【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

トラックやダンプ、ミキサー車などの黒いフレーム部分に10センチくらいの穴が等間隔であいていますが、
その周りに小さい穴がたくさんあり、不規則に散らばっています。
これらの穴は何のためにあけられているのでしょうか?
画像は、ミキサー車の後部です。

「トラック等のフレームにある不規則な穴は何」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大きい穴は軽量化のための肉抜きです。


乗用車は、モノコックというものに変わってまして、薄い鉄板を折り曲げて、車体の形を作ると共に強度を上げています。
葉書などをWで折り曲げると強くなりますよね。あんな感じです。

トラックなどは、フレームを作ります。
ラダーフレームが一般的です。 ラダーとははしごのことです。
C形に曲げた鉄柱をはしごのように組み合わせてフレームを作り、その上にはエンジンと運転席が、下には懸架装置 所謂サスペンション や、ドライブトレーン プロペラシャフトや車軸・ブレーキ装置などが組み付けられます。

で、そのフレームなんですが、フレームの中でも、強度にさして影響しない部分があります。
その部分があっても強度が上がらない代わりに重量が増します。
その部分を切り取っても強度は下がりませんが、重量は減らせます。

また、トラックメーカーは、荷台を除いた部分を生産販売します。
荷台部分は、架装会社に送られて、ユーザーさんの要求する架装 つまりは、平台のトラックやパネル、ウイング開き、ミキサー車やその他の所望する作業装置が取り付けられます。

つまり、運転席や足回り、フレームは共通であって、後ろ側は任意に取り付けていると言うことですね。
と、いうわけで、トラックフレームは共通して作られると言うことになります。

小さな穴は、配線などを止めるグロメットを取り付ける穴だと思います。
それぞれの架装会社が新たに穴を開けなくても、それらの穴を使って配線を止めたり、部品を取り付けたりします。

だいたいこんな感じですが、おわかりいただけましたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小さい穴についての質問でした。わかりにくくてすいません。
なるほど。フレームが共通で、架装会社というものが
あとから色々つける時に便利なようにあけられているということですか…
虫食いみたいで、見るたびに、どうにも気持ち悪いですが
そういうことなんですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/10/15 21:16

トラック車両には色んな架装OPを取り付ける為 またその架装OPの為に装備しなければならない部品を取り付ける為にいろんな各所に穴はあります 大概はナットが溶接装備されています 


が この写真の場合の不規則加減は この車両固有の穴ではないでしょうか? 同一型式の車両全てにこんな穴が存在するとは思えません 左右ラダーフレームを繋いでいる部材(Rバンパーの奥上辺り?)に思えますが ここには通常車両の機能として必要となる部品は付けません
ユーザーが単に いろんな(多分趣味の)何かを固定しなおし続けた穴に思えます 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです。左右のフレームをつないでいる部分です。
これは後ろの画像ですが、バイクに乗っているとき信号待ちでトラックの横に止まると、やっぱりフレームにいっぱい穴が開いています。
裏にナットがあるんですか。今度駐車中の車両に遭遇したら
よく観察してみます。ありがとうございます。

お礼日時:2009/10/15 21:19

車種も分からないので多分なんですけど。


トラックのバリエーションは乗用車以上に多いのです。特装も多いしね。(ミキサー車も特装ですね)
フレームにはいろいろな物を付けなければなりません。例えばバックする時女性の声で「バックします」とか言ってるでしょ。そのためのスピーカや配線も付けなければいかなかったりします。このスピーカーや配線も他の物との干渉を避けるため何種類もあります。
ブレーキパイプなんかも同様に他の物との干渉を避けるため何種類もあったりします。
そのいろいろな物が順列組み合わせで付きバリエーションが膨大な量になっています。しかしフレームは極力共通化しなければなりません。
そのためボルト穴やクリップ穴がフレームには大量に付くことになります。1車種だけみると無駄に穴があいているように見えますが、他のバリエーションでは使っている穴なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

共通のフレームにバリエーションが多数あるため、沢山穴があけられているということなんですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/10/15 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市販されている電動インパクトレンチ(100V)でタイヤの交換作業をする

市販されている電動インパクトレンチ(100V)でタイヤの交換作業をする場合、トルクは問題ないでしょうか?また、ナットに影響は無いのでしょうか?

数値の表記が分かりにくく判断ができません。

Aベストアンサー

私は、ストレートのコードレスのインパクトレンチを使ってタイヤ交換をしています。

私の経験上から、
タイヤ交換の作業の時において、インパクトレンチを使う利点は、

・インパクトレンチのトリガーを引くことによって、ホイールナットを緩めることができる
~ハンドツールなら、タイヤが地面の接地状態で180°緩める方向に回してから、タイヤを上げます。
また、ホイールナットを手で緩めなければなりません。

その2つの作業が短縮することができます。

・インパクトレンチのトリガーを引くことによって、早くホイールナットを締めることできる

だと思います。


トルクというのは、回転力のことです。締める力のこと「だけ」ではありません。
回して締める力、回して緩める力、回す力のことがトルクです。

カローラなどの乗用車なら、タイヤの締め付けトルクは
110N・m≒11kg・mぐらいです。

軽自動車なら、90N・m≒9.0kg・mぐらいです。

インパクトレンチだけの締め付けだけでは、
・締め過ぎの可能性がある=ハブボルトや、ホイールにダメージを与える
・締め不良の可能性がある=ホイールナットが緩み、ガタが生じる
・ホイールナットの締めつけトルクが不均等になる。どれかのホイールナットだけかなり締まっている時がある=タイヤの接地が歪んでいる

など問題があり、
他の回答者さんが回答している通り、
基本は、手でナットをハブボルトに装着し、きちんとネジ山が噛んでいるか確認し、

その後、ホイールナット1本を手で強く締め付けて、タイヤをハブボルトの土台にしっかり当たるようにした後、

残りのホイールナットをインパクトレンチで素早く締め、

最終的に、トルクレンチで締めつけることだと私は思っています。


まあ、締めつけは、どうでも良いんですよ。ぶっちゃけ。
問題は、緩める時です。

110N・mで締めているから、150N・mぐらいのトルクで緩まるはずと思うかもしれません。

そう甘くはないです。
半年ぐらい走れば、ホイールとハブボルトの錆つきや、様々な力が加わり、かなり力がないと緩まなくなっています。

余裕を持つなら、緩ますのに、300N・mの力がないと、緩まないことがあります。

ジャッキアップして、トルクレンチを使ってホイールナットが緩まないと、「…」って気持ちになります。

便利、楽、スピードのために、インパクトレンチを使っているのに…となります。


>トルクは問題ないでしょうか?
ホーマックで売っているようなトルクレンチでは問題あるかもしれません。自分は使ったことがないので解りませんが、自動車工具などを扱っているインパクトレンチをお勧めします。


>ナットに影響は無いのでしょうか
ナットにできる限り、傷をつけたくない。
自動車のボディーで言うなら、洗車傷に気をつけるような気持ちなら、インパクトレンチは使わない方がいいかもしれません。

きちんとしたサイズのあうインパクトソケットを使えば、ナットは痛めません。

ちなみ、アルミホイールの場合、薄肉のインパクトソケットでないと、ソケットが入らない、ホイールの表面を削ることがあります。


>数値の表記が分かりにくく判断ができません。
回転力として、トルクがあります。
高い方が、強く締め付け、強い力で緩めることができます。

後、無負荷回転数というものがありますが、ナットを回さない、空転させた時に、どれだけの回転速度があるかということです。
たぶん、rpm、mの右上にー1と書いてありますが、それは、1分間に何回転するかを表すものです。

電動なら、これぐらいかな?

以上、参考になれば幸いです。

私は、ストレートのコードレスのインパクトレンチを使ってタイヤ交換をしています。

私の経験上から、
タイヤ交換の作業の時において、インパクトレンチを使う利点は、

・インパクトレンチのトリガーを引くことによって、ホイールナットを緩めることができる
~ハンドツールなら、タイヤが地面の接地状態で180°緩める方向に回してから、タイヤを上げます。
また、ホイールナットを手で緩めなければなりません。

その2つの作業が短縮することができます。

・インパクトレンチのトリガーを引くこ...続きを読む

Q超固いボルト、ナットをゆるめるコツ

先日、リアショックの外し方について、ご相談させていただきました。
その節は、多くのアドバイスをありがとうございました。


さて、その関連で、超固いナットに出会い、苦闘しております。


2010年式 SUZUKI GSX-R1000 リアショック下部にある、リンク機構を留めているボルト、ナットです。

走行中に外れでもしたら大変ですから、特に強く締め付けてあるのだと思います。
また、ネジロックも使われているかもしれません。
サービスマニュアルによると、これらのボルト、ナットの締め付けトルクは100[N・m]とのことです。

これが死ぬほど固く、びくともしません。
最大トルクが200[N・m]のインパクトレンチでも、びくともしません。
CRC556を染みこませてみましたが、相変わらずです。

手持ちのツールは、普通の長さのメガネレンチ、ソケットレンチがありますが、これらでも緩みませんでした。

そんな、超固く締まっているボルト・ナットをゆるめるコツや、ノウハウを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

インパクトで10秒くらい頑張ると案外緩んだりしますけど、それでダメなら40センチくらいのスピンナハンドルで一気に体重を預ける感じで、それでもダメなら1mくらいのパイプをスピンナハンドルに突っ込んで一気に。今までモノサスのバイクは何台かショックの交換をしましたけど、確かに固く締まってるけどインパクトかスピンナハンドルで全部緩みましたよ。頑張りすぎてバイク倒さないようご注意。


人気Q&Aランキング