マンガでよめる痔のこと・薬のこと

1年ほど前に、出会いについて鑑定していただいたのですが、次によい出会いがあるのは2年後くらいですとの結果が出ました。
信憑性はどの程度あるのでしょうか?
以前付き合っていた方との出会った時期、揉め事があった時期などは当てられたので、はやり2年間は出会いがないのかなと思ってしまいます。
実際、最近気になった方がいて、仲良くさせてもらったのですが、結局はお断りされましたし・・・。
また開運コンサルタントとしてもアドバイスしている鑑定士ですが、良い方位へ出かけてお参りしたり温泉へ入ったりしなさい、運が開けますと言い、運が開ければ2年もかからずすぐ良い出会いがありますよと言われました。
これは実際起きる現象ですか・・・?
詳しい方、専門の方いましたら、アドバイスください。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 中国占術研究をしている者です。



 四柱推命はサイクリックな理論を持つ占術です。大雑把に言って誰でも10年の間に2年、10ヶ月の間に2ヶ月、10日の間に2日、20時間の間に4時間、恋愛向きの運気は巡ってきます。恐らく2年後くらい、と言われたのは、その運気まであと2年位、という事だろうと思います。

 一方、揉め事が起き易い運気、出会いの可能性が高い運気、というのも同様ななリズムを刻んで定期的に巡ってきます。それが当てられた、というのはたまたまあなたの生年月日時から算出した運気の訪れる時期が、あなたがこれらの事を経験した時期と一致した、という事であって、あなた個人の運命が四柱推命によって当てられた、という事ではありません。計算方法が決まっている以上、同じ干支データがあれば常に同じ結果になるので、たまたまそれに合致する人は他にも大勢いる、という事です。

 恋愛はひとりでは出来ません。相手となる方にも同じ様に色々な方向性を持った運気が流れている、と考えると、別に2年後にこだわらなくても次の出会いが訪れる可能性はある訳です。

 大事なのはそういうものをもたらす要因や準備があなた自身や周囲の環境の中にあるか、という事です。ですから、余り占いの結果など気にしないで、ご自分の自然な気持ちをじっくり見つめながら、これから出会う人々、あるいは既に出会った人々を吟味し直してみてはいかがでしょうか。

 最後に。吉方位に出掛けて云々というのはいわゆる神水祐気とかいわれる開運術で、吉日の吉時に吉方位に出掛けていって、神社のお水をもらったり土を拾ったりしてきてお守りにする、という類いのものです。それで安心出来るなら、安心材料として実行するのは有りかと思いますが、はた目から観ると、どの位遠くまで行くべきか、とか、行きは吉でも帰りは凶になったらどうしよう、とか、自分からは吉でも目的地近くに住んでいる人はなぜ効果がないのか、とか、色々疑問も多い方法です。TVの占いなどで言う「ラッキーカラー」程度に考えておけば無難なのではないか、と思います。

 運勢は性格の裏返し、という側面を持ちます。同じ場面に直面しても、性格によりそれをバネに飛躍するか、めげてしまってその後しぼんでしまうかが決まる様なところがあるからです。いちどの失敗で全て諦めるのも性格なら、何度でも懲りずに挑戦するのも性格。

諦める人はどんな優れたグッズや智恵があってもそっぽを向くでしょう。諦めない人は、何もなくても次にどうやって成功しようか、考え続けるでしょう。とするなら、本当の開運力は方位やグッズではなく、自分自身の中にこそ秘められているといえます。

まずは前向きな気持ちを持って、それを強く育てる事をおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばらしいご回答を頂きましてありがとうございます。
私の分かりにくい質問を理解していただき、聞きたいと思っている事を丁寧に分かりやすく教えていただきうれしく思います。
理論は素人なりに少しは分かった感じがします。性格的に2年と言われて2年も・・・とショックでしたが、回答を読ませて頂き、すこし楽になりました。
また開運ですが、まさしくそのとおりで、良い方向へ良い時間に言って、お水を貰う等説明を受けました。やはり気持ちも問題ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/25 22:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング