痔になりやすい生活習慣とは?

北が核兵器の保有を認め、また日本がテポドンの射程内にあるという現状は、いつ核を搭載したテポドンが現実の脅威になるかわからない状況になってきたと思います。核ではないにせよ生物化学兵器搭載のノドン、テポドンはすでに配備されているのでしょうから。
こうした事態に対応する我が国の自衛隊の防衛能力はいったいどの程度のものなのでしょうか?
常々中国や韓国、北朝鮮あたりから「日本軍国主義の脅威」?を非難、喧伝され、また予算規模から見たらかなりのものとは思いますが、仮に北が日本にミサイルを発射すると恫喝してきたら、あるいは発射する兆候を察知したら、日本には発射基地を先制攻撃する能力はあるのでしょうか?
航空自衛隊の攻撃機の航続距離は?また対地攻撃能力は?(爆撃照準器は今でも装備していない?)
海上自衛隊の艦対地ミサイルの射程距離、精度は?
はたまた陸上自衛隊の空挺団の攻撃力は?
また、飛躍しますが、宇宙開発事業団のH-IIAロケットをミサイルに転用することは出来ないのか?
・・・等々、最近とても気になります。
憲法上の制約で先制攻撃はできない(わたしはそうは思いませんが)、日米安保で防衛はアメリカにまかせるなどという話は抜きにして、現実の自衛隊の防衛能力について軍事に詳しい方のご教示をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 蛇足ながら追加です。



》爆撃照準器は今でも装備していない?

 これはかつての F-4EJ の事ですね。この機体は爆撃照準用のコンピューターを装備していませんでした。現在ではすべての機体のコンピューターとレーダーに改良が施され、爆撃照準能力が復活しています。

》H-IIAロケットをミサイルに転用

 H-IIA は液体燃料ですので発射準備に時間がかかります。「テポドンの発射の兆候を察知してからの先制攻撃」には間に合わないと思われます。
 また静止衛星を軌道に投入できる打ち上げ能力は、弾道ミサイルとして使うには大きすぎます。近所のスーパーに買い物に行くのに新幹線を使うようなものです。
 もし弾道ミサイルを純国産で開発するのであれば、H-IIA の「補助ブースター」をベースにするべきでしょう。あれなら固体燃料ロケットですし、中距離弾道ミサイルには十分な推力があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい補足説明をありがとうございます。
やはり、独立国家として日本はノドンやテポドンへの先制攻撃力を保有すべきだと感じます。

お礼日時:2003/05/06 10:33

その辺り全く詳しくないのですが、この間の報道では戦闘機は持っているが


それに配備するミサイルはないなど、珠の入っていない拳銃のようなものと
聞きました。

それから、これは私のすごく単純な発想での話なのですが、仮に軍備を持って
いたとしても、シミュレーションしか経験のない軍隊や書籍だけでしか戦争を
しらない政治家がほんとうに戦争をできるのでしょうか。
日本がもし戦争に巻き込まれていくような事があったら、本当に泥沼化して
他国の縦にされて終わりになるとしか想像できないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

> シミュレーションしか経験のない軍隊や書籍だけでしか戦争を
>しらない政治家がほんとうに戦争をできるのでしょうか。

う~ん、考えさせられます。
このままでいいんですか?

お礼日時:2003/05/06 10:31

 現状では自衛隊に、北朝鮮のミサイル基地を先制攻撃する能力は事実上ありません。

まず航続距離の問題です。自衛隊の保有する対地攻撃能力を持つ航空機は、F-1・F-2・F-4EJ・F-15J等ですが、これらはすべて北朝鮮を爆撃して戻ってくるだけの航続能力を持っていません。

 昨年度の予算でようやく空中給油機の導入に予算が付きましたが、実際に配備され運用できる状態になるにはまだ数年かかります。ですが給油機が運用できてもF-1とF-4EJには受油装置がないため、空中給油を受ける事ができません。F-2はまだ配備数が少なく、F-15Jの爆撃用FCSは簡易的なものです。

 海上自衛隊の艦艇には対地ミサイルは装備されていません(対艦・対空ミサイルのみです)。もちろん巡航ミサイルもいっさい保有していません。

 陸上自衛隊の空挺能力ですが、現在保有しているC-1輸送機の航続距離は短く、しかも空中給油を受ける機能がありません。

 日本の自衛隊は専守防衛に特化した、世界でも例を見ない軍隊です。渡洋侵攻能力をいっさい持たないよう、きわめて念入りに調整されています。北朝鮮に対する先制攻撃能力を獲得するのは、政治的な縛りがいっさい無くなったとしても容易ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
日本の防衛力は対北朝鮮で見た場合、ほんとにお寒い限りなんですねえ。

お礼日時:2003/05/06 10:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Qアメリカの北朝鮮への先制攻撃の可能性は?

アメリカはブッシュ政権時、フセイン政権のイラクに対し、アメリカに対する脅威が高まっているとして、イラクに先制攻撃を仕掛けました。北朝鮮の核、ミサイル開発はアメリカが攻撃目標であると、はっきり言っている以上、アメリカの北朝鮮に対する先制攻撃はありうるのでしょうか。一連の北朝鮮の暴走を見る限り、脅威は当時のイラク以上に高まっていると思うのですが。

Aベストアンサー

>アメリカの北朝鮮への先制攻撃の可能性は?

    ↓
ifを言い出せば限がないと思いますが・・・可能性は極端に低い。
それは、国連の安保理での賛同が得れず、単独で実施するには、国際社会からの批判が有り、米国民の中にも異論が有って、大統領が迅速果断な判断や攻撃命令をするには、余りにリスクが多過ぎるからです。

※危険性

◇現実的に切迫した状況が偵察衛星や外交関係で確認されたら先制打撃を行う可能性はあると思います。

◇かって、2度ほど、実際に検討されたが周辺の同盟国や駐留米軍への影響から実施されず、対話による事態の改善に努めた。

◇しかし、援助やIAEA国際査察,原子力発電所建設への資金や技術援助による緊張関係の緩和を実施しても、核開発の禁止や平和利用に専念と言う改善や根本解決には至らず、逆に時間を与え、他のテロ国家や反米国家との間で技術の交流や転嫁が行なわれたという苦い思いが米国にはある。


※実施しないポイント

◇中国・ロシアの国境を接する国(北朝鮮の友好国)が反対

◇同じく米国の友好国(韓国・日本)が近隣にあり、自暴自棄に成った北朝鮮の攻撃目標にさらされ、攻撃や反撃、施設の破壊に伴う放射能被害が甚大な影響を及ぼす。

◇在日・在韓米軍への反撃と米国人への影響が危惧される。

◇そんな中で、米国単独での軍事行動は行えず、攻撃するには日本・韓国の同意が不可欠、さらには中国・ロシアへの通告程度は必要だろうが、その同意を得る事は非常に難しい。

>アメリカの北朝鮮への先制攻撃の可能性は?

    ↓
ifを言い出せば限がないと思いますが・・・可能性は極端に低い。
それは、国連の安保理での賛同が得れず、単独で実施するには、国際社会からの批判が有り、米国民の中にも異論が有って、大統領が迅速果断な判断や攻撃命令をするには、余りにリスクが多過ぎるからです。

※危険性

◇現実的に切迫した状況が偵察衛星や外交関係で確認されたら先制打撃を行う可能性はあると思います。

◇かって、2度ほど、実際に検討されたが周辺の同盟国や駐留米軍への影...続きを読む


人気Q&Aランキング