25年目のキスのビデオを探しています。
中古で安く売っているところがありましたら、教えてください。
吹き替えでなく字幕をお願いします。

A 回答 (1件)

未開封海外版ならここにでています。


でも字幕はないでしょうね・・・。


参考URL:http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b59 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

単純に言えば、聴くことと読むことの能の処理能力の差からきています。本来、人間の視覚の処理能力は聴覚よりも高いのですが、文字を処理するとなると声の処理より遅くなってしまいます。これは、脳の構造的問題ですから、仕方がないことです。元々、脳は文字を解釈するようにできておらず、文字をまず絵として認識してから、改めて文字として認識しています(ですから、訓練が必要なんです)。

字幕は出ている間に読み取れる分しか書けませんから、どうしても本来の台詞を短くしたり、意味が通る(時には意味が通らないのもあるが)範囲で改変します。
ですから、字幕を作成するには単に英語が堪能なだけではなく、日本語の能力も要求される職人芸になっています。

それにくらべ、吹き替えは、元の台詞を逐次的に訳しても見る側は付いてこれますから、ある程度長くできます。それでも、特定の言い回し(慣用句やことわざなど)に付いては、大局的な意味が変わらない程度に日本語を直訳から変更します。
一番困るのは慣用句がギャグ化していて、日本の慣用句に変更すると意味がなくなってしまうばあいで、この場合は強引にギャグをぶっ込んだりして、珍訳の生まれる元となります。

単純に言えば、聴くことと読むことの能の処理能力の差からきています。本来、人間の視覚の処理能力は聴覚よりも高いのですが、文字を処理するとなると声の処理より遅くなってしまいます。これは、脳の構造的問題ですから、仕方がないことです。元々、脳は文字を解釈するようにできておらず、文字をまず絵として認識してから、改めて文字として認識しています(ですから、訓練が必要なんです)。

字幕は出ている間に読み取れる分しか書けませんから、どうしても本来の台詞を短くしたり、意味が通る(時には意味が通...続きを読む

Q吹き替え派?字幕派?

吹き替えと字幕、みなさんはどちらを見ますか?
お互いの良い所悪い所を教えて下さい。今後の参考にしたいと思います。

Aベストアンサー

私も字幕派ですね。
やはり、俳優さんの生の声を聞けるっていうのが
最大の長所です。

しかしサスペンスとか事件物の映画を見ていると
字幕に追われて伏線っていうか画面上の
重要ポイントを見逃してしまうことがあります。
私はすっごい気に入った映画や気になる映画は
2回見に行ったりします。
ですから2回目見ると全く映画の印象が違います。
ストーリーが解ってる分、画面を見ていられるからです。

吹き替えの長所短所は、字幕の長所短所の逆と言っていいでしょう。
うちの母はビデオは必ず吹き替え借りてきてぇっていいます。
どうしても途中で家事をしたりして画面に集中しなくても
音声で映画の流れを追えるからです。

ですから自分がどの部分に重点を置くかでしょうね。

あと最近タレントさんや俳優さんが吹き替えしてますが
あれ、観客を増やすメリットを当て込んでるんでしょうけど
ほんと嫌ですね。
どうしてもその人の顔が浮かんで映画どころじゃないんです。
テレビ放映も同様です。別にその俳優さん(吹き替え)が
嫌いって訳じゃないんですけど。
やっぱり声優さんがいいですねぇ~。
けど大山のぶ代さん(どらえもん)が
洋画の吹き替えしたら違和感あるだろうなぁ~。笑

私も字幕派ですね。
やはり、俳優さんの生の声を聞けるっていうのが
最大の長所です。

しかしサスペンスとか事件物の映画を見ていると
字幕に追われて伏線っていうか画面上の
重要ポイントを見逃してしまうことがあります。
私はすっごい気に入った映画や気になる映画は
2回見に行ったりします。
ですから2回目見ると全く映画の印象が違います。
ストーリーが解ってる分、画面を見ていられるからです。

吹き替えの長所短所は、字幕の長所短所の逆と言っていいでしょう。
うちの母はビデオは必ず...続きを読む

Q吹き替えと字幕の長所短所

洋画を見るときに字幕か吹き替えか悩むのですが、選ぶポイントが知りたいです。

情報量の違いという面からは吹き替えのほうがいいようですし、映像を見るのにも楽という長所もあるように思えます。
それに反して字幕には俳優原音の声が聞けるぐらいしか思いつきません。

吹き替えのときには当然、声以外の、爆発音だとかさまざまな物音も原音でないものになってしまうのですか?

よければ回答の際、自分の好みも教えてくださるとうれしいです。

Aベストアンサー

むかしは映画館で見る以外には外国語の音声で洋画を見ることは出来ませんでした。NHKのみは字幕で映画をやってましたけど、教育テレビでたまに放映するくらいで回数は少なかったです。

そんなこともあり子供の時に見た映画はすべて吹き替えでした。
こうした経験から、むかしTVの洋画劇場で見たものをDVDで再度見るときには吹き替えを選ぶことが多いです。
また他の方も書いておられますが、どの役者だったら吹き替えは誰、といった具合に頭の中に声と顔が一致するように刷り込まれている、といったこともあります。

>吹き替えのときには当然、声以外の、爆発音だとかさまざまな物音も原音でないものになってしまうのですか?

これに関する答えですが、深夜枠のTV放送などでは吹き替えどころか勝手に音楽まで変えられているということもあります。
音楽が替えられている箇所では当然ですが、効果音も後から勝手に作ったものにされています。
ですが、これはほんの一部の例で、大半の洋画の音楽や効果音は、実際の映画のオリジナルのものが使われています。

邦画の例で答えますが、映画を作り配給会社にプリントを納品する際に、別途「ME」テープと「ダイアローグ」テープというのを納品します。
ダイアローグテープはセリフだけが入っているテープで媒体はDATなどですが、これにはセリフだけしか入っていません。
「ME」はミュージック&エフェクト(効果音)のことで、こちらには音楽と爆発音やドアの開け閉めまでセリフ以外のすべての音声が入っています。

これらが別途にあるのは、諸外国へ売ったりした場合の、吹き替え版の作成やTV放送の際に必要になるからです。
効果音はハリウッドではフォーリーアーチストと呼び、それ専門のスタッフが居て、アカデミー賞の対象にもなっています。
戦車が崖から落ちていくような効果音はちょっと出来ません。
(インディージョーンズの効果音は撮影のためではなく、録音のために実際に戦車を崖から落としたそうです)

そんなわけで洋画の場合もこういった素材は存在します。ということでDVDやTV放送の際に使われる効果音はオリジナルのものと同じです。

むかしは映画館で見る以外には外国語の音声で洋画を見ることは出来ませんでした。NHKのみは字幕で映画をやってましたけど、教育テレビでたまに放映するくらいで回数は少なかったです。

そんなこともあり子供の時に見た映画はすべて吹き替えでした。
こうした経験から、むかしTVの洋画劇場で見たものをDVDで再度見るときには吹き替えを選ぶことが多いです。
また他の方も書いておられますが、どの役者だったら吹き替えは誰、といった具合に頭の中に声と顔が一致するように刷り込まれている、といった...続きを読む

Q吹き替えに対する字幕の完全さ

イオンシネマで
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカを
日本語吹き替えと字幕との両方並行して上映しております。

この場合字幕は欠落無く、完全に元の通りに訳してありますか。

Aベストアンサー

娯楽映画の場合は、「楽しませること」が最優先なので、必ずしも吹き替えか字幕かで「情報量」ははかれないのです。ただ、「シビル・ウォー」の場合でしたら、シリーズの過去の作品のDVDをレンタルして、吹き替えと字幕を見比べてみると、ある程度の感触がつかめるのではないかと思います。

一応、詳しく述べます。まず、吹き替えは、「すんなり聴けること」を最優先すると同時に、「口の動きに合わせる」ので、たとえばジョークなどでは、原語(この場合は英語)とはまったく違うセリフを充てて、とにかく笑わせることにポイントを置きますし、登場人物が口を縦に開けていれば、口を縦に開けて発音する日本語の単語を充てるために大きく意訳したりします。

一方で字幕は、「すんなり読めること」を最優先すると同時に、「聞こえてしまう原語(英語)との違和感を防ぐ」ので、極端に言うと、ジョークでは、たいして笑えなくても原語に近い訳を充てる傾向があります。同様に、意訳も、できるだけ原語に近いものにします。

そういう意味では、字幕は読みやすくするために情報を削ることはあれど、残した情報が吹き替えに比べて、原語に忠実である傾向があります。特に、劇場公開での吹き替えは、子供の観客も意識するので、そういう面での意訳もあり得ます。

ただ、3Dなどの場合には、字幕が飛び出て鬱陶しいので、劇場では吹き替えのほうが見やすいです。ちなみに、私の周りの映画ツウは、シリーズ全作を見ているほどのファンで英語をまったく聞き取れない人でも字幕で見ていますけどねえ。

娯楽映画の場合は、「楽しませること」が最優先なので、必ずしも吹き替えか字幕かで「情報量」ははかれないのです。ただ、「シビル・ウォー」の場合でしたら、シリーズの過去の作品のDVDをレンタルして、吹き替えと字幕を見比べてみると、ある程度の感触がつかめるのではないかと思います。

一応、詳しく述べます。まず、吹き替えは、「すんなり聴けること」を最優先すると同時に、「口の動きに合わせる」ので、たとえばジョークなどでは、原語(この場合は英語)とはまったく違うセリフを充てて、とにかく笑わせ...続きを読む

Q「ロード・オブ・ザ・リング」の字幕と吹き替え

で、かなり違いがあるって聞いたんですが、本当でしょうか?
なんか吹き替えの方が良いみたいなんですが・・・
 
私は字幕で見てかなりはまりました。
映画は字幕で見ないと気がすまないんですが、吹き替えの方が良いのなら、吹き替えも見ておかなければ! と思っています。
 
なので、実際に違いはあるのでしょうか?
吹き替えで見た方が良いのかな?

Aベストアンサー

この映画は一見「アクション満載のハリウッド的ファンタジー」のような宣伝をされていますが、実の処は「大河的文芸ドラマ」の要素の方が大きいです。
登場人物や舞台設定はかなり複雑で、字幕を追っかけるのに必死でせっかくの画面を堪能できない、という事態に陥ります。がしかし、そもそも字幕を必死で追っかけないと何言ってるんだか全然わかりません。ああジレンマ。
という訳で、複雑な情報が耳から入ってくるので字幕を追わずにすむ、という点では吹き替え版で見る方が物語の把握度が断然上です。
そしてもうひとつ、吹き替え版の方が評判がいいのには理由がありまして。
某T田N子先生、この複雑かつ大スケールな作品の舞台設定や人物関係を全く知らない(原作は読んでいないと公言しています)ばかりか、専門家の監修も全くつけずに翻訳作業をしてしまいました。そんな訳でただでさえ複雑で難しい言い回しのセリフが字幕の字数制限で省略された上にT田先生が意訳している(ニュアンスの違い位なら許せるのですが、所々で致命的な誤訳をぶちかましています)ので、はっきり言って字幕版のストーリーは破綻してしまっています。ファンの間では「T田N子字幕糾弾」なるサイトがあっちこっちで立ち上がっている程です……。
吹き替え版の翻訳はそんな事はないようで、ちゃんと原作に明るいスタッフによって訳されています。わざわざエルフ語にまで監修の人をつけている位です。

この映画は一見「アクション満載のハリウッド的ファンタジー」のような宣伝をされていますが、実の処は「大河的文芸ドラマ」の要素の方が大きいです。
登場人物や舞台設定はかなり複雑で、字幕を追っかけるのに必死でせっかくの画面を堪能できない、という事態に陥ります。がしかし、そもそも字幕を必死で追っかけないと何言ってるんだか全然わかりません。ああジレンマ。
という訳で、複雑な情報が耳から入ってくるので字幕を追わずにすむ、という点では吹き替え版で見る方が物語の把握度が断然上です。
そし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報