ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

いつもお世話になっております。
湘南新宿ライン(愛称)についての質問です。
湘南新宿ラインを利用する際、赤羽~池袋間はどの経路を運賃・料金計算に用いるのでしょうか?
実際に通る経路は分かります。
湘南新宿ラインを経由する急行列車の場合、赤羽線で運賃・料金を計算することができると
旅客営業取扱基準規程に書いてあるのですが、普通列車(快速含)については見当たりません。
回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ご質問者様は、旅客営業取扱基準規程の110条の「【急行】列車に乗車するとき」という部分に疑問をお持ちなのでしょうが、2006年7月8日改訂で「急行」の文言が削除され、現在は「列車に乗車するとき」となっています。



(特定列車に対する旅客運賃及び料金の計算経路の特例)
第110条
次の各号に掲げる場合で、当該各号の末尾のかつこ内の上段の区間を乗車するときは、その区間内において途中下車しない限り、規則第67条の規定にかかわらず、○印の経路の営業キロによつて旅客運賃、急行料金及び特別車両料金を計算することができる。この場合、乗車券の券面の経路は、旅客運賃の計算の経路を表示する。

(1)赤羽以遠(川口方面)の各駅と池袋以遠(目白方面)の各駅との相互間を、東北本線及び山手線経由で直通運転する【列車】に乗車するとき
( 東北本線及び山手線 
 ○赤羽線)
(以下略)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ご指摘の通り、急行という文言に疑問を持っておりましたが、これですっきりと解決できました。

お礼日時:2009/11/01 15:26

現行の旅客営業取扱基準規程第110条は、第1号(赤羽・池袋間)だけが「直通運転する急行列車」ではなく、「直通運転する列車」となっています。

湘南新宿ラインにグリーン車が連結されるようになったときに、普通列車のグリーン料金も赤羽線経由で計算するように改定されたものと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
急行列車という文言に疑問を持っておりましたが、これで解決できました。

お礼日時:2009/11/01 15:25

>一般的に目にすることはないということでよろしいのでしょうか?



旅客営業規則は、民事契約の運送約款ですから開示しなければなりませんが、旅客営業取基準規程は、社内規程ですから公開の義務はありません。
ただ、例規集のような形でも販売されていますので、○秘扱いでもないと思います。
事実、「JR・営業取基準規程・第110条」のキーワードで検索して見て下さい。結構ヒットしますよ。
    • good
    • 0

根拠は、旅客営業取基準規程第110条による列車特定制度の準用です。


要するに、貨物線、短絡線、デルタ線は、営業距離程の定めのある近傍の営業路線を通過したものと見なし運賃計算と言う制度です。

・武蔵野貨物線与野・西浦和間 →  東北・武蔵野線(南浦和経由)
・常磐貨物線三河島・田端間 →  常磐・東北線(日暮里経由)
・東北・山手線(田端経由)赤羽・池袋間 →  赤羽線(十条経由)
・武蔵野貨物線 府中本町・鶴見間 → 南武・東海道線(川崎経由)
・東海道貨物線 鶴見・横浜羽沢・東戸塚間 → 東海道線(横浜経由)
・東海道貨物線 鶴見・桜木町間 → 東海道・根岸線(横浜経由)

この回答への補足

回答いただいたものは旅客営業取扱基準規程の列車特定制度を
準用するといった通達(会社内規程)ということで、
一般的に目にすることはないということでよろしいのでしょうか?

補足日時:2009/10/26 12:57
    • good
    • 0

ごめんなさい。

1つ訂正します。電車特定区間と書いたものは、電車大環状線の誤りです。
電車大環状線の定義は、旅客営業規則第70条 http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/03_syo/01 … と第159条 http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/04_syo/02 … に定められています。普通列車を使っても急行列車を使っても、乗車券についてはこれが適用されます。
    • good
    • 0

こんばんは。


池袋~赤羽について湘南新宿ラインが通る路線は、山手貨物線と東北貨物線です。旅客列車がこの線路を通る場合には、併走する路線を通っているものとみなして運賃料金を計算します。よって、この場合は、池袋(山手線)田端(東北線)赤羽に該当します。実際には通りませんが、田端経由で計算することが基本です。
ただし、東京近郊区間であり、電車特定区間でもあり、料金券についても赤羽線経由で計算してよいことになっているので、池袋より南から、赤羽より北に向かう場合には、赤羽線経由で運賃料金ともに計算する場合がほとんどです。

この回答への補足

貨物線経由で乗車する場合で、東京近郊区間内相互発着の場合
最短の経由での乗車券となることは存じています。
料金券についての赤羽線経由は急行列車のみとなってしまうように
旅客営業取扱基準規程で書いてありますが、その他の場合の取扱いでも
できるという根拠がどこに書いてあるかを知りたいです。
お願いします。

補足日時:2009/10/25 21:03
    • good
    • 0

Wikiよりのコピーです。


【運賃の計算は実際に走行する距離計算とは異なり、赤羽 - 池袋間は埼京線(赤羽線)経由で計算され、大崎 - 西大井・新川崎間は品川経由で、大崎 - 横浜間は大崎 - 品川 - 川崎 - 横浜の経路で計算される。なお、大崎 - 西大井間の実走キロは2.5キロ(運賃計算キロ5.6キロ)、大崎 - 横浜間の実走キロは23.8キロ(同24.0キロ)である。】

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%98%E5%8D%97% …

この回答への補足

今回の取扱い方についてはウィキペディアで
述べられていることに間違いはないと思いますが、
その根拠がどこにあるのかを知りたく質問しております。
よろしくお願いします。

補足日時:2009/10/25 20:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング