プロが教えるわが家の防犯対策術!

スロットからFXへ転向してうまくいっている人が多いと何度かネット上で
見たことがあるのですが、そんなに似ているものなのでしょうか?

私もFXとパチスロどちらも行いますが、トータル収支でパチスロはプラス、FXはずっとマイナスで今年はじめてトントンになっています。
パチスロの高設定台を掴むために子役などをカウントすることと
FXのテクニカルを用いてチャートを分析することの類似点が全く分かりません。

特に納得できないのはパチスロには設定があるので理論上では高設定
台を打ち続けていけばいつかはプラス収支になるのに対し、FXには設定などなく
同じテクニカルや手法を使い続けてもプラスになるといった確証が持てない点です。

ここの部分はどのように理解すればいいのでしょうか?
どちらも経験がありプラスにしている方の回答をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そうですね、きついかも知れませんが、パチスロは頭を使わないからじゃないでしょうか?



FXは絶対なる証拠金の為の資金も必要ですし柔軟な考えも持っていなければいけません。例えば、ここまで下がってもまだ下がるとみて売りから入るとか、ドル円なら、1ドル30円になっても維持できるとか。

スロットなら、素人の近くで打たずに、はいったのをおかますればいいですし、昔なら、アラジンのアラチャン前日セットや、吉宗のレバーゴト、コンチネンタルセット打ちをすれば勝てます。

パチスロは皆さん教科書通りの打ち方しかしませんものね。
上記打ち方など知らないで現在勝っている人はただの運。

運とは、くじで設定6を引いたり、裏リール先読みなども入っていますよ。コイン出し口のたばこ詰めコイン逆流ボタンが一番安全で100%
勝てると思います。けど、質問者様も含めその他99%の素人の人がいないと
私たちも商売あがったりですけど。
    • good
    • 1

専門家ではありませんが、


パチスロ(パチンコ含む)もFXも勝率は3%以下と言われています。
そのくくりでは同じようなものでしょうが、もうひとつ類似点があります。
価値ある物を市場から購入しその市場における価値が刻々と変化しながら損益を被るものと、単に金銭のみをつぎ込んで損益(ゼロになるか儲けるか)を被る場合とがあります。
FXやパチスロは後者でしょう。
金などは市場価値の上下はありますが永遠に価値をもっている前者です。

>特に納得できないのはパチスロには設定があるので理論上では高設定
台を打ち続けていけばいつかはプラス収支になるのに対し、FXには設定などなく
同じテクニカルや手法を使い続けてもプラスになるといった確証が持てない点です。

パチンコもそうでしょうが、でる台を知っていたとしたら誰にも教えないでしょう。テクニカル分析でもファンダメンタル分析でも同じです。
儲かるのがわかっていたら誰にも教えない。これは投資、投機、ギャンブル、起業問わず金儲けの鉄則です。
アメリカのゴールドラッシュで一番大儲けができたのは掘る道具を売った人達です。

博打打ちは実に見事な引け際を感覚的に心得ているものです。

勝率が高いという勝ち方の指南書が多いですが、あまり勝てなくても損益がでていないということが、ポートフォリオの胆です。

FXに事前の設定などないと思いたいですが、一昨年8月の円安ピークアウトを予測できた人は大儲けできたでしょうね。
筆者はやられましたが・・・
当時似たようなことをしたのがゴールドマンサックス投資銀行でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング