質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

NS-1のCDIを交換して高回転型にしようと思うのですが、CDIというのは一体どこに付いているのでしょうか?(CDIはスピードメーターのことではないですよね?(・。・))

また、自分のバイクは中古でかったのでリミッターカットはされているようです。
この場合CDIを変える意味はあるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

僕はNSRの経験しかないですが、シート下のあたりにないですか?



リミッターカットされているならCDIがすでに変わってる可能性もありますね。リミッターカットだけされてる可能性もありますが。

リミッターカットだけの場合、CDIを替えると点火の特性が変わるので、より高回転が伸びると思います。また、各社、各製品によっても特性は変わると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お二方、わかりやすいご説明ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/13 23:46

>>また、自分のバイクは中古でかったのでリミッターカットはされているようです。


この場合CDIを変える意味はあるのでしょうか?

リミッターカットはされているなら既にC.D.I は社外品に交換されている可能性があります。

NS-1の取り付け位置はテールランプの手前辺りです。テールカウルを外して確認してみて下さい。純正は黒いプラスチックで社外であれば青などの色つきが多いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNS-1のアイドリング調整について

こんにちは。
今日友人のNS-1を見てきたのですが、エンジンをかけて5秒くらいするとアイドリングが安定せずにすぐに切れてしまいます。
一度キックでエンジンをかけ、アクセルを空けて2000回転前後にしておくと丁度良さそうな感じでした。その後手を離すとやはりダラダラと回転が落ちて切れてしまいます。
この場合アイドリング調整が必要だと思うのですが、ホンダのサイトに行っても説明書が無かったので、どうすれば良いのか分かりません。
どこかで解説しているサイトがありましたら、もしくはやり方を教えてください。

Aベストアンサー

他人様のHPの勝手な拝借ですが、ご参考に 
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/9589/

一般的な話ですが、アイドリングの調整は次となります。
エンジン暖機後にアイドリングしている状態で、
1.エアスクリューを目いっぱいねじ込んでから1回転半ほど緩める。
2.アイドリング調整ネジで適切な回転にアイドリング回転にあわせる。
3.エアスクリューを回して、アイドリング回転がもっとも高くなるようにする。
4.上記2~3の繰り返し。⇒ アイドリングが安定する事を確認する。

但し、上記調整はエンジンやキャブレターに問題が無いことが前提です。 ある程度走行したり時間がたったバイクや不調になっているエンジンの場合、調整の前にオーバーホール…と言うか、清掃(キャブ&エンジン内部)が先でしょう。

2スト原付なら簡単に分解出来るので、分解清掃がてっとり早いですが・・・ケミカルスプレーもより簡単で効果が有ります。
キャブレタークリーナーとか、エンジンコンディショナーと言う、キャブレターに直接吹き込むケミカルスプレーがお薦めです。
 
あと、あくまでエンジンが温まった後の話です。 エンジン始動直後のエンジンが温まる前の状態は、チョークの状態や操作の仕方など別の話になりますョ。

他人様のHPの勝手な拝借ですが、ご参考に 
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/9589/

一般的な話ですが、アイドリングの調整は次となります。
エンジン暖機後にアイドリングしている状態で、
1.エアスクリューを目いっぱいねじ込んでから1回転半ほど緩める。
2.アイドリング調整ネジで適切な回転にアイドリング回転にあわせる。
3.エアスクリューを回して、アイドリング回転がもっとも高くなるようにする。
4.上記2~3の繰り返し。⇒ アイドリングが安定する事を確認する。

但し、上記調整...続きを読む

QNS-1のエンジンがかからない

この間もキャブの件で質問させて頂いたばかり
なのですが、またしても困っております。
今度はエンジンがかからないのです。
昨日バイク屋さんでキャブのセッティングを
してもらったときには問題なくかかりました。
しかし、今日の朝急にかからなくなり
50回近くキックしても駄目でした。
押しがけも駄目でした。
仕方なく
10%の坂道で押しがけし、ようやくかかりました。
それで安心し今日一日乗っていました。
が、
先ほど2時間ほど食事をして戻ったら
またかからなくなっていました。
友人に迎えに来てもらいましたが
通勤はそうはいきません。あと5時間で
なんとかしなければなりません。
こんな時間では誰も見てはくれないとは思いますが
自信がなくても結構です。
かもしれないでも結構です。
どなたかお願いします。

ちなみに自分では気温が高いとかかるような感じがします。バイク屋さんに持っていったときも暖かかったような気もします。今日途中でコンビニに寄ったりした時もキック1発でかかりました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

あらもうキャブセッティングして貰ったのですね^^
さて起きていらっしゃるかわかりませんが・・・アドバイス(酔っ払ってますので 解りにくいかもしれません^^;)
寒冷時に始動性が悪いわけですね?もしかしたらエンジン始動方法間違っていませんかね?

寒冷時の始動方法、まずチョークを目一杯引く。次にアクセルあおらず(開けずに)キックをする。
この状態で普通に掛かり、しばらく暖気しチョーク戻してアイドリング安定するなら成功です。
また稀に、(チョーク引いた状態で)エンジンが掛かっても一秒も持たずに切れる事があります。その場合は一旦キックを止め。チョークを戻して下さい。それからアクセルを半分程開けて(全開でも良い)でキックしてみて下さい。恐らく一発で掛かります。

始動直後多少かぶり気味の場合は(モーモーモォ-・・・みたいな)、アクセルを軽くづつ開けては戻し(止まりそうなら戻す)を繰り返し噴け切る程度まで回転を上げましょう。

【キック時の注意点】チョーク引いたら=アクセルは開けない
チョーク引かなかったら=アクセル開けても良いと覚えて下さい。
キックの際、チョーク引きアクセル開けてるとカブリます。
またエンジン掛かったら、回転数・アクセルのツキを見ながらチョークを戻して下さい。

またバイク乗った後、次乗るまで数時間空くのであればガソリンコックを閉じましょう。バイクによってはかなり効果ありますので一度お試しアレ!

とりあえずは、他者さんのアドバイス同様プラグのカブリを解消しましょう。しばらく不安だと思いますので新品プラグ2本程用意しておいてもいいですね。

最後に、普通の乗車でカブル場合の原因、キャブセッティングのずれ・エアクリ不良・プラグの湿り・電気系不良(イグナイターなど)・低回転多様の運転・2stオイル変更(純正が一番良い)によるバランスの崩れなどです。
あと、押しがけは2速が基本です、NSR50なら歩く速度で掛かります。

明日ちゃんとエンジン掛かればいいですね、頑張って下さいな^-^ノ じゃ寝ます~

あらもうキャブセッティングして貰ったのですね^^
さて起きていらっしゃるかわかりませんが・・・アドバイス(酔っ払ってますので 解りにくいかもしれません^^;)
寒冷時に始動性が悪いわけですね?もしかしたらエンジン始動方法間違っていませんかね?

寒冷時の始動方法、まずチョークを目一杯引く。次にアクセルあおらず(開けずに)キックをする。
この状態で普通に掛かり、しばらく暖気しチョーク戻してアイドリング安定するなら成功です。
また稀に、(チョーク引いた状態で)エンジンが掛かっ...続きを読む

QNS-1について(最高速)

NS-1を乗っているのですが、50ccのバイクだとリミッターカットをしないと、60km/hでないと書いてあったのですが、僕のNS-1は、リミッターカットしていない(購入したバイク屋の話では)らしいのですが、普通に100km/hでます。この要因はどういうことなのでしょうか?また、リミッターカットの意味を教えて欲しいです!このふたつを教えてください!お願いします!!

Aベストアンサー

NS-1のリミッターカットは#1さんのおっしゃられているとおり、
CDI交換によるものです。
それをしないと純正のままでは60キロでリミッターが効いて、
回転数が上がらなくなります。

またエンジンをかけてサイドスタンドを立てたままクラッチを握って1速に入れると、
純正ならエンジンが止まりますが、CDI交換してあれば止まらなくなっているはずです。

私も以前NS-1でCDI+スプロケット、チェーン交換で
6速11000回転で120キロ出るようにしたことがありますけど、
やはり原付である以上ブレーキが弱いので、
ブレーキとタイヤはそれなりにいいものを付けたほうがよいですよ。

QNS-1の回転数が上がらない!直せる?

結構ねんきのはいったNS-1にのっています。

中古なのでどれくらい走っているのかわからないですが、かなり走ってると思います(メーター信用できません)。

普段調子よく乗っているNS-1ですが、2,3日前から不意に時々

回転数が3,4000回転位から上がらなくなって

進もうとしても10キロ位しか出なくなりました。

15分位「困ったな・・。」とアクセルを回したり止めたりしていると突然元のように

何の問題もなく走り出しました。それが4回続いて

今日は3,4000回転位のまま上がらなくなってしまいました。

回転数をあげようとすると「ババババ」という何かつまったところに無理やり空気を押し込んで

いるような音がします。

バイクについての知識は皆無なのですが、できれば自分で何とか修理か掃除をしてみたいです。

チャンバー、マフラーを外して掃除してみると直ったりするでしょうか。

知識がないなら修理屋に持って行けと言う意見が多いとは思いますが、自分で出来る事があれば

やりたいので教えてください。お願いします。

結構ねんきのはいったNS-1にのっています。

中古なのでどれくらい走っているのかわからないですが、かなり走ってると思います(メーター信用できません)。

普段調子よく乗っているNS-1ですが、2,3日前から不意に時々

回転数が3,4000回転位から上がらなくなって

進もうとしても10キロ位しか出なくなりました。

15分位「困ったな・・。」とアクセルを回したり止めたりしていると突然元のように

何の問題もなく走り出しました。それが4回続いて

今日は3,4000回転位のまま上がらなくなって...続きを読む

Aベストアンサー

なんとなくキャブレーターが詰まっているのでは?
と思いました。
メインジェット、ジェットニードルとか交換されて
みてはいかがでしょうか?

QNS-1 オイルポンプ周り エア抜き方法

こんばんわ。
現在NS-1後期に乗っております。
諸事情により、オイルタンク⇔オイルポンプ⇔インマニ間のチューブを一新する予定です。
そこで、1点質問なのですがサービスマニュアルなどによればオイルポンプ周りのエア抜きが必要になると思うのですが、具体的なエア抜き方法が記載されていません。
エア抜きボルトの存在も明記されていないのですが、どのように作業を進めるべきなのでしょうか。
とりあえず、混合仕様にしてアイドリングすればエアを排出できるのでしょうか。
ご回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以下はNSR50サービスマニュアルの手順ですが、
NS-1と同じエンジン形式「AC-08E」ですので、おそらく同じであると思われます。
--------------------------------------------------------------------------------------------
・オイルチューブ、オイルポンプのエア抜き

エンジンオイルタンクへオイルを補充する。
オイルポンプの周囲にウエスを巻く。
オイルポンプ上面のブリーダボルト※をゆるめ、オイルチューブ
及びオイルポンプに混入しているエアをオイルと共に流しだす。
気泡が完全に出なくなったら、プリーダボルトと締め付ける。

※ブリーダボルトの位置については(マニュアルには写真があり一目瞭然なのですが)
文章で表しますと、オイルポンプコントロールケーブル(アクセルと繋がっているワイヤー)が
コントロールレバー(オイルポンプを開閉するレバー)と繋がる場所の真横にある
オイルポンプ上面に位置するボルトです。
オイルポンプ上面には計三個のボルトがありますが、その内、対角上に位置する二個のボルトは
ポンプ上面を固定しているボルトになりますので、間違えないようにご注意を。


オイルチューブとオイルポンプのエア抜き後、必ずオイルパスチューブのエア抜きも行う

・オイルパスチューブ(ポンプ・インマニ間のチューブ)のエア抜き
 
混合ガソリン(25~50:1)を使い、エンジンを始動する。
コントロールレバーを(指で強制的に)全開の位置に保ち、
10分間程度エンジンをアイドル回転させ、
オイルパスチューブ内のエアを
オイルポンプからの吐出オイルによって押し出す。

注・混合ガソリンは推奨エンジンオイルを使用する。
 ・むやみにエンジン回転を上げないこと。
--------------------------------------------------------------------------------------------

#NS-1のサービスマニュアルに具体的なエア抜き方法の掲載が無い事についてですが・・・

ホンダのサービスマニュアルは、1988年以降の車種で「機種編」と「共通編」の二部構成に分かれたのを機に、
「機種編」の内容が大幅に簡素化されてしまいました。

1987年が初版となるNSR50のマニュアルは、全般的に内容が詳しく
”エア抜き手順”も掲載されていますが、
1991年が初版となるNS-1「機種編」マニュアルでは、
”エア抜き手順”は「共通編」の方に編集されてしまい、
NS-1「機種編」では省略されたのだと思います。
 

以下はNSR50サービスマニュアルの手順ですが、
NS-1と同じエンジン形式「AC-08E」ですので、おそらく同じであると思われます。
--------------------------------------------------------------------------------------------
・オイルチューブ、オイルポンプのエア抜き

エンジンオイルタンクへオイルを補充する。
オイルポンプの周囲にウエスを巻く。
オイルポンプ上面のブリーダボルト※をゆるめ、オイルチューブ
及びオイルポンプに混入しているエアをオイルと共に流しだす。
気泡が完全に...続きを読む

Q正しいエアースクリューのセッティング

NS-1に乗っています。

どなたか正しいエアースクリューのセッティング方法を教えてください。
サイトによって違うので、こちらで質問しました。

どなたか詳しく教えてください><;

Aベストアンサー

NS-1と同じエンジンである、NSR50の調整方法を記しますので参考にして下さい。
(ホンダが公表している調整方法です)

------------------------------------------------------------------------------------
調整はエンジン暖気終了後に行う。

1、エアスクリューを軽く閉めこんだ状態より標準戻し回転数1回転だけ戻す。
  (標準戻し回転数1回転はNSR50の参考値)

2、スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転数にする。
  (NSR50の参考値は 1400±100rpm )

3、エアスクリューをゆっくりと左右に回して、エンジン回転の最も高くなる位置にする。

4.再度スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転にする。

軽くスナッピングを行い、繋がりやアイドリング回転に変動がないことを確認する。

変動が見られる場合は2~4を繰り返す。


参考資料:ホンダNSR50/80サービスマニュアル
------------------------------------------------------------------------------------

2サイクルの場合、そもそもアイドリングが安定していない為、
実際のところエアスクリューを回してみても、
なかなかエンジン回転数の変動が分かり難いと思います。

同様に、「回してもエンジン回転数の変動が分からない」という場合には、
とりあえず標準戻し回転数に合わせておけば、大きな不都合も無いと思われます。

回転数の変化があった場合でも、それが標準戻し回転数から大きく外れてしまう場合には、
他に問題がある事が考えられます。
ANo.1 さん、が書かれているように、標準戻し回転数±1/4 の範囲で調整してみて下さい。

また、NSRとNS-1は基本的に同じエンジンですが、セッティングの違いや
バイクの年式等により調整値が変わっている場合があります。

万全を期すのであれば、
ホンダの客相へ年式や車体番号を伝えて、
「規定アイドリング回転数」と「標準戻し回転数(エアスクリュー)」についての
正確な情報を問い合わせる事をおすすめします。

NS-1と同じエンジンである、NSR50の調整方法を記しますので参考にして下さい。
(ホンダが公表している調整方法です)

------------------------------------------------------------------------------------
調整はエンジン暖気終了後に行う。

1、エアスクリューを軽く閉めこんだ状態より標準戻し回転数1回転だけ戻す。
  (標準戻し回転数1回転はNSR50の参考値)

2、スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転数にする。
  (NSR50の参考値は 14...続きを読む

QホンダNS-1のオイルで

突然失礼いたします。
僕自身が乗ってるのではないのですが、ずっと知りたかったことがあります。
ホンダのNS-1は、エンジンオイルとミッションオイルの2種類を入れなければいけませんよね。
エンジンオイルは、ホンダからウルトラシリーズで緑色の缶で何種類か販売されていますよね?(GR2やFINEなど)
なのでエンジンオイルはそのようなものを入れればよいということは分かるのですが、
一方のミッションオイルは何を入れるのでしょうか!?
まさか、2ストのNS-1に4ストのオイル(ホンダでいうG1やG2など)を入れることはできませんよね!?

Aベストアンサー

2ストのミッションオイルは専用オイルもありますが
4ストのエンジンオイルでかまいません、メーカーからそう指示が出る場合すらあります
よって4ストのオイル入れていいです。

そしてホンダ2ストは乗った事ないのですが本田のギアオイルというのは見た事ないですね
もしかするとホンダのミッションには4スト用オイルが指定されてるのではないかと

スズキヤマハはどちらもミッションオイルが専用に売られて指定されてますが
それでも4ストオイルでもいいとメーカーから指示も出たりします(スズキ)

4ストオイルはエンジン本体とミッションやクラッチも一緒に潤滑するように作られてるので
2ストのミッションとクラッチ部分を潤滑するのに十分使えるというわけなんですよ

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

QNS-1のエンジンについて

友人のNS-1が中古で購入してから1週間くらいしかたっていないのにエンジンのかかりが悪いそうで何回かキックしてようやくかかるそうです。
これはバッテリーが弱ってるのでしょうか?
それとも別のところにトラブルがあるのでしょうか?
代理で質問しているので詳しい状態はわかりませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

キックで始動する際に良く見られる間違った方法として、キックするのと同時にスロットルをいっぱいに開けてしまっている例を良く見かけます。キックペダルやセルモーターでエンジンに与えられる回転数はあまり高くないので、この状態でスロットルを開きすぎると、キャブレター内部での空気の流速が小さくなりすぎて、空燃比が大きく狂う原因になります。そのため掛が悪くなるというのはある意味で当然であるといえます。

正しい始動方法はエンジンが冷えていればチョークバルブを閉じ、スロットルは全閉または1/4から1/3程度開いた状態で固定しキックによりスタートします。エンジンが温まった状態ではチョークバルブを開いた状態にする以外は同じです。

バッテリーについては始動性に直接関係があるとは思えません。この車種ではマグネト式のCDIを使用していますので、点火系統に供給される電力はバッテリーとは無関係で、エンジンに直結されたマグネット発電機の専用のコイルによって発生させた電力を使用しています。したがってバッテリがついていなくても点火系統は動作します。バッテリーについては他の電装品が正しく動作していれば問題無いと考えてよいでしょう。

キックで始動する際に良く見られる間違った方法として、キックするのと同時にスロットルをいっぱいに開けてしまっている例を良く見かけます。キックペダルやセルモーターでエンジンに与えられる回転数はあまり高くないので、この状態でスロットルを開きすぎると、キャブレター内部での空気の流速が小さくなりすぎて、空燃比が大きく狂う原因になります。そのため掛が悪くなるというのはある意味で当然であるといえます。

正しい始動方法はエンジンが冷えていればチョークバルブを閉じ、スロットルは全閉または...続きを読む

Qエンジンが上まで回りません(2ST 50cc)

 調子があまり良くないというホンダのCRM50(AD13)を譲ってもらいました。
 アイドリング、ニュートラル時での空吹かし等は、調子が良い感じなのですが、動き始めるとエンジンがキチンと上のほうまで回りません。(タコメーターは付いてないので、速度計の横のシフト範囲で言うと半分ぐらいで頭打ちで、フルスロットルだと失火してるようで多量の白煙が出るだけでそこから上に回りません。)最高速は40km前後で頭打ちになり、(2種登録してます)上りはおろか、下り坂などでも一定の回転数を越えると回転数を落として失速していきます。
 また、この状態で走行中にアクセルオフをすると、まるでエンジンがかかっていないように静かになり、そのままオフにしているとエンジンが止まってしまいます。
プラグを新品に替えたり、前オーナーが通勤オンリーのおじさんだった為、給排気の詰まりも考えてサイレンサー、マフラーは取外してクリーナー&灯油で洗浄、キャブにもクリーナーをかけてみました。(作業的には、エンジンに付いたままですが)・・・が症状は代わりません。 メインジェット等が詰まってるのでしょうか?(スローは生きていて・・・だと考えらそうです。)
 また、点火がCDIの型なのでそちらも疑っているのですがアイドリングではOKで実走時に失火すると言う事はありえるのでしょうか?
 既知の事だとは思いますが、CRM50は、NSR50,NS-1等同系列エンジンですので、そちらでこの症状に詳しい方のアドバイスもお願いいたします。 ちなみに車両は97年式のキャリアー以外ノーマルですが、2万キロ以上走っています。

 調子があまり良くないというホンダのCRM50(AD13)を譲ってもらいました。
 アイドリング、ニュートラル時での空吹かし等は、調子が良い感じなのですが、動き始めるとエンジンがキチンと上のほうまで回りません。(タコメーターは付いてないので、速度計の横のシフト範囲で言うと半分ぐらいで頭打ちで、フルスロットルだと失火してるようで多量の白煙が出るだけでそこから上に回りません。)最高速は40km前後で頭打ちになり、(2種登録してます)上りはおろか、下り坂などでも一定の回転数を越えると回転数...続きを読む

Aベストアンサー

文面を読めば読むほど排気系です。
排気音が静かでないですか?
ただ、他に可能性もあるので、簡単なチェックをまずどうぞ。
チャンバー、サイレンサーをセットした状態で、片側から息を思い切り吹く。かなり口をすぼめた状態と同じ位、肺に抵抗がある(文面だとマクドナルドのストロー位かも)なら詰まり。
汚いとか、口が黒くなるのが気にならない人におすすめ。
チャンバーをはずしたついでに、EXポートも目視チェック。粗悪オイルや低速多用でカーボンの壁がシリンダー側に出来ていることがあります。

以下、適当に読んでください。
チャンバーは内部は2重構造になっています。高周波音を抑えるためにグラスウールがメッシュ板で貼り付けてあります。燃やすのは、通路が狭くなっているところのカーボン落としだけでなく、ここのタールも燃やしてくれます。昔は古タイヤや焚き火に数時間投げ込んでいましたが、なかなか最近はできません。トーチも焼却炉もいいかも。
家庭用コンロで2時間も位置をずらしつつ焼くとそこそこいい感じになります。目安は両端から白い煙(オイルの気化したものです。燃えます!)が出なくなるまで。家のなかでやると、半日くっさーい世界に悩まされるので注意。
サイレンサーのグラスウールは焼くことで繊維が確実に劣化します。純正で交換パーツが出ているものが多いですのチェックを。
チャンバー内部は前述の通り、見た目と違います。要するに外観イコールのレーシングマシンと別物です。後部はパイプと小部屋に別れたもので、サイレンサーはずしたのに通りが悪いぞ??ということも有です。
焼いた後も、中のカーボンに注意を。ようするに炭(スミ)です。
火種が残っていれば、一晩おいても熱いままです。エアでカーボン飛ばそうと思えば、徐々にチャンバーが赤熱しますよ。火事にならないように。
では、まずトランペットの演奏を。

文面を読めば読むほど排気系です。
排気音が静かでないですか?
ただ、他に可能性もあるので、簡単なチェックをまずどうぞ。
チャンバー、サイレンサーをセットした状態で、片側から息を思い切り吹く。かなり口をすぼめた状態と同じ位、肺に抵抗がある(文面だとマクドナルドのストロー位かも)なら詰まり。
汚いとか、口が黒くなるのが気にならない人におすすめ。
チャンバーをはずしたついでに、EXポートも目視チェック。粗悪オイルや低速多用でカーボンの壁がシリンダー側に出来ていることがあります。

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング