忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

こんばんは。今吹奏楽でクラリネットを吹いてます(YAMAHAのカスタム)
パート練習とかをしている時はそこまで気にならないのですが、全体でtuttiすると一人だけ音が浮いてしまいます。ピッチが全然あってないのか…
今1stなんで特に目立ってしまい自分で吹くのが嫌になります。回りの音を聞いてはいるんですがなかなか合わなくて。音がイメージ出来て無いんでしょうか?
どうしたら直りますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


私も吹奏楽でクラリネットを吹いています。クラリネットいいですよねー♪小学生の頃から浮気せずにクラ一筋ですよ笑

それはともかく、音が浮いているというのはどういう事でしょうか?

・チューニングが出来ていないのであれば、他の人に協力してもらい、正確な高低を聞いてチューニングをしましょう。
たると上官の部分の隙間を調整することで、音がやや低くなったり高くなったりします。

・音が出しにくかったり、がさついた音がするのであれば、リードの調整をしましょう。
リードとマウスピースは、水平に見て同じ高さか、髪の毛一本分くらいリードが低いと吹きやすいです。使う前に湿らすのを忘れずに。
リードの種類を変えてみてもいいですね。
私はYAMAHAの3番が一番吹きやすいですが、最初の頃は2番を使っていました。
他のメーカーでも良いのがあるかもしれません。

音のイメージは、クラリネットの場合、遠くに飛ばすような感じですね。
そして、低い音なら暖かい息、高い音ならきつめの息を入れる気持ちで吹いてみて下さい。

どう考えても変な音が出ている場合は故障かもしれないので、楽器屋さんに相談してみましょう。
同じクラリネット奏者同子、応援してます(´∀`*)
    • good
    • 0

20年くらいクラリネットを吹いています。


ピッチが不安ならば、マイク付のチューナー(ベルに挟むタイプ)を使って、正しい音程で演奏できているか調べてみてはいかがでしょう。楽器には癖があるので、自分の楽器の音程の状態を知ることが大切だと思います。
ピッチ以外でも次の原因があげられます。
(1)アタックのやり方、強さが周りとあっているか?
(2)音の長さ、処理のしかたがあっているか?
(3)ハーモニーのバランスがとれているか?
など

後はなによりもメンタルハーモニー(心のハーモニー)が大切です。私も経験ありますが、1stを吹いていると目立とうとする心の動きがあらわれ、周りの音に鈍感になりがちです。特にtuttiだと、金管楽器も同じ動きをするので、トランペットなどに対抗しようとして、めちゃ吹きしてしまい、クラリネット本来の柔らかい音が失われてしまいます。そうなると間違いなく音は浮きます。
平常心を保って、クラリネット本来の吹き方を忘れずに演奏することが大切です。周りのtuttiの動きにあわせて、軽く吹くぐらいが一番いいサウンドを生むのではないでしょうか。
何よりも周りの仲間を信頼して、みんなでいいサウンドを作ることが大切だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラリネットの響き

今まで丸い音を目指していたのですが、響きが足りないなと思いました。
もっとベルから音が響く感じがほしいんですが、どう練習すればいいのか分かりません。
それに目指していた丸いキレイな音もまだ全然近づけていません。
高い音はちょっととがったような音になってしまい、タンギングとかをすると余計汚くなります。

具体的にどういう練習法が効果的か教えて欲しいです。

Aベストアンサー

吹奏楽指導の他、アマチュア吹奏楽団やビッグバンド、アマチュアオーケストラでサックスやファゴットを吹いてきました。あなたの使用楽器やマウスピース、リード、経験年数などが不明なので、あなたの状態がうまくイメージできにくく、的はずれな回答になるかもしれませんが、お許しください。

まず、「丸い音を目指していた」とのことですが、他の回答者がおっしゃっているように、あまり薄いリードだと「丸い音」には聞こえにくいものです。標準タイプのマウスピースに対して「2半」のリードを使い安易に吹き鳴らすと下品な音に聞こえます。また、リードメーカーによっても音の特徴があります。しかしながら、ジャズをしている人たちは薄いリードを選びます。そして、様々な表現をして楽しみます。薄いリードには様々な表現ができる可能性があるのです。アンブシュアや楽器の角度、喉の開き方、息の入れ方等々工夫してみてください。リードを唇で優しく包み込むイメージが良いと思います。お金に余裕があるのなら、マウスピースやリガチャーを替えるのも楽しいものですが、まずは、リードと奏法が大切です。
 最初は、標準マウスピースに「3」ぐらいのリードをおすすめします。リードメーカーは各社特徴があっておもしろいですが、10枚買うと2~3枚程度吹きやすいものがあると思います。上級者になれば、3半、4などのリードを選択される方もありますが、「3番のリードで十分に楽器を鳴らせる」「もっと息を入れたいがリードがもたない」と感じるようになってからの方が良いと思います。厚めのリードを使うには口や体の筋力にゆとりが必要です。また、個人的にはあまり分厚くない「3~3半」くらいのリードで繊細なコントロールをしながら演奏する方が面白いと思います。

「もっとベルから音が響く感じがほしい」という感想から想像される状態は、息の不十分さです。息を十分に入れて唇で優しくリードを包みリードが十分に振動できるようにイメージしてください。最高にリードが振動する圧力・包み方を体で覚えるようにします。低音と高音ではアンブシュアが全く違います。正しい音程でリードが最高によく振動するために必要な圧力や支えるポイントが違うのです。また、低音の場合は、太い息をイメージして、高音の場合は細く早い息をイメージしてみてください。
また、楽器が十分にならないのは、楽器の状態にもよるかもしれません。信頼できる楽器店で調整された楽器でしょうか。また、あまりにも古かったり安いグレードだったりしないでしょうか。信頼できる人たちに相談してみてください。楽器が変わるとびっくりするくらいうまくなる人がいますよ。

「高い音はちょっととがったような音になってしまい、タンギングとかをすると余計汚くなります。」とのことですが、高い音で安定して良い音が出ないのは、良いアンブシュアができていないことやリードが薄くてコントロールしにくいことが考えられます。リードの工夫をするとともに、ロングトーンで心地よい音が出るアンブシュアや楽器の角度等を覚えていってください。正しい音程が出ているかどうか確かめるのも必要です。チューナーで確かめてください。また、タンギングで音が乱れるとのことですが、タンギングをしたときに口の中ができるだけ動かないことが大切です。舌が必要最小限の動きをすること、唇が動かないこと、くわえ方が変わらないこと等とても大切です。ロングトーンをしながら、音程や音色が変化しないように舌をそっと動かしてタンギングをしてみてください。全ての音域で練習することをおすすめします。

参考になったかどうかわかりませんが、楽器を思う存分楽しめますように。

吹奏楽指導の他、アマチュア吹奏楽団やビッグバンド、アマチュアオーケストラでサックスやファゴットを吹いてきました。あなたの使用楽器やマウスピース、リード、経験年数などが不明なので、あなたの状態がうまくイメージできにくく、的はずれな回答になるかもしれませんが、お許しください。

まず、「丸い音を目指していた」とのことですが、他の回答者がおっしゃっているように、あまり薄いリードだと「丸い音」には聞こえにくいものです。標準タイプのマウスピースに対して「2半」のリードを使い安易に吹...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報