真田幸村、もしくは真田十勇士が出てくる小説がありましたら、教えていただけると有難いです。
既読は以下の本なのですが、このほかにはもうないのでしょうか?

・「異聞 真田幸村」 (中田耕治)
・「異聞 猿飛佐助」 ( 〃 )
・「真田幸村」 (柴田錬三郎)
・「猿飛佐助」 ( 〃 )
・「魔風海峡」 (嵐山徹)
・「真田忍侠記」 (津本陽)
・「風神の門」 (司馬遼太郎)
・「奔る猿飛佐助」 (亀井宏)
・「真田幸村」 (佐竹申伍)
・「忍者 猿飛佐助」 (富田常雄)
・「真田十勇士」 (村上元三)

これら以外にご存じでしたら、紹介していただければ幸いです。
できれば脇役ではなく、主人公格の物語だとうれしく思います……。
(が、脇役でも、面白ければ何でも結構です)
どうぞ、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

真田幸村」に関するQ&A: 2016年大河は真田幸村

A 回答 (4件)

「真田太平記」(池波正太郎)


「霧隠才蔵」(火坂雅志)
「決定版・真田十勇士 霧隠才蔵」(宮里洸)
「奔る猿飛佐助 風雲真田城」(亀井宏)

オムニバス小説ですが
「機略縦横!真田戦記」PHP文庫
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
まだこんなにあるのですね。
入手して読破したいと思います。

お礼日時:2009/10/20 19:06

ご趣旨から外れるかもしれませんが…(というか、確実に違うな(笑))



学研M文庫
仲路さとる「異戦国志」

フィクション(本能寺の変で信長は死んでなかった、から始まる)ですが面白い大河ドラマになっています。誰でも一度は想像する?ifの世界ですね。
途中、設定に陳腐な点があるのも否めないですが、機会があったら読んでみて下さい。字が大きいので1冊あたりの分量はそんなに多くないですが、全12巻(^^;デス。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

戦国時代に絡んだ話は大好きなので、大丈夫ですよ。
1冊あたりの文章量はさほどでもないそうですが、12巻ともなるとじっくり楽しめそうですね。
是非読みたいと思います。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/22 18:39

他の方も上げていますが、池波正太郎 真田太平記


真田信繁(幸村)、父親の真田昌幸、兄の真田信之の3人を
中心に本能寺の変~大阪夏の陣までを書いた長編です(全11巻)
リアル路線ですので十勇士は出ませんが、忍びの活躍も書かれていて
佐助という忍びもいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一番最初に読むべき……と言ってもよい本ですよね。
どうしてだか、三冊目の途中で中断して、置いてありました……。
また最初から読み直したいと思います。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/20 19:16

池波正太郎 真田太平記


http://www.amazon.co.jp/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E5%A4 …

真田一族の興亡がよくわかる長編です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介を受けて、何故か、本棚の奥にしまったままだったことを思い出しました……。
早速引っ張り出します。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/20 19:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柴田錬三郎の真田幸村

柴錬立川文庫の「猿飛佐助」「真田幸村」読後、柴田氏の書かれる真田幸村のファンになってしまいました。
「赤い影法師」「柳生但馬守」にも彼が登場することがあるようですが、その他の柴田氏の作品にも出ているのでしょうか?
御存知の方いらっしゃいましたら、どうぞご教示ください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 『決闘者 宮本武蔵』にもちょっと顔を出していたように記憶しています。あと、もう一冊非常に重要な役割で登場する作品があるのですが、ネタバレになってしまうのでタイトル名は伏せておいたほうがいいかな。探してみてください。

Q戦国武将真田幸隆・昌幸・信幸・信繁(幸村)が主役の小説でオススメの作品

戦国武将真田幸隆・昌幸・信幸・信繁(幸村)が主役の小説でオススメの作品を教えてください。
歴史書・研究書ではなく、小説がいいです。
史実に忠実でもいいですし、『花の慶次(一夢庵風流記)』や『影武者徳川家康』ぐらい作者の創作が織り交ぜられていてもかまいません。
また、かっこよかったり、光っていたりするなら主役ではなくても結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

池波正太郎さんの真田太平記(前12巻)以外ありえないかもしれませんw
長いですが良くある幸村ヒーロー者とは違い本能寺~大阪の陣までを
真田家(昌幸・信幸・信繁)を中心にしつつも、信長~家康への天下の
情勢の移り変わり、それに対抗する昌幸、信繁親子が魅力的書かれています。
残念ながら真田幸隆は名前が出る程度ですが...

Q真田幸村

私は、戦国武将の中で真田幸村が一番好きです。
自分の信念を曲げず、散っていった潔さにとても感銘を受けています。
真田太平記は読んだのですが、他におもしろい本はないでしょうか?
幸村だけでなくほかの歴史小説でもお薦めの物があったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

幸村が登場する司馬遼太郎作品
「城塞」
「風神の門」

>自分の信念を曲げず、散っていった潔さ

司馬作品にしばしば登場するタイプですね。
中でも「燃えよ剣」「峠」「世に棲む日々」がお薦め。

フィクション性が強いですが
隆慶一郎「一夢庵風流記」「死ぬことと見つけたり」も同種の漢の物語です。

藤沢周平「蝉しぐれ」
全くのフィクションながら、某時代小説サイトの人気投票で
ダントツの1位を獲得した作品です。
 

参考URL:http://www.sanada.or.jp/contents/mystery1/bunken.html

Q「黄泉がえり」、物語終盤で「?」 (完全ネタバレ)

梶尾 真治(著)「黄泉がえり」で、黄泉がえった人々は、最後(3月25日)に消えてしまいますよね?
でも、相楽周平だけこの世に残ってしまったのは何故ですか?
終盤で周平が「切れた感じがした。」というような事を言っていますが、
一体どういう意味、また原因は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

よみがえらせたモノが妻や子供のことを考えて、
(生まれてくる子供のこともあるし)
彼だけを切り離して、置いて行くことにしたのではないでしょうか。
かなり前に読んだので記憶が曖昧ですが。
(映画では、そうはならなかったような気が・・・)

Q星新一「天国からの道」に収録されている「天国からの道」という作品につい

星新一「天国からの道」に収録されている「天国からの道」という作品について質問です。

あらすじは、天使が怠けているのに腹を立てた神様が、ミカエル組とガブリエル組に
天使を分け、サービス競争をさせる…というものですが、確か同じ話を昔別の本で
読んだことがあります。前半は記憶と一緒ですが、中盤から話が複雑になって、
最初は「官僚主義に対する批判かな」とか、「JRやNTTのような分社化→サービス向上」
という話かな、というところから、具体的なサービス競争の内容に触れ…結末も
ちょっと難しくなっているような気がします。

これは、以前の何かの作品を改作したのではないかと思うのですが、
いかがでしょうか。ご存知の方がおられましたら解説をお願いいたします。

Aベストアンサー

星新一の初期の短編で「天使考」という作品ではないかと思うのですが、どうでしょうか。
内容や書かれた経緯については詳しく知りませんので、このタイトルで検索なさってみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報