先日カナダに行った時、トラックのマフラーが
煙突のように上にでていた。
映画でもアメリカのトラックはマフラーがうえに出ている。
しかし、日本ではかなりの大型トラックでも
下についているが、日本では法律で上はだめなのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本では特殊車両以外は法律で煙突マフラーはダメと言うのを付き合いのある車屋さんから聞いたことがあります。

デコトラとか煙突にしているのは自分で改造してあるものでそれが規制緩和などで車検に通るのかはわかりません。でも普通車に乗っている人間からいえばディーゼルの排気は出来るだけ高いところから出てるほうがいいですよね。特殊車両は煙突でもよくてトラックはダメと言う法律はなんか矛盾してるようなきがします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難う御座いました。
カナダのフリーウエイを大型のトラックが
疾走するのは感動ものでした。
日本でもないのかなと気をつけて見たのですが
見かけないので質問しました。

お礼日時:2001/03/21 08:09

清掃車のマフラーは上についてた様な気がします。

あんまり自信ないのですが...
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大型トラックと大型トレーラーの積載量

大型トラックは15t積めて、大型トレーラー25tぐらい積めるらしいですが、どうして大きさは同じなのに、トレーラーの方が多く積む事が出来るのでしょうか?(トレーラーの方が多く積める理由)

Aベストアンサー

 タイヤの数です。
 タイヤ一輪または一軸あたりの対地荷重に制限があるため、タイヤの数が少ない車両は荷物を含む総重量の上限が定められています。
 一輪あたりの対地荷重を輪荷重といい、これは5t以下と決められています。また、一軸あたりの対地荷重を軸重といい、これは10t以下と定められています(車両保安基準第四条の二)。
 大型トラックは前輪と後輪合わせて最大でも3軸が標準ですが、トレーラーの場合はトラクター部とトレーラー部合わせて5軸くらいあります。
 トレーラーの方が車輪の数が多いので、対地荷重の制限値が大きくなるため、より多くの荷物が搭載できるのです。
http://www.road.jp/~smatsu/Law/S26_Unyu67-F.htm

Q大型トラックと大型トレーラー

交差点を右折もしくは左折する際に大型トラックと大型トレーラーの場合ではどちらが難しいのでしょうか。また道幅や交差点の狭さや広さも関係して来るのでしょうか?

Aベストアンサー

>どちらが難しいのでしょうか
慣れればどちらも変わりません。
ただ、巻き込みなどの確認スペースはトレーラーの方が遥かに大きいし、見づらい。
曲がり角度によっては、バックミラーから映らなくなるし。
もしソコに人が居ても窓から顔を覗かせなければ解りません。
>道幅や交差点の狭さや広さも関係して来るのでしょうか?
当然関係してきます。
トレーラーの方が最小転回半径は小さいですが、全長によっては違います。
トレーラーは15m。トラックは12m。

Qスポーツ車の上に煙突が付いている車がありますが何?

上に出ている煙突みたいなのはなにですか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

「スポーツ車」だけだと、あまりにもいろんな車種が有るので、どれかなぁ?

F1の場合は回答#1様のおっしゃる「エンジンのエアインテーク」で間違い有りません。
運転者の後ろにエンジンが有るので、エンジンを冷やす為の空気は運転席の両サイドから取り込み、エンジンを動かす空気は前の車の排気の影響を受けにくいように、運転者の頭の上付近に空気取り込み口が有ります。

ラリー専用車の場合は#1様のおっしゃる「ルーフベンチレーター」。人がいる空間の換気用です。

一般に走って居る車で、ボンネットにポコっと口を開けているのは、ターボ車の空冷用空気取り込み口。ターボ等で空気を圧縮すると空気が高温になり、そのままガソリンと混合すると適切な爆発が行えないので、圧縮した空気を冷やす機構が採用されたりします。 その冷却の為に通常車と違う部分に空気取り入れ口を必要とするので、その形状がたまたま煙突の様に見える車種も有るかと思います。(私のジェミニはボンネットに穴、へこんだ形状です。)

スポーツタイプ車はオーバーヒートしそうな条件下でも使いやすいように、あれこれ冷やす工夫が多く成っています。 一般車はエンジン回転数を制限したり等で安全領域を確保しますが、それ以上の使い方にも対応する為に、エンジンに送る空気を冷やすインタークーラー、エンジンオイルを冷やすオイルクーラー、通常の冷却用にも使うラジエーターも大型の物が装備されたりと、エンジンルームにいろんな装置が多く成って、空気の流れも一部強制的な穴開けが施される場合も有るんですね。

なお、多少の川等を通過するオフロードスポーツ車の場合、水中にエンジンが一時的に入っても燃焼用の空気が取り込める構造、それこそ吸排気が煙突形状が付けられている場合もあります。

さぁ~て、御質問者様が気になった「スポーツ車」って、どれに相当するかなぁ?
もし、まだ違うと感じられるようでしたら、「お礼」などから追加書き込みしてみてくださいね♪

はじめまして♪

「スポーツ車」だけだと、あまりにもいろんな車種が有るので、どれかなぁ?

F1の場合は回答#1様のおっしゃる「エンジンのエアインテーク」で間違い有りません。
運転者の後ろにエンジンが有るので、エンジンを冷やす為の空気は運転席の両サイドから取り込み、エンジンを動かす空気は前の車の排気の影響を受けにくいように、運転者の頭の上付近に空気取り込み口が有ります。

ラリー専用車の場合は#1様のおっしゃる「ルーフベンチレーター」。人がいる空間の換気用です。

一般に走って居る車...続きを読む

Q超大型トラック 

最近、実家の近くでよく俗に言う「トラック野郎」の超ド派手な大型トラックが停まっています。一回乗ってみたいな、とよく思うのですが、このような超ド派手な大型トラックを写真つきで解説したオススメのサイトをご存知でしたらURLを是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%87%E3%82%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%80%80&gbv=2&hl=ja&sa=2

デコトラで検索すると結構あります。
こういうサイトで探してはいかがでしょうか。

Q大型トラックなどの

大型トラックなどの左タイヤの上?(フェンダーのところ)から、ロープのようなものがぶら下がっているのを最近良く見るのですが、あれは何のためにぶら下げているものなのですか?

Aベストアンサー

こんばんはm(__)m

左だけでは無く
右側でも後輪でもあります

これはゴムのヒモです
(殆ど自作ですが・・・)
これを付けて走行すると
タイヤの表面がツヤツヤに綺麗になるのです

ただそれだけですよ

他には例えばダンプカーの後輪の
ダブルタイヤの間にファンベルトみたいなモノを
付けている車がありますが
これは泥などを道路に落とさないよう
現場にいるウチに落としてしまうように
取り付けられています


人気Q&Aランキング

おすすめ情報