ちょっと変わったマニアな作品が集結

庭に、蟻がいます。
家庭菜園をするために
鶏糞等の有機物を投入するようになって目立ち始めました。
よく見ると、土の中から何かを運んで
巣に持ち帰るようです。
植物にとって、無害なら放置しておくつもりですが
有害なら、何とかしたいと思います。
また、木造建物に近いところに巣を作っているために
柱を食べてしまうことはありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

家庭菜園ですから,農薬などは使いたくないですよネ。


アブラムシの駆除には自然の食物連鎖を利用して,ナナホシテントウを導入するのがいいですからネ。
ナナホシテントウは冬場に集団越冬しますので,その時期ならばゴッソリと収穫できるのですが…数ヶ月遅いですネ。
地道に捕まえてくるというのも一つの手段です。
もっと楽なのは,サナギを集めることですネ。
公園や野原の草の葉の裏などによくひっついていますので,葉っぱごと集めます。
幼虫も結構見つけることができますヨ。
アブラムシが発生すれば自然に集まってはきますけどネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 6
この回答へのお礼

次の休日に、公園にテントウを探しに行きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/06 20:18

アリには意外と困った性質があって、アブラムシをどこからともなく連れてきて植物に留まらせたり、アブラムシの天敵であるテントウムシを集団でいじめたりします。



家庭菜園レベルでは全くといっていいほど問題にはならないと思いますが、鉢植えなどに巣を作ると、土の量が少ないせいで植物の根を切り刻んだりする事があります。

普通のアリが木材をかじる事はありえないと思います。シロアリの体内には特殊なバクテリアが居てセルロースを栄養分に出来ますが、普通のアリには出来ません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

蟻も、したたかな生き物なんですね。
ほとんど無害と聞いて、安心しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/06 20:26

アリそのものが植物に害を与えるということはないでしょう。


植物によっては,アリが種を運ぶことで分布域を広げるということもある位ですし。
また,アリは柱を食べてしまうということはありません。
ただし,アリはアブラムシ(アリマキ)と共生していますネ。
アブラムシが出す甘い体液を貰う代わりに,アブラムシを守るという働きをしています。
ということは,間接的な「害虫」ということもできるかもしれません。
テントウムシ(ナナホシテントウ)はアブラムシをせっせと食べてくれるので,これを沢山導入すれば対策となるでしょうネ。
以上kawakawaでした

この回答への補足

さっそくのご返答を、ありがとうございます。
ナナホシテントウを導入とのことですが、何かを使って呼び寄せるのでしょうか?

補足日時:2003/05/04 09:00
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q畑にいる蟻を退治したい。

趣味で家庭菜園をしていますが、今頃の時期になりますと赤や黒の蟻がたくさん出て作物を荒らしてしまいます。
市販の蟻退治の薬を散布することも考えたのですが
作物に対する影響が良くわからないので、
今はそのままにしています。

畑にいる蟻を有効に減らす方法がありましたら
お教え願います。

Aベストアンサー

最近は店頭で植物にかかっても大丈夫な水性の蟻の駆除剤が売っています。
表示がありますので、ホームセンターの園芸コーナーなどで探されてはいかがでしょうか?

他の方が書かれていましたが、蟻はアブラムシがいるので植物に登ってくるか、蜜を吸う為に上ってきているのであって、植物を食害しているわけではないと思います。

そのことも踏まえて、薬を散布されるといいと思います。

Q庭にいる蟻 退治するべきか?

我が家の庭の壁づたいに何個もアリの巣ができています。

「蟻」ってなにか植物(野菜や植木)に被害を及ぼしますか?
何も被害がないなら、そのままにしておくのですが、被害があるなら、
退治したいと思います。

退治する場合、おすすめの退治方法があれば、教えてください。

今のところ、家にはいってきたりはしていません。

Aベストアンサー

シロアリでもない限り害はないと思います。私の盆栽にもよくいますが、巣でも作らない限りはそのままにしてます。
蟻を寄せ付けないようにする薬剤とかもあるので駆除する前にそれで様子を見てはいかが
下記サイトの効能に蟻を寄せ付けないともあります

参考URL:http://www.geocities.jp/aaaself/syu--mi/ha-bu/minnto_rui.html#tag5

Q畑に蟻の巣が出来ました

どうすればいいでしょう
一応、地面にばら撒く粉タイプを使うと畑に害をもたらしますし
薬剤なんか使えませんし、なにかいいてはありませんか?
昔ながらの蟻の巣の近くにおいて、全滅させる奴使えばいいですか?

Aベストアンサー

通常、作物を食べることはないので放っておいても良いのでは?穴を掘るので、そこだけは耕してるようになるかもしれませんし。ただ、アブラムシと共生関係にあるので、その辺りだけは問題かもしれません。

参考URL:http://insect3.agr.hokudai.ac.jp/~yao/dpresen/d2.html

Q植物に、蟻が・・・。

先日、オーガスタという植物を購入しました。
今、非常に困っているのが蟻がすごくいるということです。
今日の朝、起きたら蟻の大群が床に・・・。
家は、動物を飼っているので殺虫剤などは出来たら使いたくないのですが。
観葉植物はいくつか大きいものも持っていますが、蟻がたくさんいたということは
なかったので、どうしたものかと困っています。
ぜひアドバイス、お願い致します。

Aベストアンサー

そのアリはたぶんアミメアリじゃないかと思います。
5mmより小さい、ちょっと赤っぽいアリではありませんか?
そいつらは放浪癖のあるアリなので、
群ごとよく引越しします。
私がよくやるのは、別のところにエサを置いて、
引越しさせてからどこかに運んでしまうか、
あるいは行列を作らせて、
それをチャッカマンみたいなライターで焼き殺します。
私はミツバチの巣箱に入ったのをこれで駆除しています。

商品名「アリの巣コロリ」なんかを買って来て、
近くに置いておけば全滅します。
動物にやられそうなら、容器の上に、
ものすごく重いものを上に載せておけばいいと思います。
この「アリの巣コロリ」は、容器に入っていて、
容器の上に何かを載せてもアリは横から出入りします。

Q農薬を使わない野菜の害虫駆除方法は?

庭で野菜(サラダ菜)を栽培しています。青虫ならず、小さい黒虫がせっかくの野菜を食い荒らします。農薬以外に害虫駆除方法がありますか?

Aベストアンサー

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫やウリバエにあります。ただし、悪乗りして**菌を添加しても、効果はありません。
http://kame65.seesaa.net/category/4243824-1.html
・不織布を利用し、虫の接触を断ちます。寒冷紗の使用は作物の生育を遅らせるのでお勧めできません。
・鳥よけに使われるキラキラ反射するカラーテ-プと、シルバーのマルチフィルムは、アブラムシ防除に有効です。
・堆肥の施用は播種・移植の1週前とし、完熟の堆肥を使用します。
(2)駆除
・園芸愛好家は「Green Finger」と言われておりますが、これはアブラムシを見つけ次第、指で殺すため赤緑に染まるため付けられた名称です。アブラムシ、青虫、毛虫は殺すか遠くに投げます。これがもっとも有効かもしれません。
http://www.eiga-kawaraban.com/01/01021602.html
・アブラムシは、蟻のサポートがありますので、なかなか撲滅できません。私は牛乳原液をアブラムシに向けて噴霧します。臭いが気になれば、乾いた翌日水をかけます。最近は噴霧式の洗たくノリもありますので、これも使えそうです。

 色々と試みましたが、天敵の利用などは施設園芸での話で、この程度の技術しか利用しておりません。キャベツ、ブロッコリでは無農薬では虫の害で商品にはなりませんし、不織布栽培しても価格競争で負けます。トモロコシでは、アワノメイガの害に毎年悩まされた結果、離れた畑で農薬を2回使います。試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。
結論:(1)時期外れの作物は植えない。(2)土を作り、作物は順調に生育させる。(3)しっかり観察し、病気、虫の害を早く見つける。こんな基礎が大切です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3380698.html

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫や...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q花壇に蟻が大量発生しました(T_T)

庭の花壇(オキザリス)の土上に蟻が大量に出現しました。(見ていると真っ黒くゴニョゴニョと動くほど)
クルクマやハブランサスを植えている花壇には数匹はいますが大量発生はしていません。
ホームセンターで蟻駆除用のスプレーを買おうといったのですが、「蟻の巣に噴霧」と書いてあり、蟻の巣を探してみましたが分かりませんでした。
花に悪影響がない形で今見える範囲にいる蟻の駆除方法を教えてください。
子供が「たくさん蟻がいる~」と遊んでしまうため駆除はしたいのですが、その子供が水やりなどをして育てたオキザリスは枯らしたくありません。

蟻が大量発生したのは土が悪いという事なのでしょうか?
(花壇の土は市販の培養土です)

Aベストアンサー

まずどんな蟻かを見てください。

いわゆる昔から見たことのある真っ黒くて体長が4ミリくらいの蟻なのか、濃い茶色で体長が3ミリくらいの小さめの蟻なのか、です。

小さい蟻でしたら、お住まいの地域によってはアルゼンチン蟻である可能性があります。彼らは巣を作らず、地中に大群となって広がっていきます。つまり「存在自体が巣」の状態となっています。

アルゼンチンからの不法入国蟻で、いまや日本全土が1つの巣になりつつあると言われます。近畿・中国地方が主体だったのですが関東まで侵略されつつあります。

広さとしては県の単位で1つの巣になっている状態ですので駆除は極めて困難です。

http://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/kankyo_seikatsu/argentina/ant_10.html
http://ant.edb.miyakyo-u.ac.jp/J/Taxo/F90012.html

参考URL:http://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/kankyo_seikatsu/argentina/ant_10.html

まずどんな蟻かを見てください。

いわゆる昔から見たことのある真っ黒くて体長が4ミリくらいの蟻なのか、濃い茶色で体長が3ミリくらいの小さめの蟻なのか、です。

小さい蟻でしたら、お住まいの地域によってはアルゼンチン蟻である可能性があります。彼らは巣を作らず、地中に大群となって広がっていきます。つまり「存在自体が巣」の状態となっています。

アルゼンチンからの不法入国蟻で、いまや日本全土が1つの巣になりつつあると言われます。近畿・中国地方が主体だったのですが関東まで侵略されつ...続きを読む

Qミニトマトの葉が黄色くなって・・・

ベランダで育てているミニトマトの葉が黄色くなってきてしまいました。
もう終わりなんでしょうか?でもまだトマトは4個くらいしか食べていません。
他のトマトはまだ青いです。
そういう病気もあるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。
元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。
トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。
ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。
今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。
また、カルシウム分が不足すると、
尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。
ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。
枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。カビがでやすいので、取り除くといいですね。

Qアブラムシ駆除に有効なもの?

我が家のベランダ菜園の、ししとうとピーマンにアブラムシが大量発生してしまいました(T-T)
特にししとうはものすごくついています。

ここで色々検索して、牛乳を吹きかけると、皮膚の弱いアブラムシは死んでしまう、と知り、試しにやってみました。
なるほど・・・確かに死にますね。
しかし量が半端じゃないので、死んだアブラムシを
爪楊枝ではじき落としたりして結構大変でした。
(水で流しても取れなかったので)

・・・牛乳で死ぬ、と言うことは、他の物でも効果はあるんでしょうか?
例えば、クエン酸水とか、酢を薄めた物をかけるとか、
ジュースとか・・・
それとも、牛乳自体にアブラムシに効く成分??でも
あるんでしょうか?
観葉植物も枯らしてしまう超初心者な私なので、まさか
アブラムシがわくとは思ってもいませんでした・・。
アブラムシ駆除について色々教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

絶対に農薬を使いたくないなら
クラフトテープがお勧めです。
ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープです。
あれでぺたぺたやってください。
アブラムシやヨトウミシや尺取虫などなんでも取れます。
おまけに植物に与える影響はまったくありません。
テープもあまり強く押しつけない限り葉っぱなどにもくっつきません。
アブラムシだけ取れます。爪楊枝で落とす必要もないのでらくちんです。
私もこの方法で薔薇をアブラムシから守ってますよ。
うちの薔薇は完全無農薬です。
今は100円均一で安く手に入るのし毒性はまったくないので(あたりまえ)
近所に迷惑も掛かりません。
取ったアブラムシはそのままテープをはっつけてしまえば手も汚れません
一度お験しあれ!

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング