痔になりやすい生活習慣とは?

を考えて見たのじゃが・・
多分当時のトヨタのライバルのニッサンやミツビシが
86の対抗車種を出してるはずと思うのじゃよ。
カローラだから対抗車種はサニーやミラージュやランサーのスポーツバージョンのはずじゃ。
教えてくだされ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 ハチロクが新型車として登場し、スラローム競技で大変世話になった(?)世代です。



>86の対抗車種を出してるはずと思うのじゃよ。

 まず、ハッキリさせておきますが、ハチロクは別にオモシロさを追求して販売されたクルマではありません。
 現在のハチロク人気からすると信じられませんが、ハチロクはあくまでも速さを追求して生まれたクルマです。
 ハチロクの前のレビン/トレノであるTE系の遅さときたら・・・スラロームやラリーなどのアマチュア競技を席捲していたトヨタにとって、当時ユーザーが激減しつつあったのはガマンならなかったでしょう。ハチロクは明確に、これらアマチュアレーサーをターゲットに置き発売されました。
 競技を念頭に置き開発されたクルマなど今日では有り得ませんが(ランエボやインプレッサWRXでさえ、ベースの『ファミリーベーシックカー』を競技用に『チューンした』に過ぎませんね)、そぅ言った意味で、ハチロクはすごいマシンだったワケです。

 とゆぅワケで、ライバル車は速さをある程度追求したモノとゆぅ事になり、必ずしもハチロクの様に面白い、とゆぅ事はありません。

 ニッサン: 一応パルサーEXAがそれに相当するのではないかと思いますが(極短期間これでジムカーナに出ていました)、とにかくエンジンがショボく(E15E型エンジンを『イーじゃなくてダメ15型』などと呼んでいました)、ハチロクが出た後は敵になりませんでした。ハチロクより150kgfも軽く、左右荷重移動量を増やすセッティングだとスゴいタックインが出て結構スキなハンドリングでしたが・・・
 尚、RZ-1はパルサーEXAの後で、競技に出ていた記憶はありません。ハチロクとは時代的にオーバーラップしていなかったかもしれません。(記憶がアイマイ・・・)
 Hageoyadi様御指摘の2代目シルビア(とガゼール)は、ハチロクとバッティングしています。RSは5リンクリジッドにNAのFJ20エンジンで『巨大なハチロク』とゆぅ感じがしないでもありません。当時財力があれば欲しかったクルマの1台です。国際ラリーにも、コイツをタタキ台にした240RSが出ていました。
 ただ(当時の基準では)スゴくカッコ悪く非常に高価だったので、台数はそれほど出ていなかった様です。(このカッコ悪さも如何にもニッサン、とゆぅ感じでワタシはスキでしたが。)
 更に、シルビアがハチロクのライバルとするなら、R30スカイラインRSも入りそぅです。

 ホンダ: やはりCR-Xでしょう。最初はDOHCのSiは出ず、OHCの1.5iが戦っていました。
 かなり速いクルマでしたが、当時のスラローム競技ではパワースライドがかけられないと苦しいコース設定が多く、FWD車は不利だと思われていたのでハチロクほどイッキには普及しませんでした。更に、そもそも『自己崩壊する』ホンダ車です。現存数は極めて少ないでしょう。

 ミツビシ: 国内ラリーでハチロクに叩きツブされたのが『ランタボ』=ランサーGSRターボです。国際ラリーの日本車中、最も『使えそうな』マシンでした。
 このクルマはクセのあるターボエンジンを持ち、ハチロク乗りにはなかなかウマく運転出来ないシロモノでした。
 当時かなり売れたと思いますが、自分から土に戻りたがる(A^-^;)ミツビシ車の悲しさ、現存数は余り無い様ですね。

 いすゞ: ジェミニ(PF型)のZZ-R。国内ラリーでランタボと熾烈な争いをクリひろげていたところにハチロクが登場し駆逐された1台です。
 後輪はハチロクやランタボより更に古いトルクチューブ式リジッドのFR車でトラクションゼロ、ハチロクより全てに渡って古さを感じさせるクルマで、速く走らせるにはかなりコツが必要でした。(ワタシはスラローム競技で、時代に逆行してハチロクの後にPFを使いましたが、構造上ハチロクとよく似たマシンなのにその『遅さ』に愕然としました。)
 さすがドイツ車(PFの設計はオペルです)、ハチロクより遥かに古い設計なのにハチロクがグニャグニャに感じるほどの車体剛性でしたが、ウシの様なエンジン(?)とバスの様にグルグル回るハンドル、ABSでも付いてるかの様なロックしないブレーキで、面白いのは確かですが、かなりてこずりました。
 このクルマはランタボ以上に『土に帰りたがる』傾向が強く、現存数はモーレツに少ない様ですね。
 尚、シルビアがハチロクのライバルとするなら、ピアッツァ(JR型)も入りそうです。
 コイツ、ジゥジアーロのオシャレなスタイルでありながら、中身は機関車の様な?PFです。確かホンの一時期、ISCC(いすゞスポーツカークラブ)でラリー車として使われていたんじゃないかと思いますが・・・。

マツダ(当時は東洋工業): ここはRX-7(FCでもFDでもなくSA)ですね。
 RX-7は本来、今ならマツダ・ロードスターに匹敵する様な小型でライトウェイトの、文字通りの『スポーツカー』でした。(ゴージャスで大きく重いFCが出た時の違和感を、今でもハッキリ覚えています。正直なところ、FCなどはリアル・スポーツカーには全く見えませんでした。)
 ただ、横剛性とロールセンタが高い独特のリヤサスはトリッキーで難解なハンドリングを生み出し、ハチロクの様にやたらドリフトするヘタクソでもそれなりに速い、とゆぅレベルではありませんでした。(その難しさも、如何にも『スポーツカー』とゆぅ感じでしたが。)

 ついでにスバル: 信じられないことに、スバルはロクなマシンを持っていませんでした。当時はレオーネRXがショボショボと競技に使われていましたが、余り速い&面白いクルマだったとゆぅ印象はありません。

 ついでにトヨタ: トヨタはハチロク以外にも、小さいのから大きいのまで、ステキなラインナップでした。
 後にTTE(F1やってるチーム・トヨタ・ヨーロッパ)社長に就任するオベ・アンダーソン(WRCクラスのスーパードライバーの一人ですね)がツール・ド・コルスのコースを攻める『悪魔のハシゴ段』TV・CMで有名なKP61スターレット(当然FR)、遂にリヤが独立サスとなったセリカ(これもFR)、ハンドリングに於いて世界一の技術を持つロータス社社長、コリン・チャプマンがCMに登場するセリカXX(勿論FR)などなど、当時のトヨタはハンドリングやコーナリングといった性能を前面に押し出したFR車が多かったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!こんなに詳しく!
loftybridge様は神様ですじゃ!
CRXやエクサなどなど子供の頃の思い出が蘇り
井上揚水の夏休みが聴こえてきそうですじゃ。
満点ですぞい。

お礼日時:2003/05/01 05:37

ちょっと混ぜてください(笑)



AE-86が登場した時まで、TE-62に乗っておりました。
名機2TGといえど、53排ガス規制で牙を抜かれてしまい、
115psから110psまでパワーダウンとなり、その後登場する
日産パルサーなどの140psにまで置いて行かれる始末・・・

悔しさのあまり私はついに「禁断の2Lチューン」を断行・・・
一気に175psまでパワーアップ、入念にバランスを取ったおかげで
まるでクォーターマルチのバイクエンジン!

登場当時の4AGは空ぶかしでレッドゾーンまで、1.9秒と
言われておりましたが、なんの!我入魂のエンジンは
1.6秒を切る勢いを手に入れておりました(笑)

トータルで掛かった費用を合わせれば、なんと初代の
ソアラが新車で買えてしまった・・・・(大恥)

890kgの車体に175psのエンジンなので、軽自動車に
ホンダのVTECを積んだようなもの!
面白くないはずがありませんね。雨が降ろうものなら
発進で少しでもアクセルを多く開けたとたん、後輪は
簡単に空転してしまう始末でした(大笑)

そんな危うさの中で、しかし間違いなく確実に、運転という
操作の難しさを、覚えていくことが出来たと思っております。

スポーツカーとは、絶対的な速度などではなく、
反応速度なのだということを、教えてくれた一台でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!旧車ファンが多くて感激ですじゃ!
大感謝ですぞ!
しかし過激で面白そうな愛車ですじゃな!
890kの車体に175ps!
ソアラ以上の値段でも悔いなしですぞ!
もう車界の「ラオウ」ですじゃな!
ワシも昔の車買ってメチャクチャいじりたくなってきましたぞ!
旧車最高。

お礼日時:2003/05/04 06:04

ココよんでたら、なんか懐かしい気分になってきちゃいます。



俺が、小さい頃に親父が大事に乗ってたブルーバード。
P510 1600CC 緑色 いろんな部品がボロボロとれるのをみて、母と一緒に笑ってた思い出が・・・

当時は(昭和54年前後かな?)近所のくるまと見比べて、「うちのは、古いなー」
と思ってました。今、思い出すとアレはかっこいい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お教え感謝ですぞ!
おお!ブルーバードは大好きですじゃ。
なつかしいですなぁ・・・
ハッハッハツ・・・
パーツがボロボロ取れるとはチキチキマシーンのような車ですじゃな!
確かに86より楽しいですじゃ!

お礼日時:2003/05/03 05:25

あいやーやっちまった。

恥ずかしい^^;^^;^^;

FFの話が出てたんで、パルサーVZ-Rの事をGTI-Rと
勘違いしたまま書いてしまいました。すいません。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハッハッハツ
気になさらんで下され!

お礼日時:2003/05/03 05:46

じゃあ私も^^;



ワンダーシビック。初めて見た時は、フロントのスプリングが無いのには驚きましたね。金属シャフトをねじってスプリングの代わりにするとは。。※新車の時から車内でもキシキシ、ミシミシと音がして、"こりゃワンダーだわ。"とは思いました(汗

ラリーで弱いのは、確かに"自己崩壊"の事と、ワンダーから現在の"ほぼWウィッシュボーン"型のサスまで含め、レースには向くが、ストロークも無く、また低μ路中心のラリーでは、重心の低さが逆に災いとなり、操安性の妥協点を模索しにくい点などがありますね。ノーマルでも乗った瞬間こりゃラリーはダメだなって、すぐ分かりますからね。

トヨタは、スポーツでの自社製品の優秀さを啓蒙する気持ちとは別に、常に合理性や端々に至る利益の追求を怠りない、"優秀な会社"ですから、スポーツタイプの車であっても然りです。

2TGエンジンは、その前12Tや13Tと言ったOHVの1600や1800エンジンのヘッドモディファイだし、18RGなどは、2トントラックに載せていた21Rエンジンのやっぱりツインカムヘッドだし、ツインプラグの3TGTエンジンは、12Tが2TGになったように13T(1800cc)ベース。それと、Gの付くのはみーんなヤマハ設計(例外ありましたっけ?)の筈。

時代の趨勢と、合理性を考えるとすぐにFXに以降したのは当然の成り行きだったんでしょうね。※FXの時はもうTOSCOではありません。
ただFFが行けるかどうかは、サスとタイヤが追従できるかにかかっていた訳ですが、FFの時はもう結構行けてて、プロダクションレースレベルではすぐに86のタイムはマーク出来てたんですよね。

ただ、このFXから私の知ってるトヨタFFで一番新しい111まで、発展型とは言え、全て"ストラット形状"であり、ノーマルからプロダクションレースレベルでも、ターンイン時、タイヤのキャンバー角が"閉じる"方向にモーメントがかかるようなイメージは共通しています。グループAでの92や101などは、ロアアームなどの支点位置まで変更していますので、これには当てはまりませんが。

私はどちらかと言えば古い人間なのでアンチホンダ^^;なのですが、トヨタFF勢に対し、コーナーでキャンバーがかかる方向にモーメントがかかる、タイヤの軸より下を押すようなイメージのホンダの特性に出会い、これはあまり改造しないクラスでのレースや峠ではかなりホンダ優位だなとワンダーシビック以来、思っている事です。逆にトヨタはラリー系では強いだろうな、と。ある意味、これはメーカーが、その方向性がかち合わないように、意図した、とも考えられます。

余談ですが、パルサーGTI-Rとの出会いは、まだ製品化する前、Tサーキットにおいて、ボディーをマスキングして独特の音を発しているテスト走行をしていた時です。車の形のディテールは勿論分からないようにしてましたが、後ろがストンとしていて、短いワゴンのような形の車が聞いた事の無い、甲高い音を発していました。

ヤマハエンジンとも、ホンダエンジンとも異なる音。その頃もう既に噂もありましたので、日産のツインカムかな、って思いました。ただ、エンジンの音もいいし、市販車としてそれなりに加速もしていたのですが、コーナーでの姿勢と言うか、ダンロップ下で見ていたのですが、悪く言えばトヨタ系の動きで、更に鈍いような。。市販までには更なるチューニングがされているとは思っても、やはり設計ベースでの"みつごの魂"まではチューニング出来ませんからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!このお方も凄い知識で感謝ですぞ!
パルサーGTI懐かしいです
近所で乗ってたお兄さんがおって、小さい車なのに2百50万もするとのことでビックリしたもんですじゃ。
当時のスカイラインでも230万位じゃった覚えが・・
FX!今もし売ってたら乗って見たい1台ですじゃな。

お礼日時:2003/05/03 05:45

 前回の回答が色々と反響(?)を呼んでしまった様ですが(〃⌒ー⌒〃)、ちょっと訂正&追加です。



1.シルビア/ガゼール
 RSがあったのは3代目、でした。2代目シルビアは、ケンメリとチェリークーペを足して2で割った様なヤツ、ですね。

2.DOHCのワンダーシビックは、アマチュアレベルではハチロクと完全にはオーバーラップしていなかったと思います。
 まずDOHCはワンダーシビック系が発表されたずっと後に追加されましたし(故に当時のスラローム競技でのCR-Xは、OHCの1.5iが多かったと記憶しています)、『自己崩壊』で有名?なホンダ車です。ラリーでは全く使えませんし、ジムカーナでも1台しかクルマが持てない底辺?の層では、CR-Xやシビックをメインとするにはかなり勇気が要りました。(正直なところ・・・あのシビック/CR-Xは、『売り物のレベルに達していない』とさえ思いました・・・)

3.ハチロクの素性

>言い方は悪いですが、たまたま素性の良い
>車ができて、それがチューナのツボにはまって
>ブレークしただけかと思っていました。

 歴代レビン/トレノ(TE27~71)はどれもバツグンの素性を持ち、カンタンなサスのチューンだけで競技に耐えるモノでした。
 が、ハチロクの前のTE71・・・デビューした頃はすごいクルマだったんですが(なにより当時の水準ではカッコよかった)、晩年はエンジンがダメダメで(あの銘機2T-G!ですが、排ガス装置が付いてからはスッカリ牛エンジンになっていました)、スラロームやラリーでは急速に『ナナイチ離れ』が起こっていました。
 この当時、トヨタは小型クラスの全面FF化を目論んでおり、当時の最量販車型であるカローラ/スプリンターのFF化は、商売上どうしても避けられない状態でした。
 がしかし、トヨタはアマチュア・モータースポーツ界に対し何か手を打つ必要があり、結果、カローラ/スプリンターブランド中、レビン/トレノだけはセダン系(FF)とは全く別の構造(FR)でモデルチェンジしました。
 それがAE85/86です。
 この『同じ車名で2本立て』は、既にFR用のサス/駆動系部品があったから出来た芸当ですが(サスペンションや駆動系の部品はナナイチと共通)、同じ車名のラインナップの中でスポーティモデルだけゼンゼン違う構造とするとは、今のトヨタ、に限らず今の日本の自動車メーカでは全く考えられない事です。

 この、『中身ナナイチ』のハチロクは、当然サスのセッティングデータもかなりナナイチと共用出来、新型車発表とほぼ同時に、ビシッと決まった競技用サスキットが出回りました。
 これは正に『売れない方がおかしぃ』と言える企画と言えるでしょう。後にニッサンが、ラリーフィールドへの復活をかけて発表した“和製ランチア・デルタ”パルサーGT-IRが、結局サスが決まらずハンドリングがメロメロだったのとは好対照です。

 ついでにその後のことなど。
 アマチュアレーサーをある程度意識していたトヨタが我々を見捨てたのは、後にFFのカローラFXが発表された瞬間のトスコ(当時はもぅTRDだったかも)の動きで判ります。
 FXが出た瞬間、彼等の『セミワークスマシン』もFXに変更され、FF車のチューニングデータ収集を開始しました。
 この時点でハチロクユーザーは『次期レビン/トレノはFFだ』と観念しましたが・・・それでもCR-Xの様なFF車が出てくれるなら、との一縷の望みも空しく、発表されたのはミニ・ソアラの様なAE92・・・クルマの事などマルで判ってない?自動車雑誌の編集者や評論家は、こぞって『FFだからハチロクより速い』などとワケの判らん論説を繰り広げてトヨタを擁護しましたが、仲間内のハチロク乗りは例外無く全員絶望したのを今でもハッキリ覚えています。(仲間内の何人かは、ハチロクの終焉と共にアマチュアモータースポーツ界から消えました・・・)

 当時MR2という後輪駆動車はありましたが、それはFXに対しあまりに重くNAでは使い物にならんシロモノでしたし、そもそもどこもかしこも狭すぎて、若い衆が1台で競技もデートも引越しも全てまかなえるマシンではありませんでした。

 もしAE92や101がFRだったら・・・若い世代のウケという面に於いて、今日の様にホンダに『してやられる』事は無かったのではないかと思いますし、峠がシルビア(S13)で溢れ返る事も無かったかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おお!再度登場の車の神様じゃな!
大感謝ですぞ!
ワシの子供の頃にもガゼールという車が在りました!
確かボンネットに大きな鳥のカッティングシートが張られておりましたな!
懐かしすぎて涙があふれますじゃ!
92レビン!
スタイルは大好きですじゃ!

お礼日時:2003/05/03 05:32

こんばんは。



>86の対抗車種
レースではツーリングカー選手権のワンダーシビックが印象に残っています。

>ハチロクは明確に、これらアマチュアレーサーをターゲットに置き発売されました。

これは、知りませんでした。
言い方は悪いですが、たまたま素性の良い車ができて、それがチューナのツボにはまってブレークしただけかと思っていました。

では。

参考URL:http://www.honda.co.jp/collection-hall/4rrace/18 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!ワンダーシビックですな!
これもいい車でした
懐かしいです。
感謝しますぞ。

お礼日時:2003/05/02 05:07

kinguitagakiさんごめん。

loftybridgeさんの話があまりに自分の時代とドンピシャで、書かずにおれませんでしたのだ。

今でも知り合い筋とかは、86もその前のTE27も"トモエのピストン"(爆 とか使って弄くり倒した奴乗ってます。彼の自慢はTRDの前のTOSCO純正オイルパン(マニア垂涎?

皆86好きでしたねぇ。私は足を締めてもサスストロークのある状態の86が酷くいやで、ショートのオイルダンパーとかの仕様で、プロダクションレベルのサスチューンだと、印象が180度変わって、動きがリニアで非常に乗りやすかったですね。邪道ですけど、シルビアのSRエンジンのフレッシュマンで使ってたエンジンその物を点火系だけマーチのWチャージャーのECUでコントロールしたのとか載せたりしてました。レブリミッターは一応9000rpmにして。。。

KP61スターレットに、TS時代のパーツ組み込んだ5Kエンジン入れたり、4AG載せたり。4AGはノーズヘビーで、すんごいドアンダーになりましたけど(笑

パルサーEXAは、仲間内では"ヘクサ"なんて呼ばれてましたね。日産ごめん。m(__)m

シルビアのRS。>(このカッコ悪さも如何にもニッサン、とゆぅ感じでワタシはスキでしたが。)
よーく分かります。私日産党のおっさんなので。
240RSのホモロゲモデルは大抵、台湾経由で輸入されてたんですよね。外車ディーラーが一台入れたので見に行きましたけど、あのいかつい角バーフェンはなんとも良かったぁ。。

初代ランタボ。いつもの三菱の事ながら回りませんでしたね、これは。5500rpmがいいところ。トルクで乗る車でした。その後、ヨーロッパで発表されたオレンジのサイドラインの入ったEX2000ターボはカッコ良かった。どっかり開いたバンパーから見えるインタークーラーが、HKSのカタログみたいで。それからあっと言う間に2000ライクなエアロだの、ドラミラーだのが雑誌賑わせてました。そうそう、WRCに出てたランサーって、ドラミラーが運転席側一個で、これがまた流行って、整備不良切られて。。(泣

>このクルマはクセのあるターボエンジンを持ち、ハチロク乗りにはなかなかウマく運転出来ないシロモノでした。
まさに。ハンドリングが重鈍で、回転の上がらないエンジンとくれば、そこそこハンドリングが軽快で、トルク無いけど、上が回る86と比べ、ドライビングスタイルは別物でした。ランサーはミッションタッチも"ゴニュッ"って感じでしたね。

ジェミニZZこれも印象のある車ですね。よく峠で全日本ラリーでチャンプ経験もある○田さんが乗って来てました。
>ウシの様なエンジン(?)とバスの様にグルグル回るハンドル
お国は違っても表現は同じようで、自分達もエンジン牛みたいで、ハンドリングはフォークリフトかって。(爆

でも剛性感は86に比べると十分あったし、上は回らなくて、途中からいきなりトルクがドロップする傾向ではあったけど、トルク感があるので、ラリーでは強かった。クロスミッションは必須でしたね。

>ピアッツァ。ISCC(いすゞスポーツカークラブ)でラリー車として使われていたんじゃないかと思いますが・・・。
使ってました。ISCCからどうかは覚えてませんが、117も出てましたよね。

RX-7。SAのデビューは強烈でした。イメージモデルがグリーンだったから"カエル"って呼んでましたね。口の悪い人は"プアマンズポルシェ"なんて。これ知人が当時キャブターボにした奴をまだ持ってます。今もエンジン掛けてるのかなぁ。。。

足は超トリッキー。後輪荷重が足りない事と、ショックの追従性が悪い事が主要な原因と思います。知人のは、ノーマルのデフが"粉砕骨折"してしまったので、L型スカGのプロペラ改造とデフ入れてました。ビルシュタインのショックと50KGのバラスト積んだら、かなりリアが落ち着きました。デフマワリのブッシュとかのタワミが大き過ぎて、ターンインした瞬間、デフの力が伝わらないと言うのもありますね。これはFCやFDも含めてそうですが。デフケースからアームが伸びてブッシュに固定されるので、タワミの変動域が余計に"増幅"されるのにも一因があると思われます。

スバルは、初代レガシーが出るまでは、耐久性と堅実さだけが取り柄って感じでしたね。清水和夫さんとか、スバルで地道にやっておられました。レオーネRXのデフとか、最初のレガシーと全く同じでしたね。エンジンも少しづつヘッド中心に手が入って、今は設計寸法以外は別物みたいな感じですけど、最初のレガシーはレオーネレガシーみたいな感じでした。

あいやぁとりとめも無く書いてしまいました。(~_~;)
当時ワイワイやってた仲間も車から離れたのもいるし、某車雑誌でコメント書いてるのもいるし、現役でレースやってて結構有名なのもいるし、スラロームでもメーカーワークスでチャンプ取って、カレンダーに載って喜んでたのもいるし。。やっぱり車やバイクから離れられないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!懐かしい車名が続々登場でワシもうれし泣きですぞ!
大感謝です。
スバルは大昔は360で軽レースをしてたようですがその後しなくなりました。
イスズの117とかジェミニやピアッツア!などなどもう懐かしい車名で・・・
昔はSSSブルも速かったですなぁ

お礼日時:2003/05/02 05:17

みんな忘れた「日産RZ-1」は外観が似ているのじゃがじゃが~!。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!感謝いたしますぞ。
RZ1!安くてかっこいい奴ですじゃ。

お礼日時:2003/05/01 05:29

2代目のシルビア。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!なつかしい。
感謝ですぞ。
確か1.6もありました。

お礼日時:2003/05/01 05:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング