マンガでよめる痔のこと・薬のこと

こんにちは。趣味でフィギュア制作をしています。
(と言っても本当にど素人で、ピンキーの改造やファンドでちまこい動物とか作る程度なのですが)

最近、「リューター」という物が気になっているのですが、
これは使い方としては“電動のやすり”という認識で良いのでしょうか?
腕力(体力?)がないので、やすりがけが大変でつい手を抜いてしまい、
色を塗った後にガタガタ具合にがっかりするという事を繰り返しています。^^;
リューターでやすりがけ作業が楽になるのなら是非購入したいのですが、工具類には詳しくないもので…。

買うとしても値段が安いのから高いのまであり、どれを買ったら良いのかわかりません。
フィギュア制作にリューターをお使いの方、お勧めの物があればお教えいただけますでしょうか。
本当に趣味程度なので、できれば3000円くらいまでだと良いのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

正直模型用となってるものより


ホームセンターなどでクラフト用とかってなってる
ルーターの方が断然割安です。
3-4000円でピットが100個くらい付いてくるし。
回転数もまず変更可能です。
激安店で1000円くらいでみつかる事も。こーゆーの見つけるとピットとりだけの為に買っちゃいますね。
ドンキなんかで見つかるかな……。

あと、回転じゃなくてスライド運動なら自作できます。
スピンヤスリや芸人サンダーで検索してみてください。
電動歯ブラシ改造で、すんごい便利なツール自作してる人たちがいます。
要は毛を抜いて両面テープで紙ヤスリはっつけとけ、って代物です。
これだと数百円ですね。Gツールにも同様のモンがありますが
確実にこっちのがパワーがあります。
ガンプラなんかだと、ルーターは無くてもいいんですが
もうこのスピンヤスリ無しじゃ作れないですね……。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

100個!?それは凄いですね…。なるほど、クラフト用ですか。ネットではなく一度お店の方でいろいろ見てみた方が良さそうですね。
スピンヤスリと芸人サンダー(面白い名前ですね)検索してみましたが、スピンヤスリがお金の面でも取り扱いの面でも凄くお手軽そうに見えます!まずこれを試してみて、ダメならまたリューターの購入を考えるのでも良いかもですね。教えていただき、ありがとうございます!

お礼日時:2009/10/27 09:00

「安物だ」とバカにされてるようですが、クレオスや浦和の3000円程度のものでも模型製作には十分役に立ちますよ。


この二つに関してはユーザーも非常に多いし、評判もいいです。

クレオスの「電動コードレスルーターPRO」で定価4000円くらいじゃなかったかな?
浦和工業のは「マイクログラインダーHD10」で3000円弱。こちらの方が精度はあると思うけども、好みかな?
メタルキットやレジンキットではとても重宝すると思いますね。

前の回答に挙がっている4~5万円の製品がクラフト系ホビーツールとしての標準であろうとは思いますが、模型趣味ではいささか高額すぎでしょ。
(私は「ちょっと高め」の1万円台のやつです)
プロの場合だと、電源部分だけで4~5万円のものだろうし、手が出ませんよ。

で、やすりがけに使う、紙ヤスリをロール状した先端ビットも出てます。
ネイルケアで使うビットにも流用できるものが多いし。
パーティグラインやパテの処理、サフの研磨、穴あけ、形状の変更、磨く作業、使う場面もいっぱいあります。

ただ、回転数が変えられないから、「少し高いもの」を選ぶ人も多いです。
おおむね1万円弱の製品なら、ストレスなく使用できるだろうと思いますね。

この回答への補足

3000円程度でも使えますか!違った意見が出てきてちょっとほっとしました。やはりきちんとした物の方が使い易いのは他の方の意見でわかりましたが、そこまでのめりこんでいる趣味ではないので…。使っているのもエポパテとファンドが主ですし、色塗りはアクリル絵具…作るのは楽しいですが、まだ趣味と言えるかどうかも怪しいレベルです^^; マイクログラインダーはNo.2の方のURLにもありましたね。とりあえずこちらを調べてみて、買うかどうか考えたいと思います。回答ありがとうございました!

補足日時:2009/10/25 20:14
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すみません、補足の方にお礼を書いてしまいました…。

お礼日時:2009/10/29 23:30

リューター(ルーター)とは、簡単に言ってしまえば歯医者で使っている虫歯の患部などを削っているドリルと同じものです。

電動で回転するピンバイスのようなもので、先端のビットを変えることで穴あけや繊細な彫刻、ビットによってはファンドの乾燥したブロックをザクザク掘り進むようなものも存在します。私もファンドでフィギュア造形やってますが、リューターは乾燥後に細かいディティールを掘り込むようなときに使用しています。

リューターは本当に安価なもの(二千円くらいで買えるもの)から数万円のものまでありますが、安価なものは定回転で造形にはほとんど活用できません。使い物になるのは一万円前後~(実売6~7千円)くらいからの回転数が可変のものからですね。ただしこれらのものでも安いものほど過熱に弱く長時間連続で使用できないという弱点があります。

実用レベルで最安値だと、私も使っているのですが、以下のWAVE製のが最低レベルではないでしょうか?連続稼動では5分くらいが限度ではありますが。

参考URL:http://www.ms-plus.com/search.asp?id=20599
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ファンドでフィギュア制作されてるとのこと、参考になります。なるほど、細かいディティールを彫り込む時にですか。現在そういう作業はデザインナイフの先でちまちまとやってるのですが、逆にそういう場合にこそリューターが使えるのでしょうか。最低1万前後…やっぱり工具は…高いですね…。amazonなどで見たら1500円からくらいのものもあったので、それよりもうちょい高ければそこそこ使えるのかと思ってました。回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/10/25 20:13

>腕力(体力?)がないので、やすりがけが大変でつい手を抜いてしまい、


色を塗った後にガタガタ具合にがっかりするという事を繰り返しています。^^;

 そのやすりがけとはサンドペーパー(紙やすり)を往復させて表面を磨くということで、
ガタガタ具合とは表面が滑らかではないという意味でしょうね。
 そういう意味からすると、リューターはその作業をしてくれる電動やすりではありません。
 リューターは回転工具で円筒形のヤスリを高速回転させて削るものですから、
広い面積を平らに削るのには向きません。
 質問者さんが作られているフィギュアの材質が何であるかわかりませんが、
リューターの切削能力は高いですから、アッというまに深く削りこんでしまったりしますので要注意です。
 リューターは、小さいとはいえ、れっきとした電動工具ですから、
たとえば、プロクソンとドレメルでは値段の高いドレメルのほうが優れています。
 趣味程度なのでとおっしゃいますが、工具は安物買いの銭失いの代表例ですよ。

 

 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

紙やすりはほとんど使ってないですねー。けっこう細々とした作業をしているので、紙やすりで平らにする、って事はあまりないです。(やすりがけに使ってるのは棒やすりです。)例えばピンキーの形を変えるためにエポパテを盛ったりするのですが、元のピンキーと盛ったパテの段差が上手く滑らかにならないのです。そもそものやすりの使い方が悪いのかもしれませんが。安物買い…そうですよねえ。でも高い物を買う程凄い物を作ったり売りに出したりする訳でもないので…。参考になります。回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/10/25 20:02

私は此方でたまにカメラやレンズの修理工具を買ってます。



ここでは、ハンド・グラインダーと呼んでますがリューターと同じものですね。
これにサンダーヘッドを付ければヤスリがけも出来ます。
可成り、高いものです。
下記のサイトを参照下さい。
http://www.japan-hobby-tool.com/cart/syouhin.php …

参考URL:http://www.japan-hobby-tool.com/cart/syouhin.php …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いきなりお高い物が!これは本格的すぎますね…。マイクログラインダーという物なら使えそう…でしょうか?ただプラスチックやレジンの加工はしないので、ちょっと違うのかな?参考にします。回答ありがとうございます!

お礼日時:2009/10/25 19:43

リューターの基本は穴あけ機です、平たく言えばドリル



最近はアタッチメントを変えることでヤスリや切断機になります。

ただ大きな面積や深く削る事ができないのがほとんどであくまでも仕上げに近い程度を削ります、大きく削るには不向きです、出来ないことはないけれど

ちゃんとした物で1万円程度です

3000円なんてありえません(^_^;

その場合は電動ヤスリを使いますが、大きな面や深い面を削る事はできないと思ってください


ま、安いのはMrのGツールかな?
http://www.mr-hobby.com/cgi/goods.cgi?category=8


あと、リューターで磨いてもガタガタになりやすいですからご注意ください
結局はその作業をする人の技術となります。
リューターだからガタガタにならないとは言い切れません (^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答たくさん頂いて驚いております…。リューターはドリルなんですか。フィギュア制作の動画を参考に見ている時に、表面を削るのによく登場したので、そういうものかと思ってました。1万円は…さすがに…。URLの物なら買えそうですが、ちょっと考えてみます。回答ありがとうございます!

お礼日時:2009/10/25 18:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q磨きに適した、リューター的な器械ってないでしょうか?

ポリマークレイやエポキシ樹脂でアクセサリーや雑貨をつくっています。
研磨作業をしたいのですが、紙やすりやウォーターペーパーでやると気が遠くなるような作業で、リューターの導入を考えています。

とにかく磨く事が重要で、切る作業はあまり必要ではありません。
こういう用途だといわゆる「スピンやすり」を電動歯ブラシで自作される方もいらっしゃるようですが、私は電気工作に疎く、製作にも後々のメンテにも自信がありません。
市販品で2万以下くらいで、磨くという用途に強く、後のランニングコストが高くない、ある程度質の良い物が欲しいのですが、おすすめはないでしょうか。また、私はこういうものだとリューターとスピンやすりしか知らないのですが、他に磨きに特化したような器械があったりするのでしょうか。

厳密にはカテ違いとなるかも知れませんが、プラモ・フィギュア製作をされる方が一番お詳しいと思いこちらのカテゴリーに質問させていただきました。

Aベストアンサー

No.1さんもおっしゃられてますが、模型用なら結構たくさんありますよ。
入門用にいい小型の電池式やアダプタ式のものから、本格型の大型、高パワーでハンドピース(手で持つ回るところ)がコードで本体につながっているようなものもありますし、固い素材の大まかな削りだしに向いているものもあれば小さくて扱いやすく、細かい作業に向いているもの、スピードコントロール、回転方向逆転機能があるものまでいろいろあります。

リューターは、先端(ビット)を用途に合わせて付け替えて作業するので、磨き用の「サンダー」(紙やすりを巻いたような物でらせん状のロールと円筒状のドラムタイプがあります)や細かい彫刻用の「スチールカッター」(カッターとありますがいろいろな形状があり、回っているので彫れます)、固い素材の切削用の「砥石」やスチールカッターにダイヤモンド粉末を電着させた「ダイヤモンドカッター」、光沢出し用の「バフ」、もちろん回転ノコ型の「カッティングディスク」もあります。

なので、リューター本体は、大きさやパワー、耐久性や機能、どれぐらいのビット径(太さ)に対応しているか(コレットチャック式(根元を交換することによって対応する径を変更できるもの)もあります)などの方が重要だと思います。先端のビットは用途に応じて付け替えれるので。
簡易なものなら磨き専用のもの(ビット式ではないもの)もあります。

値段も、リューターだけなら2万もあれば十分だと思います。高くて高性能のものは3万ほどするものもありますけれど。大体はビットも基本的なものは付属しているものが多いです。
ただビットを買い足すとなると別にお金はかかります(単価は安いので心配はいりませんが。タミヤのビットは基本的な形状が五本セットで1050円です)。
リューター自体が故障しない限り、ビットは消耗すれば買いかえれば済むことですし、電池式は電池が要りますが、充電式やアダプタ式は電気代だけで済みます。
長く続ける、よく使うなら本格的なものの方がお勧めです(本格的なものはほとんどビット式ですし)。ただそれだと1万以上はしますが。

買う店ですが、大きな模型店に行けば大体揃っていると思います。
個人的には秋葉原の模型店がお勧めです。店員さんも詳しい方が多いので、用途を言えば自分に合ったものを選んでくれると思います。
秋葉原でなくてもプラモやフィギュア、塗料やパテなどを総合的に扱っている店ならあるとおもいます。

質問者さんの居住地域がわからないので近くのお店でいいところがどこかまではわかりませんが。

あと紙やすりを使って手で削るときとは舞う粉塵の量が違いますので、ひどいようならゴーグルやマスクの使用を推奨します。

長文失礼しました。

No.1さんもおっしゃられてますが、模型用なら結構たくさんありますよ。
入門用にいい小型の電池式やアダプタ式のものから、本格型の大型、高パワーでハンドピース(手で持つ回るところ)がコードで本体につながっているようなものもありますし、固い素材の大まかな削りだしに向いているものもあれば小さくて扱いやすく、細かい作業に向いているもの、スピードコントロール、回転方向逆転機能があるものまでいろいろあります。

リューターは、先端(ビット)を用途に合わせて付け替えて作業するので、磨き用の...続きを読む

Q電動リューター、おすすめ教えてくださいm--m

使用目的は
http://sujibori-do.ocnk.net/product/363
このヤスリボールを使いたいです
最初は、タミヤの組み立て式で1500円位で買える奴と使おうと思ったのですが
ヤスリボールの詳細を見ると、3000回転以下で使うようにとありました
タミヤのリューターは、回転数とか書いてる所が無く、唯一見かけたのが
8400回転と書かれていました、回転数の調節が出来ないのかなと思ったのですが
ほんと情報量が少なくて、まぁ書いてない事は付いてないと判断

スジ彫り堂で紹介しているリューターは性能は良いのですが高い・・・w
現在の使用目的がヤスリボールのみと考えているので
出来るだけ安くお手軽なものが良いです
自分でも検索して探しまくっているのですが、この回転数がわからない物が多く
困っています ^^;

おすすめがあれば是非教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

出来るだけ安く手軽なものでしたら、Mr.HOBBYというブランドの乾電池式のものが、2000円程度であります。
プラモデルなどを扱っている少し大きな店に行けば購入できると思います。

私も、塗料の攪拌専用にこれを使っていますが、別途所有しているウラワ工業のルーターと比べるとさすがに違いますが、値段のわりには、回転が大きくぶれるなどもなく、ヤスリボールなら十分使えると思います。

Qミニリューターのバフがけについて

最近、プロクソンのミニリューターを使って作業をしているのですが、ミニリューターの先端をセットで持っているのですが、ミニリューターのバフというとT時というか、先に円盤状のバフが付いているタイプですよね。
昔、インパクトドライバにフエルトバフを付けて使ったのですが、塗装が取れてしまった事があって、使うのが恐いのですが、ミニリューターには、あのT時円盤のバフしかないのでしょうか?

車のときは、サンダーに円盤状のスポンジで、円盤とボディを平行にして広い面積を磨けますが、ミニリューターの場合には、どの様に使うのでしょうか?
「リューター バフ 磨き方」などで検索してみたのですが、使い方が分からず困っています。

又、ゴムやシリコンというのがあるのを見たのですが、塗装面にゴムやシリコンを当てて磨くのですか?
そうするとピカピカになるのでしょうか?
それこそ、円盤の鋭角な部分で塗料を削ってしまいそうな気がするのです。

お詳しい方がいらしたら、是非とも教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

布バフの研磨面は、布の横ですよ、断面といえばわかるでしょうか?
布が変形することで材料を包み込んで磨きがかかります。


また、押しつけてもバフの面に対する圧力が一定ではありませんしリューターの傾きもムラなる原因なので、広い面積の研磨には向きません

バフの面積よりも小さな物に対してツヤ出しや研磨を行います。

先の尖った布バフ(植毛バフ)もあります
http://www.komeri.com/topic/CKmSfFeaturePage.jsp?dispNo=006002849&SACRL

ゴムやシリコンバフはシリコン研磨剤が含まれていますのでそのまま磨きます、ゴムが曲がるので形が一定でないような物を磨くのに使います。

Q安くて良いリューターを探しています

こんばんわ

「リューター」で色々調べてみたのですが、
全くの素人なため何がいいのか困っています。

用途としては、ペンタブの芯を自作するのに、
プラ棒長さ3cm、直径2mmを削るのに使おうと考えています。
(実際にはリューターに3cmほどにカットしたプラ棒を取り付け、回転させてから、紙ヤスリの60番で削ります。)

レビューで某ダ○ソーに売っている800円のは、
やめた方がいい…というのも見ました。

あまり高いのは買えません。
上記の用途に合ったリューターを探しています!
ご存知の方おりましたら教えて頂けませんでしょうか?
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo2です。

電動ドリルのチャックは別売りもされてますけど、既に手持ちの電動ドリルに合うチャックがメーカーから別売り部品として販売されてるか分かりません。

仮に、別売りでチャックが販売されてたとしても結構な価格だと思いますので、安いチャック付き電動ドリルを買ったほうが割安ではないかと思います。

なお、私も電子機器に用いるプリント基板のパターンを削って改造するためルーターにダイヤモンド砥石を付けて愛用してた時期がありますけど、ルーターは「色々な意味の解釈がある」ため、実際に回転工具のルーター使ったことがある人にはリューターのほうが意味が通じ易いので、むしろ「ルーター(×)リューター(○)」ではないかと思います。

また、リューターは回転力(トルク)より回転数を優先してますので高速回転しますが、電動ドリルは内蔵ギアで回転数を遅くしてトルクを優先してますので、リューターのような高速回転しない製品が殆んどですから、トルクを優先した低速回転の電動ドリルよりも、安価なチャック付き電動ドリルのほうがトルクは弱くても回転数が速い傾向がありチャックで挟んだ物を削るような用途に向くので、手頃な価格のチャック付き電動ドリルをお薦めした訳です。

ANo2です。

電動ドリルのチャックは別売りもされてますけど、既に手持ちの電動ドリルに合うチャックがメーカーから別売り部品として販売されてるか分かりません。

仮に、別売りでチャックが販売されてたとしても結構な価格だと思いますので、安いチャック付き電動ドリルを買ったほうが割安ではないかと思います。

なお、私も電子機器に用いるプリント基板のパターンを削って改造するためルーターにダイヤモンド砥石を付けて愛用してた時期がありますけど、ルーターは「色々な意味の解釈がある」ため、...続きを読む

Q石粉粘土の乾燥時間はどのくらい?

石粉粘土で直径5センチ程度のまんまるっこい人形を作りました。
ほぼ球です。
芯材は入れず中まで石粉粘土です。
外側から急激に乾くとひび割れすると聞いたので布巾を1枚かぶせています。
どのくらいの日数乾燥させれば中まで乾くのでしょうか?
しっかり乾いてから研磨と塗装をしようと思っています。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

直径5cmのムクだと中心まで完全に乾燥するまでにはだいぶかかってしまいますね。たぶん一週間見れば大丈夫かとは思いますが。

ただ表面のヒビ割れ防止という意味では布巾はかけなくても良いかな?オーブントースターで強制乾燥させるのでもない限り(そして造形前にちゃんと石粉粘土を練りこんであれば)そんなに派手にヒビ割れることはない筈です。

もし表面にヒビが入ってしまったとしても、別途石粉粘土を水で柔らかくしたものをヒビに擦り込んでやれば、パテのようにヒビを埋めることも可能です。その場合も半日か一日乾燥させれば表面処理するには十分な乾燥時間かと思います。

今回は芯材なしで造形されたとのことですが、芯材にアルミホイルを丸めたモノを使えば、石粉粘土の使用量も減りますし、その分乾燥時間やヒビ割れ対策にも非常に有効ですよ、なによりアルミホイルは結構複雑な形でも手で芯を簡単に作れてしまいますので。

Qアクリルカラーとエナメルカラーの違いが分かりません。

創作意欲が急にわきまして、いい年になってプラモを真剣に作ってみようと思い立ちました。

プラモ屋さんで、TAMIYAのアクリルと、エナメルの2種類が同じ色Noであるので、違いを尋ねたところ、「同じですよ、乾き方に違いがあるくらいかな?」との返事。

えっ?そんな簡単な違いなのでしょうか?
こちらで過去の質問も拝見してみたのですが、今ひとつはっきり分かりません。

使い方をはっきり区別している方がいましたら、ぜひ両者の違いを詳しく教えてください。

Aベストアンサー

模型用の塗料は大まかに分類すると
  ラッカー系
  アクリル系
  エナメル系
の3種類があり、これさえ覚えておけばまず大丈夫です。
  ラッカー系の塗料と溶剤は、もろ
    シンナー臭
 がするヤツです。(Mrカラーが代表的ですね)
  アクリル系の塗料と溶剤は、
    アルコール臭
 のするヤツで、乾燥前なら水でも溶くことはできます。
  エナメル系の塗料と溶剤は、
    灯油臭
 のするヤツです。
塗料の乾燥時間は
  ラッカー系>アクリル系>エナメル系
の順に早く、作業性に差が出ますが、乾燥の遅いエナメル系はその分、筆ムラがでにくく、また細かいところの塗装にも向いています。
塗膜の強さについても、やはり
  ラッカー系>アクリル系>エナメル系
の順で、ラッカー系の上からアクリル系やエナメル系の塗料を塗っても下に塗った色が溶け出したりして混ざったりしません。
しかし、この順番を逆にやると当然下地に塗った塗料が溶け出して混ざってしまうということになります。
アクリル系とエナメル系の2種類で考えられているのであれば、アクリル系で全体の基本塗装をされて、細かいところもアクリルで行くか、それともエナメルで行くか考えるのが良いかと思います。
ちなみに溶剤は専用の溶剤を使うのが一番なのでしょうが、アクリル塗料はラッカーシンナーで溶くと乾燥が早くなり塗料ののびも良いようです。
いろいろと試されてみれば、自分に合った塗料や塗装方法が身に付きますし、気がついたらこの3種類の塗料を使いこなされていると思いますので、先ずは楽しんで塗装してみてください。
なお、缶スプレー式の塗料はラッカー系が主です。
(換気には気をつけて♪)

模型用の塗料は大まかに分類すると
  ラッカー系
  アクリル系
  エナメル系
の3種類があり、これさえ覚えておけばまず大丈夫です。
  ラッカー系の塗料と溶剤は、もろ
    シンナー臭
 がするヤツです。(Mrカラーが代表的ですね)
  アクリル系の塗料と溶剤は、
    アルコール臭
 のするヤツで、乾燥前なら水でも溶くことはできます。
  エナメル系の塗料と溶剤は、
    灯油臭
 のするヤツです。
塗料の乾燥時間は
  ラッカー系>アクリル系>エナメル系
の順...続きを読む

Qエポキシパテでのフィギュア作りについて

学校の課題(自由制作)で人形作りに取り組んでみたいと思い、エポキシパテ*プラ用を購入しました。
いろいろと使い方は調べて購入したのですが、初心者です。
スプレー器具が高価であり、今後使う予定がなく、サフレス塗装というやり方もあると知ったので、サーフェイサーなしで挑みたいと思います。
まだ試作段階にも入っていない心の準備中ですが、気になることがありましたので、3点、教えてください。


(1)サーフェイサーなしでの仕上げ

ポリパテは上記のプラ用のみを使いたいと思うので、均一な色にするという点ではサフ無しでも大丈夫だと思います。
ただ、きれいな表面を作るためにサンドペーパーが必須かと思います。
荒削り用と仕上げ用で、2.3種類買ったほうがいいのかと思うのですが、エポキシパテ*プラ用はかなり硬度が高く、削りにくいという話をちょくちょく目にしたので、番目は何番を選べばいいか、参考までに教えていただけたらと思います。
最終的な仕上げ用は1500~2000ぐらいを考えています。
※パテが完全に固まると硬すぎて削れないと聞いたのですが、固まる前に行ったほうがいいのでしょうか?

(2)サーフェイサーなしでの塗装

一般的な塗料はMr.カラーのようですが、サーフェイサーなしでもそのまま塗って問題ないでしょうか。
(色のつきが悪いでしょうか)
また、薄め液はないと塗りにくいですか?
薄め液を使うと色のつきが弱くなってしまいそうなイメージがあるのですが、ないと逆にこってりつきすぎてしまうでしょうか。

(3)最後に
出来上がった後、仕上げとしてMr.スーパークリアなどを吹くそうですが、如何せんサフ無しなので、できません。
Mr.カラーが乾くのを待ち、そのまま取り扱っても大丈夫でしょうか。
色移りなどはしないと思うのですが、保管場所や保管の際の梱包方法はあまり気にしなくてもいいでしょうか。


以上です。
他にエポキシパテ*プラ用を実際に使うときのコツや、取り扱いの際に注意する点などありましたら合わせて教えていただけると有り難いです。

学校の課題(自由制作)で人形作りに取り組んでみたいと思い、エポキシパテ*プラ用を購入しました。
いろいろと使い方は調べて購入したのですが、初心者です。
スプレー器具が高価であり、今後使う予定がなく、サフレス塗装というやり方もあると知ったので、サーフェイサーなしで挑みたいと思います。
まだ試作段階にも入っていない心の準備中ですが、気になることがありましたので、3点、教えてください。


(1)サーフェイサーなしでの仕上げ

ポリパテは上記のプラ用のみを使いたいと思うので、均一な色...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問者様はフィギュア製作の経験がほとんど無い様なので、アドバイスがてらに…

まず既に買われてしまっているようですが、エポパテはどちらかというとそれだけでフィギュア一体作るとなるとかなりお金のかかる素材です。同じ大きさのフィギュアを作るとなると、コストは大体
エポパテ>ポリパテ、スカルピーなど>ファンド となります。

またサフレス塗装というのは、フィギュアを原型から作る場合の塗装云々ではなく、既にキットとなっているフィギュアのキットが肌色キャストなどで成型されている場合に、その肌色を生かすようサーフェーサーでの表面処理をせずに塗装する手法であり、原型から自作する場合には関係ありません。

なおフィギュアを自作する場合、表面処理はエポパテでは結構粘りがあるため削りにくく苦労するかもしれません。初心者はポリパテやファンドのほうがやりやすいかも。予断ながらエポパテやポリパテはあまり健康にもよろしくありません。またファンドは硬化後も水などに溶けるので溶きパテやサーフェーサーでの表面処理が塗装前に必要な場合が多いです。

いずれにせよ塗装はMrカラーで万全でしょう。うすめ液は必須です。水性ホビーカラーは水性なので健康上は良いかもしれませんが、Mrカラーよりも乾燥が遅く、塗りムラが出来やすく、しかも塗膜が弱いとデメリットのほうが多いのでお勧めできません。

仕上げのクリアーですが、こちらは筆塗りではなくスプレーで均一にクリアーを吹き、塗装面の質感を均一にするのが目的となります。必要が無ければ必須ではありませんし、吹く場合は缶スプレーのトップコート(艶あり、艶消し、半艶)がありますので、これがMrカラーの塗膜を犯すことも無くお勧めです。

ご質問者様はフィギュア製作の経験がほとんど無い様なので、アドバイスがてらに…

まず既に買われてしまっているようですが、エポパテはどちらかというとそれだけでフィギュア一体作るとなるとかなりお金のかかる素材です。同じ大きさのフィギュアを作るとなると、コストは大体
エポパテ>ポリパテ、スカルピーなど>ファンド となります。

またサフレス塗装というのは、フィギュアを原型から作る場合の塗装云々ではなく、既にキットとなっているフィギュアのキットが肌色キャストなどで成型されている場合...続きを読む

Qアクリル絵の具で塗装したフィギュアの保護がうまく出来ません。

先日、初めてフィギュアのリペイントを行いました。
タミヤのサーフェイサーを吹き、その上からアクリルガッシュで筆塗りしました。
その後、透明なグロスメディウムを上から塗って塗装面を保護したのですが、ほんの少しこすっただけで塗装がはがれてしまったり、グロスメディウムを塗った部分がベタベタとして指紋やホコリがたくさん付いてしまいます。
どうすれば塗装面を保護できるでしょうか?

また、ちょっとてかてかと光りすぎなので光沢を抑えたいです。
Mr.スーパークリアスプレーつや消しでは溶けてしまいますでしょうか。
お詳しい方、教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

アクリルガッシュなら乾燥に1週間かかりますから、その上にMr.のトップコートですね、これも一週間乾燥させてから、上にクリアを吹いて1週間乾燥、これで完成

スーパークリア艶消しって艶消し度が強いけど、それでいいんだったらクリアの代わりに吹いてもいいよ
下地がちゃんと乾燥していて下地保護が完璧なら溶けません

Qプラ板で自作パーツを作る方法教えてください。

最近メタルパーツに興味を持ちました。
いろんなギャラリーを見て自作パーツに感動してます!

実際バックパックを作ってみたいとか武器を製作したいという願望もあるのですが、あまりプラ板でどうすれば上手く作れるのか、そういう知識がありません。


プラ板で新しく何かパーツを作った事がある人。
どういう風に学んだのか、またそういった教材があるなら教えてください。


またプラ板やプラ棒よりこういうものの方がいいよ!
という案があれば教えてください。

完成が決まってるものを作る事は何回かしてますが、0から1を作るような作業は全くの初心者なのでなるべく解りやすく言って貰えると助かります。

Aベストアンサー

私のサイトで工作手法などを紹介しています。
http://doraoyazi.web.fc2.com/room/index.html

そのほか作例中にも色々ありますので参考になれば幸いです。

Qサーフェイサーの乾燥時間

サフを噴いた後どれくらいの時間をとってからペーパー処理に入ればいいんでしょうか?

Aベストアンサー

プラモに、プラモ用サーフェイサーなら、半日は置きたいところです。プラモ用塗料は、プラを多少溶かす事によって食いつきますが。乾燥にもその分時間がかかります。
ポリパテにソフト99なら、2時間程度で十分ですが。プラスチックは用心。


人気Q&Aランキング