2年前に母がパーキンソン病と診断されました。出来れば、パーキンソン病の名医に診察を受けさせたいと考えています。さいたま市周辺で探しています。名医や病院を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

パーキンソン病を発病して17年になる母がおります。


とにかく大学病院にかかることをお勧めします。
闘病生活を続けてきて、これ以上は無いだろうと思うほどの治療をしていただきました。
また、難病指定を受けているので、何かと手厚くみて頂けてます。

お母様は、まだ発病して2、3年ですか。。
今のうちに旅行や好きなことを存分になさってくださいますように。。。
    • good
    • 31

http://www.nikkansports.com/ns/general/health/40 …

上のサイトの抜粋ですが、
▽順天堂大学医学部付属順天堂医院(東京都文京区)・脳神経内科・水野美邦教授
▽東京女子医科大学脳神経センター(東京都新宿区)・神経内科・岩田誠教授
▽東京都立荏原病院(東京都大田区)神経内科・横地正之部長
▽東京都立神経病院(東京都府中市)脳神経内科・横地房子医長

東京に集中しています。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

有難うございます。大変参考になります。
やはり東京に多いんですね。

お礼日時:2009/10/20 21:50

http://www.geocities.jp/saitamaparkin/

パーキンソン病友の会ですが、ここに相談してみてはどうでしょうか?

大変だと思いますが、怪我とかに注意して下さいね。
薬の効き方でいろんな変化が出てくるかもしれませんし。

京都の友の会ですが、旅行とか企画されていました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速母に話してみようと思います。
有難うございました。

お礼日時:2009/10/20 17:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪性症候群?(デパス・マイスリー・ドグマチール服用

ここ数日、手足の脱力感が酷いです。握力が半分くらいになった感じで足もしびれます。
不眠や胃炎で二ヶ月くらいデパスを服用して、突然マイスリーに変えました。
またドグマチールも出されていたので数回飲みましたが、副作用の話を聞き怖くなりやめました。

マイスリーも怖いのですが、どうしても眠れず毎日10mg飲んでいます。
悪性症候群は高熱の発熱もあるらしいのですが、それはありません。

その時点で悪性症候群ではないのでしょうか?
だんだん進行していくものでしょうか。

症状
・異常な手足の脱力感
・まぶたの重い感じ
・眩しい・かすみ
・吐き気
・デパス二ヶ月以上・マイスリー一週間・ドグマチール数回(デパスドグマチール突然服用停止)

突然体が動かなくなり放置していたら死にますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

悪性症候群、って私的には懐かしくなってしまった元救急医療も体験したナースです。

デパス・マイスリーで悪性症候群に至る人っているのかな?っていうくらい、現在では高齢者も内服するポピュラーな眠剤です。
私はマイスリーは効果はゼロに等しいくらい、筋金入りの不眠症です。
デパスは毎日2~3mgをもう何年かな?飲んでます。
ドグマチールとか古い薬だなあ・・・とか思ってしまうくらい、最近では流行らないですね。

悪性症候群は、本当の(今は「うつ病」って診断が簡単に通る時代です・・・・)精神疾患の方で、それこそマイスリー・デパス・ドグマチールなんてそういう方にとっては飛んできたコバエを掴むようなレベルなんで、多分知識があるが故の被害妄想です。

今の心療内科は恐ろしい程、薬を出します。
昨夜だったかな?夜勤で会話していた相棒に、最近私が眠りが浅い(一応眠剤は飲んでいるんですが)と言う話をしたら、その相棒がサインバルタは止めたがいいよ~って言うので、何で?って聞いたら、自分の兄が飲んでたけど、抜ける(内服を中止する)のにえらく大変だったから飲まなきゃ良かった、って言ってるよ、という会話でした。

鬱になったらみんな簡単に心療内科に行け、とかネットで書き込みするけど、元来心療内科って心の病でいろんな症状が出る方の治療をする為に出来た、まだ比較的新しい医療なんですよね。
私がナースになった頃に注目された医療ですが、今は落ち込んで鬱状態になっているだけなのに、鬱病って診断されて、いっぱい薬を処方されて、その薬が止められなくて、そのまた副作用を抑える為に更に新たな薬が処方され・・・・って悪循環。
ヒロポンの時代と同じ気がします。(私が生まれる前ですが)
疲労がポンと良くなる、といううたい文句で発売されたようですが、要するに今は覚醒剤みたいな分類になってます。

薬に頼らなければいいのですが、私は薬が無いと本当に眠気が来ない(まる2日眠れない)というのを体験しているだけに、そういうのを考えてイライラするより、穏やかに眠りたいという理由で薬に頼ってます。

話が飛躍してしまってスイマセン。
悪性症候群は精神科入院(通院)の患者レベルに懸念され、それもそう多い症例では無いので、そんなに心配する必要は無いかと思われます。

手足の脱力感。
こうやってネット出来るでしょ。立って歩けるでしょ。
日常生活に何か問題がありますか?
お箸が持てないからご飯が食べられない、というのなら問題でしょうけど、多分私的には大丈夫だと思います。

悪性症候群、って私的には懐かしくなってしまった元救急医療も体験したナースです。

デパス・マイスリーで悪性症候群に至る人っているのかな?っていうくらい、現在では高齢者も内服するポピュラーな眠剤です。
私はマイスリーは効果はゼロに等しいくらい、筋金入りの不眠症です。
デパスは毎日2~3mgをもう何年かな?飲んでます。
ドグマチールとか古い薬だなあ・・・とか思ってしまうくらい、最近では流行らないですね。

悪性症候群は、本当の(今は「うつ病」って診断が簡単に通る時代です・・・・)精神疾患...続きを読む

Q最初の精神病院のせいで障害年金を受けられず看護師から性的な辱めを受け病院の爪切りで手首を切ってます


誰か助けて下さい!!!
駄目でも少しでも良い方法があれば教えて下さい!
救って下さい。
お願いします。
何年も前から知恵袋や質問やコメントとかに相談したり、病院の院長や看護婦や看護師の名指しで病院のホームページの問い合わせにも出したり、実際に病院まで何度も行ったけど予約が無いとと言われ、予約したら急用でいないと言われ待つと言っても無視され、受付が奥さんの時はうちの人はそんな事しないと門前払いされ続けて一切会えず、弁護士に頼む費用も無いし何も出来ないままずっと苦しんでいます。

前に何度かテレビで何とか省に電話して病院での性的暴行やカルテ改ざんなどの不祥事を話て、刑罰を与えられる時効内では刑罰と職の取り消しなどの罰を与えられて、時効を過ぎた事でも刑罰以外の罰は与えられてた事を見たはずなんですがハッキリ思い出せません。
長年精神的な疾患の為家族や誰かが一緒に居てくれないと、日常の生活で普通にやれない事が多過ぎて1人で生きて行く事も出来ない人生です。
病院から数々の酷い仕打ちを受け心も身体もボロボロのズタズタです。
精神病だからと言って普通の人より出来ない事は多けど、話が理解出来ないとか思ったり考えたり話したり伝える事が出来ないと言う訳ではなくて、他人よりは大分遅くはなってしまうし上手じゃなく下手だけど頑張って出来ます。

本題に入ります。
まず聞きたいんですけどカルテ保管期間って5年て言われてますが、もしも入院費を払ってなかったら病院側はその患者のカルテを保管していますか?
私は今41歳です。
18、19歳の頃に家族の事と友達付き合いと仕事の事と先の人生について、沢山の不安があり悩みに悩んだ結果生きて行く事に疲れてしまい、自ら病院に入院したいと家族に伝えたのですが1ヶ月近く連れて行ってもらえず、その間にもう一度自分なりに落ち着いて考えてみて沢山の事を一度に考え過ぎ悩み過ぎたのだど思い、一つずつ考えて行く事とどうしてもわからなかったり前に進めない時は、家族に相談して協力してもらって解決しようと入院を改め直したのですが、1ヶ月近く経っていたので別々に暮らしていた母親が迎えに来て、大丈夫だと伝えたけど元気が無かった私を見て一度だけ病院へ行くだけ行くになり行きました。

そこで診察した医師はそこの院長でした。
母親が連れて行ったので院長は母親に色々聞いていたのですが、母親はずっと別々に暮らしていて私が病院へ行きたいと言ってる事だけを姉から伝えられただけなので、ハッキリ言って何も知らないしわかる訳が無いのに院長がずっと母親に聞くから、院長に母親とはずっと別々に暮らしてるのに聞いてもわかる訳が無い。と伝え、母親もそうだと伝えたのにひたすら母に聞くだけだったので、母にもわからない事はわからないってだけ言えば良いから憶測だけで適当な事を話さないでよ!って伝えたけど、〜だと思うんだけど…?って曖昧な話をしてたので院長に、私が患者でただ相談に来ただけなのに何で私の事を知らないお母さんに聞くの?
そんな曖昧で正しくもない事を何でカルテに書いてるの?
後入院はしません!
医者だから正しいと思ってお母さんだって全部信じちゃうじゃん!って。

色々悩んだけどゆっくり休んでから考えたくて入院したいと思ったけど、お母さんが迎えに来る前にここに来る何日も前に自分なりに落ち着いて考えてみて、一気に考え過ぎたからおかしくなったんだって一つずつ考えて行こうって決めて、もう自分の中で解決したし後は普通の日常を送るだけなんです!だから大丈夫です!って伝えたんですが、まだ話をしようとするのでもう大丈夫なんで診察も要らないです!って伝えたんです。
しつこいので勝手に帰ろうとしたら院長に腕を引っ張られ力強く手首を握られたんです。
痛いから離して!!って言ったけど離してくれず無理矢理入院させられそうな勢いだったので凄く恐怖を覚えました。

近くに居た看護婦にも身体を掴まれ病院にも医者にも院長にも看護婦にも、鬱陶しさしか感じなかったので”こんな風に触って良いの?無理矢理じゃん!?”って怒りをぶつけました。
これは妥当な事だと思っています。
私は間違ってる事をしたので正してもらいたくて反論しただけなんですよ。
暴力とか手を上げたりもしてませんよ。
ずっと話てただけです。
私は話ても無駄な相手だと思えたからただ帰りたかっただけなのに、入院の言葉を出されるし訳がわからなくて医者の悪いドラマでも見てるかの様だったけど、実際に目の前でおきて自分にふりかかってる出来事にどう対処するべきなのかもわからなくて、今までの悩みをやっとの思いで解決したのに余計な不安や悩みを医者から院長から押し付けられ悔しくて堪りませんでした。

素直な気持ちでありのままを正直に伝えたのに何故そうなるのか全く理解が出来ないまま、入院させられる意味もわからなくて母親も医者が言う事だからと入院まで頷きそうだったから、どうにかしたくて色々考えてみたけどみつからず最終的に母親が入院を諦める方法が無いか考えました。
私は父方で暮らしていましたが両親の離婚後は私だけ母の籍に移されました。
だから中学卒業後母子家庭の様な状態になり生活保護を受けてた時期もあって、苦しいのを知っていたから3割負担じゃなくなれば入院させないかも知るないと思い、そうする以外に方法も無く最後にかけてみたんです。
これがあってるのかどうなのかは今でもわからないけど、あの時は初めて医者を信じられなくなった時で過去最高の怒りと憎しみと言う苦痛に苦しみました。

藁にもすがりたい程の強い思いだったのでいつ聞いた話かはハッキリは憶えてはないけど、どこかで聞いた事のあった”シンナーや覚醒剤などの薬物は3割負担じゃなくなる”と言う様な内容を思い出して、とっさにシンナー吸ったんだわ!!っと言ったんですが、院長が今まで私の話を聞かず母にばかり聞いてたくせに、母の話はスラスラとカルテに書いて無理矢理話話を聞いてもらっても頷くだけで、私の話す事もちゃんとカルテに書いてよ!って言う前は書いてないのに書いてるよと言うくせに吸ったかって聞かれて、シンナーはペンキとか塗料でしょ?それを吸うの?って逆に質問したのにしつこく聞かれて、話を変えて色々聞くから尋問の様で不快感を覚えて素直に話てるのに何なの!?って怒りました。
2時間近くは診察室にいて院長のせいで話が長くなってるから疲れがピークでした。

院長はシンナーだけは信じたいのか食い下がる様に色々質問攻めで考える隙を与えない様な感じでした。
疲れで限界に近づいてて言葉を間違えてもそれをカルテにそのまま書こうとするし、後でシンナーって言った理由を偽りなく伝えたのに変えてくれなくて、最初の内容からシンナーに変える時は簡単に新しいカルテの紙を出して書いてたのに、悪い内容についてはカルテを直そうとしないんです…。
結局その後疲れて気力がなくなった私を押さえ込み無理矢理お尻に注射を打たれて、気が付いた時は女子病棟の中で本当の精神患者さん達が沢山いて、その中で話がわかる人と無理矢理入れられた事を伝えたら、私もだよ!と言う人が何人もいて怒ってる人も居れば諦めてる人も居て同じ境遇なんだと驚きました。
薬漬けにされて出してなんてもらえない。
金儲けしたいだけだよ!って。
今でも彼女達の名前を憶えています。

院長先生の診察をお願いすれば順番にまわって来ると教えてもらい、院長にまともだから家に帰してと伝えたら笑うだけで、もう一度シンナーではない事を一から説明してカルテをちゃんと変更して欲しいと伝えたら、しておくからと言ったのに後日母親から高額な入院費を払ってる事を聞きずっと気になってました。
私は毎日シンナー用の薬?と眠れるのに眠剤まで飲まされ続けて、手や足の震えが出る様になり酷くなり呂律も回らない様な感じで上手く話す事すら出来なくなり、身体に上手く力まで入らなくなり普通に生活する事が出来なくなったのに、それも病気のせいだと言うんです。
今通いの病院ではそんな事一切言われず薬でそう言う症状が出てしまう事があると説明してくれます。

非常口から脱走し逃げまた入院を2回繰り返しました。
家族は院長に言われるがまま入院させたらしいけど最後はやっとの思いで退院出来ました。
入浴時に看護婦が人出欲しさに男の看護師を呼ぶんですが年頃の子は何人かいて皆気味が悪いと言ってて、実際に周りを確認してから横目で鼻の下を伸ばしてジーッて若い子の裸を、上から下へ下から上へ見たりチラ見したりして私も目が合ったので気付き、検査時にも下着を脱ぐところまで入って来て陰から覗いてたし、夜中23時に○○さん検査でーす!っと呼ばれ時間からして無いってわかるのに、言いに言ったら無理矢理左手首を捕まれ引っ張られ鍵をかけられ、患者の行かない職員の部屋へ連れ込まれ看護師のロッカーの黒いリュックからコンドームを出し、拒んだけど薬で力も大声も思う様に出ないし無理矢理ヤられ…。
騒ぐと臭い独房に入れられるし他の患者に迷惑になるし泣きながら朝を待ち、話すタイミングがわからずやっとの思いで昼に看護婦に伝えたら笑って夢を見たんだわ!と、そう植え付けるか様に何度も言われ他の職員にまで話をされました。

もう面会で家族に伝えるしかないと思って面会の日を待ちました。
でもいつもは1人だけ着く看護婦が倍になって周りの看護婦も耳を立ててて、看護師から暴行受けた事を話したら直ぐに割込んで”この子夢を見ちゃったんですよ〜”ってデタラメ言われて周りも頷き、怒り狂いそうになったけど看護言ってやりました。


誰か助けて下さい!!!
駄目でも少しでも良い方法があれば教えて下さい!
救って下さい。
お願いします。
何年も前から知恵袋や質問やコメントとかに相談したり、病院の院長や看護婦や看護師の名指しで病院のホームページの問い合わせにも出したり、実際に病院まで何度も行ったけど予約が無いとと言われ、予約したら急用でいないと言われ待つと言っても無視され、受付が奥さんの時はうちの人はそんな事しないと門前払いされ続けて一切会えず、弁護士に頼む費用も無いし何も出来ないままずっと苦しんでいま...続きを読む

Aベストアンサー

ここに書き込めるという事は、ネットも調べられますよね。「法テラス」で無料法律相談や「統合失調症 人権保護」などで調べて対話力、説得力のある味方を現実の中で探しだしてください。
病院は組織です。
独りで戦うには敵は大きすぎます。

Q錐体外路障害や悪性症候群などに関して

これらの副作用は、ドパミン受容体を遮断する抗精神病薬などによって引き起こされるみたいですが、具体的にはどのような症状が生じ、どのような悪影響があるものなのでしょうか?

また、パーキンソン病治療薬では、ドパミン受容体を刺激するような薬物ではなく、抗コリン薬によって錐体外路障害を改善できるみたいなのですが、これはなぜなのでしょうか?

わかる方いましたら、どちらひとつでもいいので、教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

薬剤性パーキンソ二ズムはパーキンソン病と同じような症状が全て出たりその一部が出たりします。ご存知のようにパーキンソン病はアクセル役のドーパミンとブレーキ役のアセチルコリンのバランスが悪くなることが引き金になりますが、脳内のドーパミン不足が起こると相対的にアセチルコリンが過剰になってきます。抗コリン剤にはこの過剰になったアセチルコリンを抑制してドーパミンとのバランスを整えようとする働きがあります。特に振戦や無動に有効とされます。

Q病院で一度の診察で二回分の診察代を請求されました。何故?

 病院の会計時に「今日は処方箋が2枚なので、支払いも2回分です」といわれました。
 
 支払いしてしまったんですが、釈然としません。

 長期投与、問題なしの薬が2か月分だったのですが、一枚にまとめればすむ話なのでは?

 回答、お待ちしています。

Aベストアンサー

「支払が2回分」というのは、再診料を2回取られたということでしょうか。診察は1回だけなのですよね? ならば再診料を2回取れる筈がありません。

 薬の投与日数については、以前は厳しい制限がありましたが、平成14年4月の制度改正により、原則として投与日数制限が廃止となりました。ただし、「予見することができる必要期間に従ったものでなければならない」(保険医療機関および保険医療養担当規則)とされ、薬によって14日、30日、90日の制限がかかっているものも多くあります。

 tako3yuuhiさんの事例の場合、わざわざ処方箋を2枚に分けているということは、次のいずれかの可能性が考えられます。

1.30日制限の薬を2ヶ月分同時に処方した。

2.2ヶ月分同時に処方できる筈の薬だが、医療機
 関の診療報酬や薬局の調剤報酬を稼ぐために、2
 回に分けた。

 もちろん、いずれも違法行為です。処方箋の処方日がどう書いてあったかご記憶ですか? もしかすると片方は一ヶ月先の日付になっていませんでしたか? 再診料を2回分取った辻褄を合わせるために、実際には診療していない一ヶ月後の日に診療したことにして、カルテに虚偽記載し、保険請求も行っている可能性があります。

 tako3yuuhiさんが今後やるべき事は、ふたつに分けられます。

◆1.ひとまず自分の問題として解決する。

 この場合、医療機関窓口でよく説明を聞いて、上記のように不当な診療報酬算定であった場合は返金させましょう。また、薬局でも調剤技術料・指導料等を2重算定されている可能性があるので、医療機関に薬局へ連絡させ、不当なものは返金を求めて下さい。

 なお、医療機関にやましいところがある場合は、医療機関との関係がこじれて今後受診しづらくなるケースも想定されます。それが困るなら、次の2の手ですね。

◆2.医療費不正請求事件であり、再発防止のために
 行政に通報して指導してもらう。

 医療費は国家財政を圧迫している要因のひとつで、厚生労働省の発表によれば平成15年度に発覚した診療報酬不正・不当請求額は約63億3千万円にのぼるとか。当然これは氷山の一角です。不正・不当請求を見つけるには、保険料・保険税を納めている私たち患者一人一人が医療費に敏感である必要があります。

 というわけで、ひとまず状況を静観した上で、今後保険者から送られてくる筈の医療費通知を確認してみてください。もし、実際には受診していない筈の月に医療費が発生していれば、明らかな不正です。また、保険者に対してレセプト開示請求をすれば、ある月にその医療機関に何日受診したことになっているかが判ります。1回しか受診していないのに2日になっていて再診料も2回請求してあれば、これも明らかな不正です。

 不正・不当請求の疑いのある場合は、是非お住まいの都道府県の社会保険事務局保険課へ通報してください。

「支払が2回分」というのは、再診料を2回取られたということでしょうか。診察は1回だけなのですよね? ならば再診料を2回取れる筈がありません。

 薬の投与日数については、以前は厳しい制限がありましたが、平成14年4月の制度改正により、原則として投与日数制限が廃止となりました。ただし、「予見することができる必要期間に従ったものでなければならない」(保険医療機関および保険医療養担当規則)とされ、薬によって14日、30日、90日の制限がかかっているものも多くあります。

 tako3...続きを読む

Q検査入院だったはずが、悪性症候群から肺炎、危篤状態に(長文です)

親友のおじいちゃん(85歳)のことで相談させてください。

ある日、おじいちゃんがお腹が痛くなり、近くの病院へ行ったのですが、念のため大きい病院で検査したほうがいいといわれました。
次の日、大きな病院へ行くと、予約している人もいて、1日で検査を終わらせることが出来ないので、何度も往復するのが面倒だったら入院してもいいですよ、と言われ、その日一日だけ泊まることにしました。

次の日の朝、おじいちゃんは「子供を捜しに行かないかんのじゃ。」とわけの分からないことを言って騒ぎ出したらしく、気持ちを落ち着かせる薬を飲まされました。(それまでボケの症状は出たことないそうです。)
その後、その日のうちに熱が出て、入院が長引き、いつの間にか肺炎まで起こし、一時は危篤状態にまでなりました。

先生からは、薬の副作用による悪性症候群によって発熱した、と説明を受けたそうですが、家族は疑問を感じてます。
もともと詳しく検査をしたら、と言われた箇所は検査の結果、まったく問題がなかったそうで、気軽に自分で自転車に乗って病院へ行ったのに、いつのまにか死にかけてしまってる、なぜ?

その家は、おじいちゃん・おばあちゃん・お母さんの3人暮らしで、車で1時間ぐらいかかるところに親友(女)が一人暮らしをしています。
小さい頃からお父さんのいなかった親友にとっては、父親代わりでもあるのです。
離れて暮らしているだけに心配していて、私もなんと親友に言ってあげたらいいのか分かりません。

年齢的なことを考えれば、仕方ない事態なのかもしれませんが、こういうことってよくあることなのでしょうか?
また私は親友のために何が出来るのでしょう。
アドバイスをお願いします。

親友のおじいちゃん(85歳)のことで相談させてください。

ある日、おじいちゃんがお腹が痛くなり、近くの病院へ行ったのですが、念のため大きい病院で検査したほうがいいといわれました。
次の日、大きな病院へ行くと、予約している人もいて、1日で検査を終わらせることが出来ないので、何度も往復するのが面倒だったら入院してもいいですよ、と言われ、その日一日だけ泊まることにしました。

次の日の朝、おじいちゃんは「子供を捜しに行かないかんのじゃ。」とわけの分からないことを言って騒ぎ出した...続きを読む

Aベストアンサー

>悪性症候群から肺炎、危篤状態

私の父と同じですね。

まず、検査入院でも1日違う環境に寝泊りすると、環境の違いがわからず混乱してボケのきっかけになる事はよく言われています。

悪性症候群は神経系の薬を飲み続けて、何かの拍子で飲むのをやめた場合、または逆に神経系の薬を飲みだした場合どちらでも発症します。

私の父はパーキンソン病で15年神経系の薬を飲んでいましたが、風邪を引いてひどく咳き込み飲み込めなくなたので薬を止めて、気管支炎で入院して3日目に悪性症候群になりました。

嚥下(飲み込む)事が難しい状態で、食事すると老人の場合、嚥下性誤飲肺炎になるそうで(発症率80%ぐらいだったかな)体力が低下しているので合併症を起こして、どーにもならなくなります。

>よくあることなのでしょうか
頻繁にある事ではない様ですが、まったくない事ではないようです。
悪性症候群の発症率は0.5%程度だったかな。


悪性症候群になった場合、回復する率はかなり低いといわれました。
私の父は医者が驚愕するぐらい心臓が強く、毎週あと2日しか持たないと呼び出されましたが、入院後約3ヶ月後亡くなりました。
通常は1ヶ月持たないそうです。

症状は筋肉が溶け出す>血中にたんぱく質が解けて腎臓に負担がかかる>急性腎不全になる  です。


尿を採集していると思いますが、尿の出が止まった翌日(腎機能停止状態)に逝きました。

>何が出来るのでしょう
冷たい言い方ですが、この病気に関しては何も無いと思いますよ。
医者も悪性症候群に関しては対症療法しかないと言ってました。

その親友が頻繁に実家に帰る必要があると思いますが、そのバックアップをしてあげる事ぐらいでしょうか。

>悪性症候群から肺炎、危篤状態

私の父と同じですね。

まず、検査入院でも1日違う環境に寝泊りすると、環境の違いがわからず混乱してボケのきっかけになる事はよく言われています。

悪性症候群は神経系の薬を飲み続けて、何かの拍子で飲むのをやめた場合、または逆に神経系の薬を飲みだした場合どちらでも発症します。

私の父はパーキンソン病で15年神経系の薬を飲んでいましたが、風邪を引いてひどく咳き込み飲み込めなくなたので薬を止めて、気管支炎で入院して3日目に悪性症候群になりました...続きを読む

Q耳鼻科で、朝の受付開始の前に行き診察券を出せば普通に行くよりも早く診察を受けられますか。

題名のとおりなのですが、先日から耳鼻科に通っています。

9時30分から診察開始で、いつも10時ぐらいに行くのですが、沢山の人がいて、後から来た人のほうが早く診察してもらっている場合もあり、1時間ほど待ちます。
この人達はいつ予約しているのだろう???
といつも気になっていました。

明日も診療を受けに行くのですが、どうしても11時からはずせない予定が入っているので11時までにそこに着かなくてはいけません。

この場合、診療開始の9時半より前の9時ぐらいに行って、診察券を入れておけば、普段よりも短い待ち時間で診察を受ける事ができるのでしょうか?
そもそも9時半に診療開始で、9時ぐらいに医院は開いているのでしょうか?

あまり病院にいかないのでシステムがわかりません。
たぶん電話予約とかは行っていない(手術などの場合は別だと思います)と思いますが、回答いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

病院によると思うので確実なことは言えませんが。

私の勤務先の場合、朝はお掃除の人が入るのでかなり早くから入り口は開いています。なので近所の方は朝診察券だけ受付に出して一旦家に帰り、診察開始時間にまた来たりしてます。
なので、病院さえ開いていれば可能じゃないかなとは思うのですが…。

確実なのはそこに電話して聞いてみることですが、明日の朝のことでしたら駄目もとで早めに行ってみてもいいと思います。
9時半診療開始であればスタッフは8時半~9時には出勤しているでしょう。

Qパーキンソン病の鍼灸治療について

パーキンソン病の鍼灸治療について
母親がパーキンソン病で、発症から10年近く経過しているのですが、大阪市、大阪府、その近辺でパーキンソン病治療において評判の良い鍼灸院を教えてほしいです。

もし思い当たらなければ、パーキンソン病を得意とする鍼灸院によらずとも構いません。
ただし、パーキンソン病を得意としていないことを明記してほしいです。
大阪府内でパーキンソン病を得意としている鍼灸院がほどんとなく、藁にもすがる想いです。
(パーキンソン病の実績があるか等鍼灸院に直接問い合わせをしたいと思います)
どんどん情報をください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>パーキンソン病に鍼灸があまり役に立たない、ということはちらほら聞いたことがあります。私としましても、あまり鍼灸治療の効果を信じているわけではありません。

これは誤解です。先の回答に書いたように、完治を求めている人の言葉だったり、少ない治療回数での感想か、術者の腕ですね。基本的に鍼灸はパーキンソンは得意分野です。


>ですが針灸治療によって身体の動きがよくなる、薬の効き目が長くなる、便秘が解消される等の効果があれば、外に出かける意欲もわき、運動できる時間も長くなり

薬の効き目は期待しないで下さい。その他はそのとおりの効果はあります。


>鍼灸というのは聞いたところによると、行う人により程度の差があり、治す気がない・下手な人が行うと症状が悪化すること、また得意部門・不得意部門にわかれていることを聞きました。

鍼でパーキンソンが悪化するようなことは絶対にありません。鍼は刺激が強すぎると、翌日に痛みやだるさが出ることがあります。逆に言えばこれがなければ効果が薄いのですが、出すぎるのが困るわけです。刺激量の決定は個人差が非常大きく、細い鍼ですごく良く効く人もいれば、太い鍼でもいまいちという人もいます。患者さんの反応を見極めて刺激量を決定をする必要があります。この刺激量を間違え、翌日にだるくて起きられない、様なことが起こってパーキンソンが悪化した、と勘違いしたのでしょう。これは鍼の刺激が過剰に出た例であり、パーキンソンが悪化したわけではありません。


>鍼灸院のサイトは当然のごとく自分たちの都合の良いように書き連ねるでしょう。参考にできません。
しかし付近でパーキンソン病に特化して口コミを探すことは症例から言って困難だと思われます。
そこで口コミ評判の一環としてこのOKWaveを使わせていただこうと思ったのです。
できれば具体的な鍼灸院名があればありがたいです。

私は毎日OKWaveを利用していますが、地域限定の口コミ情報はほとんど回答が得られていません。また業者が宣伝目的で回答つけることも良くあります。(削除される質問も多いので) 不特定多数のコミュニティサイトでの情報提供はほとんど信じられないと思います。病院やショートステイでパーキンソンの方がいますよね?そこから情報を得た方が確実だと思いますよ。


>そこでしっかりした専門的な回答
もしよろしければ、専門的な回答とは例えばものか教えていただけませんでしょうか。
別のサイトで、中国古典医書でパーキンソン病はどんな考え方をしているのかを見ましたが、それが回答でき、治療法・治療回数等を教えてもらえれば良いところだと判断して構いませんでしょうか?

鍼灸の治療法は大きく分けて三種類あります。西洋医学的に基づいた方法、東洋医学に基づいた方法、中医学的に基づいた方法、です。個人的な考えでいえば、西洋医学か中医学の方がいいと思います。ただ中医学に傾倒しすぎているのも問題あるかもしれません。といいますのは、パーキンソンの治療の基本は病院です。病院の考え方とあまりにもかけ離れていると、病院を否定しかねません。これは西洋医学的術者もそうですが、病院治療を否定する施術者はやめましょう。

専門的な回答はパーキンソンで言えば、基本症状、お薬、リハビリなど理論的に説明できないとダメだと思います。いま患者さん生活状況・病状を聞き、パーキンソンの症状と照らし合わせて考え、具体的な治療方針を立て、近々の目標、さらには中長期的な展望など明確に出来る人が望ましいと思います。もちろんパーキンソン以外の医学知識が出てくる場面もあるでしょう。

鍼治療の方法は基本に、パーキンソンだから特別なことはしません。治療の目的は運動器の改善や便秘の軽減です。これは肩コリ、腰痛の患者さんに行う方法と基本的に同じです。ですから、地元である程度はやっている治療院はいいと思います。しかし治療院の規模や、保険の関係で流行っているように見えるだけかもしれません。腕が良くても個人でやっているお店なら、どんなに多くても患者さんは日に10人程度です。鍼は直接手をかけるため、完全予約制が多いです。ですから見た目で流行っていないように見えることが多いです。


すいません。長くなってしまい的を得てない部分があるかもしれません。
他に何かあれば補足してください。

No.1です。補足ありがとうございます。


>パーキンソン病に鍼灸があまり役に立たない、ということはちらほら聞いたことがあります。私としましても、あまり鍼灸治療の効果を信じているわけではありません。

これは誤解です。先の回答に書いたように、完治を求めている人の言葉だったり、少ない治療回数での感想か、術者の腕ですね。基本的に鍼灸はパーキンソンは得意分野です。


>ですが針灸治療によって身体の動きがよくなる、薬の効き目が長くなる、便秘が解消される等の効果があれば、外に出かける意欲も...続きを読む

Q入院中の大学病院に検査設備が無くて、 系列の大学病院で検査を受ける手続きについて

入院中の大学病院に検査設備が無くて、
系列の大学病院で検査を受ける手続きについて


私は、 今年6月に、東京のある大学病院に検査入院として、7日から10日の予定で、入
院を致しました。
検査も進み6日目に、他の検査をする事になりましたが、

この大学病院には、検査設備が無い為、系列の大学病院で、検査をする事になりま
した。

此の 大学病院の、脳神経外科病棟の主任看護師が、申すには、一度退院手続きをし
て、退院をしない限り、系列の大学病院でも、検査を受ける事は出来ないと言う事でし
たので、

仕方なく,私は、大学病院を当日退院して、系列の大学病院で検査を受けて帰宅をして
、後日、入院中に検査をした結果と、系列の大学病院で、検査を受けた結果と共に、改
めて通院をして検査結果を受診する事になりました。

当初、私の予定では、入院している病院から、
系列の大学病院に出向いて、
受診検査を受けて検査結果を持ち帰り
入院中の病院で診断を受けて、退院をする予定でしたが。
主任看護師が退院しなければ、駄目と言う事で、予定も狂い、又、余計な出費もかかり
ました

私が不思議に思うのですが

私は、検査入院で動ける身体だから、設備のある系列の大学病院に行って検査を受ける
事が出来ますが

動けない重病人でも、入院中の病院に設備が無い時に、設備のある病院で検査を
受けなければならない時に、重病人を,退院をさせて検査を受けさせるのでしょうか。

私は、主任看護師の申している事が間違っていると思うのですが。
其れとも、法律が,間違っていると思うのですが
其れとも、私の考えが間違って居るのでしょうか

もし、この件について詳しい方がおりましたら教えてください。

宜しくお願い致します。

入院中の大学病院に検査設備が無くて、
系列の大学病院で検査を受ける手続きについて


私は、 今年6月に、東京のある大学病院に検査入院として、7日から10日の予定で、入
院を致しました。
検査も進み6日目に、他の検査をする事になりましたが、

この大学病院には、検査設備が無い為、系列の大学病院で、検査をする事になりま
した。

此の 大学病院の、脳神経外科病棟の主任看護師が、申すには、一度退院手続きをし
て、退院をしない限り、系列の大学病院でも、検査を受ける事は出来ないと言う...続きを読む

Aベストアンサー

大学病院に限らず、ある病院に入院中の患者が他の医療機関を受診するのは望ましくないというのが原則です。また入院している病院にとって金銭的な損害を生じる制度となっています。
そうなっているのは入院中の患者に対してはかなりの額の診療報酬が病院に対して支払われるのに、それ以外の診療報酬が同じ期間に他の医療機関に支払われるのは良くないという考えからです。
また重複診療といって一つの病気に対して同時期に複数の医療機関を受診することは確かに禁止されています。
>系列の大学病院でも、検査を受ける事は出来ない
というのはあながち嘘ではないように思います。
ただしあなたが経験したような事態になった場合、使われる診療報酬が本当に減らせているかは疑問ですよね。
お役人が考え出した机上の空論だと思います。

Qパーキンソン病の薬と治療について教えてください

今年75歳になる母がパーキンソン病の初期との診断を受けました。最初は椎間板ヘルニアによる下肢症状にて整形外科を受診しておりましたが、徐々に状態が悪化し、上肢(右半身全体)にも症状が波及するようになり、神経内科へ移り、上記と診断されました。
下記のような症状があります。
・姿勢保持・反射・歩行障害(小刻み、すり足歩行、方向転換困難、突進歩行、腕振りの消失、よろめく等)

・自律神経障害(強度の便秘、血圧低下・変動)

・右半身の症状(手足の不自由、攣り、脱力、歯磨き・書字等細かい作業困難)

・その他(全身倦怠感、物忘れ、眠気、意欲、食欲の低下、食欲不振、体重減少、軽い嚥下障害、味覚嗅覚障害)

これらの症状から、パーキンソン病の初期であろうとの診断にて、メネシッド(1日2回、1回半錠)を1週間試験服用した結果、血圧の急激な低下、抑うつ状態、全身脱力、眠気の持続等、強い症状が現れ、体調不良にて現在は休薬しております。

医師からは薬の服用はもう少し経ってからでも良いと言われておりますが、症状の進行状態により薬の服用は近々開始しなくてはと考えております。薬の服用にあたり、治療薬を調べてみましたら副作用の多さ、怖さに愕然としました。母は医師からも薬に過敏であるため副作用が出やすく、薬併せが非常に難しい体質だと言われており、高血圧、糖尿病等の持病もありますので慎重に検討したく思っております。

私なりにいろいろ調べてはみましたが、パーキンソン病は難しい疾患で薬に対する知識も少なく、わからないことや不安に感じていることも多々ありますので、お詳しい方やご経験者の方がおられましたら、以下の質問についてのアドバイスをいただけますと大変有難く存じます。

質問
(1)パーキンソン病治療薬は重大な副作用として、心臓弁膜症や悪性症候群等の報告があると知りました。私が調べた結果、麦角系の薬にその副作用が多いとのことでしたが、では非麦角系の薬(薬名・ドプス、ビ・シフロール、レキップ等)でしたら安心して服用できるのでしょうか?

(2)治療薬には様々な分類・種類があるようですが、一番緩やかに作用し、重大な副作用(心臓弁膜症)を起こしにくく、比較的安全に服用できる初期患者に適した薬(薬名)は、どのようなものがあるでしょうか? 前回メネシッドにて副作用が出現し、中止せざるを得なくかったため、次回は少し弱めのシンメトレル?の服用を試みるかもしれないのですが、この薬は抗ウイルス薬という特殊な分類なので、副作用に関してどのような症状があるのか知りたく存じます。

(3)パーキンソン病患者は、心臓弁膜症や右心不全等、最終的には心臓(心筋)の異常をきたしてしまうようですが、副作用を懸念して薬を服用せずに過ごした場合、全身の筋肉のみならず、内部(心筋)にもやはり異常が出てくるのでしょうか? 薬を服用してもしなくても何かしら心臓(心筋)への悪影響があるように思えてしまい、このことが母も私も一番の不安であり、この疑問を解決せずには、次のステップとしての治療薬の服用開始にどうしても踏み切れません。正しい知識がないために不安ばかりが募っておりますので、心臓(心筋)への影響について詳しく教えていただきますと嬉しく存じます。

(4)パーキンソン病治療薬の効果は10年ほどしか持続しないと聞きました。したがって服用開始時期も慎重になってしまい、早めに服用して進行を遅らせるほうが良いのか、それとも症状がある程度強く出現するまで家庭内リハビリを頑張って服用開始を遅らせるほうが良いのかを悩んでおります。薬の服用開始の判断は、もちろん本人がせざるを得ないと思いますが、目安として症状が片側(半身)のみの間に早くから服用すべきか、それとも両側へ移行する等、症状が明確になってからでも良いのかの判断できずにおります。症状の進行を食い止めたい思いは強いのですが、薬の副作用の不安が消えず躊躇しています。

以上4項目に関しまして、アドバイスを頂けますと嬉しく存じます。勉強させて頂き、今後の参考にさせて頂きたく存じますのでよろしくお願いいたします。

今年75歳になる母がパーキンソン病の初期との診断を受けました。最初は椎間板ヘルニアによる下肢症状にて整形外科を受診しておりましたが、徐々に状態が悪化し、上肢(右半身全体)にも症状が波及するようになり、神経内科へ移り、上記と診断されました。
下記のような症状があります。
・姿勢保持・反射・歩行障害(小刻み、すり足歩行、方向転換困難、突進歩行、腕振りの消失、よろめく等)

・自律神経障害(強度の便秘、血圧低下・変動)

・右半身の症状(手足の不自由、攣り、脱力、歯磨き・書字等細かい作...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
回答が無いようなので。

文面を見た所、はじめての薬で、
副作用が強く出てしまったため、
かなり、不安になっていらっしゃると思います。

パーキンソン病は、難病指定されていますし、
文面にあるとおり、多彩な症状があり、
治療薬も、それなりに専門的技量が必要とされます。

決して少ない病気では無いのですが、
病名の割には、患者さんが多い訳でも無いので、
心配であれば、神経内科の さらに専門医に、
診てもらった方が、経験も豊富で、
安心して治療に取り組めると思います。
診断から、上記質問の回答まで、
ほぼ適確に、答えが貰えると思います。

専門医(認定医)は、
 http://www.neurology-jp.org/
より、調べることが出来ます。

医師向けではありますが、
リンクをたどれば、治療ガイドラインなど、
詳細な情報もあります。

直接的回答になっておりませんが、
少しでも参考になれば幸いです。

Qパーキンソン病について教えてください。

パーキンソン病につて教えてください。
パーキンソン病と言われ入院中の身内がいます。入院して一週間ですが少しずつリハビリを始めています。現在は座位のリハビリを一日20分ぐらいのようですが、どれぐらい戻れるものでしょう。患者は71歳です。また、身内として何をしてあげる事ができるのでしょうか?それから、難病指定があるようなのですが、どこに何の申請をすれば良いのですか?申請が受理されるとどうなるのですか?不安でしかたありません。どうか、経験者の方、知識をお持ちの方、どんな事でもかまいませんので経験談やアドバイスいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 お近くの方がパーキンソン病で入院されているようですがご心配でしょうね。私は神経内科専門医ですが、パーキンソン病は非常に多い疾患です。軽症の方であれば入院の必要はありません。パーキンソン病というのは、脳にあるドーパミンという神経伝達物質が足りなくなって起こる病気です。飲み薬の効果が非常に高い病気ですので、治療の中心は飲み薬ということになります。71歳でしたらまずドーパミンアゴニストというお薬が第1選択ですが、このお薬の効き目が十分でなければL-ドーパというお薬を上乗せします。何れにしても飲み薬は徐々に増やしていきますのでお薬の効果がみられるには最低でも1ヶ月程度は必要だと思います。初回治療のパーキンソン病の方で他に病気がなければ、飲み薬だけでかなりよくなる方が多いと思います。ただ同じパーキンソンという病名がついても脳梗塞が原因であったりお薬の副作用で似たような症状が起こっている場合はパーキンソン病の飲み薬はあまり効きません。
 病気は何でもそうですがきちんとした診断が最も大切ですから神経内科専門医のいる病院にかかることをお勧めします。


人気Q&Aランキング