出産前後の痔にはご注意!

「マリア・カラス国際声楽コンクール」優勝とかいう記事を見ることがありますけど、このコンクールって本当にあるの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

すみませんが、他の方のご回答ですが訂正させてください。



中丸三千繪さんは、残念ながらギリシャのこのコンクールには出ていません。
イタリア留学中にローマで「マリア・カラスコンクール」に出場し、優勝なさっています。
こちらは、賞金の他に、テレビ放送されるので
オファーされる場合がある、というメリットがあります。

開催年も違いますね。
アテネの「マリア・カラス国際声楽コンクール」は、奇数年の開催です。
    • good
    • 3

ちゃんとありますよ。

声楽では最も権威のあるコンテストとされています。
他の部門もあります。

マリア・カラス・コンクール
(Maria Callas Grand Prix)
アテネで開かれる。声楽(オペラ、オラトリオ。歌曲)のほかピアノ部門もある。1年ごとに交互に開催される。

オフィシャルサイトは以下
http://www.athenaeum.com.gr/english/grand.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。
過去の優勝者リストって出ていないのでしょうか?

お礼日時:2009/10/19 17:46

こんちは。



正式名称が何語なのかわからないのですが(ギリシャ語?)、とりあえず、英語ではMaria Callas Grand Prix for Opera, Oratorio-Lied and Piano - International Music Competitionsと呼ばれるコンクールがギリシャで催されています↓
http://kadmusarts.com/festivals/1080.html
こちらは公式サイト↓
http://www.athenaeum.com.gr/english/grand.htm
主催者はこちらで確認できます(アテネ市文化協会??)↓
http://www.athenaeum.com.gr/english/gp_selection …

声楽部門とピアノ部門に分かれて開催されるように解釈いたしましたが、この声楽部門が日本語で「マリア・カラス国際声楽コンクール」と呼ばれているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最近、スミ・ジョーという歌手を気に入っていますが、彼女はこのコンクールに出たのでしょうか?

お礼日時:2009/10/19 17:49

中丸三千繪さん(日本人のソプラノ歌手)


1990年に優勝しています。
http://www.emimusic.jp/classic/nakamaru/story.htm

ディナーラ・アリエーヴァさん(アゼルバイジャン出身のソプラノ歌手)
2007年に2位入賞
http://www.tokyopromusica.jp/event_news/alieva.h …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、オペラ歌手は高給なのですか?

昨日のテレビで、オペラ歌手の中丸三千絵という人が出てましたが、1ステージ2000万円で年間160ステージくらい公演すると言ってましたが、プロ野球のメジャーリーガーより高給だと思います。
とても、公演のチケット代ではギャラが払えないと思いますが、なぜオペラ歌手は高給なのでしょうか?
回答お願いします!

Aベストアンサー

海外のことは存じませんが、日本の場合は、オペラで毎年のように主役を張り、リサイタルをやれば満員で、CDも出しているトップクラスの歌手であっても、そんなに収入が安定している訳ではなく、収入安定のために音楽大学等の先生になることを模索されていたりします。

オペラも昔は歌を聴かせるのが主体という意識から演技はおざなり、突っ立ってセリフ棒読みというのが多かったようですが、今は演出にも凝って、観客の目も肥えているので、演技もしっかりやることが求められ、それだけ一回の舞台にかける稽古量が増えて、拘束される期間も長くなっています。

それでいて、ひとつの演目の本番はせいぜい2回、ダブルキャストで4回公演で終わってしまうことが多いです。だから、一人の歌手が年にこなせるオペラはせいぜい2演目、競争も激しいので、コンスタントに年に一演目重要な役柄でオペラに出続けている歌手はかなりの売れっ子だと思います。

ご存知のようにオペラは電気的拡声なしの肉声でやります。今は声は消耗品といわれ、野球で肩は消耗品と言われて投手分業制が定着したように、オペラでも主要な役柄ではダブルキャストが当たり前になっています。中丸三千繪さんが年間160ステージと言われたというのは、常打ちでオペラをやる劇場の箱としての年間公演数のことではないでしょうか。端役や合唱メンバーならともかく、主要な役柄でそんなに出ずっぱりでは一年持たずに声が潰れてしまいます。

だから、中丸さんが仮に一演目2000万円のギャラを取っておられるのだとしても、年にせいぜい二演目ぐらいしか出られないものだと考えると年収4000万円で、世界のトップレベルの方であることを考えると、オペラ歌手の収入は他の分野の世界トップレベルと比べてさほど高額ではないといえます。現にこの方も大学の先生をされているようですし。

日本のオペラ歌手の場合、常打ちのオペラ専門劇場もない現状、そんなにオペラ公演で歌うチャンスは多くない、一回の演目での拘束時間も長い、ギャラもそんなに高額ではないということで、冒頭に申し上げたような現状があります。

海外のことは存じませんが、日本の場合は、オペラで毎年のように主役を張り、リサイタルをやれば満員で、CDも出しているトップクラスの歌手であっても、そんなに収入が安定している訳ではなく、収入安定のために音楽大学等の先生になることを模索されていたりします。

オペラも昔は歌を聴かせるのが主体という意識から演技はおざなり、突っ立ってセリフ棒読みというのが多かったようですが、今は演出にも凝って、観客の目も肥えているので、演技もしっかりやることが求められ、それだけ一回の舞台にかける稽古量...続きを読む

Qピアノの先生への不信感 どう思いますか?

 6歳の娘が個人のピアノの先生に変わって、数か月経った所です。

  
  指導歴は3年と短く 音大も出ていませんが、口調が優しく 幼稚園の先生のような感じで、話も良く効いてくれたので、この先生に決めました。


 
  この先生のお母さんもピアノを教えられていて、小さい頃から厳しく練習させられた経験があるみたいで、自分がイヤな思いをしたからか、練習はあまりやらなくていいと言う考えのようです。(始める時に、音大までは目指さないけれど、ある程度のレベルまで弾けるようになってほしいと伝えています)


  うちの娘が練習嫌がってるとかそういうふうな事を言った訳でもないのに、『練習5分以上はやらなくていいです。あまりやりすぎるとしんどいからね』と言われます。5分は少なすぎると思いますが。20、30分くらい練習するのが当たり前だと思っているので、違和感を感じました。


 『家での練習は一人でやらせてください。お母さんは口出ししないようにみたいな感じに言われました。』

  練習を一人でやらしていると、指の番号などめちゃくちゃ弾いていたり、間違っていたり・・・なので、少しは見てあげたいと思うのですが、先生は、間違っててもレッスンの時に見ますから。と言われました。
 


 メールで質問した時も、レッスン時に 質問してもらいたい。と言われました。初めてメールでの相談だったのに、こう言われたので、不快な気分になりました。生徒数も少ない先生だし、メールくらい返す時間はあると思います。



  宿題の曲が、娘の手が届かない和音だったので、どういうふうに練習したらいいかメールで聞いた事もあったのですが、返信には、レッスン時にみますが・・・みたいな対応で、メールはしないでほしいような印象も受けました。

  
 レッスン中の私がいない時(偶然聞こえたのですが)。
娘にしつこく何度も『お母さん練習しなさいって怖い?』『いつも練習の時隣でみててくれる?遠くから練習しなさい~って言ってる感じ?』など何度も聞いていました。

 娘は返事にこまってると、勝手に『ちょっと怖い?そうかぁ・・・』っというような具合でした。

もちろん私は、すごく不快でした。


   教え方がうまいかどうかは わかりません。

ただ娘には優しい口調で教えているし、褒め方も上手で、よくできました。がんばったね。などは良く言ってくれます。娘自身は、好きでも嫌いでもない先生らしいです。


  ただ、私はすごくストレスを感じてしまっているみたいです。思い切ってやめた方がいいのかなとも思います。


  この先生についてどう思われますか?子供とは相性悪くないので 続けていいと思うなど。
何でもいいので、ご意見聞かせてください。

 6歳の娘が個人のピアノの先生に変わって、数か月経った所です。

  
  指導歴は3年と短く 音大も出ていませんが、口調が優しく 幼稚園の先生のような感じで、話も良く効いてくれたので、この先生に決めました。


 
  この先生のお母さんもピアノを教えられていて、小さい頃から厳しく練習させられた経験があるみたいで、自分がイヤな思いをしたからか、練習はあまりやらなくていいと言う考えのようです。(始める時に、音大までは目指さないけれど、ある程度のレベルまで弾けるようになってほしいと伝...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
人それぞれ考え方があります。子供も、親も、先生も。
ただ、向いている方向が違うとあまり良い結果は出ないように思います。
親が先生を信頼出来ないなら、子供も先生を尊敬しなくなるでしょう。
子供が小さければなおさらです。

子供が練習させられると感じ、ピアノが嫌いになるのを怖がって、やらなくて良いと言われる方もあるでしょう。それはそれで意味があると思います。

少しぐらいなら無理をさせても弾けるようにして、弾けることの楽しみを味あわせたいと考える人もいます。
私はこれです。
しかし、気をつけなければならないことは「少しぐらいなら」というところです。
子供に大人が要求をしすぎると、子供は背中を向けてしまいます。

親も先生も、コンクールにまっしぐら。子供が何を考えているかお構いなし。
これはいただけません。
この場合、10歳ぐらいでショパンの簡単なものぐらい弾けていたのに、中学受験でピアノから離れてしまうパターンです。

6歳で一日5分の練習では、そこそこ弾けるようになるのは難しいかもしれませんね。
本人がある日、音楽に目覚めて、オタクのごとく弾き始めれば別ですが・・・

先生しだいで、こどもが嫌がらず練習をしてこれるように仕向けられるようですよ。
なかなかそんな先生に出会えませんけどね。

経験から言って、親が付きっきりで練習させるのも、自立するのに苦労します。
しかし、小さい時に一人でやっていては進みません。それも確かです。
年齢に応じた関わり方を間違えずに、上手に引っ張って行くことです。
その道筋を作ってくれる先生がいるのも確かです。

ピアノが楽しくなるのは、聞いたことのある曲が弾けるようになってからのような気がします。
ほとんどの人がそこまで行きつけずに辞めてしまいます。
学校、受験、部活など忙しくなりますから。
ある先生が、勉強が忙しくなる前にある程度弾けるようになっていれば、そこでやめたとしても
自分で楽しめるから、そこまで持って行きたいと言っていました。
私自身は、賛成です。

我が家は音大生が一人。もう一人は勉強にシフトした高校生。
その高校生は、滅多に弾きませんが、気が向くとショパンやドビュッシーの有名な曲をを弾いています。
やっぱり、小さい時頑張っていなかったら、今頃ピアノなんて触らないでしょう。

というわけで、
5分しか弾かないのも有り。
親がついて練習するのも有り。(方法が問題ですが。)

こんばんは
人それぞれ考え方があります。子供も、親も、先生も。
ただ、向いている方向が違うとあまり良い結果は出ないように思います。
親が先生を信頼出来ないなら、子供も先生を尊敬しなくなるでしょう。
子供が小さければなおさらです。

子供が練習させられると感じ、ピアノが嫌いになるのを怖がって、やらなくて良いと言われる方もあるでしょう。それはそれで意味があると思います。

少しぐらいなら無理をさせても弾けるようにして、弾けることの楽しみを味あわせたいと考える人もいます。
私はこれです。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報