親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

こんにちは。
細君という言葉はいつの時代の言葉ですか?
なぜ使われなくなったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

佛教大学の山口修教授によると、「細君とは武帝の時代、鳥孫・うそんという国に輿入れした江都王の王女の固有名詞で、後につれあいをさす語になった」としておられます。


いつ、日本で使われるようになったかは、明治時代の事ではないかと思います。
使われなくなったのは、時代の流れでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/04 17:06

 細君というのは中国の歴史書「漢書」に出典のある古い言葉です。

漢書東方朔伝に頓智にすぐれた側近東方朔が武帝より肉を賜ったとき、係官が来ないので勝手に剣で肉を切りとってそのまま帰ってしまった。係官が武帝に奏上して、武帝が朔を呼び叱責したうえ、「起ち上がって、自分で自分を叱責してみろ」といわれ、「朔よ、御下賜の品を頂戴するのに許可を受けないとはなんと無礼なことだ。剣を抜いて肉を切るとはなんと勇壮なことだ。切り取った肉が多くないとはなんと無欲なことだ。家に帰って、細君に贈るとはなんと慈悲深いことだ。」と答えますと、武帝は「自分を叱れといったのに叱責にことよせて自分を誉めたわい」と頓智に感心し、酒と肉とをその細君に贈りました。一般的にこの文では細君は、細とは小のことであり、諸侯の妃を「小君」といったので自分を諸侯になぞらえて「細君」と言ったというのが通説です。これ以後、妻のこと、後には他人の妻もを細君と広く呼ぶようになったようです。ですから、「妻君」というのは当て字です。戦後、漢文を勉強しなくなったため、故事成語由来の言葉は急速に使われなくなりました。昭和20~30年代の映画にはよく使われています。

参考URL:http://www9.ocn.ne.jp/~rioh-en/episoad-06.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/04 17:07

はじめまして。



>細君という言葉はいつの時代の言葉ですか?
何時の時代かは分かりませんが、夏目漱石や坪内逍遥、太宰治など明治、大正期の小説に良く使われていますね。

>なぜ使われなくなったのでしょうか?
たぶん、時代によって言葉は変化していきますので、特に原因はないと思います。いまでも、死語というのは日々発生してますよね。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BA%D9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/04 17:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本文学における「近代的自我」って、わかりやすく言うとどういうこと?

いまいち、ピンときません。近現代の日本文学を理解する上では必須の概念のようですが。たとえば、封建時代には無かったこういう考え方が、明治以降の思潮として生まれた…というような具体例をふまえて、わかりやすく教えていただけませんか。素人にわかるようにお願いいたします。

Aベストアンサー

明治以降、戦前までの、あるいは現代にいたるまでの日本の文学を貫く大きな主題を「近代的自我の確立」として見ていく、というとらえ方があります。

大雑把に言うと、
西洋近代社会の根本には、近代的自我があった。
それに対して、封建時代を続けていた日本には、近代市民社会というものは存在しない。そして、その核となる近代的自我もない。明治に入って、外圧によって開国を余儀なくされ、西欧列強に植民地化されないために、社会は急激な近代化を遂げた。

けれども、それは、西洋のように、近代的自我が自然な発達段階を経て成熟し、それと軌を一にして市民社会も成熟した、その結果としての文明ではないわけです。
そのギャップを埋めようとして、なんとか個人の内側に「自我」というものを確立しようとして苦闘した、一連の作家がいる、という考え方です。

ではヨーロッパの近代をささえた「自我」とはなんなのか。

これをまた考え始めると、大変なのですが、ここでは簡単に、「わたしとはなんなのか(わたしはなぜわたしなのか、わたしと他者はどうちがうのか、といった一連の質問も含みます)」という問いを立て、それに答えていくこと、としておきます(もし自我とはどういうことか、に興味がおありでしたら、宮沢賢治の作品を自我という観点から読み解いていく見田 宗介『宮沢賢治―存在の祭りの中へ』 岩波現代文庫が大変おもしろく、参考になるのではないかと思います)。

ヨーロッパ社会では、キリスト教の強い支配と、封建的な身分関係のなかにあって、ひとは、社会からも、神からも自由で独立した「わたし」を想定してみようとも思わなかった時代から、近代に入って、自我が哲学の中心的な問題となっていきます(ヨーロッパ社会の中で「個人」という意識がどのように確立していったか、ということに興味がおありでしたら、作田啓一『個人主義の運命』岩波新書を。この本は手に入りにくい本ですが、非常によくまとまっています)。

近代社会を構成するのは、ひとりひとりの市民である。そしてその市民は「自我」を有している。これがヨーロッパの近代を支える思想であり、ヨーロッパの近代文明を裏打ちしているのは、その思想であったわけです。

さて、上でも言ったように、ヨーロッパでは百年~二百年の期間を経て成熟していったところへ、日本は一気に追いつかなくてはならなくなってしまった。

文学も、それまでの戯作文学のように、楽しみのためだけに読むようなものではダメだ、西洋の芸術観に基づいた新しい文学が生まれなければならない、と、そのように考えられるようになった。そうやって、明治二十年代に入って、新しい文学が起こってきます。

その代表的な作品が、二葉亭四迷の『浮雲』、あるいは森鴎外の『舞姫』です(『舞姫』に関してはhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=993639で回答しているので、もし興味がおありでしたら、ご覧になってください)。

両者とも、知識階級の青年を主人公にしています。
主人公は、どういうふうに生きたらいいか考え、悩み、自分が良いと信じる生き方と、社会の現実が相容れないことに悩みます。
つまり、現代までつながってくる問題が、明治二十年代に、初めて登場したのです。

この二葉亭や鴎外がここで提出した問題は、そののち、鴎外自身や漱石によって深められ、あるいは明治四十年以降からは私小説という表現形式をとって現れたりもします。

その現れはさまざまだけれど、いずれも、社会のなかで生きる「わたし」は、社会から独立した存在である、それゆえに、社会とは相容れず、みずからの理想を、社会のなかで体現することもできない、その「わたし」は、いったいどう生きていったらいいのだろうか、ということを、日常生活のなかに描き出そうとするものだった。そういうものが、日本の近現代の文学であった、と概観することもできるわけです。

非常に大雑把に書きましたが、「日本文学における近代的自我の確立」と言ってしまうとずいぶんたいそうなことのようですが、その内容は、そうしたものである、と考えて良いのではないでしょうか。

明治以降、戦前までの、あるいは現代にいたるまでの日本の文学を貫く大きな主題を「近代的自我の確立」として見ていく、というとらえ方があります。

大雑把に言うと、
西洋近代社会の根本には、近代的自我があった。
それに対して、封建時代を続けていた日本には、近代市民社会というものは存在しない。そして、その核となる近代的自我もない。明治に入って、外圧によって開国を余儀なくされ、西欧列強に植民地化されないために、社会は急激な近代化を遂げた。

けれども、それは、西洋のように、近代的自...続きを読む

Q細君の語源

国語辞典によりますと、細君は妻君とも言い、妻の謙称、同輩以下の妻とありましたが、なぜ『細』なのでしょうか。森公美子さんも『細君』でしょうか。

Aベストアンサー

細君の語源

「細」は小さいの意味。「小生」といえば、自分をへりくだっていうのと同じで、元来は他人に対して自分の妻をへりくだっていうときに用いました。
それがだんだん変化して、他人の妻にもいうようになり、「妻君」とも書かれるようになりました。意味のほうも変化して「父君」などの連想から、他人の妻に敬意を表して用いられることもあります。

もちろん、森公美子さんも結婚していれば細君ですよ。


人気Q&Aランキング