日本の民族って何種類ぐらい存在するのですか。
ご存知の方お教えください。

A 回答 (3件)

質問の趣旨は〔日本国には複数の民族がいますか〕だと理解します。

民族とは共通の文化(言葉や伝統、習俗など)を共有するグループを指す言葉です。従って答えは二つあります。

1)日本国には現在日本民族と数十万人の朝鮮民族、少数のアイヌ民族が住んでい  る。
2)古代日本には大和民族を中心にアイヌ、隼人、熊襲など多数の少数民族が住ん  でいた。(琉球は古代日本に含めないのが普通でしょう)

沖縄の人々を現在も民族と見るのは無理があるような気がします。一方、アイヌは
少数とはいえ固有の文化を守る人々がいて、政府も法律でアイヌ文化振興を図っているので民族と呼べると思います。朝鮮民族は問題なく日本にも住む朝鮮半島出身の民族です。

ご存知だと思いますが、民族は国家、国民、人種とは異質の分類の仕方です。ひとつの国に多数の民族がいたり、ひとつの民族が多数の国、地域にまたがって居住するのはごく当たり前のことです。
    • good
    • 0

ミトコンドリアDNAの分類というのがあります。

DNA自体は人類として差はないそうです。ミトコンドリアDNAで分けると、うろ覚えですが、朝鮮系、中国・大陸系、縄文人系、弥生人系、アイヌ系、5種混合系にわかれるそうです。チョウセン、中国系のミトコンドリアDNAを持っている人が50%近く居るんじゃなかったかな。
また、今東光和尚が面白いことを言っていて、「日本民族とか言って、どの年代からのことを言ってんだよ。古代いろんなところからやってきた人が国造りをやって今があるんだから、民族って言うならこの国土に住んでいる人が日本民族でいいんじゃないのか」みたいなことを言ってました。確かに彼くらい歴史に造詣があるとそうとでも思いたくなると思います。
    • good
    • 0

大雑把には純血度の高い「琉球民族」、「アイヌ民族」と純血度の低い「その他」だと思います。


細かく言うと隼人族(鹿児島県)だけでも「大隅隼人」、「薩摩隼人」に別れちゃいますし…。
血統で分けるか地域で分けるかによっても変わるでしょうし、民族の線引きってものすごく曖昧だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「アイヌ民族」は存在しないので「アイヌ差別」も存在しないのでは?

「アイヌ民族」は存在しないので「アイヌ差別」も存在しないのでは?

日本は単一民族国家です。
以前、「北海道ウタリ協会」が「北海道アイヌ協会」に改名して、
少しだけ話題になりましたが、現在日本には「アイヌ民族」なる
民族は存在していなく、この団体とはアイヌ民族の子孫の人達による
趣味のサークルの様なものらしいです。
なお、ここでは詳しく書きませんが、この団体に所属していると
生活上の色々な特典を受けられる制度もあるみたいです。

彼らは日常生活においては、日本語を話し日本食を食べて、日本の
学校を卒業した完全なる「日本人」と言えます。

ちなみに私は札幌市の者です。
この「アイヌ民族」存在に対し、道外の方々はまるで在日韓国人の
ような存在に考えているような節を感じますが、何か違うような気が
します。
アイヌは主に白老・平取・阿寒等に古くからの集落を有しておりますが、
それは大阪市における鶴橋の韓国人街のような地域とはちょっと違います。
ちなみに札幌市に「アイヌ居住区」はありません。
(聞いた事ないので多分無いでしょう)
あと、私は札幌生まれ札幌育ちですが、アイヌだと言う人を見た事が
ありません。

また、「アイヌ差別」というものも存在しません。
例えば、知り合いが「実は俺…韓国人なんだ」と言うのと
「実は俺…アイヌなんだ」と言うのでは受け止め方が全く異なります。
「韓国人」である事に対しては色々と思う事もあるかと思われますが、
アイヌにである事をカミングアウトしても特に何も無いでしょう。
アイヌは徒党を組んで悪行を働いたりはしませんし、
パチンコ屋等の一部の産業を牛耳っていたりもしません。

ですから、むやみやたらにアイヌに対して、「かわいそうな民族」として
見るべきではありません。
仮に学校や職場で「アイヌに対する差別がある」と言う人がいれば、
それはその人がアイヌである事以外の問題であると考えられるため、
それは民族問題ではなく、別次元として教育問題・労働問題として
考えるべきでしょう。

アイヌ語を日常的に流暢に話す事の出来るactive speaker は絶滅しました。
したがって、この日本には「アイヌ民族」は存在していないというのが私の
見解です。
アイヌ民族はウィルタ民族同様、既に絶滅した民族だと言えるでしょう。

「アイヌ民族」なる民族は存在しません。
ゆえに「アイヌ差別」もありません。
異論はありますか?

「アイヌ民族」は存在しないので「アイヌ差別」も存在しないのでは?

日本は単一民族国家です。
以前、「北海道ウタリ協会」が「北海道アイヌ協会」に改名して、
少しだけ話題になりましたが、現在日本には「アイヌ民族」なる
民族は存在していなく、この団体とはアイヌ民族の子孫の人達による
趣味のサークルの様なものらしいです。
なお、ここでは詳しく書きませんが、この団体に所属していると
生活上の色々な特典を受けられる制度もあるみたいです。

彼らは日常生活においては、日本語を話し日本食を食べて...続きを読む

Aベストアンサー

日本は単一民族国家です。>>>>
 日本は天皇制の国です。倭国から日本国と称するようになったころ、倭国王から天皇を称するようになったようですが、この天皇という称号は中国の皇帝と同格の称号と考えたようです。
 
 中国の皇帝は例えば高句麗王や新羅王や百済王を従えている。だから、王の上の皇帝を称するのであり、日本の天皇も異民族の熊襲や隼人(南九州)や蝦夷(東北)の国々を従えているので、皇帝と同格の天皇を称するという理屈です。
 この時代の日本は、中国や朝鮮に向かい『日本は多民族国家であることを宣言』したのです。現在は、平安期に加えて北方四島及び北海道と琉球王朝の支配していた地域まで併合していますので、更に多民族国家になっています。

 つまり、日本の天皇制の根拠は多民族を束ねたことにあるのですね。仮に日本が単一民族だとすると、日本王で良いことになります。それでは日本史が変わってしまいますね(御承知のように隣国韓国の大衆と多くのマスコミが『天皇陛下』のことを『日王』と呼んでいます。私はどちらかというと左翼ですが、日本の歴史を考える時、このような日本と現在の天皇を落としめる無礼で非礼なことは、国として絶対許すべきではなく、大変腹立たしいことだと思います)。

  
日本語を話し日本食を食べて、日本の学校を卒業した完全なる「日本人」と言えます。>>>>
 質問者の方がおっしゃっている日本語というのは「標準語」のことですね。標準語は明治時代に定められた『作られた新しい言葉』で、日本には標準語と同じ言語はありませんでした。私は沖縄返還後間もないころ沖縄旅行に行きましたが、地元の人同士の会話はまったく聞き取れませんでした。
 
 学者によると、沖縄方言は琉球語として独立させても良いそうです。実は地方にある方言というのが、「地域の共通語」であり本来の日本語なのですね。それら地方の共通語の集合体が日本語で、その日本語の祖語は縄文語とされています。
 その縄文人と北海道アイヌの遺伝子は似ているらしいから面白いのです。


 和食の【塩鮭】は周辺国に先立ち東日本の縄文人が保存食として作っていましたが、西日本の縄文人は知りませんでした。当時の朝鮮半島の人は知りませんでした。
 日本食も地域料理の集合体だったのでしょう。長屋王の木簡や延喜式等に書かれている山海の珍味は全国から集められていますね。

  まあ、完全なる「日本人」なる概念が、過去存在しないということがお分かりになったと思いますが、アイルランド系アメリカ人という言葉があるように、アイヌ系日本人という言葉があっても良いと思いますよ。アイヌ民族も大きく4つに分けることが出来るそうですが、内地の人とは違うグループであり、民俗(民族ではない)も違いますから、差別なしで、違いを認める方が良いでしょう。
 以上が私の異論です。長々ととりとめのないご返事になり申し訳ありませんでした。

++++++余談ですが・・+++++++
百済(天皇家のご先祖ですよ)>>>>>>このことですかね。・・・武寧王:没年523年・・・その子孫は約250年間以上の長きにわたり日本人として暮らし、日本人と結婚を重ねた末に、桓武天皇の生母「日本人である高野朝臣新笠」が生まれたということはありますが、百済が『天皇家』のご先祖という根拠は、マッタクないでしょう。藤原氏が天皇家のご先祖といわれると私はちょっと異和感を抱くのですが、それと同じですね。

日本は単一民族国家です。>>>>
 日本は天皇制の国です。倭国から日本国と称するようになったころ、倭国王から天皇を称するようになったようですが、この天皇という称号は中国の皇帝と同格の称号と考えたようです。
 
 中国の皇帝は例えば高句麗王や新羅王や百済王を従えている。だから、王の上の皇帝を称するのであり、日本の天皇も異民族の熊襲や隼人(南九州)や蝦夷(東北)の国々を従えているので、皇帝と同格の天皇を称するという理屈です。
 この時代の日本は、中国や朝鮮に向かい『日本は多民族国家で...続きを読む

Qえみしは日本民族か?アイヌ民族か?

古代の東北地方の住人をえみし(蝦夷)といい、アイヌのことはえぞ(蝦夷)というと思っているのですが、同じ漢字を使って居て、ややこしくなっています。
えみしがアイヌ人のことだとすると、東北人のルーツはアイヌと言うことになります。
えみしが日本民族の一部だったとすると、東北人のルーツは、本州全体と同一民族だった、と言えますので、えみしが日本人だったか、アイヌ人だったか?は、東北人のルーツを考える上で重要だと思われます。

この問題は、えみしが日本語を使って居たか?どうかで決められると思いますが、現在の研究ではどうなっているのでしょうか?
藤原三代の平泉文化をみると、私にはこれは日本民族の文化だと思われます。

藤原氏が日本語を使って居たか?ということを、残っている文書資料で判定できないのでしょうか?

こういう考え方全体のどこかに間違いはあるでしょうか?

Aベストアンサー

NO.5 です。お礼文と共に補足がありましたのでお答えします。
前回回答にも記しました通り、縄文文化とそれに続く弥生文化は、明らかに異質の文化です。
縄文人が先住民族、弥生人が大陸ないしは半島からの、戦闘に長けた渡来民族と考えています。
学者先生が藤原氏のミイラを鑑定した頃には、文化人類学と形質人類学の区別が曖昧で、文化や形質の違いが人種の違いと考えられていました。
今日では、「現生人類はアフリカ発の共通の祖先に由来し、人種は皆同じ」と考えられています。
大和の文化と、蝦夷若しくはアイヌの文化とは懸け離れていますが、それは弥生時代以降に、大陸側の文化をもたらした渡来人が、大和に拠点を置いて関西一帯に支配権を広げた・・・つまり、先住民を征服若しくは追い出した結果であろうと思われます。記紀にも大和勢力が多くの異族を制圧した旨記述されており、征服された側が土蜘蛛とかクマソとか呼ばれています。鬼に纏わる伝説も、多くは大和勢力に敵対若しくは抵抗した先住民であり、その人達は、蝦夷やアイヌに繋がる存在と理解出来ます。
島根県にウップルイという地名が「十六島」の表記で現存し、その他の地名からも、アイヌや蝦夷の名残がが窺われ、先住民は広く分布していたと思われます。
昨年の新聞報道で、日本人の先祖は大陸渡来を中心に、北方系と南方系の三系統からなる旨、遺伝子解析から認められたとのことでした。
今日では、日本の文化(大和朝廷に繋がる文化)の下で暮らす列島の住人が日本人であり、アイヌはアイヌ文化を継承する北海道の先住民と認められています。
明治の「土民保護法」が改正された経緯なども、お調べになって下さい。
ご質問の「蝦夷はアイヌか日本民族か」については、限りなくアイヌに近いと考えています。

NO.5 です。お礼文と共に補足がありましたのでお答えします。
前回回答にも記しました通り、縄文文化とそれに続く弥生文化は、明らかに異質の文化です。
縄文人が先住民族、弥生人が大陸ないしは半島からの、戦闘に長けた渡来民族と考えています。
学者先生が藤原氏のミイラを鑑定した頃には、文化人類学と形質人類学の区別が曖昧で、文化や形質の違いが人種の違いと考えられていました。
今日では、「現生人類はアフリカ発の共通の祖先に由来し、人種は皆同じ」と考えられています。
大和の文化と、蝦夷若しくは...続きを読む

Q任那は存在した???                       (日本側の任那存在説VS韓国側の任那非存在説)

日本側の主張
「宋書」「広開土王碑」「日本書紀」が証明する任那』


1、「宋書」
次の中国南北朝時代の「宋書」から倭の五王についての官位・爵位の記録を見て下さい。

421年 讃 叙爵
438年 珍 安東将軍・倭国王
443年 済 安東将軍・倭国王
451年 済 安東将軍・使持節・都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国諸軍事
462年 興 安東将軍
478年 武 安東大将軍・倭国王・使持節・都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国諸軍事

451年の倭王済及び478年の倭王武の記述に「任那」の文字があります。
当時、任那という地域が存在し、その「軍事」(当時の中国の官職)に「倭王」が任命されていたことを証明しています。

2、「広開土王碑」
広開土王碑には次のような記述も見られる。
曰く「大軍をもって新羅城を奪還すると、撤退する倭兵の背後から任那加羅まで急追していった」

3、「日本書紀」
日本書紀には、当時の倭国は朝鮮半島に大規模な軍事力を駐屯させており、任那日本府というのはその駐屯地などを兼ねた日本の朝鮮半島における拠点であった。
その後、百済・新羅などによって任那は軍事的圧力を受け続け、紀元562年に任那は新羅に滅ぼされています。(日本書紀、欽明天皇二十三年)


韓国側の主張

1、日本書紀の記述に関して「任那日本府を通じて、日本へ朝鮮半島からの文化が伝わった(要約)」ことが書かれているが、この中の「日本へ朝鮮半島から文化が伝わった」と言う部分だけを引用し、その前提となる「任那日本府」については虚偽であるとしている。

2、また、広開土王碑についても、旧日本軍の改竄説を主張して、論拠を否定している。

3、韓国では「宋書」から倭の五王についての官位・爵位の記録を認めていない。



任那は存在したと思いますか?

日本側の主張
「宋書」「広開土王碑」「日本書紀」が証明する任那』


1、「宋書」
次の中国南北朝時代の「宋書」から倭の五王についての官位・爵位の記録を見て下さい。

421年 讃 叙爵
438年 珍 安東将軍・倭国王
443年 済 安東将軍・倭国王
451年 済 安東将軍・使持節・都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国諸軍事
462年 興 安東将軍
478年 武 安東大将軍・倭国王・使持節・都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国諸軍事

451年の倭王済及び478年の倭王武の記...続きを読む

Aベストアンサー

宋書を見ても、任那が存在したのは確実です。いかに実態を伴わない称号とは言え、ありもしない国名を付けるわけはないですからね。

また任那がどこだったのかも、宋書を見ればわかります。倭王珍は、自ら「使持節都督・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事安東太将軍倭国王」と称していました。それに対して、百済からも朝貢を受けていた宋は、次の倭王済に対して「使持節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東将軍」の称号を与えます。百済をはずすが、加羅を加えて同じ六国の王にするから我慢しろ、という訳です。

珍は既に実態の存在しなかった秦韓・慕韓を加えてまで国の数を水増ししていましたから、任那と加羅が全く別物なら、当然加羅も加えて「七国諸軍事安東将軍」を自称したはずです(実際、済の次の武はそうしています)。

これは、珍が任那=加羅と考えていたからに他なりません。任那は、加羅諸国連合の中心部分(おそらくは大伽耶+金官伽耶)を指す言葉だったのです。

ただ、任那「日本府」が実在したとは考えられません。宋書に書かれている通り、当時の正式な国名は「倭」であり「日本」ではなかったからです(日本という国名が正式に用いられるのは、天武天皇の時代以降です)。

宋書を見ても、任那が存在したのは確実です。いかに実態を伴わない称号とは言え、ありもしない国名を付けるわけはないですからね。

また任那がどこだったのかも、宋書を見ればわかります。倭王珍は、自ら「使持節都督・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事安東太将軍倭国王」と称していました。それに対して、百済からも朝貢を受けていた宋は、次の倭王済に対して「使持節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東将軍」の称号を与えます。百済をはずすが、加羅を加えて同じ六国の王にするから我...続きを読む

Q日本の少数民族って何?

社会科で日本ではアイヌ民族のみが
少数民族として認められていると習いました。
ところで他に少数民族っているんですか?

Aベストアンサー

ここ(参考URL)が参考になるかな

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%B0%91%E6%97%8F%E5%95%8F%E9%A1%8C

Q日本人は農耕民族で、欧米人は狩猟民族?

「日本人は農耕民族で、欧米人は狩猟民族」と良くいわれますよね?

何故なのでしょうか?
日本人だって縄文時代は、狩猟採集生活だったでしょうし、
欧米人だって、何時からなのかは、詳しく知りませんが、農業が食料調達のメインになったと思います。

何故、「日本人は農耕民族で、欧米人は狩猟民族」とメディアで良く語られるのでしょうか?

外国でも、「〇〇は農耕民族で、欧米人は狩猟民族」という言い方がされる事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

ある目的のために農耕民族的特質と狩猟民族的特質を
となえた人がいたと思われます。文字通り、民族の特質を分かりやすく説明するためであり、日本人対欧米人を対比するために考案された説ではないはずです。
一部の評論家、政治家、軍人などが自説を展開するために拡大解釈して利用したのでしょう。最後に俗説となって一般大衆に広がったものと考えます。

よく血液型(4種類)で人の性格を判断します(日本人)が農耕民、狩猟民は地球上の人類を二種類にするので血液型以上に便利です。

地球の風土を「モンスーン」「砂漠」「牧場」の三つに類型化して説明した学者がいました。日本から中近東を通り、ヨーロッパに至るルートを観察すればこの
三つの類型化で地域の特色とそこに住む人々の特徴が
説明しやすいからです。しかし、飛行機の時代を経て宇宙から地球を観察できる時代になれば古い学説になってしまいます。

欧米人と日本人を比較するとき、便宜的に農耕民・狩猟民説を利用する人は健在です。血液型に似ています。あたらないケースは除外し、当たるケースのみを対象とするから一見正しい理論のように見えます。

農耕民族(日本人)    狩猟民族(欧米人)
短い脚          長い脚
集団志向(共同作業)   個人志向(獲物の分配)
定住           移動
2拍子(鳥ー2本足)   4拍子(4足獣)
別れを重視        出会いを重視

ある目的のために農耕民族的特質と狩猟民族的特質を
となえた人がいたと思われます。文字通り、民族の特質を分かりやすく説明するためであり、日本人対欧米人を対比するために考案された説ではないはずです。
一部の評論家、政治家、軍人などが自説を展開するために拡大解釈して利用したのでしょう。最後に俗説となって一般大衆に広がったものと考えます。

よく血液型(4種類)で人の性格を判断します(日本人)が農耕民、狩猟民は地球上の人類を二種類にするので血液型以上に便利です。

地球の風土を「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報