『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

武豊騎手が”乗れてない”と感じるのですがどうでしょうか。
安藤騎手みたいに最多勝は捨てて(騎乗数をしぼり)
1鞍を大事に選び乗るという時期にきてるのでしょうか。
大きなケガも結構やって身体にガタもきてるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まだ終わりって感じじゃないと思いますが・・・


少しは”衰え”って言うのはあるとおもいます・・・。

個人的には衰えよりもエージェントさんの馬の選び方が
どうなんだろうかって感じがするんですが・・・
年間150勝以上楽に勝ってたころは、
同条件で勝てそうな馬を2つ以上の厩舎から依頼された場合
登録の締め切りギリギリまで引っ張って決めていたらしいですから・・・
乗ってもらえなかった厩舎は当然反感を持つと思います。
もっと前に決めてくれればまだ動けますからね・・・

あと、岩田Jが加入して、これまでのようにダントツで
リーディングになれなくなってきたところへ”地方競馬の至宝”
内田さんが加入してきたわけで・・・
所属のトレセンは違いますが、重賞レベルだったら
乗る馬選べるような余裕がなくなってきてるとは思います。

スプリンターズSで、サンダルフォンに乗れるよう接触していた
ようですが、断られてますからね・・・
そこまで来てるのかってビックリしましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いい馬が確保しにくいんですね。
安藤氏はうまくやってますね

お礼日時:2009/10/12 21:06

全国リーディング2位の騎手に対して「もう終わり」って


言葉は当てはまらないと思いますが…。

まぁ成績を見れば分かるように全盛期に比べたら
衰えたのかもしれない。
ただまだまだ「この馬をもってくるかぁ」と思わせる騎乗も
多いので終わっては無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしょうか。「この馬をもってくるかぁ」と思わせる騎乗も
多いようには全くみえませんが。

お礼日時:2009/10/12 21:04

名選手(プロスポーツ)は少し成績が悪くなるとかなり悪いように見られがちです。



武豊騎手は、それでも今年の勝率は、0.181
三連率は、0.442です。
(10/10終了後)

昨年の勝率、0.219。最高(2002年)0.291
に比べれば数値は悪いですが、まだまだがんばているのでは

たしかに自分が乗りたい馬(またはレース)だけ乗るようにすれば
率はあがると思いますが、競馬界ではやっていけなくなる可能性もあります。
それらのバランスも考えて騎乗していると思われます。

馬券的には取捨選択が難しいかもしれませんが、競馬界の宝です。
暖かく見守ってあげましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

彼のファンなのでリーディング逆転してほしいです。

お礼日時:2009/10/12 21:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!