『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

友人たちと今週末、ホームパーティを開くことになりました。
一人が「強烈なビデオ持ってくるから」というので、どんなものか聞くと
何でも、本当にあった決定的瞬間ばかりを集めたビデオらしいのですが・・・
僕は、そういうのが大の苦手なのですが、皆は盛り上がっているので
やめてくれとも言えません。近くのビデオ屋に行って、パッケージだけでも
遠目でリサーチして来ようと思ったのですが、ありませんでした。(ヤミルート?)

ご覧になった事のある方、どの程度強烈なものなのでしょうか。
内容いかんによっては、参加辞退も考えてます(笑)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ザ・ショックスって結構古いやつですよね?


(ショップにないのは単に古いからではないでしょうか)

私が見た時の記憶をたどれば、ご飯が喉を通らなくなるほどの衝撃ではないものの、衝撃シーンの連続ですのであまり気持ちのいいものではありませんでした。

その手の映像を好む人が楽しむためのものです。
苦手な方にはあまりお勧めできません。
無理して観ても多分楽しめないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。古いビデオなんですね、衝撃的過ぎて置いてないのかと思ってしまいました。

>ご飯が喉を通らなくなるほどの衝撃ではないものの、

では、テレビでやってるような「カメラが捉えた衝撃的瞬間」ぐらいに、思っておいても大丈夫ですかね?な~んて安易に構えていては危ないですね!あまりお勧めできませんと言っていただいて安心しました。夢に出てきそうなんで・・・ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/05 12:43

(「ザ・ショックス」についての続き)


>テレビでやってるような「カメラが捉えた衝撃的瞬間」
細部は覚えてないのですが、その延長のようなものだと私は認識しています。
ですから、仲間でワイワイ騒ぎながら観る分にはまず大丈夫でしょう。さっきはお勧めできないなんて書いてしまいましたが、そんなに身構えないで下さい。大の大人が正視できないほど残酷ではありません。(当時子供だった私でも最後まで観ることは出来ました。)

「デスファイル」に関してはkansukeNさんの仰られるようにマニア向けのようですね。
世の中には死体画像を見ながら焼肉を平気で食べるツワモノも居ます。
私のような凡人が足を踏み入れてはならない領域なのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

続きのご回答ありがとうございます。では、「ザ・ショックス」は、仲間でワイワイ見る分には、それほど強烈ではないという事ですね!僕も小心者なもので・・・(笑)(スプラッター系ホラー映画でさえも苦手なので)直視できないほど耐えられなくなってしまったら、トイレにでも立てこもりたいと思います(笑)「ザ・ショックス」より「デスファイル」の方が強烈なのかな?どうやら二本立てでプレゼンスしてくれるらしいので・・・(鬱)さすがに、死体画像を見ながら焼き肉を食べるツワモノなんて、医者か検死官ぐらいですよね!(笑)優しいお心遣い感謝いたします。

お礼日時:2003/05/05 14:17

「デスファイル」はV&Rプランニングというアダルトビデオメーカーから出ているものです。


若かりし頃、AVの最後に予告が入っていて相当マイッタ記憶があります(^_^;)

内容としては、目が飛び出た・・・、頭の半分無い・・・、黒焦げの・・・、司法解剖の・・・、奇形の・・・、堕胎した・・・、とか、
まぁ「グロ系」とよばれるものが、ほとんどモザイク無しのオンパレードです。
「決定的瞬間」というより「死体そのものをじっくり見る方用」のビデオだと思います。

興味がない方だと、見た後は肉が食えなくなるらしいです。

やめたほうが、いいとおもうけどな~(笑)
ちなみに確か、18禁だったはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。AVの最後の予告に入っていたのですか、やはりエログロは人間の好奇心の中で、紙一重なんでしょうか!?

>目が飛び出た・・・、頭の半分無い・・・、

マ、マジですか~!?そんなものがモザイク無しで現れてくるなんて・・・警視庁の最前線じゃあるまいし、そんなものを見る方がいるんですか・・・っ!見た後は、肉が食えなくなる・・・なんて相当、生々しいってことですね!?ちなみに、年齢制限には引っかからないです(笑)
女性陣もキャーキャー言いながら楽しみにしてるようなので、男の意地もあるんですが、事前にそういうもんだとわかって安心しました。どうやって逃げようか思案します。

お礼日時:2003/05/05 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「ジャンク 死と惨劇1」(1979)での電気椅子処刑シーンはやらせ

映画「ジャンク 死と惨劇1」(1979)での電気椅子処刑シーンはやらせか否か

「ジャンク1」での人が死ぬシーンは一部やらせだったそうですが、電気椅子処刑シーンは本物でしょうか。

死刑囚が独房から連れられてきて電気椅子に縛られて恐怖に戦いているいるシーンはどうも演技っぽいし、カメラアングル等もできすぎていて、やらせっぽい印象はあります。

しかし、死刑囚に通電されて全身が激しく痙攣する様は演技の領域を超えているように思えます。このシーンも演技でしょうか。だったらすごい演技です。それとも、よくできた特撮用の人形なのでしょうか。

ジャンク2にも電気椅子シーンがあったと覚えていますが、
こちらは明らかにヤラセの演技バレバレだったのですが。

http://www.youtube.com/watch?v=7GU7jU1HaHo&feature=related

ご存知の方、ご教示ください。

Aベストアンサー

これは有名なシーンですが明らかなヤラセです。

本物の電気椅子処刑では必ず頭部の髪を剃りますし。

また、ウィキペディアによれば下記の記載があります。
The widely shared video of the alleged electrocution of Larry DaSilva is a fake due to the fact that there were no executions carried out between 1972 to 1976 in accordance with a Supreme Court decision.

最高裁の決議によって1972年から1976年の間に処刑は行われなかったという事実から、ラリーデシルバの電気処刑はやらせである。

更に、映画ジャンクのディレクターJohn Alan Schwartz自身のインタビューで本人がヤラセであった事実を述べています。

http://www.sptimes.com/News/102600/Weekend/Lifting_the_mask_from.shtml

電気椅子処刑に関する部分の引用はこう記されています。

You mean, the famous electric chair scene was fake? But the guy was foaming at the mouth and everything!

"We built a cell in a friend's loft, and we lined the guy's mouth with toothpaste," says Schwartz, laughing. "My research material for that: I happened to pick up a Hustler magazine and there was this great article about electrocution that really detailed how a person is executed. . . . And that's what I used as my basis."

<概訳>
あの有名な電気椅子のシーンもヤラセだったということですか。でも、あの男は口から泡やら何やら吹いてましたよ!

「友人の屋根裏に独房を作って、男の口にパイプで歯磨き粉を流したのさ。」と笑いながら言うシュワート。「電気椅子処刑の研究材料は、雑誌ハスラーをたまたま手に入れたら、電気椅子処刑についてのこのすごい記事があって人が処刑される様が実に詳細に書かれていて…そいつを根拠に用いたのさ。」

ということだそうです。

飛行機墜落事故現場の散乱したバラバラの肉片映像など一部の映像は本物のようで、本物とヤラセが混在した映画ということです。

参考URL:http://www.sptimes.com/News/102600/Weekend/Lifting_the_mask_from.shtml

これは有名なシーンですが明らかなヤラセです。

本物の電気椅子処刑では必ず頭部の髪を剃りますし。

また、ウィキペディアによれば下記の記載があります。
The widely shared video of the alleged electrocution of Larry DaSilva is a fake due to the fact that there were no executions carried out between 1972 to 1976 in accordance with a Supreme Court decision.

最高裁の決議によって1972年から1976年の間に処刑は行われなかったという事実から、ラリーデシルバの電気処刑はやらせである。

更に...続きを読む

Q昔死体のビデオをレンタルしたことがあったんですが・・・

以下のビデオについて聞きたいのですが
もう私が小学生の頃だったのでかなり前恐らく平成なってからそれ程立ってないと思います 
その頃に親と一緒にレンタルビデオ点に行くとパッケージは良く覚えていないんですがなんかXだかZ指定だかのビデオがありそれを借りて従兄と親とで帰って見ると
なんか人の死体らしきものが写ってました
あまりに悲惨だったのでほとんど見なかったんですが
覚えてる内容は二つ一つは交通事故の現場らしき映像
中年男性の頭から脳みそが毀れていたのを若干覚えています 二つ目は胎児が未熟児状態で生まれごみ箱から取り出されていた映像が写ってました
なんか体長が8cmほどしかなくビニール人形みたいでした
今から思えばなんかの特撮のドキュメント?映像かなー?とも思ったんですが、いくらなんでもリアル過ぎる映像だったのでそれに少し、ニュース口調でナレーターが語っていたのを覚えているので何かの事件があったと思います、警官も来てましたし。このビデオをご存知の方にお聞きしますがタイトルとジャンルを教えてください。
それと仮に本当だとしたらこんなビデオ販売・レンタルして、良いものなんですか?
回答よろしくお願いしますm(__)m

以下のビデオについて聞きたいのですが
もう私が小学生の頃だったのでかなり前恐らく平成なってからそれ程立ってないと思います 
その頃に親と一緒にレンタルビデオ点に行くとパッケージは良く覚えていないんですがなんかXだかZ指定だかのビデオがありそれを借りて従兄と親とで帰って見ると
なんか人の死体らしきものが写ってました
あまりに悲惨だったのでほとんど見なかったんですが
覚えてる内容は二つ一つは交通事故の現場らしき映像
中年男性の頭から脳みそが毀れていたのを若干覚えています 二つ目...続きを読む

Aベストアンサー

僕もNo.1さんが言われている「デスファイル」かと思いましたが・・・。
平成初期の頃となると、デスファイルってそんなに昔からあったかなぁと考えてしまいます。
同じような内容のビデオで昔からある物だと、「ジャンク」とか「ザ・ショック」等があります。


いずれもかなりグロいです。事故や事件の被害者(死体)の映像とか、戦場の生々しい映像とか、病院での人体解剖の映像とか、とにかくキツいです。食事中は見る事が出来ません。
でも、気持ち悪いだけの無意味な物とも思いません。この世で実際に起こっている現実です。不謹慎かもしれませんが、こういう悲惨な状勢を知る事で、今の自分の環境に感謝する事も出来るし、命を大切にするキッカケにもなるんじゃないかと思います。実際、子供の時にこういう映像を見て「死ぬのは怖い」と思いましたし。

変質者が趣味で撮ったスナッフビデオとは違い、報道カメラマンが現実を知らせる為に撮ったドキュメンタリー映像です。販売・レンタルに問題は無いんじゃないでしょうか? 年齢規制も、ちゃんとされてますしね。


人気Q&Aランキング