あのパンにソーセージはさむヤツです。

ホットドッグの「dog」は犬ですか?

なになに?いったいどうゆーいきさつなのですか。

詳しい方、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 ソーセージはギリシャ時代から有り、中世まではヨーロッパ各地にその土地独自のものが有ったが、17世紀終わりに、Frankfurt-am-Main(フランクフルト/ドイツ)の肉屋の Johann Georghehner がフランクフルト(frankfruter)と呼ばれるものを作った。

同時期に、オーストリアのヴィエンナ(英語/Vienna、ドイツ語で Wien/ウィーン)でも同様なものが作られ、その都市名からウインナー(weiner)と呼ばれるようになった。

 また、人々は、その形から、穴熊狩り用のドイツ犬に似ていることから、ダックスフントソーセージ(dachshund sausage)とも呼んだ。穴熊(Badger)は ドイツ語で dachs、dog/hound はドイツ語で hund である。ニューヨークでもドイツ移民の人々はそう呼んで、辛しとザワークラウトを付けて売り歩いた。当初は、手が汚れるので白い手袋をも渡していたが、皆がそれを持ち帰るので、ある時、Arnold Feuchtwanger は、義理のパン屋にソーセージ形のバン(bun)を焼くように依頼して、それに挟んで売り、これが全国に広がった。




 1900年。米語。米国のスポーツ漫画家 Thomas (Tad) A. Dorgan の造語とされる。Hot Dog (1905)はその漫画の題。ソーセージが犬のダックスフンドに形が似ているため、または、その肉に犬の肉が混ぜられているという皮肉に由来する。
(ランダムハウス英語辞典)



 ニューヨークジャーナル誌のスポーツ漫画家であった タッド・ドルガンは、1901年4月のある特に寒い日に N.Y. Polo Grounds のプレス席にいた。試合中にアイスクリームを買う者はいるはずも無く、ポップコーン売りの Harry M. Stevens (1855-1934)は「熱々の dachshund(ダックスフント)ソーセージを熱いうちに!」と声高にソーセージ入りのロールパンを売り始めた。それは大いに売れ、ドルガンはロールパンに挟まれて湯気を立てている焼きソーセージの漫画を描こうと思った。しかし、dachshund の綴りを知らなかったので hot dog と書いたが、その漫画はヒットし、その名前が定着した。
http://members.home.net/jjschnebel/Cookup9.htm
http://infoplease.lycos.com/spot/hotdog1.html

参考URL:http://members.home.net/jjschnebel/Cookup9.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそう、米語なんですよね。そこまでは調べてみました。
いかにも って感じがします(笑)。

しかし ま、漫画ですか。
おもしろい裏話が出てきましたね。

からしとザワークラウトというのは
今も変わってませんね。 100年かぁ‥

ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/20 23:22

私が聴いた説では,


今から100年程前 ニューヨークで、万博が行われた時,ドイツ系の人(移民かドイツ館の人かは忘れました)が,フランクフルトソーセージを温めて売っていたそうです。(この時は紙に包んでいたそうです)
別の人が,パンにこの温かいソーセージを乗せて,食べ易いようにしたのが始まりだそうです。

語源的には,“フランクフルト”と叫んで売っていたのが,誤って“ダックスフント”に聞こえたと言う話と,ドイツから,“ダックスフント”を連想したという話があります。
    • good
    • 0

ごめんなさい、回答じゃなくてまったく蛇足なんですが、英語で"hot dog"というと、ソーセージのことです。

日本語のホットドッグのことも"hot dog"なんですが、前後の文脈がなくて単に"hot dog"というとソーセージを思い浮かべる人が多いようです。ホットドッグのことは"hot dog on a bun"なんていうこともあります。
    • good
    • 0

"Get your dachshund sausages while they're red hot!"

    • good
    • 0

こんにちは。



このような説があるみたいです。

参考URL:http://www.ham.co.jp/un2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやはや
なんだか いいお話ですね(笑)。

それより ハム.co.jp とわカッコイイ。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 01:54

パンにはさんだソーセージが「犬の舌ににているからだ」と聞き及んでおります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

を~ なるほど。
粋なネーミングですねぇ。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 00:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qdog-eat-dog

Please show me the reason used "dog".

Aベストアンサー

Your question was "show me the reason why the word dog is used in the phrase”. Here's my reasoning.

Because cats don't.

Expanded? What else is more generic other than a dog, when expressing something gorgy and orgy in someone's situation, which a reasonable person would think is wild, extreme and chaotic, or inhuman or inhumane or even non-human, and hence degrading and of lesser-quality? If it’s a horse eating another horse, that’s just insane and the horse must be euthanized. If it’s a dog, that’s just normal because that’s what they do, and whether or not euthanizing a dog is only a human concern, not for the dog’s own sake.

Not enough? Dogs are stinky while our cats smell good; we call "dog poop" a "dog sh_t" while referring "cat litter" to a "cat poop”. Only dogs come out and do anything to be decisive in such f_cked-up circumstances, while my beloved cats might stay aloof and yet remain watchful from undisclosed locations. It's not about me hating dogs. Of course I love cats, but I like dogs, too, and so do many humans by regarding dogs as men's best friends. It is about just what they are, and I, we, they love dogs for what they are. Some even eat dogs. And dogs can eat anything to remain competitive in this dog-eat-dog world and be loyal to men in their dog-eat-dog world. Cats don't eat cats because cat-eat-cat worlds really don’t exist, or even if they do exist, they really don't need to do so for nothing, or for someone else's sake, unless they have to. Dogs do so just because they can and they'd love to do so even if they don’t need to. Your cats don't. My cats won't. Lions in the desert don't because they are high and mighty. Coyote dogs do so because that's the only way they survive in a desert. Or so it seems to humans who coined the term "dog-eat-dog" while pretending to be in dogs’ best interest. And then the term ever remains subjective from only human point of view. And humans don’t care about it because it’s just a dog matter, which we humans call “dog-sh_t”. It is because men want dogs to do the eating on behalf of our human friends, if possible, and blame it on their doggy nature. Oh I hate humans; they are the menace and the enemies of dogs in this dog-eat-dog world.

Your question was "show me the reason why the word dog is used in the phrase”. Here's my reasoning.

Because cats don't.

Expanded? What else is more generic other than a dog, when expressing something gorgy and orgy in someone's situation, which a reasonable person would think is wild, extreme and chaotic, or inhuman or inhumane or even non-human, and hence degrading and of lesser-quality? If it’s a horse eating another horse, that’s just insane and the horse must be euth...続きを読む

Qbig dog 、little dog

big dog の反対は、little dog・・・?になるのでしょうか?
英語の問題集にあったのですが。
small dog では間違いになりますか?

Aベストアンサー

big の反対が little だけということはなくて、small としても全く問題ありません。出題の趣旨は big, little は「感情的」に大小を表現するということを問いたいのかも知れませんが、そのような一方的な理解を押し付けられては困りますよね。問題が良くないのです。

small dog, little dog はどちらも同程度に使われますが、large dog より big dog の方が良く使われるという面白い現象が実際には起きています。

ところが別の題材を紹介しますと、small shop, little shop はどちらも同程度に使われるのですが、大きい店のことは large shop と言います (big shop とはあまり言いません)。

つまり人が犬や店を見てどう大小を言い表すかという感覚まで考えて出題しないといけなかったのです。

Qdrinking his own grief 『as a black dog drinks blood』:black dog=黒い犬で、深い意味は無い??

こんにちは、お世話になります。

質問:タイトルの通りblack dogの意味というか、ニュアンスを掴みかねています。

『』内は、

「黒犬が血を飲むがごとく」なのでしょうか?だとすると、ネイテブには『黒犬』に対してなにかイメージが有るのでしょうか?(黒猫が不吉な様に、)それとも『特に深い意味は無い比喩』でしょうか?

wikipediaでは、ネイテブたちの民間伝承で、black dogという幽霊がいることが分かりましたが、、関係ありませんよね?
http://en.wikipedia.org/wiki/Black_dog_%28ghost%29

それとも、英英辞書や、英和辞書によると、「black dog=憂鬱、落胆」なので、「落胆が活力(blood)を飲み干すように」、、、な、訳はないですよね?

---------------------------------------------------------------
参考までに、前後の文脈を転記しておきます。

背景:元『ラバ追い』だからと、馬鹿にしていたVentidiusに大部隊を任せたところ、(不可能と思い込んでいた)大勝利を収める。 大困難だと思っていただけに他人任せにしていたアントニウスは、「大勝利」と聞くや自分が勝利を収めたかった、と嫉妬する。 魔が差すように、Ventidiusの裏切りの噂を耳にした、アントニウスは、現地に赴くやVentidiusと問いただすも、『どうにもこうにも裏切りは虚報だった』と思い知る。 泣いて謝るも、Ventidiusは「忠義をつくし、勝利を収めた者にたいしてあまりの仕打ち。」と泣いて怒って、「田舎に帰ってもう農夫に戻る。」と言われて立ち去られてしまう。

アントニウス、自分の愚かさに涙を流している描写シーン。

He began to weep, rocking back and forth on the flimsy cross-legged stool with its leather seat, watching the teardrops fall into the wine, drinking his own grief as a black dog drinks blood. Oh, the sorrow, the regaret!
(出典は、 書名:ANTHONY AND CLEOPATRA 著者:Colleen McCullough)
------------------------------------------------------
質問箇所は、as a black dog drinks bloodの部分だけです。 

よろしくお願い致します。

こんにちは、お世話になります。

質問:タイトルの通りblack dogの意味というか、ニュアンスを掴みかねています。

『』内は、

「黒犬が血を飲むがごとく」なのでしょうか?だとすると、ネイテブには『黒犬』に対してなにかイメージが有るのでしょうか?(黒猫が不吉な様に、)それとも『特に深い意味は無い比喩』でしょうか?

wikipediaでは、ネイテブたちの民間伝承で、black dogという幽霊がいることが分かりましたが、、関係ありませんよね?
http://en.wikipedia.org/wiki/Black_dog_%28ghost%29...続きを読む

Aベストアンサー

その民間伝承の意味で何ら不思議はないと思うのですが。リンクにもあるように、黒い犬は「often said to be associated with the Devil」ですし、悪魔の遣いで、しかも犬ともなれば、生き血も飲むでしょう。

>それとも、英英辞書や、英和辞書によると、「black dog=憂鬱、落胆」なので、「落胆が活力(blood)を飲み干すように」、、、な、訳はないですよね?

同じことなのではないでしょうか。ご指摘の英文は動物を使った隠喩。その“隠”喩に“隠”された意味は「落胆が活力(blood)を飲み干すように」とも解釈できる。

わざと?(笑)

Qホットドッグはアメリカで聞くとハッダですが、イギリスではどう発音するのか

ホットとかドッグとかドクターというのは、アメリカではハッ、ダッ、ダクターとなります。つまりオと日本人が思っている発音がアなんです。ナイスショットなんていうのも実際にアメリカ人が言うとナイ・シャーです。どうして日本ではオということになったのでしょう?
わたしがいま推測しているのはひょっとしてイギリス英語ではオに近い発音で英国人を真似てそうなったのかなと考えています。しかしわたしは英国人の発音を知りません。英国人の発音はオに近いのでしょうか?

Aベストアンサー

大方そういう風に考えていいと思います。

「英音:短音オ」-「米音:短音ア」という風に対応します。
doctor, hot, box など。米音らしき発音が定着した例:college
ただし long, song など「オーア」の対応ではなく「短-長」の対応もあり。
また cut, but, など u でつづられる短音のアもありその区別はつける必要があります。

外来語の場合は個々の事情があり一概に言えるものではありません。アメリカ人の発音で伝わったものでも綴りを見ることによる「補正」がかかる可能性があります。「ハット」のように聞こえたとしても hot を見て「ホット」としてしまうのです。
古い外来語にはその補正がかからなかった、または間に合わなかったものがあります。
American が「メリケン」に、jitterbug が「ジルバ」になった例は有名ですが、今日ならこういうことは起こりえないと思います。日本人が「ローマ字(日本語をローマ字で書く、ということではなくいわゆる「アルファベット」のこと)」というある意味よけいな知識を身につけたせいもあるでしょう。外国の文字など読めなければ耳で聞いた音を仮名で再現するしかないわけです。
また今は音を聞くより先に文字を見ることも多くなっています。

大方そういう風に考えていいと思います。

「英音:短音オ」-「米音:短音ア」という風に対応します。
doctor, hot, box など。米音らしき発音が定着した例:college
ただし long, song など「オーア」の対応ではなく「短-長」の対応もあり。
また cut, but, など u でつづられる短音のアもありその区別はつける必要があります。

外来語の場合は個々の事情があり一概に言えるものではありません。アメリカ人の発音で伝わったものでも綴りを見ることによる「補正」がかかる可能性があります。「ハット」...続きを読む

Qなになに

こんにちは!日本語は「~さん」を「何々さん」といいますが、英語ではこの「~(何々)」をどのように表現するのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
誤解があるといけないので補足させてください。
so-and-soは専ら何々さん、何々氏、というように人間に対して使います。

I would say ~.など、文章が省略されているであろう表現の「~」なら「blah-blah-blah」が適切かと思います。読み方はそのままブラァブラァブラァで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報