グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

住宅ローンについて質問です。
ある銀行で物件価格分の本審査が通りました。(まだ契約はしてません)

ですが、急きょ、自己資金が800万円だせる事になり、銀行に伝えたところ、融資金額を減額するならその金額でまた再審査をしなければならないので、時間がかかると言われました。融資金額が増えるなら再審査は納得できるのですか、融資金額が減る場合でも再審査をするのは普通ですか??同じ事をまた調べなおすのですか??

実は、不動産会社とはもう契約を済ませており、今月中に融資をしてもらわないといけない状況で、その事は銀行も知っています。
銀行としては多い金額を貸したいから、時間がかかる事にしているのでは??と思ってしまうのですか・・・(勝手な想像ですが)

銀行には「融資金額を変更するなら・・・時間はかかるが再審査をするか、当初の予定通りの金額で契約をしてから翌月に繰り上げ返済をするかのどちらか」と言われました。もちろん、再審査をしている時間はありません。かといって、翌月に繰り上げ返済するのに16万くらいかかります。

銀行の言う通り、融資金額を減額する場合でも再審査が当たり前ならあきらめて繰り上げ返済にします。本当に時間がないので困っています!!よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは。



 通常は、本審査の後に借り入れ金額が減額するだけなら、申込書の書き直しと保証会社への変更申し込みだけでことたりることだと思います。月末までかかるはずもなく、せいぜい2、3日程度です。

 しかし、その銀行の内部にて融資金額が変更になる場合は再審査を行うとなっているのであれば,それはそれで仕方のないことです。急遽800万を用意できたという事実だけでも、勘ぐることは山ほどありますから・・

ただ、住宅ローンにて、途中で借入金額が減額することなどめずらしくもありませんし、他銀行との競争も激しい昨今、そんな非効率的な審査をしている銀行があるのかと考えてしまいます。それに、本審査を終えている顧客に対し、自己資金の出所の詳細も聞く前に、再審査などという言葉を使うこと自体が顧客への配慮がかけているとしか・・
 若い担当者の機転がきいていないだけということも考えられるので、支店長とはなすことができるのであれば、すんなり解決することも考えられます。

ただ一言繰上げ償還といっても、繰上げ償還にかかる費用の説明は、ちゃんと受けましたか?800万円に対しての利息一か月分はいくらか・800万円分の保証料は繰上償還時全額返還されるのか・繰上償還手数料はかかるのか・抵当権設定費用の負担がいくら増えるのか・・・ローンに関する諸費用ですから銀行には説明する義務があるはずです。

確かに違約金を払うわけにはいきませんが、このまま即繰上償還に決めてしまうのは早計すぎると思います。質問者さまが損をし銀行が得をするだけです。

この回答への補足

銀行によってはそんなに早くできるんですか・・・。
繰り上げ返済についてはまったく説明受けてません・・・まったくというのは言いすぎですけど、繰り上げにかかる手数料の事しか聞いてないです。その銀行は6年経つと繰り上げ返済の手数料がびっくりするくらい安くなるみたいで、6年待ってから繰り上げ返済してはどうかとも言われました!!不動産会社(売主)が全否定してましたが。
今の担当者の言うことだけじゃなくて、支店長とか、上の人と話した方が良いですよね・・・ありがとうございました!!

補足日時:2009/10/11 22:41
    • good
    • 1

減額再審査は、即日承認になるのでは?即日でなくとも、月内実行には十分間に合うでしょう。



その銀行の言うことは、顧客保護の観点から問題ありと思います。
大きい融資金額だと、利払い負担、契約書印紙代、保証料、抵当権設定登記費用など、顧客負担がより重くなりますが、その点について説明はあったのでしょうか?それをわかったうえで再審査を渋るのは、いかがなものか。

この回答への補足

最初の審査で3週間くらいかかったんですけど、再審査するなら同じくらいの時間がかかると言われたんです・・・減額だったら、最初の審査より短くできる可能性があるんですか??
融資金額が安くなったら、利払い負担、契約書印紙代、保証料、抵当権設定登記費用などが安くなるってことですか??利払い負担という用語は初めて聞きましたが、それ以外は説明はあったと思います。今のところ、銀行に払うお金は28万(くらい)らしいです。

補足日時:2009/10/10 15:23
    • good
    • 0

>銀行の言う通り、融資金額を減額する場合でも再審査が当たり前ならあきらめて繰り上げ返済にします。



それで正解です

契約条件の変更は、再審査が必要です
それは、条件が良し悪しの問題で無く
融資の可否は、その支店で判断できないからです
審査の部門を通す必要があるので、当然時間が掛かります
つまり支店の窓口で、訂正印を押せば済むような単純な問題ではないという事です

>実は、不動産会社とはもう契約を済ませており、今月中に融資をしてもらわないといけない状況で

なら相談相手は、不動産屋です
頭金の積み増しをしたいのでと言って、売主にも了解を取ってもらいましょう
そちらの方が現実的な選択だと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりました、繰り上げ返済で頑張ります。審査って厳しいんですね。当たり前ですよね。
書きそびれましたが、不動産会社=売主なんですけど、不動産会社=売主に頭金ができたと言ったら、最初は借入金額を減らすように銀行と調整をとると言われたのですが、やっぱり審査に時間がかかるから無理と言われました。(今月に間に合わなければ違約金が・・・)ありがとうございました!!

お礼日時:2009/10/10 15:15

こんにちは。


融資金額の変更=再審査
増えるとか減るは関係なく、そういう規則になっているのでしょう。
大金を貸すわけですから、審査は慎重にするように、規則を厳格にするのは当然だと思います。

でも、支店長さんとか、もっと上の人と話すと何とかなるのではないでしょうか。
もしくは、可能なら不動産会社の方に、違約金を払ってでも、もう少し待ってもらうように、お願いするとか。

この回答への補足

ありがとうございました!!

補足日時:2009/10/10 14:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

支店長!!そうですよね、今、担当してくれているのは20代前半の人(見た目)なので、その人では判断はできないですよね。不動産会社には、今月中に融資してもらえなければ・・・違約金は用意した自己資金と同じくらいかかると言われてるんですよー。涙

お礼日時:2009/10/10 14:56

その800万円をどこかから盗んできたのかもしれないですから(^_^;


だから再審査なんです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに・・・(笑)言われてみれば、そうですよね。資金の出どころをきちんと言います。ありがとうございました!!

お礼日時:2009/10/10 14:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本審査に落ちました

宜しくお願いします。

住宅ローンの事前審査を通り、
ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、
引越しも決まっていたのですが・・
まさかの審査落ちでした。
落ちた原因ははっきり分からないのですが、
過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。

正直、理解不能です。
10年も昔からの通帳内容を言われても・・・
覚えているものも覚えてないものもあります。
審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、
そんなことも全くありません。
もう他の銀行に行っても無理でしょうか?

現在の住居も出なくてはならないですし、
引越し業者も断らなければいけないし・・
本当に大打撃でした。

Aベストアンサー

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を
全面的に正しいものと仮定しているのです。本審査は事前審査の
内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ
事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。

よく見かけるケースとして、
自己資金の証明ができないことがあります。例えばローン2000万、
自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である
との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、
「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。そうなると(1)に該当し、断られる可能性が出ます。
他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか?
そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している
会社)から借入をしていませんか?
もしこれがあると、これも(1)に該当し、
「現在の借入残高」として申告した内容と違いが
出てくるため、断られる理由になりえます。

最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に
あります。包み隠さず相談してみると良いと思います。
(状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。)

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた...続きを読む

Q住宅ローンの金消契約について教えてください。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信用情報に照会すると履歴が残ると思うんですが、
銀行は仮審査・本審査と信用情報に照会を
入れているんですよね?
その上、また金消契約の際も照会するのでしょうか?

それと、順番がよくわからないのですが
金消契約の際は新住所の住民票や印鑑証明が
必要とありました。
中古住宅の購入なので、今売主が住んでいます。
ちょうど引渡しの前日あたりに引っ越していく
予定らしいのですが、金消契約日(つまり融資実行)
を引渡しの5日ほど前にしたいと売主から連絡が
ありました。どの段階で住民票を写すことに
なるのでしょう?

あと、この金消契約で融資実行となり、
その後はもう銀行に行くことはないですか?
銀行に直接聞けばよいのですが
不動産やさんに任せてるのであまり聞けず・・・。

最後に金消契約の段階で融資不可、となることは
ありますか?それはどんな場合ですか?

色々書いてすみませんが
宜しくお願いいたします。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信...続きを読む

Aベストアンサー

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の出る、ありがたい客」になるので、堂々とした態度で臨みましょう!
※借金しているといって「卑屈」になってはいけません。

金消契約時に新住所の住民票を用意できればベストですが、売主の退去の都合等、社会通念上合理的事由がありそれを銀行に説明し納得していれば、事前の移動は必要はありません。入居後速やかに住所変更すれば良いのです。
※銀行側としては、後での住所変更(通常の住所変更とは異なり、融資取引の住所変更は手順が多い)はメンドーかつリスク(債務者が速やかに住所変更をしてくれない等)が伴うため、金消契約時に新住所になっている方がありがたい。

取引日当日の動きとしては、一般的に買主側の取引銀行(住宅ローンを利用する銀行)で行います。双方の必要書類を確認し、
1.住宅ローンの実行・買主口座への入金
2.買主口座から決済相当額を出金し、売主へ支払い
3.売主が入金確認後、登記手続
となります。これが「取引」です(決済ともいいます)。
買主と売主の取引銀行が異なると、代金決済後の入金確認に時間がかかることも考えられますので、決済は朝一番からはじめた方が良いと思います。

この段階で物件は買主のモノになりますが、実際はその後(一週間程度、この期間については双方合意の上、売買契約書に記載します)売主が退去することになり、不動産屋を通じて「鍵」を受け取ります。これが「引渡し」です。

引渡し後、買主は中古物件の「リフォーム」等をし、速やかに引越しします。同時に役場へ出向き住民票の移動を行います。そして速やかに銀行へ住所変更の届けをします。

リフォームの有無、市外からの転入、売主の転居都合等により、全体のスケジュールは異なりますが、概ね上記のとおりになります。例外のケースもあるので、銀行・不動産屋とよく相談・確認をしてください。

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の...続きを読む

Q住宅ローン。希望額より減額されました。

某信託銀行に仮審査申込の結果、このような結果でした。
希望額より300万の減額です。
どうがんばっても用意できない金額です。
もう住宅取得はあきらめるほかないでしょうか…?

・年収800万(夫単独)
・勤続年数5年弱
・借り入れ希望額は3100万で頭金はなし(35年返済)。
・購入物件は完成済みの新築マンション。

不動産屋さんは別の銀行(地銀など)に再チャレンジしましょうと
言ってくれていますが、主人の年齢(40歳/定年まで20年)と
職業(不動産業/給料の一部に歩合給がある)が原因ではないかと
思っています。

Aベストアンサー

住宅ローン経験者です。

> 借り入れ希望額は3100万で頭金はなし
「頭金」というのは、マンション販売業者と買い主との「代金の支払い」に関することですから、住宅ローンには関係ありませんけれど…。
もしかしたら、「自己資金なし。諸費用も合わせて借り入れ」という意味でしょうか?
諸費用分の借り入れは、お申し込みになられた信託銀行の住宅ローンの「資金使途」に、「諸費用分」も含まれていれば、お申し込みになられても問題はありません。
新築マンションの場合は、100%ローンのお申し込みは特に珍しくもありません。
ですが、その100%は「物件価格」と「査定価格」が「同額」の場合です。
要するに「査定価格の100%ローン」ということです。
「査定価格」以上の額を借りるのならば、それは「オーバーローン」になります。
中には「オーバーローン」という方もいらっしゃいますが、経験談をお話しますと、「いい結果にならなかった方多数」です(はっきり書いてしまえば「返済に行き詰って、マンションを手放すことになったが、売却価格が住宅ローンの残債を『かなり』下回ったので、多額のローンが残ることになり、結果として自己破産以外の道がなかった」ということです)。

信託銀行は、自身が不動産を手掛けていることもあって、担保物件の査定は結構シビアとも聞きます。
今、マンションは「売却」が難しくなっているので、結構「値下げ」されているんですよ。
マンションの「物件価格」はいくらでしょうか?
マンションの場合、売却価格と査定価格では差があることは多いんですが、その信託銀行ではご購入予定のマンションの査定価格を2,700万円程度と見積もった可能性もあります(プラス諸費用分100万円で2,800万円)。
あと、
> 購入物件は完成済みの新築マンション
とのことですが、他の居住者の入居は既に始まっていますか?
ならば、車で言うところの「新古」として査定を出している可能性もあります。

ご質問者さまの場合、年齢は問題になりません。
お申し込みになられた信託銀行の住宅ローンのご利用条件で、「完済時年齢」が「76歳より上」になっていればご利用は可能です。
それに、「借入金額:3,100万円 返済期間:20年(定年まで) 金利:3.20% 元利均等返済 ボーナス返済なし」という条件でシミュレートしてみましたが、毎月の返済額は175,045円になりました。
年間返済額は175,045円×12か月=2,100,540円です。
年間返済額を年収で割って「返済負担率」を算出し、それを住宅ローン審査の1つの基準としますが、「返済負担率」は、2,100,540円÷8,000,000円=26.2%になります。
「返済負担率」26.2%ならば、充分に「返済能力」としては「問題なし」となります。

ですから、私は、ご質問文だけでは「見えない」ところにネックがある可能性があります。
2,800万円ならば融資可能…ということですから、『個人信用情報』にネガティブ情報が登録されている可能性はないでしょう。
ならば、まず考えられるのは「他に借り入れがあるのではないか。」ということです。
他にお借り入れはありませんか?
100万円程度のお借り入れがあれば、2,800万円への減額は「あり」です。
もしくは、クレジットカードのキャッシングやローン機能を利用されているということはありませんか?
あと、クレジットカードの利用の仕方はどうでしょう。
限度額に対する利用割合が高いクレジットカード、利用頻度が高いクレジットカードがあって、その「枠」の合計が100万円くらいならば、2,800万円への減額は「あり」です。

また、「給料の一部に歩合給がある」とのことですが、固定分のみで年収(税込)を計算するといくらになりますか?
固定分のみの年収(税込)が600万円未満ならば、2,800万円への減額は「あり」です。

あと、気になる点としては…。(各ご家庭いろいろな事情があるとは思うのですが…。お気に障られたらごめんなさい。でも、住宅ローン審査では「基本的に」気にするポイントなので。)
年収が800万円あるにも関わらず、「自己資金なし」という点です。
要するに…。
「40歳で、年収が800万円『も』あるのに、全然お金を貯められなかったのか?」と考えるんです。

住宅ローンの審査は、金融機関によって全く異なります。
住宅ローンの審査を複数の金融機関に申し込むことは珍しいことではありません。
他の金融機関では、OKと出るかもしれませんので、チャレンジされるのはよろしいかと思いますよ。
できれば、同時に複数の金融機関に審査を依頼してみられるとよかったのですが(『個人信用情報機関』への「照会記録」に、タイムラグが生じていると、「前のところでNGになったからウチへ申し込んだのか?」ということも考えますので)…。
私が購入したマンションでは、同時に複数の金融機関へ事前審査を依頼していましたよ。

住宅ローン経験者です。

> 借り入れ希望額は3100万で頭金はなし
「頭金」というのは、マンション販売業者と買い主との「代金の支払い」に関することですから、住宅ローンには関係ありませんけれど…。
もしかしたら、「自己資金なし。諸費用も合わせて借り入れ」という意味でしょうか?
諸費用分の借り入れは、お申し込みになられた信託銀行の住宅ローンの「資金使途」に、「諸費用分」も含まれていれば、お申し込みになられても問題はありません。
新築マンションの場合は、100%ローンのお申し込みは...続きを読む

Q住宅ローンの本審査にかかる日数

今銀行で住宅ローンの本審査中です。
不動産屋の担当さんから2-3日で返事が来ると聞きましたが
4日経った今、まだどちらからも結果連絡がありません。
契約書上の ローン審査の返事をもらう期日は昨日でした。
(不動産屋の担当が期日を過ぎても大丈夫と言っている)
契約書上の物件引渡し期日は21日です。
私は元々は時間や約束事はその時までに余裕を持って
済ませてしまう性格なので、正直かなりモヤモヤしています。
今までも担当さんは何を言っても「大丈夫、大丈夫」と
のんびりとした感じで、「まだですか」と聞いても
また「大丈夫」と言われるのが目に見えてるので
こちらで質問させていただきました。

大まかで構わないのですが、銀行の本審査は大体何日位かかるのでしょうか?
仮審査の結果は、丁度一週間で返事が来ました。

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

一般的な流れを申し上げると

気に入った物件が見つかって、住宅ローンを利用して購入する場合は、

(1)事前審査を提出
(2)買付証明を書く、媒介契約を結ぶ
(3)契約日の決定
(4)契約、手付金の授受
(5)住宅ローンの本審査申し込み
(6)審査OKで金消契約(住宅ローン契約)
(7)ローン実行
(8)決済・引渡し

一般的な手順はこんな感じとなります。

(1)と(2)は前後することもあります。
(5)で審査が通らない事があると購入できませんので「ローン特約」をつけます。

(1)は2~5銀行営業日で結果が出ます
(2)~(3)はほぼ1週間程度
(5)も2~5銀行営業日で結果が出ます
(6)は銀行営業日(平日)に銀行に出向いて契約をします(平日休みでない方は、お仕事をお休み又は抜けて頂くことになります)
(7)の審査OKから実行までは1週間から10日間程度必要です
(7)~(8)は間髪を入れずに行われます

本日18日現在が(5)と(6)の間ですよね。
この後に、金消契約を今日もしくは明日行ったとしても
ご質問者様の口座に借入れのお金が入金されるのは早くて大体1週間後ですから。。。
ですから100%間に合わないとお答えさせて頂きました。

担当者から「3~4日で結果が出る」と言うのは間違いではありません。
本審査の申し込みをして結果が出るまでには、上記しましたように2~5銀行営業日です。
金融機関によって多少バラツキがありますし、ご質問者様の資金計画・物件の決定・借入額の決定・金融機関期間の決定その他諸々の事情がハッキリしないと
「仮審査は一週間、本審査は二週間かかる」としか返答のしようがありませんので
他の業者さんの話はひとまず置いておきましょう。


まずは、上記日程を念頭に決済日・引渡日が何時になる予定か確認しましょう。

担当者が何を考えているかチョット理解できませんので。。。

一般的な流れを申し上げると

気に入った物件が見つかって、住宅ローンを利用して購入する場合は、

(1)事前審査を提出
(2)買付証明を書く、媒介契約を結ぶ
(3)契約日の決定
(4)契約、手付金の授受
(5)住宅ローンの本審査申し込み
(6)審査OKで金消契約(住宅ローン契約)
(7)ローン実行
(8)決済・引渡し

一般的な手順はこんな感じとなります。

(1)と(2)は前後することもあります。
(5)で審査が通らない事があると購入できませんので「ローン特約」をつけます。

(1)は2~5銀行営業日で結...続きを読む

Q労金の住宅ローン審査に落ちてしまいました。

建売のマイホーム購入で住宅ローンの審査に落ちてしまいました。

現在夫の年収440万円

建物の価格 2750万円

融資希望金額2750万円

夫の会社は日本の車メーカー、8年勤務。

残債 車のローンが320万円ありますが親の援助で全額返済予定です。

そのほかの残債はありません。

でも、去年PCを購入した際、割賦で購入し、来月1回で支払いは終わります。

後は5年前くらいに夫が車を購入した際、労金のマイカーローン使用しています。
その際、返済が3回くらい滞ってしまった事があるそうです。
(現在この車のローンは返済済みです)

私としてはまさか落ちるとは思っていなかったのでとてもビックリしています。

落ちた原因は教えてもらえないようなので、どこを修正して次の審査に挑めばいいのか
正直わかりません。

落ちた連絡が入った翌日農協の住宅ローンに申請を出しました。
この経緯をお話したところ、落ちる要因が見当たりません、とおっしゃっていました。

そして審査会社?に提出する書類に意見書のような文面を添えて、正確に今の状況を
伝えます、と言っていました。(建物の評価額は若干低いが問題はないとおっしゃってました)

労金の住宅ローン審査は都市銀行、地方銀行と比べると比較的通りやすい印象がありました。

ここの労金は夫の会社とお付き合いがあるので融通してもらえるのかという気持ちもありました。

車の残債も清算する意思もあるし、することも可能、
過去目立った借り入れも無い。

そして今回特に条件付融資、例えば、頭金をもうちょっと入れれば融資可能ですよ、とか、
具体的な融資可能に向けての積極的なアドバイスがありませんでした。

そうすると、何が原因か、考えられますか?

宜しくお願い致します。

建売のマイホーム購入で住宅ローンの審査に落ちてしまいました。

現在夫の年収440万円

建物の価格 2750万円

融資希望金額2750万円

夫の会社は日本の車メーカー、8年勤務。

残債 車のローンが320万円ありますが親の援助で全額返済予定です。

そのほかの残債はありません。

でも、去年PCを購入した際、割賦で購入し、来月1回で支払いは終わります。

後は5年前くらいに夫が車を購入した際、労金のマイカーローン使用しています。
その際、返済が3回くらい滞ってしまった事があるそうです。
(現在この車...続きを読む

Aベストアンサー

住宅ローン審査結果が出るまでにおいて、追加条件さえ提示されなかったと言うことは、全く、審査対象にすらならなかったと推測できます。
融資額と年収にあまりにも開きを感じますし、勤続年数も、あと過去の延滞履歴がまだ生きていると痛感致します。完済されているとしてもです。
それに、自動車ローンを完済できるのであれば、それをまず行ない、完済して半年などが経過した上で、住宅ローンを勤務先に関係しない金融機関において申込みされるべきことです。順序にも疑問を感じます。
さらに、今度は、農協に申込みされたとありますが、農協の場合には、会員になることが条件のようになっておることはご承知の上でのことだと思いますが。
どんな金融機関にしても、住宅を賃貸する場合の仲介業者と同等に過ぎません。あくまで、住宅ローンの場合は、住宅ローン会社が審査判断するのです。

Q頭金の変更?

現在頭金1000万ほど当てて残り2800万円をローンで借りようと思っています。
仮審査→本審査で通ったとして、
引き渡しまでにまだ1年以上あるのでその間も働いてお金をためようと思っているのですが、
当初の予定の頭金1000万円で審査をして通った後に、
更に貯めたお金を頭金として追加する事は出来ますか?
出来るとしたらどの段階まで(本審査の前?引き渡しの前まで?)
に申請すれば出来るのでしょうか。

どうぞ宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

頭金を追加することは望ましいことです。ただ、本審査が承認されているなら、金銭消費貸借契約証書を締結する1ヶ月前には、金融機関宛に申出をすべきです。

プロパー融資の場合は、承認金額以下であれば、減額・期間短縮は簡単にできますが、ローンの場合は(既に2,800万円で認可通知が出ているはずですから)条件変更の審査が必要になります。調達計画が変わるからです。

借入金額が減少するので審査は形式ですが、減額後の承認を得ることになります。頭金の確認が条件です。当該金融機関に預けていれば確認し易いですが、他行にある場合は残高証明を求められる場合もあります。2,800万円の融資をしなければ購入できないはずだったものが、(仮に)2,500万円で足りるのか。調達計画が変わった事情を審査するのです。

減額しても購入が可能だと判断できれば、保証会社は減額後の承認通知書を発行し、保証料も再計算したものを提示します。これでようやく金銭消費貸借契約証書の締結ができることになります。

Q住宅ローンの審査基準と減額融資について

年齢:31歳
年収:330万(勤続5年)
借入希望:2300万

で、JAバンクで審査を出しました。
車のローンや、銀行のフリーローン、ショッピングローンがあることを正直に申告して場合によってはすべて返済できます。
と伝えましたが、担当者からは問題ありませんと回答がありました。

審査回答は自動車ローン等が影響している可能性があるとして融資NG

HMへの契約もありましたので、急いですべてのローンを完済し、完済証明書持参して再審査をお願いしました。
そこでも担当者からは「これで大丈夫ですよ」と安易な回答に少々、不安ではあったのですが…

再審査の結果の連絡があり、1700万であれば融資可能という回答でした。
状況として一歩前進はしたのですが、融資希望額と差があることを聞くと、さらにクレジットカードを持っているなら解約して!と言われました。
クレジットカードも2枚(それぞれ30万づつのキャッシング枠あり)所持していましたが解約して(これ意味無かったんです。キャッシング枠だけ0にすれば良かったと後で知りました。)解約証明書持参して再審査をお願いしました。

すると、再々審査はできないと回答でした。
ちょっと…、クレカ解約しろって言ったのは担当者なんですけど…

JAバンクでの交渉に変化は期待出来ないので、HM紹介での銀行へ改めて審査予定です。

改めてやり直すのは、かまわないのですが今度は大丈夫なのか不安で仕方ありません。
HMの方は融資NGの理由に農家住宅の評価が低いことが影響したのでは?との説明がありました。
年収も一般的よりは低いですし、高額な買い物には大体ローンで購入していた事もあります。

あと、24歳頃にアイフルで100万近く一時借金をしていました。
半年後にはすべて延滞もなくすべて完済しております。

HMの方はJAバンクで融資NGなら他をあたっても難しいけど、クレカも解約してるし、減額での融資OKであれば大丈夫と話してくれていますが…。
消費者金融での取引があった方には厳しいと色んなサイトで見かけます。

これが影響しているのでしょうか?
もし同様な経験をされた方がいらっしゃれば、アドバイス頂ければ幸いです。

年齢:31歳
年収:330万(勤続5年)
借入希望:2300万

で、JAバンクで審査を出しました。
車のローンや、銀行のフリーローン、ショッピングローンがあることを正直に申告して場合によってはすべて返済できます。
と伝えましたが、担当者からは問題ありませんと回答がありました。

審査回答は自動車ローン等が影響している可能性があるとして融資NG

HMへの契約もありましたので、急いですべてのローンを完済し、完済証明書持参して再審査をお願いしました。
そこでも担当者からは「これで大丈夫です...続きを読む

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。
&保証会社に出向して保証審査を経験したこともあります。

経緯から察しますに、おそらく、JAの保証機関が「保証審査NG」としたのではないかと思います。
そして、JAの住宅ローンの融資基準に「指定する保証機関の保証が受けられること」が条件になっているのではないかと。

JA自体で『CIC』や『全情連』に加盟しているところはなかったと思います。
『CIC』や『全情連』に加盟していない以上、JAでは、クレジットカードや消費者金融の利用履歴を把握することはできません。
そして、私も個人融資審査を担当していた時には、保証会社の保証審査基準等は全く知りませんでしたし、保証会社は保証審査NGになった理由を明確には教えてくれませんでした。
ですが、保証会社へ出向して保証審査を担当するときに「保証審査NGの理由は、金融機関へは教えてはいけない。」と言われました。

ですから、JAでの融資審査は問題がなさそうに思われたので「問題ありません」とか安易に言ってしまったのでしょう。
ところが保証機関からの保証審査の回答は「NG」。
保証審査NGの理由を、JAの担当者は知らないので「自動車ローン等が影響している可能性がある」とか、「全部の融資を完済して」とか、「クレジットカードがあるならそれも」というようなことを言ったんだと思います。

でも保証審査の場合、「NG」から「減額ならばOK」となることは少ないので(「OK」になる可能性があるのなら、最初に「○○○○万円までならば」とか「ローンを全て完済して、クレジットカードを何枚解約してくれれば」ということを言うと思います)、もしかしたら、保証機関を利用せず、連帯保証人を立てるなどの条件を付けて「1,700万円までなら融資可」にしたのではないかと…。

別のご質問者さまも「JAでリフォームローンを申し込んで、一旦NGになったので、見積もりを変えて審査を依頼しようとしたら『再審査はできない』と言われた。」とおっしゃっていましたが、そういうこともあるんですね。

> 融資NGの理由に農家住宅の評価が低いことが影響したのでは?との説明がありました。
う~ん。
JAで「農家」関係の評価が低く見られたら、他の金融機関ではもっと難しいのでは?と思ってしまったのですが、このあたりはどうなのでしょう…。

「アイフル」のご利用は24歳の時とのことですから、既に『個人信用情報機関』からご利用の履歴も消えていると思います。
それに「アイフル」は『全情連』にしか加盟していません。
JAやその保証機関が『全情連』に加盟しているということはないと思いますので、「アイフル」の利用履歴が残っていたとしても把握できないと思います。

個人的には「1,700万円までならばOK」となっていることを考えると、『返済負担率』が問題だったのではないかと思います。
他のローンがあった時点ではもちろんのこと、
年齢:31歳
年収:330万(勤続5年)
ですと、2,300万円の借り入れは、審査基準に引っ掛かってきます。
低金利、返済期間35年で計算すればクリアできないこともないのですが、「金融機関が見る標準的な基準」に当てはめますと『返済負担率』が36%を超えていますから…。
年収が400万円未満では、『返済負担率』36%超は「NG」です。
『返済負担率』の基準は、金融機関によって異なりますが、高めに見ているところでも年収400万円未満の場合は「35%まで」だと思います(高めに見ているところで…であって、年収400万円未満の場合は「30%まで」が多いと思います)。

それから、「頭金」というのは、業者との「支払い」の関係で発生するものですから、住宅ローン融資には直接関係してきません。
関係するならば、資金計画のうちの『自己資金』の多寡になります。

最後に、60歳定年として29年後。
その頃、日本の農業の「形態」は今と変わらないんでしょうか?
> 兼業農家なので完済時に退職していても収入は確保できる予定です。(あくまで予定です。それが農家住宅では考慮されると聞いたのですが…)
そのあたりを「JA」ならば見越しているのではないかと思いました。
なお、私が聞いた範囲では、JAで「考慮」してもらえるのは「借入申込者当人が正組合員の場合だけ」とのことでしたが…。(正組合員の家族や准組合員の方が、殆ど考慮されなかったと言っていましたので。)

住宅ローン審査経験者です。
&保証会社に出向して保証審査を経験したこともあります。

経緯から察しますに、おそらく、JAの保証機関が「保証審査NG」としたのではないかと思います。
そして、JAの住宅ローンの融資基準に「指定する保証機関の保証が受けられること」が条件になっているのではないかと。

JA自体で『CIC』や『全情連』に加盟しているところはなかったと思います。
『CIC』や『全情連』に加盟していない以上、JAでは、クレジットカードや消費者金融の利用履歴を把握するこ...続きを読む

Q住宅ローン、事前審査後の借入額減額での本審査

現在住宅ローンの事前審査を進めています。
1銀行から事前審査OKとの連絡を受けました。

親からの贈与があって事前審査の時の借入金額(たとえば2000万円)を
本審査の時に減額した場合(2000→1900万円)、
審査結果に影響ありますか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ありませんよ

逆に増えたなら問題ですが・・・

Q住宅ローンを申し込むのに不動産業者を通す場合と自分で持ち込む場合で

住宅ローンを申し込むのに不動産業者を通す場合と自分で持ち込む場合で
条件や審査などに変わりはあるのでしょうか?

仲介する不動産業者が希望の銀行と付き合いがなく、
業者を通す為には業者と銀行とで手続きが必要のようです。
それには時間がかかる為、それならお客さんが直接持ち込んだらいいと銀行から言われてます。

それぞれメリット、デメリットがあれば教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産屋勤務です@@ノ

ま~結論から言うと、不動産屋が面倒くさいだけです@@;
私達は新築マンションを扱っていますが、付き合いのない銀行でもやりますよ!
理由は簡単で、お客様をしっかり管理したいし、条件が悪ければ、良い提案をしたいから!

今回のケースは割と単純です。
簡単に書きます。


デメリット
・ハッキリ言って面倒臭い
・訳分からない書類の請求が多い
・時間が掛る
・平日しかやってない
・一般的には銀行の支店に持ち込む
・専門知識がない

ざっくりと言いますが・・・一般的に専門部署(住宅ローンセンター)ではない支店に相談すると思いますが、ココはあくまでも企業融資をやっている人が住宅ローンの審査を本店の指示に従って行います。
専門部署はそこだけで完結する権限を持っていますので、融資判断には最悪2日で可否が出ます。
そして専門的な書類を請求され、それを不動産屋にお願いする面倒臭い構図になることと、一番のネックは銀行は平日しかやってないということ!
そして専門部署ではないので、個人向け住宅ローンの審査基準を細かく知らない事が多々あり面倒です。


メリット
・どこでも好きな銀行へ

だけ。



結果的には、金利にしても、手間にしても、不動産業者を通すほうが格段に良い。

一例ですが・・・ネット銀行を使うなら、金利も安いしので、自分でやる価値はあり@@ノ


ただし・・・記載していない裏条件がかなりあるので要注意。
(理由は簡単で、難しい・微妙な内容の人を審査するほどの審査基準がないから。だからネット銀行で素人でもできるので~)

ネット銀行の裏規準書いておきます@@ノ
・年収500万円以上
・勤務先が上場企業又はそれに準ずる会社か公務員
・資本金5000万円以上 従業員数は関係ない
・できれば自己資金は購入物件の10%以上

こんな感じです~
ご参考までに~@@ノ

不動産屋勤務です@@ノ

ま~結論から言うと、不動産屋が面倒くさいだけです@@;
私達は新築マンションを扱っていますが、付き合いのない銀行でもやりますよ!
理由は簡単で、お客様をしっかり管理したいし、条件が悪ければ、良い提案をしたいから!

今回のケースは割と単純です。
簡単に書きます。


デメリット
・ハッキリ言って面倒臭い
・訳分からない書類の請求が多い
・時間が掛る
・平日しかやってない
・一般的には銀行の支店に持ち込む
・専門知識がない

ざっくりと言いますが・・・一般的に専門部...続きを読む

Q審査が通った後でも融資を断られることがありますか?

妹夫婦が中古の住宅を購入することになり先日審査が通ったと喜んでしました。
しかし、よく話を聞いてみると心配になってきました。
義弟は自営業なのですが、銀行に提出した書類では返済率40%で実際の収入から計算すると返済率が50%くらいになるとのことです。
書類に手を加えたようです。
それから、仕事の関係先からの借金や身内・親戚からの借金は、信用情報にのらないからバレないだろうと、自己申告しなかったそうです。
来週末に契約が行われるそうなのですが、審査が通っても正式な契約前に融資を断られることはありますか?
義弟はローンが通って舞い上がっているのか、「表に出ない借金と収入をごまかして審査が通った」と友人に自慢していたそうです。
もし、そんなことを聞いた人から、人づてに銀行にバレたら、融資が取り消しになるのではないかと心配です。
審査が通った後でも、正式な契約前にこのようなことが解ってしまったら、融資を断られることはありますか?
審査が通ってしまえば、多少のことは目をつぶってもらえますか?
とても心配です。

Aベストアンサー

通常の住宅ローンでは
(1)事前審査→(2)売買契約→(3)本審査→(3)金銭消費貸借(借入)契約→(4)決済(実行)
というようなフローになります。
金融機関の取扱基準次第ですが、CCB・CIC等に載るような個人信用情報は(1)の段階では(3)同様に見る一方、収入や売買にかかるエビデンス等は条件がそろわなければ敢えて簡単なものにしておいて(3)の段階できっちりチェックすることもあります。
「審査」が(1)で「契約」が(2)なら(3)の段階ではねられることもありえますが、(3)まで終わった後の話なら(書類上辻褄が合う限り)通常は大丈夫でしょう。
実際の返済は「大丈夫」ではないかもしれませんが…。

>銀行に提出した書類では返済率40%で実際の収入から計算すると返済率が50%くらい
課税証明等に載っている年収で返済率50%なら、金融機関としては(1)の後でいただくことにした課税証明等で新事実判明として(3)の段階で否決とすることもあるでしょう。(1)の事前審査結果通知時に(3)までに課税証明等をくださいと伝えていれば、この点になんらやましいことはありません。
>仕事の関係先からの借金や身内・親戚からの借金
買換予定の旧自宅の謄本にいろいろ抵当権の設定が付いていたりCCB等の正式の個人信用情報機関に載っていたりしなければ判りません。
それより、抵当権を設定する以上ご本人としても返済順位としては住宅ローンを優先されることになり、返済に困ってもまずお取引先やご身内の融通金を後にされることになるでしょう。第一、もとからごまかしがあった以上、金融機関もやすやすと条件変更の相談などできませんし。
金融機関をごまかせたことを誇るというより、お取引先やご身内にリスクを転嫁していることを恥じるべき状況と思われます。

通常の住宅ローンでは
(1)事前審査→(2)売買契約→(3)本審査→(3)金銭消費貸借(借入)契約→(4)決済(実行)
というようなフローになります。
金融機関の取扱基準次第ですが、CCB・CIC等に載るような個人信用情報は(1)の段階では(3)同様に見る一方、収入や売買にかかるエビデンス等は条件がそろわなければ敢えて簡単なものにしておいて(3)の段階できっちりチェックすることもあります。
「審査」が(1)で「契約」が(2)なら(3)の段階ではねられることもありえますが、(3)まで終わった後の話なら(書類上辻褄が合う限り)...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング