合の後半、アーツのハイキックとパンチを
食らったロブマンはダウンしたわけではないのに
なぜか、がっくりと落ち込んだ姿を見せましたよね。
そして結果はアーツの勝ちとなりました。
格闘技素人の私には、まだロブマンは試合ができそうに
見えたのですが、結局、彼はアーツの打撃で戦意喪失して
しまったと捉えても間違いはありませんか?
皆さんからのご意見をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 完全に戦意喪失ですね。

相手に背を向けてコーナーに寄りかかる前の映像でアーツの攻撃が途切れているのにもかかわらずファイティングポーズもとれずクリンチする姿が映っていますね。

 消耗によって体が動かなくなってしまっていたのでしょう。場合によったら酸素不足で気持ち悪くなってしまっているのかもしれません。アーツ選手の力は打ち合っていて分かったでしょうから、この状態で続ければ自分がどのような状態になるかありありと予想できたのでしょう。心が折れた状態というわけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんご回答ありがとうございました

お礼日時:2009/10/09 13:14

4分30秒からのラッシュ、


4分35秒で肩で大きく息を吸い、
ここでスタミナが切れてますね。
腕が上がらないんでしょう。
攻撃もできなければ、
ガードもできない、
試合続行不可ですね。
おまけに右ストレートを
食らってますから
右ストレートによる
KOでしょう。
    • good
    • 0

3分頃までの動きですとロブマンの動きが良さそうに見えますが大振りでかなり体力を消耗します。


完全なスタミナ切れによるものだと思われます。
それ以降は手足を振り回すだけで精一杯で試合にはなっておりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)


人気Q&Aランキング