人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

中学2年の理科で「消化」について勉強しています。

【唾液はデンプンを糖に変えるのか】という勉強をやりました。

☆内容は☆
A/デンプン+唾液+ベネジクト液⇒加熱
B/デンプン+唾液+ヨウ素液
C/デンプン+水+ベネジクト液⇒加熱
D/デンプン+水+ヨウ素液

で、いいんですよね!?



☆結果☆
Aは糖がある反応してオレンジ色になる。
B・Cは反応がない。
Dはデンプンがあると反応して、青紫色になる。

と、いうことでいいですかね!?



どこか違うところがあったら教えてください!!!
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

graminさん


確かにおっしゃる通りなのですが、高校生になるまで金属の酸化還元以外は還元という用語を使わないのと、麦芽糖やアミラーゼといった単語もコラムにあるかないかといったところで中学で覚える範囲じゃないので簡略させていただきました。

質問者様も高校に行かれたら糖の還元性を学ぶと思いますので、中学までの内容はしっかり覚えて卒業されて下さいね。
    • good
    • 2

相手が中学生だからいいのかなあ・・・


デンプンだって糖ですよね。
ベネディクト液は還元糖に反応するのでデンプンでは発色しないのですよね。
わかっていて簡略化して教えるのでしたらよいと思いますが。
    • good
    • 0

心配なさらずともあっていますよ。



あえて付け加えるなら唾液に含まれる酵素であるアミラーゼがでんぷんを分解する。(この時、体温と同じくらいの温度にすると反応がおこる)
でんぷんは分解されて麦芽糖という糖になります。
理科でオレンジ色という表現はあまり使いませんが、オレンジ色でも大丈夫です。反応色は、試料中の糖濃度により黄緑~赤褐色と変化します。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q唾液の働きを調べる実験がうまくいきません

唾液の働きを調べるために、唾液とでんぷんを混ぜヨウ素液を加えるという実験で、冷水に唾液とでんぷんをつけておいて行うとどうしてもヨウ素でんぷん反応が消えてしまい黄色くなってしまいます。唾液とでんぷんを試験管に別々に入れ氷の入ったビーカーに3分間入れそれを混ぜてさらに3分間冷水につけた後、ヨウ素液を加えます。すると液は黄色くなります。これでは冷水につけた唾液もでんぷんを分解することになり理論と異なります。どこが悪いんでしょう。どうやればうまくいくか教えてください。

Aベストアンサー

皆さんの回答とも関連しますが、唾液中のアミラーゼ活性は摂取した時間により強かったり、弱かったりかなり変動することが知られています。デンプンの量を増やすのも一法ですが、加える唾液を少なくするとか薄めるとかしてもうまくいく場合があると思います。アミラーゼ反応によるデンプンの分解を証明する方法として、対照を冷水につけて行う代わりに、唾液を100℃で加熱してアミラーゼタンパクを変性させ、酵素反応がおこらない唾液試料を調製し、これを加熱しない唾液を用いたものと同様にデンプンと反応させ(同じ温度で)、比較するのも面白いのではと思います。逆に、酵素反応がおこってほしいのにおこらない場合は、唾液の量を増やすか、反応時間を長くすればよいと思います。

Qヨウ素液とは?

こんにちわ!私は学校の自由研究に、ヨウ素液を使っていろんな物にたらして、でんぷんを調べる実験をやろうと思います。そこで私は、「ヨウ素液はなにか?」という事を書こうと思います。だけど私もあんまりヨウ素液とはどんなものか知りません・・・。だれか教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

ヨウ素液とはデンプンなどに反応して青紫になる液体のことです
実験だとジャガイモを使ったやつがいいかもしれません

Qご飯を口の中で噛むと甘みを感じるのはなぜ?

 中学校理科の授業で,ご飯を口の中で良く噛んで食べると甘みを感じるのはなぜかを実験で確かめました。教科書ではだ液の中の消化酵素がご飯の中のデンプンを糖に変えるはたらきがあるからと説明されています。本当にそうなのでしょうか。疑問に思いました。なぜなら炊きたてのおいしいご飯は口に入れた瞬間に甘くて美味しいし,だ液がデンプンを糖に変えるには時間がかかるのではないでしょうか。しかも学校の実験でご飯にベネジクト液を入れて調べたら,赤褐色にはなりませんでしたが,うすい青から黄緑色になったので,ご飯にはもともと少し糖が入っているような気がします。
 本当は,もともとご飯に少し入っていた糖で甘さを感じ,だ液が作り出した糖が加わって,さらに甘みが増すという現象なのではないでしょうか。もともと入っていた糖と後からだ液で作られた糖とどちらが甘みを感じる主な原因ですか。ご飯が甘く感じるしくみについて教えてください。

Aベストアンサー

>今の中学生は、このように理路整然と感じたことを表現できるのですね。驚いてしまって、いい年をした爺様が中学生よりもつたない文章を書くのが恥ずかしくなってしまいます。
 口に入れた瞬間に甘く感じる現象と唾液中の酵素、アミラーゼによって澱粉から生じたブドウ糖が甘く感じるのと、どちらが甘く感じる主な原因かと聞かれても困ります。それぞれ別の現象です。口に入れた瞬間の甘みは、その後に生じたブドウ糖による甘みが原因です、と言えるでしょうか。また、その逆も言えるでしょうか。
 ゆっくり噛んでいてだんだん甘くなってくることは、誰でも承知しています。このときの甘さは、当然のこと新たに生じたブドウ糖の甘さです。その甘さの中に、口に含んだ瞬間の甘さが紛れ込んでいないか、などと聞いても始まりません。苦いとか、辛いとかならば区別できるでしょうが、普通の人が、一度に感じる甘さをその原因毎に何種類かに分類できるとは、思われません。
 貴方のおっしゃる「本当は、もともとご飯に少し入っていた・・・・・・」の記述のとおりです。最初の甘みと後からの甘みは、独立した現象です。どちらかを主原因にして両者をくくることは出来ないでしょう。普通には、口に含んだ瞬間の甘みは、良く噛んでいるうちに甘くなってきたという甘みに含まれませんので、その辺の状況をうまく説明してみて下さい。。
 昔のテレビドラマで、あまりくちゃくちゃ噛んでると、ウンコになっちゃうぞ、と言うのがありました。

>今の中学生は、このように理路整然と感じたことを表現できるのですね。驚いてしまって、いい年をした爺様が中学生よりもつたない文章を書くのが恥ずかしくなってしまいます。
 口に入れた瞬間に甘く感じる現象と唾液中の酵素、アミラーゼによって澱粉から生じたブドウ糖が甘く感じるのと、どちらが甘く感じる主な原因かと聞かれても困ります。それぞれ別の現象です。口に入れた瞬間の甘みは、その後に生じたブドウ糖による甘みが原因です、と言えるでしょうか。また、その逆も言えるでしょうか。
 ゆっくり...続きを読む

QDNS反応について

デンプンが分解され糖になる反応で使われるDNS反応はどのような仕組みで褐色になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

rei00 です。

 手元の「有機分析 第6改稿版」(百瀬 勉・著,廣川書店)に記載がありました。

 3,5-ジニトロサリチル酸はアルカリ性で還元糖により3-アミノ-5-ニトロサリチル酸に還元されるそうです。

 なお,還元糖はアノメリック位のアルデヒドがカルボン酸に酸化されます。

Qヨウ素デンプン反応について

何も手を加えていないだ液にデンプンを加えたもの((1)とする)、沸騰させただ液にデンプンを加えたもの((2)とする)、にそれぞれヨウ素液を加えて反応の様子を観察する、という実験を行いました。この実験を行った結果、(1)のヨウ素液は紫色っぽく変化し、(2)のヨウ素液は紺色っぽく変色しました。なぜ、変色したときのヨウ素液の色が違うのか教えてください。
 

Aベストアンサー

(1)と(2)はどちらの方が濃い色になっているのでしょうか?
この実験のポイントは
*だ液にはアミラーゼと言う酵素が含まれている。
*アミラーゼはデンプンを分解する酵素である。
*しかし、この酵素はあまり温度があがると失活し、デンプンを分解しなくなる。
*ヨウ素デンプン反応とはヨウ素とデンプンの反応である。(溶液中にこの両方が存在しなければ起こらない)
この4つです。
これでもうわかりますよね。

参考URL:http://chem-sai.web.infoseek.co.jp/denpun.htm

Qヨウ素デンプン反応による呈色

ヨウ素デンプン反応による呈色は,加熱により消えるとされています。どうしてヨウ素の色は消えるのですか?水素結合が関係していると耳にしたことがあります。そうであればどのように関係しているのですか?この原理を詳しく教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E7%B4%A0%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3%E5%8F%8D%E5%BF%9C
ウィキペディアにちょっとだけ書いてあります。
デンプンはアルファーグルコースからなる高分子ですが、ヨウ素が存在すると、ヨウ素を取り込んでらせん型の構造を形成します。
ちょうどヨウ素がデンプンでラッピングされた形になります。
この状態でヨウ素デンプン反応の発色が起こります。
原因については書かれていませんが、デンプンからヨウ素への電荷移動吸収によるものかな、と思います。

温度を上げると、このらせん型の会合体からヨウ素が外へ出るため、色は消えます。
水素結合が関係というところですが、らせん型超分子の形成において、デンプンのアルファーグルコース残基間の水素結合が効いていて、これが温度を上げると外れてしまうため、構造が崩れてヨウ素が抜け出る、ということかな、と思います。
しかしながら、解説によると、ヨウ素が無くともそもそもらせん型構造を取っている様なので、関係ないかもしれません。

らせん型構造自体は温度の影響をあまり受けておらず、ヨウ素が入ったり抜けたりするのは、エントロピーと会合力の兼ね合いによるものではないでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E7%B4%A0%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3%E5%8F%8D%E5%BF%9C
ウィキペディアにちょっとだけ書いてあります。
デンプンはアルファーグルコースからなる高分子ですが、ヨウ素が存在すると、ヨウ素を取り込んでらせん型の構造を形成します。
ちょうどヨウ素がデンプンでラッピングされた形になります。
この状態でヨウ素デンプン反応の発色が起こります。
原因については書かれていませんが、デンプンからヨウ素への電荷移動吸収によるものかな、と思い...続きを読む

Qヒトのデンプンの分解についての質問です。

ヒトのデンプンの分解についての質問です。


デンプンは、まずはじめに口腔内のだ液(アミラーゼ)により、デンプン(アミロース)を麦芽糖(マルトース)に分解(消化)します。
その後、小腸のマルターゼでグルコースに分解され、小腸の柔毛で吸収される。

というのは中学校で学習する内容だと思います。


では、なぜ口腔内(だ液)でデンプンをグルコースまで分解しないのでしょうか。


ここでいうこの質問の意図は、『2段階で分解し、その2段階目の酵素を持たないから。』という既定の事実からの回答ではなく、『なぜ、ヒトはだ液中にマルターゼ(ないしはデンプンを一気に単糖まで分解する酵素)を持たなかったのか。』ということです。

一説に、口腔内でグルコースまで分解すると、吸収上皮である小腸までの間で他の菌や寄生している生き物に横取りされてしまうから。というのを聞いたことがあります。

この説の真贋はどうなのでしょうか、またそれ以外にも考えられる理由があればお教えいただけるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>デンプンを一気に単糖まで分解する酵素)を持たなかったのか。』
マルターゼはエキソ型、つまり長い鎖(でんぷん)の端っこを一つづつ外していく酵素です。(基質は麦芽糖に限りません。)
そういった意味では、いきなり単唐に分解する酵素です。
ただ長い鎖の端から一つ一つなんてことを悠長にやっていると、全て消化する前に便になって出てしまうでしょう。

アミラーゼはエンド型、つまり鎖の中を適当にぶつぶつ切っていく酵素です。別に麦芽糖を作る酵素ではありません。

鎖の中を切る酵素と鎖の端を切る酵素の両方を使うことにより、効率的にでんぷんを分解しています。
中学校の授業は説明を端折ろうとして、むしろ間違いを教えているんですよ。


人気Q&Aランキング