松本清張の作品を読む度にいつも思うことなのですが、彼はあのような境遇にありながら、いったいどのようにしてあれほどの教養、知識を身につけることが出来たのでしょうか。
 そのあたりのことが詳しく書かれている本があれば、是非教えて頂きたいと思います。

A 回答 (2件)

松本清張の「あれほどの教養、知識」は、


まずそういうものが清張に備わっていて、
そこから豊穣な作品群が生み出されたと見るより、
書きたいテーマが見つかると、
そのテーマを掘り下げるために取材したり、
参考資料に広く深く目を通したりするわけで、
そのようにして得られた知識の長年にわたる蓄積が、
「あれほどの教養、知識」となったものと推察します。
藤井康栄というと男の名前のようですが、女性で、
文芸春秋の編集者として、三十年間松本清張を担当しました。
文字どおり松本清張の手足となって取材活動に東奔西走、
その思い出を語った「松本清張の残像」という本も出しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 なるほど。ということは、膨大な量の作品を書きながら、同時に勉強もしていたということですよね。そんなことが出来る人っているんですね・・・。
 「松本清張の残像」は是非読んでみたいと思います。
 ありがとうございました。
 

お礼日時:2009/10/25 07:24

NHK教育TVの「知る楽」(知るを楽しむ)という番組の


「こだわり人物伝」では、今月は「太宰治」、
来月は「松本清張」を特集しています。
以下がテキストです。(690円)
何か分かるかも知れませんので、ご参考までに。
http://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=01 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にします。

お礼日時:2009/10/24 10:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報