出産前後の痔にはご注意!

ポアズイユの法則が成立する円筒管内定常層流(ポアズイユ流)にて、管半径のみが半分になったとき、管の粘性抵抗、壁ずり応力は何倍になりますか?

A 回答 (1件)

ポアズイユの法則が、Qを単位時間の流量として


 Q = (π/8η)*ΔP/L*R^4  で表される場合、
ずり応力は
 τ(x)=(1/2)*ΔP/L*r(x)     で表される。
したがって、管半径が半分なら管壁は r(x)=R/2 より
 τ(R/2)= τ(R)/2       で半分となる。

<管半径「のみ」が半分になったとき、管の「粘性抵抗」。>の
意味するところをより詳しく説明する必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明不足で申し訳ありません。
ご回答ありがとうございました。
再度、よく考えてみます。

お礼日時:2009/11/01 00:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング