最新閲覧日:

私の知り合いが.伝線性単核球症と言う病気になりました.この病気は
日本人であればだいたい子供の頃かかり.風邪みたいにすぐ治るらしいのですが.彼はカナダ生まれで.23才でかかってしまい.わからずにいて.ガンガン働いていたため.悪化してしまいもう一年半もわずらっています.
医者も頼り無く良くわかっていないようです.でも実際一年半療養してきましたが.まだこのEVウイルスが体内に残っているため.働くこともできず生活保護
をうけています.この病気は色々しらべてもよくわからず.悪化して
糖尿病や慢性的な病気になったり.あるいは一生治らないかもしれないと
心配しています.この病気の専門科と言うのはいらっしゃるのでしょうか
何でも良いので情報をください!お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

EBV感染により、慢性疲労性症候群発症が疑われているようです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も慢性疲労症候群を疑っています.これもただ見守るしか無さそうで
歯がゆい思いをしています
ありがとうございました

お礼日時:2001/03/20 22:50

MiJunです。


病院に関して追加情報です。
どちらにお住まいかわかりませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「東大病院の血液・腫瘍内科」
同様の病院は全国にいくつかありますし、症状によっては大学病院の耳鼻科でも受診可能かもしれません?

補足お願いします。

参考URL:http://www.h.u-tokyo.ac.jp/newhp/md/mdcl/ketueki …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HP見てみました.早速東大病院をすすめたいと思います
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 22:52

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「伝染性単核球症-EB」
このページで特に「治療」・「予後と転帰」・「合併症」の項と関連リンク先を参考にして下さい。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HPに行ってみました.参考になりました.ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/20 22:54

感染性単核球増加症のことですネ。


エブスタイン・バーウィルス(ヘルペスの一種)が原因となって発症するものです。症状としては、疲労感・発熱・喉の痛み・リンパ節の腫れが特徴的なものですネ。
比較的感染力の弱いウイルスなので、成人の場合は患者とのかなりの接触がないと感染しにくいものです。
幼児の約半数はこのウイルスに感染しますが、通常は無症状で終わってしまうことが多いものです。けれども、成人の場合は長引くことも珍しくないですネ。
この感染症の怖いところは、脾臓や肝臓にダメージを与える場合が珍しくないということです。稀に脾臓破裂を起こす場合もあるのですが、これについては、外科手術以外の対処法はありません。
とはいっても、この感染症の死亡率は1%に満たないものであり、ほとんどの場合は完全に回復します。
ただし、合併症については、それぞれの合併症に応じた治療期間が必要とされますし、危険性も異なってきます。脳や脾臓、或いは気管に関するダメージがもっとも危険なものですネ。
当面は激しい運動は避け、重いものを持ったりするのも避け安静に保つしか方法はないかと思われます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

くわしくアドバイスいただきありがとうございました
合併症ですか.早速調べてみるようにすすめます

お礼日時:2001/03/20 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報