【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

電場による力:qE=(0,qEy,0)と磁場による力:qv*B=(qvy*Bz,-qvx*Bz,0)とがちょうどつり合うとき:qE+qv*B=0となると、質点は等速直線運動し、その速度は初速度v(0)に等しくなる。つまり:v(0)=(vx(0),0,0)です。質点がx軸に平行に等速直線運動するための条件を求めてください。
という問題なのですが、それぞれの成分で運動方程式をたて、加速度が0になるようにしたのですが自信がありません。 どなたかわかる方がいらっしゃったら教えてください。

A 回答 (3件)

qE+qv*B=0



これが,加速度0の運動方程式ですから,これを成分ごとに書き下ろせばいいわけです。

qv_yB_z = 0
qE_y-qv_xB_z=0

第1式はv_y=0により自動的に成立し,条件は第2式

E_y = v_xB_z

となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました。ありがとうございます!

お礼日時:2009/10/12 21:46

なんか勘違いしていたみたいで、間違えました。


すみません。
    • good
    • 0

Ey=0かつBz=0.


または
q=0.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q粘性率がある斜面上の小球の運動

図のように球が抵抗を受けながら斜面を転がるときの 最終到達速度がv(∞)=mgsinθ/6πηr (質量m[kg],粘性率η[Ns/m2],球の半径r[m])と表せるとき、小球の速度が最終到達速度の99.99%になるときの時間tがt=0.4886m/ηr[秒]になると書いてあるのですがtの証明がわかりません。どなたかわかる人がいましたらご教授ください。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この物体の運動方程式はdv/dt=gsinθ-λv/m
変数分離して1/(gsinθ-λv/m)dv=dt
積分してt=-m/λ・log(gsinθ-λv/m)+c
gsinθ=λv(∞)/mなので
t=-m/λ・log(λ(v(∞)-v)/m)+c
ここでv=ゼロであるときとv=0.9999v(∞)である時の時間の差を求めると
-m/λ・(log(λ*10^-4*v(∞)/m)-log(λ*v(∞)/m))=-m/λ・log(10^-4)
     ≒9.21m/(6πηr)
     ≒0.4886m/ηr

Qこの反応機構がわかりません

コレステロールと無水酢酸を用い、コレステリルアセテートを合成しました。
が、どのように反応するのか反応機構がわかりません。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コレステロールと無水酢酸以外に何を加えているかによって反応機構は違います。
普通はピリジンなどを加えるでしょうが、要は無水酢酸によるエステル化です。反応機構は基本的なものですので、有機化学の教科書に出てきます。アルコールあるいはアルコキシドがアセチル基のカルボニル炭素を求核攻撃するということです。
この反応は酸触媒でも進むでしょうが、その場合には反応機構は少し違ってきます。また、添加物があればそれによって違ってくることもあります。

Q等加速度直線運動をする荷電粒子が作る電磁波について

 
真空中を1[C]の電荷をもつ半径1mの球状荷電粒子が1m/s^2の等加速度直線運動をしているとき、この荷電粒子が周囲に作る電磁波について質問します。

1.この荷電粒子がある時刻tにおいて作る電磁波はどのような空間的広がりをもちますか。
この電磁波は平面波ですか球面波ですか。

2.この電磁波の周波数は何ヘルツですか。

3.この電磁波の波動方程式はどのようなものになりますか。
 

Aベストアンサー

質問が発散しつつありますね・・・具体的な数値を出して計算することで理解できる(あるいは数値を出さねば理解できない)ことがあるのであれば、それを明示する方がより良い答えが得られるような気がします。

私よりも上手に答えてくださる方がおられることを期待しつつ、私は答えの背景にあるものがどのようなものであるかを示してみます。

加速度運動する荷電粒子からの電磁波については、例えば参考URLに書かれているような計算を行います。
方程式等、たっぷり書かれていますよ。1の空間的拡がりは 式(45) が答えです。

参考URL:http://www.g-munu.t.u-tokyo.ac.jp/mio/note/elemag/liwi.pdf

Q一様磁場に一様な電場が加わった時の荷電粒子の運動について

一様磁場に一様電場が加わった時の荷電粒子の運動について調べていて、
色々検索した結果、次のようなピッタリのホームページが見つかったのですが、チョット分からないことがあります。

http://www.geo.titech.ac.jp/lab/nagai/sdoi/jissyu/jissyu3/index3-2.htm

xとyの解にV0が含まれていているのですが、例えば、y方向の初速度は0で、
x方向の初速度がuの場合、どのように代入すればいいのでしょうか?

また、私の持っているテキストでは
「x方向の初速度がuがu=E/Bの場合、電子の軌跡は単純なものとなる。」
とあるのですが、その図がなんと省略されているのです。どのような図になるのでしょうか?

また、
「このような図(省略されているにもかかわらず)になる理由を定性的に考えよ。」
という問題もあるのですが、どうなるのでしょうか?

長々とした文になってしまい、すいません。
分かる方がいらっしゃれば、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 言葉で要点をお話します。

 荷電粒子は、磁場の中で静止しているとすると、磁場からの力は受けません。磁場は、電流に対してだけ、フレミングの左手3指の法則(またはローレンツ力)により、磁場の中にいる限り、親指方向に力を受け続けます。
 この問題は、電線内の電流でなく、単独荷電粒子が、初速度uで飛ぶ、または動く、または流れる電流の問題になります。
 このとき、速度の大きさが電流の大きさになる事を意識してください。電流は1秒間に通過する荷電粒子の数ですから、スピードが大きいことは、流量が多い事=電流が大きい事だからです。磁場から受ける力を計算する時に必要です。

 参考ーー「磁場」は物理学用語、電気工学では「磁界」  を使います。共にmagnetic field の訳です。

 1.磁場に平行な電流には、磁場は電流に力を及ぼさない。ローレンツ力=フレミングの左手法則は当てはめられないからです。このことも意識しておきましょう。
 
 したがって、答えはおのずと出てきます。

 2. 荷電粒子が磁界の中にいて、磁場の方向=または磁力線の林、を直角に流れる限り、同じ力を受け続けるので、円を描く事になります。但しスピードが変わらない=電流の大きさが変わらない場合。もし、途中で粒子のスピードが落ちると、電流が小さくなる事だから、受ける力は弱くなリ、円にはならず、ゆがんだ軌跡になります。


  
 2. もし、荷電粒子が斜めに横切った場合は、直角に横切る成分で、円を描きますが、この場合は磁場に平行に動いている成分がありますから、2つ合成すると、螺旋=英語でスパイラル、を描きます。

 以上は、定性的理論です。
 定量的とは、数値計算して量をはっきりさせることを言います。

 結論 一様な電場と言う事は、一定の電圧=一定の電位傾度=一定の電界強度を加える事を遠まわしに表現じたもの。したがって、一定の速度で流れる事を表していて、この場合、初速度uがその価です。

 
 もし、一様な磁場の方向=磁界の方向が、一様な電場=電界と平行になっていて、交差していないとすると、荷電粒子の電流は磁場を横切りませんから。直進したままになります。
 もし、磁界と直角に交差しているなら、円運動。
 もし、斜め交差なら、螺旋運動。
となります。
そうは思いませんか。   以上。
 

 言葉で要点をお話します。

 荷電粒子は、磁場の中で静止しているとすると、磁場からの力は受けません。磁場は、電流に対してだけ、フレミングの左手3指の法則(またはローレンツ力)により、磁場の中にいる限り、親指方向に力を受け続けます。
 この問題は、電線内の電流でなく、単独荷電粒子が、初速度uで飛ぶ、または動く、または流れる電流の問題になります。
 このとき、速度の大きさが電流の大きさになる事を意識してください。電流は1秒間に通過する荷電粒子の数ですから、スピードが大きいこと...続きを読む

Q等速直線運動する電子は電磁波をつくるの?

電子が加速度運動をすると
電磁波(シンクロトロン放射や制動放射など)を放出すると
講義で習いました。

しかし等速直線運動する電子も
電磁波を放出するのではないでしょうか?

マクスウェル方程式(ファラデーの法則)は
電場(磁場)の時間変化は回転する磁場(電場)を
つくり、この連鎖が電磁波として伝播するんですよね?

真空中を等速直線運動する電子は、
軌道の周辺に電場の変化をつくるのではないのでしょうか?

講義中は馬鹿にされそうで質問できなかったので
よろしくお願いします。
参考になる書籍も教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

この問題を理解するには言葉の数学的定義が必要ですが、あえてそれをせずに答えたいと思います。

通常、電磁波というときにはクーロン場ではなく、エネルギー移動を伴う電場磁場のことです。その意味では等速直線運動しても電磁波はでません。加速度が必要です。 sprさんが気にしているのはクーロン場の変移ですよね。これは存在していますし、その意味では場が伝播していますが、これにはエネルギーの流れが伴いません。等速直線運動する電子を見る人からはただただクーロン場が近づいてきたと感じるだけです。

動く電子から放出される電磁場の表式を本で確認してください。電磁波といったときには電磁場の成分の一部で加速度に比例した項で、これは電磁場に関して1/r
の振る舞いをしています。一方クーロン場のほうは電磁場にして1/r^2 の項でこれは加速度を含まない項です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング