AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

母が撥水加工(?)のテーブルクロスを買ってきました。
片面はいかにも「表」という感じで、柄がはっきりしていて、いわゆる「布」といった手触りです。
反対の面は見た目がくすんだような色合いで、「裏面」というようにみえます。
おそらくこのテーブルクロスは、布の片面に別の生地(?。ビニールのような蝋のようなすべすべするもの)をあわせて一枚に作ったものと思いますが、
どちがが表なのかわかりません。

我が家では見た目に「表」のほうを使っているのですが、母の友人宅では、
「裏」とみえるような、明らかにくすんだ色合いのほうを表にしているのだそうです。
確かに、そちらのほうが水などを通さなそうだし、よごれても拭けば落とせそうです。
我が家が間違っているのだろうから、表裏を逆にして使おうという話になったのですが
たとえば水をこぼした場合に、それより下(テーブル)まで通さないように
加工してあるだけで、柄のはっきりしているほうが表なのでは?という気もします。
(じゃなかったら、なぜ柄のはっきりしている面があるのかわからないし)

実際に水をこぼしてみると、柄のはっきりしている方は、最初は水が丸いままの状態を保ちますが
徐々に広がっていってしまいます。
柄のくすんでいる方は、水は丸いままです。

一体どちらが表なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

撥水加工をうたい文句にしてる商品なんですから、水を弾く方が商品の商品たる由縁ですから、見た目は無視してください。


水を弾く方が撥水加工されてる処ですから、そちらをお使いください。

『徐々に広がっていってしまいます』の方は加工されていません。

『柄のくすんでいる方は、水は丸いままです。』の方は、立派に撥水加工が施されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました!

お礼日時:2009/10/25 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング