人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

おはようございます。

証券会社に勤めている人は信託銀行やネット銀行に口座を開いて
投資信託や外貨預金の取引をしてもいいのでしょうか??

ご回答宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

外貨預金は可能です。


投資信託や株式投資をする場合は、自分の会社で投資をする必要がありました。あと、株式の場合は購入後半年以内の売却はできない、注文の執行は同僚に頼まなければなりませんでした。

ただし、法律で先物・オプション取引などはできないので、外国為替証拠金取引とかデリバティブ取引などはしてはいけないことになっています。
    • good
    • 2

勤務先の就業規則によるのでしょうね。


一般に「地場出し」(証券会社の職員が勤務先以外の証券会社で有価証券の売買すること)は禁止されているようですね。
    • good
    • 0

>投資信託や外貨預金の取引をしてもいいのでしょうか??



問題ありません。
投資信託・外貨預金・社債購入など、堂々と行なって下さい。

ただ・・・。
証券会社に勤務していない一般投資家と同じ情報で判断する必要があります。
例えば、通常の銀行・証券会社で一般的に販売している投資信託・社債を買う事は合法です。
が、一般投資家が知る事が出来ない情報を元に「株券を購入・売却」する事は違法です。

この合法・非合法のバーダーラインは難しいですね。

簡単に言うと、一般銀行・証券会社で販売している投資信託・債権・仕組み預金・外貨預金を、店頭・ネット・通販で購入する事は問題ありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q証券会社の社員が株の個人的に株の売買をすることについて

私は証券会社への就職が決まっていますが、証券会社で働く場合(証券外務員資格を取得し営業)今やっている自分名義の特別口座(kabu.com)での取引を辞め解約しなければいけないのでしょうか。また株の取引を辞めければいけない場合自分以外の名義でもダメなのでしょうか。

Aベストアンサー

証取法違反で逮捕者を出さないための予防策であるともいえます。
勤務期間は、少なくとも半年スタンス以上の中長期型投資しか出来ないはずです。
しかも現物のみ。

ただ、これが非効率的な投資かと言えば、個人の考えようです。

ただ、6ヶ月ごとの入れ替えなので、バフェット式の手法を今から学んでおけばWで美味しい思いも出来るでしょうが。(自己資産形成+給与査定α)

Q証券会社社員でも株購入できますか?

以前より疑問がありましたので質問させてください。
証券会社に勤めている正社員、契約社員などの方は一般の上場会社の株を自分の資金で購入しても良いのでしょうか?
ふつうの人たちより情報も早く入手できるし、平等ではないと思います。
以前に証券会社社員の方が上場株式を購入して利益を得たという話を聞きました。
あくまで自社株を購入したのではなく、他社のものだそうです。
インサイダー取引にはなりませんか?
よろしくご回答をお願いします。

Aベストアンサー

証券会社勤務です。
No.1もNo.2も嘘です。
買えます。
ただし、会社の内部規定によりうちの会社では6ヶ月以上の長期保持をしなくてはなりませんし、
当たり前ですが、申請しないと買えません。

ってゆーか、それぐらいインサイダーに関する法律とか証券会社の注意書きを見ればわかると思うのですが・・・。

これだけでは、何ですので。
イートレでは保持期間は3ヶ月以上となっております。これはバイトでも同じ扱いです。
株コムも聞いた話だと3ヶ月保持ルールですね。
投機的な性質のある信用取引では買えません。

以上のルールは、基本的にインサイダーを防ぐためのルールであり、
上記のルールを守っていれば、インサイダー情報を得て株を買っても無罪ということにはなりません。
ですので、証券会社社員しか知りえない情報を得て、それを元に株を買えば、当然インサイダー取引に当たりますので、違法です。

Q証券会社の社員は個人株式投資できない?

証券会社の社員が個人株式投資をすることは違法行為になるのですか?
また証券会社の社員の家族はどうですか?
どなたか回答よろしくお願いします。
ブームに乗って参戦しようと考え中です。

Aベストアンサー

株式投資行為自体は禁止されていないですが、様々な制限があります。

証券業協会の取決めでいうと。
1.自社以外の証券会社との取引の禁止(地場出しといいます)。
2.信用取引、先物取引、デリバティブ取引等の禁止(投機性が強いため)。

当然ですが、インサイダー取引や仮名取引などは禁止されています。

その他、各証券会社の内規があり、親族の売買制限もこのうちに規定されていると思います。
職員の株式投資はどうしても不正の温床になりやすいため、厳しい規定が設けられていると思ってください。

Q投資信託はできますでしょうか?(身内に証券会社勤務)

兄弟が証券会社に勤めています。

この場合ネット証券など株取引はできず、株が買えません。

投資信託もできないのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

投資信託は、インサイダー取引の対象外であり、「地場受け、地場出し」(証券会社の社員は原則他社で株式などの証券売買ができない)の対象外なので、常識的には問題ないとは思いますが、取引をする証券会社で確認をしたほうがよいでしょう。

Q地場出しについて

某証券会社に最近入社したものですが、例えば他の銀行の「外貨預金」を利用しても地場出しにあたるのでしょうか?
また他の金融機関で「個人向け国債」や「投資信託」の購入は問題ないんでしょうか。
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

外貨預金は有価証券取引ではないので地場出し地場受けにはあたりません。
国債や有価証券投資信託はご自分の証券会社で取扱っていない場合他の証券会社で購入できる場合がありますが、他社への口座開設につき勤務先の許可など一定の手続が必要です。

外務員資格の勉強をしっかりなさってください。

Q息子が証券会社社員ですが、他所のネット証券で口座開設できますか?

同居の息子が、未上場の証券会社に勤めています。私は息子の仕事先ではないネット証券に口座を開設しようと思っているのですが証券取引法等に触れて息子に迷惑をかけるような事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

法令諸規則による規制はありません。息子さんの勤務先の社内規定などで定められている可能性があります。
証券会社は部署によってインサイダー情報と頻繁に接するところもあり、親名義で別会社に口座を作って良からぬことをする人がたぶん昔いたんだと思われ、証券会社の立場としては、そのようなことがあったときに「社内規定では禁止していたから個人の問題」と言って会社の責任が軽減されるように、親族については自社で取引させるようにといった社内規定を定めていたりします。
ただ、ぼくも証券会社にいましたけど親は何十年も前から別の証券会社に口座を持っていたはずで、いちいち移管させていません。ほっときました(笑)

でも新しく口座開設しようとする証券会社に息子が別の証券会社に勤務していると申告すると、断られる可能性はあります。
また、疑義であっても実際にインサイダー取引関係の問題があった場合には、息子さんに累が及ぶ可能性は無いとは言えません。まーそんな問題に巻き込まれる可能性はほとんど無いと思うんですが、ゼロでは無いです。

Q証券会社社員の家族の株取引

証券会社社員本人の株取引には色々規制があることがここで調べてわかりました。
取引するのが家族の場合は何か規制はあるのでしょうか?
規制がある場合は同居か別居かでの違いや、親や兄弟などどこまでの親族が規制の対象になるのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確に言えば、本人以外は意味がありません。
というのが、法律的に見た場合、家族は、聞いた人(社員)から聞いた話であり、伝聞事項です。
人づてに聞いた話はあいまいさもあり、それで規制されることはありません。
ただ、社員でなく、役員であれば別の話です。
使われてる身であれば関係なし。

Q銀行員は株取引可能か?

証券会社勤務者は株取引に規制があるようですが、銀行員はどうなのでしょうか。メガバンク勤務です。

Aベストアンサー

銀行ではありませんが、金融機関に勤務しており、現在の担当業務は「資金運用」です。
私は「株」担当ではありませんが、勤務先の「就業規則や規定」ではなく、部署の「内規」によって、それらに関する規制がかかります。
それから判断しますと、私の勤務先で規制がかかるのは全職員のうち2%ということになります。
それ以外の職員は、何ら規制を受けません。

ご参考までに、私の勤務先の部署の「内規」では、「株担当者は、個人的な株式等の運用は一切不可」となっており、「それ以外の運用担当者は、勤務先と取引のある証券会社を利用しての株式等の運用は不可」となっています。
ですから、私の場合は、勤務先と取引のある証券会社を利用しなければ、株式等の取引ができます。
といっても、取引がない証券会社なんて、無いに等しいですね。

Q証券外務員登録をしている社員は、なぜ信用取引等が禁止なのか教えてください。

証券外務員登録をしている社員は、
いかなる名義を用いているかを問わず、
自己の計算において
①信用取引
②有価証券関連デリバティブ取引
③特定店頭デリバティブ取引
の取引を行うことが禁止されています。

「日本証券業協会の規則」や「金融商品取引法」により禁止されていることは
調べて分かるのですが、
根本的になぜダメなのか(なぜ禁止されているのか)理由を知りたいです。

素人でもわかるような答えを、ぜひ教えてください。

また、どういった取引であれば登録社員でも取引可能なのか教えてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「人に商品、売買の勧誘等をする立場の人は、少なくともレバレッジを効かせたようなハイリスクと
見られる売買を自分でするのはやめておいてくださいね。」ということでしょうかね。

現物取引ならいいということかな。
でも、実際は、現物でも売買期間等、色々制約がある場合が多いみたいですね。

QAFPの提案書にかなりてこずってます・・・。

通信講座先との通信事故があり、提案書提出期限を3日ほど前に知りまして、
生まれてから1番頭を回しているのではないかと思う今日この頃なのですが、
とかくひっかかるものが多すぎて、目も一緒に回ってます。(^_^;)
提出の期限は7月4日なのです・・・。笑えないです。

なんとか骨組みは出来たのですが、内容がついてきません。
なにを改善したらいいのかもいまいちつかめていない現状です・・・。

こんな私に役立つサイトなどを教えていただけないでしょうか?
切羽詰っているので、汚い文をご容赦ください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

提案書ですが、通信教材に見本がついていれば、ほぼ丸写しでも多分通ります。

基本は『見栄えがいい』こと。
なので、誤字脱字はかなり気をつけたほうがいいです。
そしてページ数記入と目次!これは外せません。
装丁も綺麗なほうがいいです。
自分がクライアントなら綺麗な提案書のほうが安心できますよね。また、本来、何年もおいておかなければならないものだということを想定してください。見直しが必要な書類なのに紙がぼろぼろ、ばらばらになるような事態は避けなくてはなりません。

つじつまあわせができているかどうかは、あんまり問題にされません。計算がぱっと見で間違っているようなものはさすがに無理ですが、キャッシュフローなどはやりたいことを組み入れ、最終黒字になるよう見積もっていれば、その黒字の内容が、かなり無茶な財産処分でもOKです。
所詮『提案書』ですから。そういうのもアリということです。
現在の貯蓄、将来の収支を計算して「この時期にコレだけお金がかかるから、コレだけ貯めるためにはどうすればいいか」を説くのですが、リスク分散(これも大切です。明日いるお金を定期預金に預けてしまうような間違いをおかすと、さすがにハネられます。あとギャンブルに頼るという選択もやめたほうがいいです。普通考えないでしょうが、実生活ではそう考える人が本当にいるのだとか・・)と商品内容の間違いがないように気をつければ大丈夫。

できるだけクライアントの希望を叶えることのみに集中して作成してください。なぜなら、希望する事項を「我慢する」のであれば、プランニングの必要がないからです。あまり突飛な場合は、要相談といったところでしょうが、AFPの課題で、そんな無茶なものが出るとも思えません。

最後に必ず自分の名前を記入することも忘れないようにしてください。

時間の無い中、大変だとは思いますが、がんばってくださいね。

提案書ですが、通信教材に見本がついていれば、ほぼ丸写しでも多分通ります。

基本は『見栄えがいい』こと。
なので、誤字脱字はかなり気をつけたほうがいいです。
そしてページ数記入と目次!これは外せません。
装丁も綺麗なほうがいいです。
自分がクライアントなら綺麗な提案書のほうが安心できますよね。また、本来、何年もおいておかなければならないものだということを想定してください。見直しが必要な書類なのに紙がぼろぼろ、ばらばらになるような事態は避けなくてはなりません。

つじつまあ...続きを読む


人気Q&Aランキング