個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

前世という言葉を誰しも一度は聞いた事があると思いますが、
あるないかは別として、仮にあるとして
例えば300年前くらいに私が日本で生まれたとします。
そこで自分の子孫を残し、人生を全うしたとします。
その子孫が次の子孫を途切れることなく生み、途中で途切れることなく現在まで子孫が残っていたとしたら
この現在の世界に、自分の前世で育てた子供の子孫が存在しているって
いう事になりますよね?という事は何処かで偶然に出会う事もなくあるといえばある訳ですよね?という事は、自分の前世で育てた子孫のその子孫の子孫の子孫と出会って結婚するなんて事も
確率的にはかな~り低いですが数字的に全くない訳ではないという事になるのでしょうか?物凄い考えですが、なくはないという事ですよね?

また話は変わるのですが、守護霊というものについて、
守護霊は自分の前世の霊魂であると目にしました。
私が考えるに、これは親の遺伝子をついで今自分が存在しているのだからそれをたどって行けばご先祖さんの遺伝子をついでいる訳で、
結果的にはその先祖さんからついできた私の親の分身が
自分だから、守護霊とは自分のDNAの遺伝子の中に祖先の生きてきた
魂のDNAがあるから、前世の霊魂である・・と言い方を変えてるだけのように思うのですがどうでしょうか?

またこの守護霊様というのも、見守っている他に修行しにきているという事を耳にしますが、人間界の言葉で言えば言い方は悪いですがポイントをためる為に人間界に来ているという事ですよね?綺麗事抜きで、この世で
全く人の為に善をしない人や悪いことばかりたくらみ、悪質な事ばかり
している人にはポイントがたまらないという事になりますよね?
となるとその人間についている守護霊さんは向上出来ない訳ですよね?
修行=徳を積めば積むほどより人間自身も守護霊本人も魂が向上するとの事ですが、その人間を指導していると向上し、より神に近い立場になるという事でしょうか?それならば徳を積んでいるモノ程高級という言葉で表すのもあれですが、立場が高く、高級霊という
事になるのでしょうか?また人間はカルマを背負っている為に生まれてくると目にしたのですが、カルマがなくなったらもう人間には生まれる事はないという事でしょうか?

私のこれらの知識が偏見なのか偏っているのかは分からないのですが、
無知な所もあると思い、質問させて頂きました。失礼な所がありましたら申し訳ございません。ただ、この事柄に関しては、正直信じるも信じないも人次第なので、ネットで見た事や何処かの本に書いてあった二番煎じ的な知識は何処まで本当なのか分かりません。
実際にこれらの守護霊や霊界に対するもの(アストラル界?その他もろもろ)
霊能者が霊に直接聞いて得た知識が今本やネットで出ているものなのでしょうか?それとも先人や宗教の教えや悟りなるものが作り出したものなのでしょうか?私はそういった代々霊能者の方で信じきれる
霊から直接聞いたという事でないと信じ
きれないのですが、そういった話はあまり見かけません。(まあ人前や人に話す事でないためかもしれませんが)
私の書いた事は多少なりあてはまるのでしょうか?詳しい方
ご意見頂ければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

僕のお父さんが亡くなって一年が過ぎようとしていたころ、田舎に帰り、仏壇の前に座りました。


「親父が死んで一年経ったか、今頃どうしているのかな… 」と思って、小さな蝋燭に火を灯しました。すると、二度三度とその小さな炎が、仏壇の天井まで燃え上がりました。
「おっかしいな、何でなんだろう」と後ろを振り返りました。すると、右手の縁側のガラス戸から二個の球体がすり抜け、僕の後ろをゆっくりと浮かんできて止まりました。
その瞬間、誰だか分かりました。
「親父か… 」
「するとこの方が親父の守護霊さんなのか」と分かり、お父さんより前にいる球体を見ました。
その方は直径40センチ位の丸い透明な球体でした。その側にいるお父さんの球体は、直径30センチの、やはり透明な親父の球体でした。
でも少し赤みがかかっていました。
「でも死んで一年だもんな、でもよく透明な球体に成ってるな、成仏してたんだなあ…」と思い部屋の真ん中に浮かぶ二個の球体を見つめていると、二個の球体は、左手の襖の中に消えて行きました。
母は、襖の向こうで寝ていました。きっと夢の中で親父と話をしているんだなあ、と思いました。

僕は何度か幽体離脱をしたことがあります。その時の状況は、横になり目を閉じた瞬間に起こるようです。嫌なノイズが聞こえた後、四次元以降の天空に昇ります。そこには幾つもの村々や街々がありました。これが皆様のいう霊界です。
更に上昇していきますが、このとき分かったのは三名ほどの守護霊さまたちです。僕が昇りきれない処まで、腰を持って引っ張っておられる感じがするのです。
鮮明に記憶に残っているのは、天の童子たちに囲まれた時でしょうか、本当に可愛い、絵にも描けぬ美しさでした。不思議なことにまだこの世で会ったこともないのに、知ってるというか、どこか懐かしい気持ちがしました。

そして今回の旅の最終目的でもあった、ある方とお会いすることが出来ました。その方は、誰もが知っている方ですが、あえてお名前は言いません。本当に完璧な美しさでした。
背後の守護霊さまから、「またお会いできるから良く覚えていなさい」との言葉でしたから、現在でもはっきりと覚えています。よくよく拝見していたら、「あれっ、俺は何を見ているんだろう」という肉体の表面意識が出てきて、ぱっちりと目が開きました。その帰りしな、そのお方は「にこっ」と笑われました。それからまた仕事に戻ったのです。何ともいえない清々しい気持ちになっていました。

まだまだ不思議なことがあったのですが、これ位にしておきます。
さて質問の前世のことは、天の童子たちに囲まれたことをもって答えに換えさせて頂きます。
守護霊さまというのは、自分の前世のことではありません。死後も付き合うのです。
また日本人に生まれたからといって、次も日本人に生まれてくるものでもありません。

以上、僕の体験からうまれた事実だけをお伝えしました。
どうぞ、笑い飛ばして下さいな。「とほほ…書くんじゃなかった… 」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
誰もが知っている方、気になってしまいました、
きっとあなた様に何か伝えるために体験した出来事だったのでしょうね、
素敵なおし話ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/25 19:48

このカテより詳しい人が集まっているカテがあるのでキーワード検索してそちらで質問し直した方がいいと思いますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうみたいですね、そちらの方にあらためて質問させて
頂きます、ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/25 19:49

霊の世界を理論的に考えたいと言う想いは良く分かりますしそこまで突き詰めて理論だてる質問者さんに尊敬の念を抱きます。


世間では殆どの人が単純に信じるだけで筋道立てて考えるなんて人は居ませんしね。

ところでせっかくのご質問なのですが前世やら守護霊やらは実体として有るかと考えた場合絶対に見過ごせない極めて大きな矛盾があります。
この矛盾が完全に解決できればもしやそのような事も有るかも知れませんが私の知識では有り得ないと言うほか有りません。

それにしても人間の想像力とは何と素晴らしいものでしょう。
    • good
    • 0

私には前世が解りません、見えません。


霊も見えません。声も聞こえません。
見える、話せる。という人は知っています。
よって、あるかも知れない、いるかも知れないけれども、ご自由にって言う感じです。

今の生きている世界で誠実に、一生懸命生きることが肝心だと私も思います。
特に、子供が訴えている事、言葉にできずに行動で抗議することを受け止めずに、何らかの霊的な影響によるものではないか、とすり替えることだけはしてはいけません。

あと、先祖が共通だといえる夫婦って結構多いと思います。
最終的には先祖って極端に言えば数人になってくるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

そんな訳の分からないオカルト話より、


今あなたがキチンと生きることが大事です。

この回答への補足

自分の生き方については
今のご時世なのでかなり神経質なくらい考えておりますので
大丈夫です、その上での質問です。
みえないモノや哲学、科学であらわせないものは必ずないとは
限らない訳で、それが正しいかどうかは時代により様々です。
過去の価値観が現代と大きく変わってきたのは
人間の解釈が変わったから、すなわち善も悪も理解不明な事も
解明出来ればそれは常識となる。オカルトかどうかはまあ
今の現代ではオカルトとされるようですが、
何十年かしたら人の解釈も変わるでしょうね、昔の人が
空を飛ぶなんて不可能だったと思っていた事が可能だったように、
やがて時が解決することもあるでしょう。
だまされるような人間ではありませんのでそこらへんはご心配はいりません。

補足日時:2009/10/25 19:51
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング