私は、勉強不足のせいか、天皇が日本にどう役に立っているのかわかりません。
皇族に、税金を使ったりもしています。
昭和天皇が、戦争開始を決め日本全体が不幸に陥った過去もあります。
現在、天皇が存在する理由がわかりません。
日本国民一人一人意見は違うと思いますが、多数の意見をお聞きしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

全く残念無念としか言い様がないのですが。

天王星を存続させようとする力は実はその一部は、宮内庁そのものにあります。宮内庁職員は公務員であり、雅楽部等、職を失えば、全くつぶしの効かない職員(その半数はなんと、世襲です)がかなりの数を占めます。よって、天王星がなくなれば彼らも職を失うことになりかねません。要するに、宮内庁もその存在理由の問われている他の特殊法人と同じような立場に置かれている部分があるというのは厳然たる事実であると考えます。
 
    • good
    • 0

天皇の成立過程について論議しだすと長くなるので止めますが、大化の改新以降と考えていいと思います。

しかし、arakakiさんが問題にされているのはもっと現代に即したことであろうと考ええます。
 天皇を持ち出してきたのは明治以降の政治家達だと思います。明治維新は市民革命ではなく、江戸時代の貨幣経済発達による年貢制度の破綻の結果なんですね。これは歴史の必然性であり、それに乗じたのが幕藩体制の崩壊なんです。
 当然市民革命でないだけ、藩主が撤退した後それにとって替わるものが必要となります。維新の中心人物が下層武士であっただけ民衆を納得させるものが必要だったわけです。そこで生まれたのが現代の天皇制じゃないですか?  
 もう一つ厄介なのが、神道思想と文化の継承者としての天皇が結びついていることです。これは日本人の文化的遺伝子に組み込まれていると言ってもいいでしょう。よって、この思想が続く限り天皇制も存続します。
    • good
    • 0

天皇が、いなくなるということは、日本という国の会社の社長がいなくなるのといっしょではないでしょうか?


社長のいない会社って、ありえますか?
    • good
    • 0

まあ、要するに、今の時点で天皇制を廃止するコストは現在のまま天皇制を存続するコストを上回る、と多くの人が考えているのでしょうね。

    • good
    • 0

天皇制の賛否はそれぞれあるでしょうが、存在意味としては「錦の御旗」があれば権力が握りやすい、という利点があります。


織田信長をのぞいて、藤原氏以来の過去の権力者は「天皇家のお墨付き」で権力の座にすわったわけですから。

戦争責任の有無については別の議論だと思いますが、戦争をするについても「天皇公認」の名目であれば「聖戦」として国民動員がやりやすい。
「昭和天皇は反対だったのに軍部が勝手にはじめた」ということであっても(すなわち、軍部は大元帥の意思に背いた反逆者になるはず)、いまだに(「開戦の詔勅」があるから?)、戦争はまちがいでない、侵略というのは自虐だ、と信じている人たちがいます。
何十年たって、戦争をはじめた人たちが「天皇公認」だったことは役立っているわけですね。

発想は変わりますが、いまの不況の打開策として、皇室の「株」を発行してはいかがでしょう。「愛国者」が買えば、株安の兜町にも活気が出るし、「しきたり」「伝統」の継承ばかりではいやだ、という宮様も「株主総会」で堂々と他の人に譲れます。その株価を見れば、どれだけ皇族方が人気があるかも判ります。
    • good
    • 0

こちらも再投稿ですみません。

それから質問の論点からずれることもお許し下さい。
何かyasutoさんを怒らせてしまったようで。私自身は特に個別に抗議したわけではなく、皆さんの意見を眺めた後で、自分の感想を述べたまでです。それがお気に触ったようでしたら、一応この場ではお詫びいたします。
文章上のことですので、色々と誤解も生じるかもしれませんが、冷静に意見を述べあいましょう。
私は先程投稿しましたとおり、個人的には天皇制存続に賛成です。しかし改憲し共和制に移行することに関しては、その理由が明確であり、国民のコンセンサスがとれれば、一向に構わないと思っています。
「やはり国民のコンセンサスです。」
で、またさらに論点ずれてしまいますが、「年代による認識の差」って? もしかして私のこと戦中派とか思ってられます? 私もyasutoさんの年はわかりませんが、著しく認識がずれるほど離れてない気はするんですけど(ほんとのところはどうだかわかりませんが)。少なくとも私は、もはや戦後ではない時代のずっと後に生まれ、何も知らないこどもの頃から、日教組の影響を受けた教育を受けてきて、朝日新聞が正しいと思っていたこともある世代です。
今の10代とかの若者でも、小林よしのりとかの影響で、私の考えに近い人もいるんじゃないかな。

ということでarakakiさん、話がそれてごめんなさいね。
    • good
    • 0

なんか再度投稿するのは気が引けましたが、納得できないので書きます。

別に今の天皇に敗戦の責任を取れとは言って無いでしょう。それなら僕の先祖にも極悪な人はいたはずだから、そんな自分のやっていない事の責任を云々してはナンセンスです。あと何年続いた制度でも所詮人の作った物で、国は国民の為に存在するのだから、国民が不必要なら無くなっても当然です!教科書の問題が最近ありましたが、アレはあって当たり前の行動だと思います。だからあの時代の価値観では侵略ではなかったという手前勝手な言い訳も分かります。問題は政府の今日までの対応の悪さです。明確に謝らず、ただずるずる金を払うだけ。払った額はもう何兆円ですから、税金の無駄でしょう。あと憲法が先か人間が先かのなど無意味でしょう。明らかに人間が先で、憲法は後から国を治める手段としてあるだけです。もし生まれる国と時代を選べるなら否定はしませんが、実際はそんな訳には行かない。だからこそ改憲する権利がある訳でしょう?仮に大統領制なら、その大統領が悪いことをしても責任は国民皆にあります。しかし今の体制では戦後と変わらず曖昧さが強すぎます。失言をネタに皇族賛成を言っていた人もいますが、選んだのは選挙区の人たちです。責任はその人たちにもあります。それから皇族は人間っぽさがないです。おっとり感情を出さないことが全てに勝るのですか?雅子さんの流産(未確認の妊娠報道?)の時の皇太子は、怒るに怒れなくかわいそうでした。あれじゃ-人形ですよ。また自分の国の元首を自分達で選ぶからこそ、税金を使う事が許されると思います。ちなみにKKatohさんは右翼ではないでしょう。僕も左翼ではないです。もうそんな概念を持たない人が沢山いるなかでの年代による認識の差ってとこじゃあないですか?
    • good
    • 0

あくまで個人的な意見ですが、色々な意見が出ておりますので、私も一言申し上げたくなりました。


まずは戦争責任について。日本は当時も今も立憲君主国家です(イギリスも一緒ですね)。憲法・法律にのっとって元首(象徴)が存在しており、行政責任は内閣にあります。今の憲法下ではもちろん天皇陛下は国政に口を出すことはできません。そして明治憲法下では天皇陛下に権利があるように記載されていましたが、実質その権利を行使することはありません(できません)でした。ゆえに、名目上は戦争責任はあるが、実質上は責任はない、というところがおとしどころになるのではないでしょうか。
少し論点がずれますが、侵略戦争について。あの戦争は侵略戦争でもあり、防衛戦争でもありました。現在あの戦争に関して議論するとき、防衛戦争という観点がどうしても受け入れられない場合が多いようです。そして、当時の価値観と現在の価値観が違う、すなわち当時は侵略戦争イコール絶対悪ではなかったという観点も受け入れられない場合が多いですね。
で、天皇制は必要か。私自身存続してほしいと思っています。非常に後ろ向きな言い方かもしれませんが、ここまで(約2000年以上?)にわたって存続してきた制度を何故今、変更しなければならないのかというのが第一です。戦争責任については上記したとおりです。仮に責任があっても、他の共和制国家と違い、その失敗した時点で廃止しなかったのだから、いまさら責任をとって辞めるような必要はない気がします。
第二は、肯定派の皆さんおっしゃるように文化・歴史としての存在を積極的に存続させたいことです。
それに象徴(元首)としての天皇陛下がいなくなった場合、国家元首を選挙で選ぶんですか?何となく日本人になじまないような。国家元首のいない国はないし、国事行為を行うにも国家元首が必要ですよね。
天皇陛下になんで税金をかけるの?という声もありますが、天皇制を廃止しても、結局別の国家元首のために税金が必要になりますよ。どうせなら国民が選んだ人間に税金を使いたいという声もあがってきそうですが、天皇陛下は国民総意のもと(日本国憲法)に存在しているのです。
あまり長々書いてもなんですので、これぐらにしておきますが、それでも、「積極的に」天皇制を廃止した方がいいという理由を聞いてみたいです。もしそれが説得力のあるものであれば、改憲から共和制への移行もあり得るかもしれませんね。
・・・私って右翼ですか?
    • good
    • 0

個人的には思想云々を抜きに必要だと思います。


憲法で国の象徴だと決められているのですよ。
不満であるなら、解決方法として2つの方法が考えられます。
(1)憲法を改正する。
(2)海外に移住する。

皇族の方たちも立派に国事行為を遂行されているはず。
短絡的に無意味との主張はいかがなものかと思いますが。
    • good
    • 0

天皇がどう役立っているか・・・ではなく、時の政権によって、どう都合よく使われたか・・・という方が実際のニュアンスに近いのではないかと思います。


実際、天皇陵なんて名前のついている古墳は宮内庁によって発掘禁止になってるけど、最近の考古学では、本当に天皇の墓なのかどうかだって随分怪しいといわれてますよね。
何ででしょう。本当にそうじゃなかったら、天皇家という名前にキズがついて宮内庁が困る以外の何物でもないからでしょう。

ですから、この問題というのは、直接、過去の歴史をありのままに見ようという姿勢が否定されてきた歴史でもあると私は思います。

誰が決めたどんな経緯であれ、日本は侵略戦争をした。でも侵略じゃないと言い張る人がいる。

昔は、天皇が実権を持ち、行政上任務を得て役立っていた時もあったのかもしれません。でも今は憲法の元で、あらゆる行政、外交権限を持たないのに、皇室外交などと称して、いかにも天皇の業務のようにいう人がいる。

なんで、日本人はこういう勝手な介錯や読み替えが好きなのでしょう?

何か、回答というよりも私自身の疑問を並べただけになっちゃいましたね。m(__)m
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北朝鮮は戦前の日本の天皇制を理想としている事は明らかです。しかし北朝鮮の天皇制はやっと三代目、それに

北朝鮮は戦前の日本の天皇制を理想としている事は明らかです。しかし北朝鮮の天皇制はやっと三代目、それに対して日本の天皇制は125代目です。北朝鮮が日本の天皇制のレベルに達するには、後、千年は掛かるでしょう。

しかし北朝鮮が日本の天皇制を理想とする以上、日本の天皇制を尊敬している事は間違いありません。従って、尊敬する天皇制の日本に北朝鮮が核攻撃するはずが有りません。

左翼の人達は日本の天皇制を廃止しようとしていますが、天皇制でない日本など、北朝鮮にとって、何処にでもある、ありふれた、何の価値もない、ただの国でしかありません。つまり、躊躇無く核攻撃してくるでしょう。

左翼は、この事を分かって天皇制を廃止しようとしているのでしょうか?

Aベストアンサー

北朝鮮の権力層は、光復(朝鮮半島の独立)直後我々日本の天皇制について深い研究をしていたらしいです。
北は表向きは、「人民民主主義共和国」と名乗っていましたが既に建国前から天皇制に興味を持っていたのです。そのすべての理由は金日成個人を神格化し、世襲を可能にするための一種の独占欲と支配欲など、所謂権力欲から生み出された。つまり執着みたいなもんですよ。

しかし我々日本が「現代国家」だという点を考えると、実はそれもけっこう面白いことですよ。今の時代にね。ましてや第2次世界大戦で負けた敗戦国なのに、天皇制が現在まで存在し続けられたのはほぼ奇跡に近いと言っても過言でない。しかし日本の天皇制は北朝鮮の世襲独裁体制とは違って議員内閣制なのです。天皇制を維持しており、天皇陛下もいらっしゃるのですが彼には実権というものが無い。

憲法1条に記されていると思いますが、「天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であってこの地位は主権の存する日本国民の総意に基づく」となっています。
天皇という存在そのものは日本国民の安らぎで、ママ的存在で、心の中の故郷のような意味であるだけで、実際権力を振るうとのことは出来ません。

世界最低最悪の共産主義を名乗る北朝鮮の支配体制が日本の天皇制を真似しようとしているのはまさに「アイロニー」としか言い様がない。
しかしここで重要なのは、北朝鮮が日本を尊敬したりとの理由からのものではないということです。金日成は抗日運動(かなり歪曲されていますが)の業績を前面に出したことで北朝鮮の指導者となった人物です。つまり彼が日本の天皇制を真似したのは、自分の権力維持のための独裁や世襲に便利な言い訳として使えるからですよ!

もし質問者様や、この回答を読む皆様が少しでも北朝鮮や北の指導者など、北の諸問題におけるものに共感されましたら困ります。北朝鮮は我ら日本を敵として見なしていますので。
在日米軍基地に向かって攻撃してきたりいつも脅しみたいなこと言い出すんでしょ?
あの国のことだから、いざというときは日本も天皇制もなんにも気にせず、躊躇なく日本にミサイルを打ち上げるでしょう。連中なら可能性は十分。
長々と長文になってしまいましたが、ひとつはっきり言えるのは日本と北朝鮮は友好国には100%なれないということです。我々の、敵なのです。

北朝鮮の権力層は、光復(朝鮮半島の独立)直後我々日本の天皇制について深い研究をしていたらしいです。
北は表向きは、「人民民主主義共和国」と名乗っていましたが既に建国前から天皇制に興味を持っていたのです。そのすべての理由は金日成個人を神格化し、世襲を可能にするための一種の独占欲と支配欲など、所謂権力欲から生み出された。つまり執着みたいなもんですよ。

しかし我々日本が「現代国家」だという点を考えると、実はそれもけっこう面白いことですよ。今の時代にね。ましてや第2次世界大戦で負け...続きを読む

Q昭和天皇が崩御されたとき、もがりは行われたのですか?

タイトルの通りです。どんな具合だったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「もがり」でググると詳しく載ってますよ。
長すぎてここには書き切れません。

Q天皇制 いる?/いらない?

天皇制はこれからもあるべきだと思いますか?

論理的な答えを求めます。



特に天皇制を支持している人たちに聞きたいんですが、以下の2点を踏まえても天皇制を存続すべき理由があれば、それを説明してみてください。

皇族の人権問題
天皇制に使う税金 272億8105万4千円(2003年度)

Aベストアンサー

日本という国名と日の丸を使い続けるなら天皇制は必要で日本ではない国にするなら天皇制は廃止すべきかと思いますが、現状はまともな天皇制とは言えないように感じます。天皇制を続けるなら立憲君主制にして宮家を3つにしてそこから天皇を選出するくらいはやって欲しいです。中途半端だから問題が多いんじゃないでしょうか。

ただ、実際に天皇制を廃止した時のことを考えると元・天皇家を支持する人々との関わり合い方には制限が無くなるので今よりずっと強大な影響力や経済力を持つことになりそうな気はします。たとえば政治結社・大和朝廷とか宗教法人・日本とかなんとかかが作られたとしても誰も文句は付けられなくなります。ある意味そうなった時の方が将来的には恐ろしいとさえ思います。

Q日本はやはり、全体主義の国なんでしょうか?ワールドカップを見てそう思い

日本はやはり、全体主義の国なんでしょうか?ワールドカップを見てそう思いました。
ワールドカップで日本が勝った時、渋谷の交差点?あたりで、若者たちが恐ろしいほど騒いでいました。警察官たちも手をやいているようでした。その映像を見たとき、私はなんだか末恐ろしくなりました。
喜ぶにしても、もっと大人の喜び方があるのではないでしょうか?なぜあんな風に、多くの人の迷惑になるような喜び方をするのでしょうか?日本はやはり、いまだに全体主義なんでしょうか?せっかくワールドカップで勝ったというのに、とても残念です。

Aベストアンサー

えーとですね。
そもそも、若者は愚劣なんですよね。あの気が狂った喜び方は、酒に溺れるとの同じ程度のバカ者(若者)の乱痴気騒ぎですね。

ついこの前まで、「岡田辞めろ!」とかほざいていた若者なんかほんと不謹慎ですが、「お前がやってみろ、バカ、バカは日本から出て行け、北朝鮮へ行け」と言いたくなります。ほんと。

サッカーはスポーツなんだから、頑張って闘った選手たちから、勝っても負けても勇気をもらうくらいのもので、負けたから辞めろとか抜かすバカ者(若者)は北朝鮮の金正日と同じ程度の知性だというのをさらけ出していますね。

確かに、今の若者のバカさとにわかネット右翼との相関関係はあるかもしれませんね。

Q皇室、天皇制について

天皇制について英語で説明のされているもの、出来れば天皇制の問題点や利点、論点等を記載しているサイトがあれば是非教えて頂きいのですが

Aベストアンサー

下記などはいかがでしょうか? ちょっと簡単過ぎるかな?

参考URL:http://histclo.usanethosting.com/royal/jap/royal-jap.htm

Q天皇とは?天皇のはじまり・・・

日本には、天皇がおられますが、天皇というのは、なぜ、出てきたのでしょうか?古代において、天皇の役目というのはなんだったのでしょうか?天皇の原型というのは、いつごろからあるのでしょうか?縄文時代?弥生時代?、大和時代に原型っぽいのは、あったのでしょうか?詳しくわかる方がいればご指導ください。

Aベストアンサー

縄文時代は、小さな集落があちこちに点在するという状況でした。
弥生時代は、沿岸部を中心に米作や漁労をする人が移住しました。
その後、集落が大規模化し、朝鮮半島からも種族単位で移住してくるようになりました。北九州や出雲に上陸し、関西や吉備、信州などに広がっていきました。
そのあたりで、種族単位で小さな国的なものができ、戦争をするようになりました。
戦争をやめ、シンボルとして統一したシャーマン(卑弥呼)を立てるということが行われました。
その後、記録がないのですが、、、

天皇家は、元々は満洲にいた扶余族→朝鮮半島→北九州というルートで日本に上陸し、関西に移動しました。
そして、多くの豪族達を束ねる存在となりました。
天皇という名称になるのはずっと後です。

似たような神聖思想を持つ民族は、イングランドやドイツ、北欧~東欧~中央アジア~モンゴル~満洲~朝鮮~日本
と広く分布しています。

Qもし、「天皇制を存続させ続けようと思うならば、伝統に囚われる事なく、時代の変化に合わせて変わるべきで

もし、「天皇制を存続させ続けようと思うならば、伝統に囚われる事なく、時代の変化に合わせて変わるべきである」と言う人が居ます。

果たして正しいでしょうか?そういう人達は、例えば、今までの天皇制の根幹であり、伝統でもある、男系継承制すらも変えて、女系天皇を認めるべきだ言います。

仮にそのような主張が正しいとするならば、天皇制そのものを、時代の変化に合わせて廃止するのも、正しいと言わざるを得なくなります。

天皇制を存続させる為に、時代の変化に合わせようとしたところが、逆に天皇制そのものを時代の変化に合わせて廃止しなければならなくなるのです。

結局、「天皇制を存続させ続けようと思うならば、伝統に囚われる事なく、時代の変化に合わせて変わるべきである」という主張は誤りではないでしょうか?

Aベストアンサー

時代の変化に応じて変化させたのは、皇室に次いで長いと言われるデンマーク王室ですが、こちらは、王朝はいくつも有りますから、万系一世の皇室とはちょっと意味合いが違いますね。
ヨーロッパの場合は、ローマ帝国以後、キリスト教の一夫一婦制により、男系継承は困難だったわけで、各王室は女系継承した場合は、王朝が変わったと見なして、継続していったわけですが、元々、一つの王朝が継続している国家自体が皆無だったので、特に問題は無いわけです。
スペインのトラスタマ朝のファナ女王は、一見女系継承のように見えますが、両親である、イザベルⅠ世とフェルナンド5世及び2世は、共にトラスタマラ家の男系継承者であり、実際は男系継承なので、家名の変化はありませんでした。
男系継承を続ける為には、このような旧皇族の男系継承者を、男系継承の女性内親王の夫とし、継続する方法もありそうです。
このような変化は、あっても良いと思いますが、先例は無いですね。(単純に、女性天皇の後は、旧皇族男子がいるなら、皇位継承者とする方が簡単だからです)
なお、法令改正により、贈与税等も、皇室の正当性に関わる財産は、対象外となりますから、直系で無くても、それらの継承は可能とは思われます。
すでに、皇位継承者は、次々代まで、いらしゃいますから、次に議論する必要があるのは、50年後位ですね。
それまでに、男系継承者のいる旧皇族の皇籍復帰などの法整備を行うのも良いかもしれません。(東久邇家、竹田家、朝香家など)

時代の変化に応じて変化させたのは、皇室に次いで長いと言われるデンマーク王室ですが、こちらは、王朝はいくつも有りますから、万系一世の皇室とはちょっと意味合いが違いますね。
ヨーロッパの場合は、ローマ帝国以後、キリスト教の一夫一婦制により、男系継承は困難だったわけで、各王室は女系継承した場合は、王朝が変わったと見なして、継続していったわけですが、元々、一つの王朝が継続している国家自体が皆無だったので、特に問題は無いわけです。
スペインのトラスタマ朝のファナ女王は、一見女系継承の...続きを読む

Q天皇の私生活が知りたいです。毎日何をして生活しているのですか?天皇って何ですか?

天皇は国民の象徴的存在にあります。外交が無いときなんかは毎日何をしてすごしているのでしょうか?服は自分で買いに行ったりしないんですか?ご飯は専属コックがいるんですか?ということは自分では何も出来ないんですか?外食なんかはしないんでしょうか?今日は寿司が食べたいなあなんて言わないんですか?散髪は?娯楽テレビ見るんでしょうか?夫婦で一緒に寝るんでしょうか?倦怠期なんて無いんでしょうか?天皇を辞めたいなんて思わないんですか?時には吉野家行きたいとか、庶民の生活がしてみたいなんて思わないんですか?携帯電話持ってるんですか?新聞読むんですか?鼻くそほじったりしないんですか?苗字はあるんですか?何が生きがいなんですか?全然分かりkません。もし天皇がいなかったらどうなんですか?他の人が外交をしたら駄目なんですか?

Aベストアンサー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030609-00000210-kyodo-soci
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20030609/20030609a4910.html

 この遺稿についての記事、恐らくわざとでしょうがぼかしてあります。私は新聞記事の方でもう少し踏み込んだものを呼んだのですが、内容は「私には戦争責任がある。だが、荒れ果てた国土を回復させるためにも、私は天皇にとどまり国力回復に努めたい」というような内容だったそうです(朝日新聞ではありません、念の為)。
 記事は、昭和天皇は色々な理由を付けつつ、結局退位する意志など無かったらしいと結んでいます。事実でしょう。もし、本人が本気で退位を望めば可能でした。分かると思いますが、戦後すぐ、天皇の権威は今の比ではありません。本人が強く望めば、周囲は止める事すら出来なかったでしょう。よって、天皇が退位を望んだというのは、皇室のイメージアップを狙った勢力による作り話だったわけです。そして、それを証明したのが今回見つかった遺稿です。
 秘書給与事件で議員辞職した辻元氏が天皇制廃止論者の急先鋒だった事は良く知られていますが、ネット上では彼女の秘書給与事件を取り扱ったサイトが林立しています。秘書給与事件は、制度上の問題が呼び起こしたという点もあり、彼女一人を責めることは難しい側面があります。また、鈴木宗男氏を含め、彼女以上の事件を起こした議員を追求するサイトよりも遥かに多い数です。また、彼女は議員時代から執拗な嫌がらせを受けており、怪文章が出回る騒ぎまで起きています。
 天皇制を擁護しようとする勢力がいかに強力で、陰湿で、根強く社会に棲みついているかが良く分かる話です。今回、共産党が象徴天皇制を事実上容認する綱領改定を行いましたが、これもそうした勢力による選挙妨害を緩める事が本当の目的では無かったか、と睨んでいます。彼ら反共勢力は、反共を叫びつつ、内心では天皇制さえ存続させるなら共産党でも良い、と考えている節があります。歴史を紐解けば、戦前、共産主義者が天皇制を容認して大量転向、右翼と同一化した事すらあります。右翼も左翼も、国家主義(=国家>国民)・全体主義という点では一致しているので、天皇制問題さえ超えれば合体してしまうという側面があります。
 天皇制…恐らく、なくならないでしょう。国民の関心がなくなったとしても、制度としては残っていくものと思われます。理由は上記した通り、制度を存続させようとする勢力が絶大な力を持ち、そして廃止を目論む勢力を叩き潰しているからです。

参考URL:http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20030609/20030609a4910.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030609-00000210-kyodo-soci
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20030609/20030609a4910.html

 この遺稿についての記事、恐らくわざとでしょうがぼかしてあります。私は新聞記事の方でもう少し踏み込んだものを呼んだのですが、内容は「私には戦争責任がある。だが、荒れ果てた国土を回復させるためにも、私は天皇にとどまり国力回復に努めたい」というような内容だったそうです(朝日新聞ではありません、念の為)。
 記事は、昭和天皇は色々な理由を付けつつ...続きを読む

Q左翼は天皇制を廃止しようとしていますが、今まで日本が核武装しないで済んでいたのは、天皇制の偉大なパワ

左翼は天皇制を廃止しようとしていますが、今まで日本が核武装しないで済んでいたのは、天皇制の偉大なパワーが有ったからです。

もし、天皇制を廃止すれば、核武装しなければならなくなる事を左翼は分かっているのでしょうか?

Aベストアンサー

敗戦は、他国の侵略目的です。意識操作戦の要は、天皇制の破壊をしてくるのは、攻めの基本です。家も爺さんが天皇の写真が有り攻められています。サラミのように攻めてきています。仕事を奪いお金を奪い着実に駒を進めています。

Q何でも日本のせいにするな!でも「修学旅行」の是非は

韓国旅客船沈没事故、ネット上に「修学旅行廃止」求める署名運動・・・「日帝残滓」との指摘も=韓国

記事によると、修学旅行を廃止する理由に一つに日本帝国主義の統治時代の慣行の残滓だという意見があるのは、救助支援の拒否、船は日本製との言い掛かりと並び相変わらずの反日の偏見とすべての元凶は日帝に、責任転嫁の方向へ耳目も頭脳も感染蔓延してしまっている為だと思うが・・・

一方で、修学旅行の是非については一考の余地や見直しの意義はあるのかもしれないと思う。
事故後の混乱の渦中ではなく、平常時に冷静な賛否や長所短所の精査と実施内容の変革、参加対象者のニーズ等の様々な意見や提案を受けての合意形成が必要なのだろうと思う。

そこで、皆様にお聞きしますが、修学旅行の必要性や効果、思い出&エピソードについて、お教えください。


※質問の背景と成った記事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140418-00000196-scn-kr

http://www.recordchina.co.jp/gallery.php?gid=86753
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/japan_south_korea_relations/?id=6114108

韓国旅客船沈没事故、ネット上に「修学旅行廃止」求める署名運動・・・「日帝残滓」との指摘も=韓国

記事によると、修学旅行を廃止する理由に一つに日本帝国主義の統治時代の慣行の残滓だという意見があるのは、救助支援の拒否、船は日本製との言い掛かりと並び相変わらずの反日の偏見とすべての元凶は日帝に、責任転嫁の方向へ耳目も頭脳も感染蔓延してしまっている為だと思うが・・・

一方で、修学旅行の是非については一考の余地や見直しの意義はあるのかもしれないと思う。
事故後の混乱の渦中ではなく、平...続きを読む

Aベストアンサー

私にとっての修学旅行は、学校行事として、何ら疑問や考えも無く、受動的に参加しただけで、実際にもそう言う人が多いのでは?と思います。

ただ、「行って良かったかどうか?」は、「良かった」とは思いますし、もし学生時代に「修学旅行は今年からナシになりました」などと聞かされたら、ショックだっただろうなぁ・・とは思いますよ。

即ち、「日帝残滓」であろうが何であろうが、学生が楽しみにしているものであれば、残置すべきじゃないのかな?とは思いますし、政治やら思想,信条により、「やったり、やらなかったり」を決める様なモノでは無いのでは?と思います。
そう言う思想,発想で、「文化」を抹殺するから、朝鮮半島には「文化」が栄えないのでしょう。

あるいは、思想やら信条で「日帝残滓」と思うなら、そう思う人は参加しないとか、子供が泣き叫ぼうが、親が参加させなきゃ良いだけでしょう。
そう言う意見が韓国内の多数派であれば、そもそも学研面での必須とも思えない修学旅行など、勝手に自然消滅します。

修学旅行を、今回の「旅客船沈没事故」と関連付けて考えるべきなのは、「(修学)旅行の安全性」のみ。
完全に安全性が担保されない修学旅行など、「廃止するかどうか?」と言う議論のテーブルに上げるまでも無く、「絶対にやっちゃダメ。論外!」以外の結論はありません。

そこから派生,発展した、「そもそも修学旅行を廃止すべきか?」などは、事故とは無関係の議論であって、行方不明者が多数の中、行うべき議論ですかね?

更に、何でもかんでもわざわざ「反日」と関連付ける思想は、早急に廃止しないと、韓国と言う国自体の「修学」が、永遠に終わらないです。
実際にも韓国の現状は、「修学旅行」と言うよりは、「未修学迷走」の状態ですから。

私にとっての修学旅行は、学校行事として、何ら疑問や考えも無く、受動的に参加しただけで、実際にもそう言う人が多いのでは?と思います。

ただ、「行って良かったかどうか?」は、「良かった」とは思いますし、もし学生時代に「修学旅行は今年からナシになりました」などと聞かされたら、ショックだっただろうなぁ・・とは思いますよ。

即ち、「日帝残滓」であろうが何であろうが、学生が楽しみにしているものであれば、残置すべきじゃないのかな?とは思いますし、政治やら思想,信条により、「やったり、や...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報