10代の頃からコレステロールの数値が高く、わずかに基準をオーバーしていました。
現在40代に突入しましたが、健康診断では、前回と同様に脂質代謝検査の項目で
「日常生活に注意を要し経過の観察を要します}というC判定でした。

結果は以下の通りです。
.HDL105
.LDL167
.中性脂肪30

母もLDLが高かった為、最近は食事療法と薬で正常な数値に落ち着きましたが遺伝なのでしょうか?
また、コレステロール値が高いにも関わらず、中性脂肪が低いのがとても気になります。前回は40でした。
何か原因があるとすれば、何が考えられるでしょうか?

ちなみに、偏食はせず、お肉よりも魚、野菜、豆類などバランスよく食事をしています。
運動も水泳を週1回(30分程度)、散歩など軽い物からヨガやティラピスなどを無理ない範囲でしています。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは



運動がはげしいか仕事が体を動かす仕事ですか?
ストレスがたまりやすいと言うことはないですか?

ちょっと前に本で読んだんですが
女性の場合LDLが高くなりやすいようです
(私もです)
ただその場合でも中性脂肪が高くなければ心配要らないということも書いてありました
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/HP0016.html
たしかこの本だったと思います

それとご家族と症状が似てしまうのは
遺伝もありますが同じ食生活をしていると
どうしても似てしまう部分があるそうです

まだ病院に見せたことがなければ
一度相談してみても良いですよ

ご参考までに
    • good
    • 6
この回答へのお礼

仕事は立ち仕事が多いですが、激しいということはありません。
日常的なストレスは自分なりに解消できてるとは思っているのですが・・。
中性脂肪が低ければ心配ないとの事なのですね?
さっそく検索してみましたら、同じように学会で発表された文書を見つけ安心しました。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/10/15 01:48

コレステロールを単に食生活と結びつけてしまうと血中でコレステロールが増える本質を見誤ってしまうことになります。



我々の体は何の理由もなくコレステロールを増やしたり減らしたりはしません。その人の生き方に相応しい値になります。生き方に連動してるのです。
明らかに運動不足でエネルギーが有り余るような肥満でコレステロールが増えることはありますが、別に食べ過ぎでもなく痩せ型でもコレステロールは増えることがあります。
実験でマウスに動きを制限するなどストレスを与えるとすぐにコレステロールが増えて、すべてのマウスが例外なく高脂血症になってしまいます。つまりこれはストレスに対する防御反応です。

ご存知のように、コレステロールは細胞の細胞膜やホルモンの材料ですが体内で最強の抗酸化物質で、高エネルギーな物質です。
ストレスが増えてくると活性酸素が増えて生体の酸化が進みます。それに打ち克つために脂肪組織や肝臓から脂質を取り出して血中に流し、酸化して壊れた組織修復のために送り届けるのです。それで血中にコレステロールが増えます。
食べ物が原因ではなく、例えば深い悩み、不安などの心のストレスや、長時間労働など頑張り過ぎる、無理する体のストレスでもコレステロールは増えます。こういう人が食事制限したり薬を使うと体は余計に疲弊してきます。
ストレスが減る生活をすれば多くの脂質を血中に流す必要はなくなりますのでコレステロールも減ることになります。

中性脂肪の値が低いのはもともと蓄えが少ないからではないでしょうか。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

コレステロールについての詳しいご意見ありがとうございます。
いろいろな身体の中での仕組みがあるのですね。
ただ単に食べ物ではないのでしょうが、若い頃からなので
体質でもあるのかな?と思っています。
検査の結果では、食生活に注意とも書かれていたのですが、あまり関係ないようにも考えていました。
ストレスは運動をしているせいか常に感じていることはありませんが、気がつかないだけという事もありそうですね。
体重も若い頃から比べて徐々に増加し、もともとは9号でしたが現在は少しポッチャリしてきました。昔のジーンズなどはきつくて穿けません。
中性脂肪は低過ぎるのも逆にはいけないと聞き、なぜだろう?と、心配していた次第です。

お礼日時:2009/10/14 20:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLDLコレステロール

知り合いの女性は50歳代ですが、週5回ほどスポーツクラブに通い、水泳をしたりエアロビクスやウォーキングマシンなどでフィットネスに励んでいます。しかし以前よりLDLコレステロールが高く、この前病院へ行ったら170くらいあったらしいです。そして病院の先生に「運動しすぎです。」と注意され、30分以上歩くとLDLは増えるから歩かないようにと言われたそうです。今までそんなことは聞いたことないのですが、どのような理論からなのでしょうか。分かる方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

LDLの一般的基準は140mg/dL以下なので、単体で見れば高いですね。
あとはHDLとの比率もありますので、病院の先生もそのあたりを考ええも、高いという判断されていることと思います。

情報不足で、運動しすぎでLDLが上昇するという説は分かりませんが、製薬会社提供の資料には運動量に比例してLDLが下がりHDLが上がるというデータが示されています。
一番多いグループは20km以上/週のジョギングです。
製薬会社のものなので根拠はしっかりしたものと思われます。
これが一般的な考え方だと思われます。

ただ、病院の先生も何かデータあるいは理論などの根拠を以ってて話されたことだと思います。そういったこと分からず、以上、半端な回答でした。

Q食後高脂血症とLDLコレステロールの関係

最近テレビで食後高脂血症というものがあると知りました。すなわち食事から時間が経つと中性脂肪の値は正常値になってしまうので通常の健康診断(前日の晩から絶食)だと見つからない類のものです。
通常は高脂血症の場合にあまった脂肪がLDLコレステロールに転化してしまうことでLDLコレステロールが増えるのが一般的ですが、食後高脂血症はLDLコレステロールを増やすような因果関係はあるのでしょうか?

食後高脂血症は適度な運動がてきめんに効くので御しやすい気はしますが。

Aベストアンサー

NHKTVためしてがってんは、医療情報番組ではありません バラエティです この情報もEBMに基づかない慈恵会医大の一研究者の発言に飛びついたモノです 即ち、食後中性脂肪値が高い=動脈硬化リスク大です 血中中性脂肪は採血後2~3時間でピークになるので、食後の採血はダメというのが常識です 詳しくは。東海大学の大櫛先生の記事を読んで下さい/結論は中性脂肪は999ならOKと明確に書いています 特定健診では150以下とありますが一般内科医は、スタチンを処方しますが大櫛先生は不要だといいます そもそも、脂肪は悪者+コレステロールも悪者という理屈は2014.9の今では、古いというのが最新情報です 私は毎日オリーブオイル20g エゴマ油10g クリームチーズ15gを食べ続けていますが、食後2時間でTG120、LDL-c100です 食べる脂質と余り関係はないという印象です 

Q検診で総コレステロールが高いと出ました

職場の健康診断で総コレステロールが高い(243)と出ました。
その他の数値は基準値ですが改善しないと駄目なレベルでしょうか?ちなみに去年は209でした。
年齢は35歳・女性で161cm49キロで体脂肪は20~22ですが…食生活も大豆製品が大好きで玄米が大好きで健康には結構気を付けていると思います。甘い物も大好きですが考えて食べていますので許容範囲だと思いますが・・・
この先今の生活を続けると動脈硬化になる可能性がある数値でしょうか?

Aベストアンサー

先ずは食事コントロールと適度な運動です.これで下らなければ薬です. 最近はコレステロール新基準が出来ました.悪玉コレステロールが問題なのです.

 http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=t&ie=UTF-8&rls=SNYA,SNYA:2003-46,SNYA:en&q=%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e9%a3%9f%e5%93%81

 http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20070608ik13.htm 

Q父の悪玉コレステロール値が高いと言われました。

父が検査で悪玉コレステロール値が171と高いと指摘されました。

父は以前に高いと言われてから、揚げ物に使う油もキャノーラ油やコレステロールゼロの油を使っています。

食パンも全粒分にしたり、マーガリンも「明治ヘルシーソフトオフスタイルキャノーラ脂肪分70%オフ(コレステロールゼロ)」を使っています。

魚卵、卵は一切食べていません。(揚げ物をする際に卵をつけるくらいです)

コレステロールを上げる食品は摂取していません。

バナナを食べていますが、バナナもコレステロールを上げるのでしょうか?

1時間弱のウォーキング(会話が出来る速度で走ったり)、自宅でのストレッチをほぼ毎日しています。

何が原因か分かりません。

下げるとしたら何を摂取したりすれば良いのでしょうか?

アドバイスを下さい。

Aベストアンサー

コレステロールを含む食品を避けることは大事ですが、バランスよいメニューも大事です。肉が絶対ダメというものではありません。控え目にということです。魚野菜中心に、油も控え目に。

大豆に含まれる大豆レシチンが低減効果があります。ただし、納豆食べる目的でご飯おかわりする位なら食べない方が良い、という程度の効果です。食物繊維にはコレステロールと一緒に体外に排出する働きがあります。肉など食べる時には考慮しましょう。

ウオーキング、可能なら毎日して下さい。運動療法の効果持続期間は残念ながら1日です。

食事療法、運動療法をしても抑えられないことはあります。その時は薬を使うべきです。
余談ですが、現在コレステロールを巡って学会間で論争があります。決着はついてません。

Qコレステロール値が上昇していく理由がわかりません

こんにちは。夫が40代半ばです。30代からコレステロール値が上がり始め、今では総コレステロール値が250を超えています。悪玉も高いようです。

30歳で結婚するまでは外食も多く、コレステロール値の高そうな食品も好んで食べていたようですが、結婚してからは気をつけています。
とはいっても、ラーメンなどの麺類や卵好き。仕事で外食することも多いのでその際はよく食べていたようです。(今はこういったものを食べ過ぎないよう気をつけているようです)
他のイカや魚卵類などコレステロールの高そうな食品はあまり好まないのですが。

私が麺類や卵やイカなども含めてコレステロール値の上がりそうなものはあまり好きではないので家ではほぼ食べません。サーモンはよく食べますが、これくらいです。油は基本オリーブオイル、牛乳やバターなど動物性の食品は置かないようにしています。
家では野菜(減塩の野菜たっぷりスープにサラダにお浸し、胡麻和えなど)数品に肉か魚のメイン(副菜より少ない量)、肉もささみや鶏胸肉などのことも多く、納豆などコレステロールを下げるものもよく食べるなどここ数年は数値をあげないように気をつけて生活していますが一向に下がりません。というか、右肩上がりに高くなるばかりです。

昔からスポーツはよくするので休みの日などは泳ぎに行ったりテニスや野球などやっています。仕事が早く終われば走りに行ったりもします。

本人が「食事も腹6分目がいい」と、いつも言っており健康的な食生活、睡眠時間もしっかり取るよう心がけていて、お酒も一切飲みませんし、たばこも吸いません。
 
私はコレステロール値は低めです(実家全員高いのですが、食生活の違いかもしれません)。
なぜ主人だけコレステロール値が上がり続けるのか不思議です。

嗜好品はコーヒーと時々粒チョコ食べるくらいです。
どうしてこんなに高いのでしょうか?
できれば薬を飲みたくないそうなので、どうしたら下がるのか、アドバイスいただけたらありがたいです。
よろしくお願いいたします。

ちなみに年に1回は健康診断行ってますが、これ以外は問題なしです。

こんにちは。夫が40代半ばです。30代からコレステロール値が上がり始め、今では総コレステロール値が250を超えています。悪玉も高いようです。

30歳で結婚するまでは外食も多く、コレステロール値の高そうな食品も好んで食べていたようですが、結婚してからは気をつけています。
とはいっても、ラーメンなどの麺類や卵好き。仕事で外食することも多いのでその際はよく食べていたようです。(今はこういったものを食べ過ぎないよう気をつけているようです)
他のイカや魚卵類などコレステロールの高そうな食品はあ...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。

人によっては、ストレスを楽しむ……
ということがあるのですよ。
そのような方は、向上心が強い方に多い。
夫様は、そのようなタイプのようです。
「適度にリフレッシュ(映画やショッピング、観光、大好きなスポーツ・・基本1人で。今月も1週間1人旅に行くらしい)もしている」
つまり、片時もじっとしていない。

マイナスのストレスは、胃が痛くなる、イライラする、不眠など、
マイナスの症状が出てくるので、すぐにわかる。
しかし、プラスのストレスは、それ自体が「楽しい」場合があるので、
自覚症状がないのです。

では、コレステロールとは何か?
コレステロールがないと、人間は死んでしまいます。
世にいう悪玉コレステロールとは、コレステロールを体内に
供給する役割を持っており、
善玉コレステロールとは、余分なコレステロールを体内から
除去する役割を持っている
というように、考えてください。
ようするに、両方とも重要なのですよ。

では、なぜ「悪玉」コレステロールと言うのかと言えば、
供給過剰になると、余ったコレステロールが「貯まる」からです。
それが血管に貯まると、動脈硬化などの悪影響が出てくるから
「悪玉」と呼ばれているのです。

つまり、コレステロールが足りないと、人間の活力が衰えてしまうのです。
なので、スポーツ選手のコレステロール値は、実は、高い。
でも、善玉も多いから、供給過剰にはならないのです。

さて、お分かりいただけましたか?
活動的に過ごすには、コレステロールは欠かせないのです。
つまり、プラスのストレスを楽しむには、コレステロールが必要なのです。
旅行に行って、「疲れた、もう動けない」では、楽しめません。
「よし、次にいこう」という活力が必要であり、そのためには、
コレステロールは欠かせないのです。

問題は、日々、そんな生活をしていると、供給側が休むことを
忘れてしまって、常に、供給を続けるということが起きてしまいます。
スポーツをやっていた人が、急にスポーツをやめると太るという
話を知っていると思います。
一つは、食べすぎるからですが、もう一つは、消費すると思って、
体がコレステロールを供給し続けるからなのですよ。

前回も述べたように、コレステロールが増加する理由は、
一つだけではなく、色々な要素が組み合わさっており、
それは、百人百様なのです。

「楽しいこと」が実は、コレステロールを増やすということも
知っておいてください。
となれば、善玉コレステロールを増やす工夫をするのも一つの
方法です。

ちなみに、我が家では、自家製ヨーグルトを良く食べます。
味は薄味で、どちらかと言えば、塩よりも胡椒などの香辛料が
好みです。
それ以外は、バランスに気を配っているだけで、
昼食・夕食には、肉か魚か、どちらかが毎食でています。

ちなみに、サラダを先に食べると良いそうなので、
できるだけ、そうしています。
洋食のフルコースでは、最初に「前菜」として、サラダが出ます。
サラダを先に食べるのが良いということを知ったときは、
これは、長い歴史の知恵だと思いました。
そういうことを科学的に裏付けされる前から、
サラダが先に出てくるのは、長い歴史の経験則なのでしょう。

No.4です。

人によっては、ストレスを楽しむ……
ということがあるのですよ。
そのような方は、向上心が強い方に多い。
夫様は、そのようなタイプのようです。
「適度にリフレッシュ(映画やショッピング、観光、大好きなスポーツ・・基本1人で。今月も1週間1人旅に行くらしい)もしている」
つまり、片時もじっとしていない。

マイナスのストレスは、胃が痛くなる、イライラする、不眠など、
マイナスの症状が出てくるので、すぐにわかる。
しかし、プラスのストレスは、それ自体が「楽しい」場合があるので...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報