「変調された信号の周波数成分は、搬送波を中心にある一定の帯域幅を持つ。伝送媒体で効率的に電気信号を送ることのできる周波数の範囲がその帯域幅よりも広ければ、1本の伝送媒体上に複数の周波数変調された信号を混合して送りこみ、受信側で周波数成分により分離してそれぞれ復調することで、物理的に1本の伝送媒体上で論理的に複数の伝送路を確保できる。この方式を周波数分割多重方式という。」
といった文章がありました。

「伝送媒体に周波数を送りこむ」という事は「ある時間毎に電圧を振ってやる」という事ですよね?
これを踏まえ考えると、1本の伝送媒体に複数の周波数を送りこむと、波の合成(電圧の高いところ同士が重なると高電圧に、低いところ同士が重なると相殺されたりといった事)が起きてしまい、復調出来なくなるような気がするのですが・・・・。

それとも根本的に私の
”「伝送媒体に周波数を送りこむ」という事は「ある時間毎に電圧を振ってやる」という事”
という認識が間違っているのでしょうか?
申し訳ありませんが教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結論から言うと複数の周波数成分を合成しても数学的な操作で任意成分を取り出すことができます。


いろいろな方法があるのですが、一番有名なのがフーリエ解析と呼ばれるサインカーブを使った手法です。これを解説するとちょっと大変なので詳しくは数学などの書籍で調べてみてください。それほど数学的に難しくもないですし、理論を詳しく知らなくても比較的お手軽に利用できる偉大な手法です。

ADSLとかが具体的にどういう方法を使っているのかは知らないので他の方にお任せしますが、基本的には同様の原理を使っていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かり易かったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/22 21:06

実際では、電話回線などで使用しているのですが、



難しく考えることはありません。

家庭用のTVの配線を見て下さい。
TVには1本の線(2本の地区もあるが)しか入っていませんが、3局以上見ることが出来ますよね。
つまり、3局以上の周波数情報が1本の同軸ケーブルの中に入って来ているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言われてみるとそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/22 21:14

原理原則論からの説明は他の方がされていますが、私もこの問題は理論を説明されてもなかなか納得できませんでした。


そこで簡単な例を一つ。一本のマイクの前で、子供と大人が同時にしゃべったとします。2人の観衆がいて、1人は子供の声を、1人は大人の声を真剣に聞いたとします。するとちゃんと聞き分けられるのですよね。理由は、子供の声と大人の声の周波数が明らかに違うからです。
これが周波数分割多重方式なのです。電気的にはフィルターを使えば、簡単に周波数の分離をすることができます。難しいことを考えなくてもラジオやテレビの受信の際、沢山のチャネルの中から1つを選んでいますが、これらの放送自体が周波数分割多重なのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な例を言って頂いて、分かり易かったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/22 21:12

ご質問の認識は正しいです.下の回答にあるようにフーリエ変換もそうですし,最近はOFDMなんてのもポピュラーになっています.いずれも数学的には上手く直交基底関数を選んでやることで,符号化しています.


なんとなく相殺されそうな不思議な感じはしますよね.私は最終的には数式を解いてみて,うーん世の中上手くできているものだ,と感心して納得しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

認識が正しいと言って頂いてホッとしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/22 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル関数で、リストのグループ別分割と集計

行いたいことは、添付データの通り、sheet1に元リストがあります。それをグループ別にsheet2~4に分割します。分割されたリストは注文番号が一致した場合、数量おうなを合計し、一行に集約します。但し、注文番号が一致しても、拡販対象は行を分けます。sheet1のリストを更新すれば、前述の処理を自動で行い、分割したリストも更新できる様、sheet2~4の各セルに設定する関数をご教授ください。マクロでできるのでしょうが、後でマクロの知識がない人も修正ができるよう、あえて関数で作成したいと思います。色々試みましたが私の力不足です。ご教授いただきますようお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!
関数で!がご希望だというコトなので・・・
一例です。
↓の画像で説明すると左側が「元リスト」Sheetで右側がSheet2にしています。

まず「元リスト」Sheetに作業用の列を設けます。
作業列G3セルに
=C3&E3
という数式を入れオートフィルでずぃ~~~!っと下へ、これでもか!というくらいコピーしておきます。

次にSheet2以降の操作は全て同じですので、Sheet2を開き → Shiftキーを押しながら最後のSheet見出しをクリック!
これでSheet2以降が作業グループ化されましたので全てのSheetに同じ数式が入ります。
Sheet2にも作業列を設けA3セルに
=IF(AND(元リスト!D3=$B$1,COUNTIF(元リスト!$G$3:元リスト!G3,元リスト!G3)=1),ROW(),"")
という数式を入れオートフィルでこれもずぃ~~~!っと下へコピー!

B3セルに
=IF(COUNT($A:$A)<ROW(A1),"",INDEX(元リスト!A:A,SMALL($A:$A,ROW(A1)))&"")
として列方向にF3セルまでオートフィルでコピー!
G列だけは数式が替わります。
G3セルに
=IF(B3="","",SUMIF(元リスト!G:G,D3&F3,元リスト!F:F))

最後にB3~G3セルを範囲指定 → G3セルのフィルハンドルで下へずぃ~~~!っとコピー!

これで各SheetのB2セルに
グループ名を入力すると画像のような感じになります。

※ 作業列が目障りであれば非表示にしておきます。

質問にあるようにVBAの方が簡単だと思いますが、関数で!ということですので
こんな感じではどうでしょうか?m(__)m

こんにちは!
関数で!がご希望だというコトなので・・・
一例です。
↓の画像で説明すると左側が「元リスト」Sheetで右側がSheet2にしています。

まず「元リスト」Sheetに作業用の列を設けます。
作業列G3セルに
=C3&E3
という数式を入れオートフィルでずぃ~~~!っと下へ、これでもか!というくらいコピーしておきます。

次にSheet2以降の操作は全て同じですので、Sheet2を開き → Shiftキーを押しながら最後のSheet見出しをクリック!
これでSheet2以降が作業グループ化されましたので全てのSheetに同じ数...続きを読む

Q伝送速度と伝送周波数帯域の違いは?

ツイストペアケーブルにおいて、カテゴリで伝送速度[Mbps]と伝送周波数帯域[MHz]の規格項目がありますが、伝送速度の意味は何となくわかるのですが、伝送周波数帯域の意味が全くわかりません。
例)1000Base-T(カテゴリ5e)の場合
  伝送速度:1000Mbps  伝送周波数帯域:100MHz以下
となっています。
回答の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

伝送速度は信号を伝送する速度でbps、つまりbit/秒(bit per seconds)です。

伝送周波数帯域とは信号を送るために用いる電気(交流)の周波数のことで、これが100MHz以下ならこの線を使っていいですよ、ということです。

Qエクセル関数を教えて下さい。

エクセルの数式を教えて下さい。三角関数を全く忘れていますのでよろしくお願
いします。

図形とエクセルの表を画像でアップしました。
 Aは角度  B/C/Dは長さ 

 一行目 
 セルA1に 任意の角度を入力 B1に 任意の長さを入力するとC1には C
の長さの値が出るエクセル関数 D1には Dの長さの値が出るエクセル関数

 2行目も同じ様に
 A2に 角度  C2に長さを 任意に入力すると
 B2とD2に 長さが出てくる エクセル関数 

 3行目も同じ様に
 A3に角度 D3に長さを 任意入力すると
 B3とC3に 長さが出てくるエクセル関数

 4行目
 B4とC4に 長さを任意入力すると
 A4に角度 D4に長さが出てくる エクセル関数 

Aベストアンサー

このくらいのことは自分でやらないと身につきませんよ。
C1=SIN(A1*PI()/180)*B1
D1=COS(A1*PI()/180*B1
B2=C2/SIN(A1*PI()/180)
D2=C2/TAN(A1*PI()/180)
B3=D3/COS(A3*PI()/180)
C3=D3*TAN(A3*PI()/180)
A4=ASIN(C4/N4)*180/PI()
D4=SQRT(B4^2-C4^2)

QAM変調・復調

AM変調の長所と短所、
AM復調でゲルマニウムダイオードを使用する理由を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは 長所 : 機器の構成が簡単です。
      短所 : ノイズに弱いです。

 これはあくまでも単純に表現しただけです。

 ゲルマニュームダイオードは半導体が出来るまで使われました。
 
 検索してみてください。

Qエクセル関数の解読サイトなんてありますか?

エクセル関数の解読サイトなんてありますか?

いつもお世話になっております<(_ _)>

エクセルファイルに関数の入った数式が入力されています。
セルごとに複数の関数が入っていますが、私にはちっともわかりません。

そこで質問です。
こんなとき「エクセル関数を解読」してくれるようなサイトってありませんか?

たとえば検索窓があってそこに「=SUM(S1:S13)」わからなくて困っている関数式を入力。
すると答えの別ボックスに「S1~S13までの数値の合計」と出てくるようなサイト。

それに近いサイトでも良いので知っている方がいらっしゃればぜひ、教えてください<(_ _)>

Aベストアンサー

もし、

=IF(E14="","",IF(O14="",(IF(E14>"18:00"*1,"18:00",E14)-IF(C14<="8:00"*1,"8:00",C14))*24*1300,(IF(E14>"18:00"*1,"18:00",E14)-IF(C14<="8:00"*1,"8:00",C14))*24*1625))

だったら、どういう文章が出て欲しいのでしょうか?

もしE14が空白だったら、
 空白、
そうじゃなかったから、
 もしO14が空白だったら、
  (もしE14が18:00より大きかったら18:00、そうじゃなかったらE14)-(もしC14が8:00以下だったら8:00、そうじゃなかったらC14)×24×1300
 そうじゃなかったら、
  (もしE14が18:00より大きかったら18:00、そうじゃなかったらE14)-(もしC14が8:00以下だったら8:00、そうじゃなかったらC14)×24×1625

って感じですか?
数式をそのまま読解したほうが解りやすくないですか?

QBSとUHFの伝送帯域幅から情報レートの算出

BSとUHFの伝送帯域幅から情報レートの算出

BSデジタルの伝送帯域幅34.5MHzと、地上デジタルのUHF伝送帯域幅5.7MHzから情報レートを算出する方法が分かりません。
BSデジタルは8PSKで3bit、地上デジタルのUHFは64QAMで6bitだという事までは分かるのですが、具体的な計算式をご存知の方がおられたら教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

伝送帯域幅から伝送速度を算出する事は出来ません。
おおよその値を推定する程度は出来ます。
たとえば地デジだとOFDMですからGIなどの、情報以外の時間がそれに使われています。
誤り訂正の為の冗長な部分もあります。
地デジの伝送レートが分かれば良いというのであれば↓
http://www.ite.or.jp/study/musen/tips/tip01.html

Qエクセル関数とVBA関数で意味が違うのは多いのか

エクセル関数とVBA関数で意味が違うのは多いのでしょうか?

セルA1に「A」と入れ、
B1に「=ASC(A1)」と入れると
B1は「A」になります。(半角)

VBE画面で
Sub test()
Debug.Print Asc("A")
End Sub
を実行すると、-32160 になります。

ヘルプより
エクセルでは=全角 (2 バイト) の文字を半角 (1 バイト) の文字に変換します。
VBAでは=指定した文字列内にある先頭の文字の文字コードを返す変換関数です。

となっていますが
同じ関数でも全く意味違うのでびっくりしています。

こういうことは頻繁にあるのでしょうか?
(VBAのASC関数のかわりのエクセル関数は、CODE関数でした。)

Aベストアンサー

>エクセル関数とVBA関数で意味が違うのは多いのでしょうか?
多いですよ。一例ですが
EXCEL→ACCESSで
TODAY() → Date()
DATE(年,月,日) → DateSerial(年,月,日)
TIME(時,分,秒) → TimeSerial(時,分,秒)
DATEVALUE(時間文字列) → CDate(時間文字列)
ASC(全角文字) → StrComv(全角文字,VbNarrow)
JIS(半角文字) → StrComv(全角文字,VbWide)
UPPER(英語小文字) → StrComv(英語小文字,VbUpperCase)
LOWER(英語大文字) → StrComv(英語大文字,VbLowerCase)
PROPER(英語) → StrComv(英語大文字,VbProperCase)
ISNUMBER() → ISNumeric()
ISBLANK() → ISNull()
TEXT(数字,書式) → Format(数字,書式)
DATEDIF(開始,終了,時間間隔) → DateDiff(時間間隔,開始,終了)
FIND(検索文字,対象文字,開始位置) → InStr(開始位置,検索文字,対象文字)
SUBSTITUTE(対象文字,検索文字,置換文字,置換位置) → REPLACE(対象文字,検索文字,置換文字,開始位置,置換位置)

>エクセル関数とVBA関数で意味が違うのは多いのでしょうか?
多いですよ。一例ですが
EXCEL→ACCESSで
TODAY() → Date()
DATE(年,月,日) → DateSerial(年,月,日)
TIME(時,分,秒) → TimeSerial(時,分,秒)
DATEVALUE(時間文字列) → CDate(時間文字列)
ASC(全角文字) → StrComv(全角文字,VbNarrow)
JIS(半角文字) → StrComv(全角文字,VbWide)
UPPER(英語小文字) → StrComv(英語小文字,VbUpperCase)
LOWER(英語大文字) → StrComv(英語大文字,VbLowerCase)
PROPER(英語) → StrComv(英語大文字,VbProperCase)
ISNUMBER(...続きを読む

Qデジタル変調波を復調する時、00と0の区別は?

デジタル信号の変調波を受信するとき、(例えばBPSK信号など)
送信側が「0011」のデータを送信した場合、
受信側は「0011」ではなく、「01」と判断してしまわないのですか?

受信機側は0と00の区別はどうやってつけているのでしょうか?

Aベストアンサー

> 「ここから始め」を表す信号を最初に出せば、最初は同期が取れると思いますが、
> 送信機が作るクロックと受信機が作るクロックは厳密には若干のズレがありますよね?
> そのズレは考慮しないのですか?

もちろんずれては困るので,受信信号からクロックを再生したりします。
http://www.ekouhou.net/%EF%BC%A2%EF%BC%B0%EF%BC%B3%EF%BC%AB%E4%BF%A1%E5%8F%B7%E5%BE%A9%E8%AA%BF%E8%A3%85%E7%BD%AE%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%BE%A9%E8%AA%BF%E6%96%B9%E6%B3%95/disp-A,2006-304092.html

Qソルバー関係のエクセル関数の使用法

エクセルのアドインにソルバーがあります。エクセルの関数にはヘルプが付いてて使い方がよくわかりますが、ソルバー関連のエクセル関数、たとえばSolverAdd、SolverChangeなどにはヘルプがないので使い方が分かりません。これらソルバー関連のエクセル関数の解説はどこかにあるのでしょうか。解説書の市販本があれば教えてください。

※OKWaveより補足:「富士通FMV」についての質問です。

Aベストアンサー

下記などご参考に。

SolverAdd 関数
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/ff838657(v=office.15).aspx

Qベースバンド伝送の信号

ベースバンド伝送では単にケーブルを接続するだけでデータ伝送できる、とあります。確かにRS-232Cインターフェースでパソコン同士を直結するとこれはベースバンド伝送です。このときの信号レベルはMAX+15V~-15Vの複流RZの直流電圧パルスです。これはベースバンド伝送の説明としては私のような通信ビギナーにもわかりやすい。ところがものの本に「ベースバンド伝送とは元の信号波形の周波数スペクトルをほかの周波数に移動することなく、ある周波数帯域全部を使用してひとつのディジタル信号を伝送する方式」などと、厄介なフーリエ変換の理論を使って説明されたりします。ベースバンド伝送の信号形態はは単なる直流のパルス信号だ、と思っていた質問者はこの説明の前に困惑するばかりです。そこでご質問です。
・ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号とは違う信号形態である。(とすると なにものか?)
・ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号であるがこれを専門的に説明すると周 波数スペクトルのお話になる。
質問者としては後者の答えを期待しますが、そんなに簡単なお話でもないような?どなたかご回答いただけたら幸甚です。

ベースバンド伝送では単にケーブルを接続するだけでデータ伝送できる、とあります。確かにRS-232Cインターフェースでパソコン同士を直結するとこれはベースバンド伝送です。このときの信号レベルはMAX+15V~-15Vの複流RZの直流電圧パルスです。これはベースバンド伝送の説明としては私のような通信ビギナーにもわかりやすい。ところがものの本に「ベースバンド伝送とは元の信号波形の周波数スペクトルをほかの周波数に移動することなく、ある周波数帯域全部を使用してひとつのディジタル信号を伝送する方式」など...続きを読む

Aベストアンサー

No.2の回答者:anisolさんの回答に同調します。

ベースバンド伝送の要件は
(1)(直流)パルス信号の直接伝送(変調は掛けない)
(2)1チャンネルだけの伝送(多重化しない:出来ない)
だと思います。
もう一つ付け加えると(言いかえると)、「直流を含めた全周波数帯域を使った伝送」と言えるでしょう。理由は無限の高調波があるから。ただ、符号設計によっては直流成分ゼロも可能ですから直流成分の有無は必須条件ではないでしょう。

本題に戻って、質問者:sm123さんの質問に対して答えれば、ご期待通り、後者が答えでしょう。

もともと矩形波のパルスは無数の高調波を含んでいますよね。これをそのまま遠距離伝送すれば波形が崩れるのは当たり前です。ここでフーリエ変換の登場となります。

次に周波数帯域の話ですが、パルスの直接伝送よりも変調したほうが占有周波数帯幅が狭いのですね。逆説的ですが、直接伝送では矩形波の伝送が前提です。ところが変調した場合、基本波成分の伝送に中心が移り、高調波は軽視されます。

ベースバンド伝送は(直流)パルスの伝送でフーリエ変換と無縁だと思いたいが、結局は波形の崩れや、変調を掛けたときの話で、フーリエ変換から逃れられない。
そんな気がしています。

つまり、「ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号であるがこれを専門的に説明すると周波数スペクトルのお話になる」と言うことだと思います。そして、パルスの遠隔伝送時の波形の崩れに対しては(一つの方法として)フーリエ変換に登場してもらうしかないと言うことでしょう。

私も過去に、質問者と同じ疑問を持っていて、伝送時の波形の崩れはLCR回路の充放電でも感覚的な解釈は可能だったのですが、フーリエ変換で疑問は全て氷解しました。

No.2の回答者:anisolさんの回答に同調します。

ベースバンド伝送の要件は
(1)(直流)パルス信号の直接伝送(変調は掛けない)
(2)1チャンネルだけの伝送(多重化しない:出来ない)
だと思います。
もう一つ付け加えると(言いかえると)、「直流を含めた全周波数帯域を使った伝送」と言えるでしょう。理由は無限の高調波があるから。ただ、符号設計によっては直流成分ゼロも可能ですから直流成分の有無は必須条件ではないでしょう。

本題に戻って、質問者:sm123さんの質問に対して答えれば、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報