新規事業の資本政策について、お知恵を貸してください。

(状況)
・現在、休眠状態の株式会社ひとつあり。
・IPO志向の新規事業案件準備中。
・手持ち資金あまりなく(とりあえず500万円程度)、とりあえずエンジェル(500万~1000万円程度)から支援を仰いでスタートアップ。
・アーリーステージでのインキュベーター、VC支援を希望。

(案)
(1)休眠中の株式会社に増資。ただし、IPO志向となると社歴がよくないため、インキュベーター、VC支援の段階で、新設法人を作ってバイアウト。
(2)株式会社を新設。ただし、出資比率の維持に苦労しそう。
(3)合資会社を新設。インキュベーター、VC支援の段階で、新設法人を設立し、吸収合併またはバイアウト。

上記3案を考えていますが、どれがいいか(あるいはもっとほかにいい方法がないか)アドバイスがいただければ幸いです。

A 回答 (1件)

出資比率維持の観点からは、(1)でいいのではないでしょうか。



参考URL:http://www.cpa-ishiwari.jp/CapitalPolicy/index.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ