「マリア・カラス国際声楽コンクール」優勝とかいう記事を見ることがありますけど、このコンクールって本当にあるの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

すみませんが、他の方のご回答ですが訂正させてください。



中丸三千繪さんは、残念ながらギリシャのこのコンクールには出ていません。
イタリア留学中にローマで「マリア・カラスコンクール」に出場し、優勝なさっています。
こちらは、賞金の他に、テレビ放送されるので
オファーされる場合がある、というメリットがあります。

開催年も違いますね。
アテネの「マリア・カラス国際声楽コンクール」は、奇数年の開催です。
    • good
    • 2

ちゃんとありますよ。

声楽では最も権威のあるコンテストとされています。
他の部門もあります。

マリア・カラス・コンクール
(Maria Callas Grand Prix)
アテネで開かれる。声楽(オペラ、オラトリオ。歌曲)のほかピアノ部門もある。1年ごとに交互に開催される。

オフィシャルサイトは以下
http://www.athenaeum.com.gr/english/grand.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。
過去の優勝者リストって出ていないのでしょうか?

お礼日時:2009/10/19 17:46

こんちは。



正式名称が何語なのかわからないのですが(ギリシャ語?)、とりあえず、英語ではMaria Callas Grand Prix for Opera, Oratorio-Lied and Piano - International Music Competitionsと呼ばれるコンクールがギリシャで催されています↓
http://kadmusarts.com/festivals/1080.html
こちらは公式サイト↓
http://www.athenaeum.com.gr/english/grand.htm
主催者はこちらで確認できます(アテネ市文化協会??)↓
http://www.athenaeum.com.gr/english/gp_selection …

声楽部門とピアノ部門に分かれて開催されるように解釈いたしましたが、この声楽部門が日本語で「マリア・カラス国際声楽コンクール」と呼ばれているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最近、スミ・ジョーという歌手を気に入っていますが、彼女はこのコンクールに出たのでしょうか?

お礼日時:2009/10/19 17:49

中丸三千繪さん(日本人のソプラノ歌手)


1990年に優勝しています。
http://www.emimusic.jp/classic/nakamaru/story.htm

ディナーラ・アリエーヴァさん(アゼルバイジャン出身のソプラノ歌手)
2007年に2位入賞
http://www.tokyopromusica.jp/event_news/alieva.h …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯磨き粉の ジェルコートF 洗口液の コンクールF は、ジェルコートFで歯磨きしてからコンクールFで

歯磨き粉の ジェルコートF
洗口液の コンクールF

は、ジェルコートFで歯磨きしてからコンクールFで口をゆすぐでないと意味無いのでしょうか?。コンクールFで口ゆすぎのみでは、虫歯予防や進行防止 さらに出来るなら出来るなら虫歯治し はできないですか?コンクールFのみでは


ジェルコートFは、普通に歯磨き や 市販の歯磨き粉 で 歯磨きしてから、あくまでジェルコートFで歯にフッ素コートするのであって、ジェルコートFは汚れ落としなど本来の歯磨きとしての効果はないのですか? フッ素コートしか。 それとも、虫歯の原因となる汚れ類をモロにしっかり落とし それプラス フッ素コートもする ですが?

コンクールFでゆすぐだけではこうかないのでしょうか? ジェルコートFも使わないと効果ないのでしょうか?

そもそも、ジェルコートF、コンクールFそれぞれには、虫歯予防や虫歯進行防止(や、あるならば虫歯治し)の効果は本当にあるのですか? (両者 や コンクールF(洗口液)のみ

両者、あくまで虫歯予防や進行防止(現状の虫歯から進行を食い止める) であって、これ使っていれば。虫歯治ることはないのですか?

歯磨き粉の ジェルコートF
洗口液の コンクールF

は、ジェルコートFで歯磨きしてからコンクールFで口をゆすぐでないと意味無いのでしょうか?。コンクールFで口ゆすぎのみでは、虫歯予防や進行防止 さらに出来るなら出来るなら虫歯治し はできないですか?コンクールFのみでは


ジェルコートFは、普通に歯磨き や 市販の歯磨き粉 で 歯磨きしてから、あくまでジェルコートFで歯にフッ素コートするのであって、ジェルコートFは汚れ落としなど本来の歯磨きとしての効果はないのですか? フッ素コートし...続きを読む

Aベストアンサー

なんちゅう難問・・・・・・(ーー;)
まず ジェルコートFはフッ素配合です。対してコンクールは無添加で殺菌効果を期待した物。どちらを先に使うか・・・・・どちらも正しい。
フッ素による虫歯予防のためには、普通の歯磨き→コンクールFによるマウスウォッシュ効果・殺菌→ジェルコートFによる仕上げ磨き が良いと言えます。基本的にフッ素は いかに長時間口の中に留めておくかがとても大切です。従ってジェルコートFを使ったら 最後はうがいはごく少量の水で口の中全体にフッ素を拡散させるためのうがいをします。その後には何も使わないのが良いでしょう。
じゃコンクールFは・・・・殺菌効果を期待するわけで 歯磨き後に使う必要性は少ないのです。こちらを最後にすれば 長時間の殺菌が期待できますから 歯周病予防には打って付けとなりますねぇ~従って どちらを使うにしてもケースバイケース。使用方法や量によって考え方が変わってしまいます。特にコンクールFに関しては 歯磨きの前後どちらに使えば良いかというと・・・・どちらでも良いですヽ(;^^)/
販売元のメーカーに直接問い合わせた事があるのですが、明確な基準はなく 前後どちらでも良いと回答をもらいました。
まぁ、フッ素による虫歯予防を期待するのであれば、最後にジェルコートを使うべきでしょう。

さて、両者に共通する事は・・・・・まず汚れ落としに関しては大差はありません。汚れを取るのはあくまで歯ブラシであって歯磨き粉では無いのです。コンクールFには殺菌成分・抗炎症成分が入っていますから そういう意味での持続的効果は多少はあるかも・・・・・・・
しかし、最も大切なのは歯磨きという作業その物でして 歯科医師の多くは歯磨き粉類は使うなと言う人までいます。そういう薬剤に頼る以前に 正しい歯磨きができないと これらの商品を使う意味があまり無いと言えますねぇ~

それでフッ素についてなんですが・・・・・・虫歯予防効果が高い事はすでにご承知でしょう。進行防止というのはなんとも・・・・・一度できてしまった虫歯の進行を抑えるとは言いにくいですねぇ~ まぁ確かにそういう側面もありますが。また、ごく初期の虫歯に関しては フッ素は積極的に歯の修復に関与しているとされています。むしろ この初期虫歯の修復効果が フッ素の最大の効果なんです。一昔前は フッ素が取り込まれる事によってエナメル質が丈夫になると考えられていましたが、最近の学説では むしろそれは否定的ですねぇ~ 唾液の緩衝能と言いますが、食後酸性になった口の中を唾液が徐々に中性へ戻してくれますが、フッ素はその作用の触媒として効果を発揮します。以上の事から フッ素はごく少量が長時間口の中に留まることが理想なんです。従って ごく初期の虫歯は治せる・実際には治しているけど目に見えないからわからないと言う事になりますねぇ~~目に見える大きな虫歯は治せません。ああっ、ややこしい(;>ω<)/

なんちゅう難問・・・・・・(ーー;)
まず ジェルコートFはフッ素配合です。対してコンクールは無添加で殺菌効果を期待した物。どちらを先に使うか・・・・・どちらも正しい。
フッ素による虫歯予防のためには、普通の歯磨き→コンクールFによるマウスウォッシュ効果・殺菌→ジェルコートFによる仕上げ磨き が良いと言えます。基本的にフッ素は いかに長時間口の中に留めておくかがとても大切です。従ってジェルコートFを使ったら 最後はうがいはごく少量の水で口の中全体にフッ素を拡散させるためのうがいを...続きを読む

Qジュネーブ国際音楽コンクール 1957年、1958年入賞者について

ジュネーブ国際音楽コンクールの1957年は、その後ともにショパンコンクールに優勝し、現在も人気を二分するポリーニとアルゲリッチが出場し、アルゲリッチ1位、ポリーニ2位になっていますが、その他の入賞者を教えてください。また、ポリーニは翌年も同コンクールに挑戦していますが、再び2位になっています。ポリーニほどのピアニストを押さえて1位になった1958年の優勝者は誰なのでしょうか。その人のその後も解れば教えてください。(ひょっとしたら1位なしの2位?)

Aベストアンサー

58年のポリーニは一位なしの二位ですが、当時は男女別だったので、57年は女性部門一位がアルゲリッチ、男性部門一位はフランス人のドミニク・メルレ(教師としても尊敬される演奏家のようです)、男性部門二位がポリーニです。

Q国際的なピアノのコンクールで最も権威があるコンクールは?

国際的なピアノのコンクールで最も権威があるコンクールはどのコンクールでしょうか?またその他にも有名なコンクールがあったら幾つか教えてください。開催される国やそのコンクールの位置付けなんかもお願いします。

Aベストアンサー

ショパンコンクール、チャイコフスキーコンクールなど。

[ ショパンコンクール ]
http://www.japan-music.com/ivs/chopin/top.html

[ チャイコフスキーコンクール ]
http://www.piano.or.jp/special/2002/tchaikovsky/

[ 海外&国内の主なピアノ・コンクール ]
http://www.infoaomori.ne.jp/~chiakiiz/concours_naigai.htm

ど素人のコメントなので、参考にならないと思いますが・・・。

参考URL:http://www.infoaomori.ne.jp/~chiakiiz/concours_naigai.htm

Q浜松国際ピアノコンクール

4月3日(再放送)の浜松国際ピアノコンクールの本線まで進んで4位になった16歳現役高校生の女の子の名前と、もう一人5位になった男の人の名前をしりたいです。
男性は確か鈴木さんだったと思うのですが、確かではありません。
ピアノのこともクラシックのことも全く興味はなかったのですが、とっても楽しそうにオーケストラと一緒にピアノを弾く女の子の姿と、緊張とプレッシャーで、ご飯が喉を通らないくらい真剣にコンクールに挑んでいた男性の姿に心を打たれちゃいました。
どなたか、詳しく知っている方どんなことでもいいので、教えてください。おねがいします!!

Aベストアンサー

4位は須藤梨菜さん(関本昌平さんも)、5位は鈴木弘尚さんという方のようです。プロフィールは下記ページの名前をクリックすると出てきます。
http://www.actcity.jp/hipic/results/results04.html

参考URL:http://www.actcity.jp/hipic/results/results04.html

Q国際ヴァイオリンコンクール

先日チャイコフスキー国際コンクールで神尾さんが優勝されましたが
ヴァイオリンのコンクールはこの他にもあります。が いろいろあるなかで一番権威があり、レベルが高いなぁと思うコンクールは?どのコンクールだと思いますか?人それぞれ意見はあると思いますがご自分が
 これ!と思うものでかまいません。
ご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

色々、コンクールがありますが、開催間隔、審査員が好む曲、出場者(競争相手)など、そのときそのときで違いますから、やっぱり、どのコンクールでも優勝者は称えられるべきと思います。でも日本人は、権威主義者が多いからチャイコフスキー国際が上になるんでしょうね。
どんなコンクールがあるかということを、日本人の演奏家の活躍で見ていくと、結構、いろんなコンクールがあります。

漆原啓子は1981年のヴィエニャフスキー国際の覇者。優勝後すぐCDデビューしました。
竹澤恭子、1986年インディアナポリス国際で優勝。
服部譲二は1989年メニューヒン国際の覇者。
諏訪内がチャイコフスキー・コンクールの前年(1989年)に出たのがエリザベート王妃国際。2位でした。パガニーニの1番を弾きました。1位はレーピンでした。たぶんそこで1位を取っていれば、チャイコフスキーに出なくても良いくらいの権威あるコンクールです。
樫本大進は1996年ロン・ティボー国際の覇者。同年のクライスラー・コンクールでも優勝しています。
1999年には庄司紗矢香がパガニーニ国際で最年少優勝。これは衝撃的でした。
木嶋真優は2000年ヴィエニャフスキー国際のジュニア部門の1位なし2位。同年、小野明子がメニューヒン国際で優勝。このとき梁(やん)美沙がジュニア部門で優勝しています。
川久保賜紀は2001年にサラサーテ国際で優勝しましたが、02年のチャイコフスキーに出ました。後者は1位なしの2位でした。
山田晃子は02年のロン・ティボー国際最年少優勝。
南紫音(しおん)は05年同コンクール2位。前年にアルベルト・クルチ国際で優勝しています。この子は、かわいい子です。デビューが待ち遠しいです。
米元響子は2006年パガニーニ・モスクワ国際で優勝。

神尾さんもすごいですが、こうしてみると、他にもがんばっている人はたくさんいますね。

色々、コンクールがありますが、開催間隔、審査員が好む曲、出場者(競争相手)など、そのときそのときで違いますから、やっぱり、どのコンクールでも優勝者は称えられるべきと思います。でも日本人は、権威主義者が多いからチャイコフスキー国際が上になるんでしょうね。
どんなコンクールがあるかということを、日本人の演奏家の活躍で見ていくと、結構、いろんなコンクールがあります。

漆原啓子は1981年のヴィエニャフスキー国際の覇者。優勝後すぐCDデビューしました。
竹澤恭子、1986年インディアナポリ...続きを読む

Q国際ピアノコンクールについて

よろしくお願いいたします。

 俗に言う「三大ピアノコンクール」について調べています。『フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール』については日本語のサイトがあり、日本語によるフォローがあります。過去の歴代入賞者もわかるようになっています。5年に1度の開催だと言うこともわかりました。

 あとのふたつ『チャイコフスキー国際音楽コンクール』ピアノ部門と『エリーザベト王妃国際ピアノコンクール』のことについて知りたいです。双方とも4年に1度の開催で、チャイコンのほうが1958年から開催されていることもわかりました。

 ですが、チャイコンの過去の入賞者リストがわかりません。
 質問は、「エリーザベトコンクールがいつから始まったのか」とチャイコンおよびエリーザベトコンクールの「過去の歴代入賞者」です。わかるようなサイトがあればご紹介ください。また「これを読め」と言う本がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

「エリザベート」は1956年から始まり一回目の一位
はアシュケナージです、
「チャイコフスキー」の入賞者3位まで、でています、


http://iijimat.hp.infoseek.co.jp/nennpyo.html

Qコンクール優勝者より有名になったピアニスト

ショパンコンクールだとか、チャイコフスキーコンクールだとか、ピアノコンクール(音楽コンクール)は数え切れないほどありますが、2位3位、またはそれに届かなかった入賞者などの方が、優勝者(1位)よりも有名になったり、人気が高くなったりしたピアニストがいたかどうか知りたいのですが、ご存知の方、いらっしゃいませんか?

ピアニストに限らず、ヴァイオリニストなどの場合もご存知でしたらお教えください。

Aベストアンサー

こんにちは。

コンクールにはあまり詳しくないので ほんの少しだけ・・・

*ショパンコンクール
第5回 優勝者 アダム・ハラシェヴィチ(ハラシェヴィッチかな?)
第2位 ウラディーミル・アシュケナージ

これは圧倒的にアシュケナージが有名ですよね。(但しアシュケナージは他のコンクールでは優勝していますが)

*エリザベート国際コンクール(1968年)
優勝者 エカテリーナ・ノヴィツカヤ(私は知りません.汗)
第9位 エリザーベト・レオンスカヤ
第10位 内田光子
この2人の女流ピアニストは有名だと思います。


後は非常に個人的な感覚なので 聞き流して頂いて…という事で(汗)

*ショパンコンクール
第11回 優勝者 スタニスラフ・ブーニン(日本ではかなり有名だと思いますが)
第5位 ジャン・マルク・ルイサダ・・・ブーニンより有名かは 非常に微妙ですが…ブーニンと同格くらいには有名じゃないかな…と思います。


ちなみに。第5回のショパンコンクールでは ミケランジェリ(有名なピアニストですよね。審査員をしていました)がアシュケナージを第1位にしない事に非常に腹を立て サインをしないで退席したとか・・・(うろ覚えですが^^;)

またすごく有名な話しでは同じくショパンコンクール第10回でイヴォ ポゴレリチが予選落ちした事に腹を立てた アルゲリッチが『ポゴレリチは天才!』と捨て台詞を残し?途中退席した事がありました。
ちなみにその時の優勝者はダン・タイ・ソンでした。

コンクールの基準も人の耳と感性が頼りなので 難しい部分も多いのでしょうね。
ご参考まで♪

こんにちは。

コンクールにはあまり詳しくないので ほんの少しだけ・・・

*ショパンコンクール
第5回 優勝者 アダム・ハラシェヴィチ(ハラシェヴィッチかな?)
第2位 ウラディーミル・アシュケナージ

これは圧倒的にアシュケナージが有名ですよね。(但しアシュケナージは他のコンクールでは優勝していますが)

*エリザベート国際コンクール(1968年)
優勝者 エカテリーナ・ノヴィツカヤ(私は知りません.汗)
第9位 エリザーベト・レオンスカヤ
第10位 内田光子
この2人の女流ピアニストは有...続きを読む

Q中上級くらいの曲を弾くのによいアマチュアピアノコンクールはありますか?

こんにちは。
ピアノ歴25年の女性です。
ピアノは趣味でずっと弾いていましたが、最近コンクールに出たいなと思うようになりました。

東京国際アマチュアコンクールB部門、大阪国際音楽コンクールアマチュア部門あたりを考えているのですが、コンクールは出た事が無いので、どういう曲がよいのか感覚がつかめず、質問しました。
余り指が回るほうではないので、難しい曲を弾くよりも、中上級くらいの曲をしっかりと弾きたいなと思っています(もちろん難しい曲をしっかり弾ければそれがベストなのですが)。そういう難易度のコンクールがあるとよいのですが、そのようなコンクールはありますでしょうか?

レパートリーは下記の通りです。
できればこれでコンクールに臨めたらいいなと思っている曲:
モーツァルト、きらきら星変奏曲
シューベルト、即興曲Op.90-3
ドビュッシー、グラナダの夕べ パスピエ
ショパン、即興曲1番 幻想即興曲 エチュードOp.25-1,5 バラード3番

背伸びしてなんとか弾ける曲:
ショパン、バラード4番 ポロネーズ5番 エチュードop.10-2
ドビュッシー、喜びの島
ラヴェル、水の戯れ

本来はピティナステップで様子見したり、コンクールを観覧するなど研究すべきとは思うのですが………かなり僻地に住んでいるのでなかなか東京などには行けず……よろしくお願いします。

こんにちは。
ピアノ歴25年の女性です。
ピアノは趣味でずっと弾いていましたが、最近コンクールに出たいなと思うようになりました。

東京国際アマチュアコンクールB部門、大阪国際音楽コンクールアマチュア部門あたりを考えているのですが、コンクールは出た事が無いので、どういう曲がよいのか感覚がつかめず、質問しました。
余り指が回るほうではないので、難しい曲を弾くよりも、中上級くらいの曲をしっかりと弾きたいなと思っています(もちろん難しい曲をしっかり弾ければそれがベストなのですが)。...続きを読む

Aベストアンサー

ホールなどで、物凄く神秘的に響くのが、ワーグナー=リストのイゾルデ愛の死だと思います。しかも女の人が弾く方が表現的にも合っている気がします。 
 コンクールって、みんな派手な曲を弾きたがるのですが、レパートリーを見ると、そういうの好みじゃなさそうなので、これがいいかなと思いました。
 深い音楽を追求するなら、ショスタコーウ゛ィチのプレリュードとフーガの24番のdmollの曲かな。

技術的には、レパートリーくらいのレベルで弾けますが、音楽的にかなり高度なのは、サンサーンス=リスト=ホロウ゛ィッツの死の舞踏です。リストとかと違い、これを普通に弾いても全然ウ゛ィルトーゾに聴こえません。音楽性が共なってこそ、聴衆は「すごーい!!!」と感動してくれます。だから、音楽性を磨きたいのなら、こういう曲を弾くのも良いと思います。

Qバレエのコンクールに花束を贈るのはアリ?

出場者が多い比較的大きな規模のバレエ・コンクール(国内)に知人が出場することになりました。
私の住まいは遠方なので、花束を花屋さん経由で届けてもらおうかと考えたものの、
コンクールを観に行ったことがないので慣例がわかりません。
発表会などでは珍しくないケースだと思うのですが、
コンクールについては判断がつかず投稿しました。
コンクールで花束を贈ることの可否と、
花束が不可ならばコンクールで許される贈り物や贈り方(方法やタイミング)を、
バレエ界の常識や慣例に詳しい方に教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バレエコンクール出演者に花束を贈るというのはナシです。

コンクールで花束をもらってる人なんて見たことがないです。
おそらく見たら「恥ずかしいな」と思うと思います。(ごめんなさいね。そうならないためにここで聞かれているんですよね?)

会場は「勝負の場」って感じでピリピリした雰囲気が漂っています。
フィギュアスケートでは、演技の後に選手が手を振ったり観客からお花を投げられたりしてる光景が見られますが、
バレエコンクールではダンサーは基本お辞儀なし・観客も基本拍手なし、かなり事務的に進行されていきます。
楽屋もいろんな教室の出場者が共有していて、荷物と人でぎゅうぎゅうです。
花束があったら他の出場者や主催者に迷惑になってしまうでしょうね。

ですので、コンクールの前に「がんばって」とご自宅に贈るか、
コンクール後、結果が良かった時に「おめでとう」と贈るかなさったらいいんじゃないですか。

Q声楽家兼作曲家

こんにちは!

声楽家であり、作曲家である人に興味があります。おすすめの作曲家を教えてください!

またプロの声楽家ほどではないけれど、作曲するときは歌いながら(鼻歌程度も含む)作曲していたような作曲家がいれば教えてください!

お願いします!

Aベストアンサー

声楽家、というのとは少し違うと思いますけど、
作品への「経験の反映度」が声楽家兼作曲家と同じ、
という意味では、声楽教師だったトスティが参考にはなるでしょう。

それから、初期バロックの作曲家というのは、
カッチーニやら、カヴァッリやら、
声楽家で作曲家でもありましたね。
その頃は今のような分業制ではなかったからですが。
そういう形態はモーツァルトやベートーヴェン、
果てはリストやショパンあたりまで続きました。
逆に、専業作曲家というのもそのあたりから出没してます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報