あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

生活保護不正受給者などが、
多くいるそうです。

本当は働けるのに、
働いたら支給が貰えなくなって、かえって
貧乏になるから、
わざと働かない、とか。

生活保護を貰いながら、
高級車に乗ってたり、ブランドバック持ってたり
スカパー見てたり、
沖縄旅行に行ったり。

その他にも、
いろいろな種類の不正受給があるようです。

あと、奨学金を貰ったのに、
返済せず“逃げ得”をしている方も、かなりの人数がいるそうです。
決して、“本当に返せない”のではなく、
それなりにいい生活してるのに。


中には、全くの、貧乏の方もいらっしゃるとは思いますが、
こうした不正受給は許せませんね。
真面目に働いて税をおさめている人達が、バカを見ます。

そこで、思うのですが、
そうした不正受給をした人に、重いペナルティをもっと課せばいいのではないですか。
もしも、不正受給が発覚した日には、今よりもっと、かなり重く
ペナルティを課すのです。

今まで不正受給をした額の、2倍も3倍も多い金額を
返済しなければいけなくなる、とか。

“審査”がどうしても、ゆるくなってしまって
それをどうしても“すり抜けてしまう”人達がいるとするなら、
そうした方法を実現するのがいいと思います。

どう思われますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

不正に受給してる奴 私の周りにも多いですよ。


しかも 中には病院行くのが仕事だと言う奴もおるよ
奴らは医療費も免除されるから行きたい放題

中にはアル中だから働けないと言って断酒する為に病院通ってるけど 病院で処方されるアルコールを飲むと拒絶反応起こす薬なんか飲まずに捨ててるって自慢してたよ
奴らは一生税金で暮らしていくつもりなんでしょうね 奴らこそ寄生虫だよね
    • good
    • 0

>今まで不正受給をした額の、2倍も3倍も多い金額を


>返済しなければいけなくなる、とか。

そして刑務所へ入ってもらって強制労働をしていただいて、その賃金から返済していただくのがいいと思います。
刑務所の数を増やす必要がありますが。
そして審査の甘い役所の方は減給処分にします。
    • good
    • 0

日本の政治は、民主主義でありながら社会主義の色が付いている政治で戦後続いて来ました。

  ご存じのように社会主義は全国民に最低保証することを第一義としています。
前政権以前から不正受給のことは問題視されていましたが、元々は差別の裏返しによる支給が主だった為、担当している市町村は人手不足を理由に触りたくないという意識がこびりついています。
日本人は江戸時代から我慢する、恥を避ける意識から御上の施しは受けないDNAを持って来ていますし、あなたも含めて多数の現代人も持っています。 しかし利己主義の蔓延から持たなくなった人達が多くなってきたことも事実です。
私案ですが、他覚症状で本当に働けない場合は除いて、無償支給は止めて何らかの労働(市町村の街路清掃や沿岸警備など)の対価として支給するべきだと思います。
    • good
    • 0

民主党は75歳以上の健康保険料未納者に対して「保険証を取り上げることはしない」と決めたようですので、不正受給も見過ごすのでしょう。


そもそも弱者利権が大好きな政党ですから、自称弱者とかエセ弱者には莫大な利権を与える政策をこれからもどんどん推し進めるでしょう。

というわけでどうにもできないどころか、質問者さんの怒りを余計に増やすことになりそうです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング